インスタ

インスタのアカウントが削除したのに残っている場合の対処法を解説

インスタのアカウントを削除したはずなのに、何故かGoogleやSafariの検索結果に表示されたり、インスタのプロフィールなどのデータが残ったままだったりすることがあります。

この記事では、インスタのアカウントが削除されていない原因と削除方法について詳しく解説していきます。


インスタのアカウントを削除したはずなのに残っている

インスタのアカウントの削除申請をしたはずなのに、なぜかアカウントが残っているというケースがあります。

アカウント削除(退会)と一時停止の違い

インスタには一時的にアカウントを停止する一時停止と完全に削除するアカウント削除(退会)があります。

この2つの大きな違いは下記の通りです。

一時停止:データ公開が一時的に停止(データは削除されない)

アカウント削除:コメントやデータ・投稿など全てのデータが削除

もし、貴方がアカウントを削除したはずなのにログイン出来てしまった場合は、アカウント削除ではなく一時停止手続きを取っていた可能性があるでしょう。

また、一時停止手続きを取ったアカウントにログインしてしまうと、アカウントが復活してしまい表示などが元通りになります。

そのため、アカウント削除のつもりが一時停止になっており、そのアカウントにログインしたことで表示が完全に復旧したことにより、プロフィールなどが復活したという可能性も高いです。

インスタのアカウントを削除したはずなのに残っている原因

インスタのアカウントを削除したはずなのにアカウントにログイン出来てしまったり、残ってしまっていたりするときの原因について解説していきます。

退会(アカウント削除)ではなく一時停止だった可能性

貴方がアカウント削除ではなく一時停止にしていた場合、一時停止期間中はプロフィールなどを表示させようとすると投稿や紹介文などがすべて表示されません。

一時停止を解くことで投稿や紹介文が復活します。

貴方が一時停止している貴方のアカウントにログインしてしまうと自動的に一時停止が解かれてしまい、投稿や紹介文などが復活してしまいます。

ログアウトしただけだった可能性

アカウント削除ではなくアカウントからログアウトしただけの可能性があります。

インスタでは、複数のアカウントを運用している状態でアカウントをログアウトさせると、そのアカウントが一覧から消えるためアカウント削除したように勘違いする人もいます。

そのため、ログアウトによりアカウント削除したと勘違いしているケースもあるということに留意しておきましょう。

アプリのアンインストールでは退会できない

インスタはインスタアプリのアンインストールだけでは退会できません。

別途、アカウント削除の手続きが必要となります。

別のアカウントを削除した

貴方が複数のアカウントを運用している場合、削除したと考えていたアカウントが別のアカウントだった可能性があります。

削除する前に全てのアカウントからログアウトしていなかった

すべてのアカウントからログアウトしてからアカウント削除作業をするようにしましょう。

アカウントからログアウト作業を行わないとアカウント削除作業に移れません。

アンインストールすると消える

アカウント削除をしないままアンインストールして、再度インスタをインストールするとログインしない限りそのアカウントは貴方のアカウントとして表示されません。

つまり、アカウントから自動的にログアウトされた状態になるため、インスタをアンインストールしてからアカウント削除作業に移っても良いでしょう。

また、複数のアカウントでログインしている場合、一度アンインストールすることでその連携が解かれます。

削除後30日以内にログインNG

アカウント削除のリクエストをしてから30日後にアカウントとすべての情報が完全に削除されます。

削除が完全に終わるまで90日間かかる場合もあるなどアカウント情報の全削除には時間がかかる可能性もあります。

猶予期間内(30日間)の間にそのアカウントにログインすると、リクエストが取り消されてアカウントが復活してしまうため、削除申請を出したアカウントにログインしないようにしましょう。

インスタのアカウントを削除(退会)する方法

インスタのアカウントを削除する手順に関しては下記の記事をご覧ください。

【2021年最新版】インスタの登録と一時停止・退会(アカウント削除)の方法を解説!

なお、退会の際はアプリ版でログアウトする作業をしてから、こちらの作業を行うように注意しましょう。

インスタのアカウント削除をする前の注意点と疑問点

インスタのアカウント削除をする前の注意点と疑問点について解説していきます。

退会してもDMは消えない

アカウントを削除したとしても、他者とやり取りしたDMは相手側に残ります。

そのため、DMを消したい場合は自分が送ったDMを削除してからアカウント削除手続きを取るようにしましょう。

ただし、アカウント削除をすると、自分の表示名は「インスタグラマー」という表示になり、プロフィールを辿ると何も表示されなくなります。

他人のアカウントや投稿を削除することは出来ない

他人のアカウントや投稿などを削除することは出来ません。

ただし、相手の投稿に問題があり、利用規約に接触している場合、報告することでアカウントが凍結されたり、投稿が削除されたりすることもあります。

報告

投稿やアカウントを報告するには、報告したい投稿やアカウントのプロフィールを開きメニューアイコンを選択して報告をタップしましょう。

報告したい理由を選択すればOKです。

一時停止は復帰できアカウント削除は復帰できない

一時停止はそのアカウントに再度ログインするだけで一時停止が解けて復活できます。

しかし、アカウント削除作業を行ってしまうとアカウントは完全に削除され、復活することは出来ません。

ただし、データこそ消えてしまいますが、同じメールアドレス、同じアカウント名で再登録することは可能です。

検索結果からはすぐに消えない

インスタの公開アカウントは、アカウントが削除されたとしても、Google検索など検索エンジンの検索結果にしばらく残り続けるケースがあります。

この検索結果は、何もしなくても自然と消えていきます。

なるべく早く検索結果から消したい場合は、コンテンツの削除申請のページからリクエストを行うことで可能です。

同じメールアドレス、ユーザー名を再利用できる

貴方がアカウント削除した後に、そのアカウントで使っていたメールアドレス、ユーザー名をそのまま再利用できます。

ただし、一時停止の場合は再登録できないことに注意しましょう。

アカウント削除はバレるのか?

貴方がアカウント削除したとしても、フォロワーやフォロー中の相手に通知はいきません。

ただし、相手が自分のプロフィールを辿ると、プロフィール・すべての投稿が消えて表示されないことや、相手が投稿した時に反応がなくなることからアカウント削除したことはそのうちバレる可能性が高いです。

相手が芸能人やインフルエンサーだった場合、相手のフォロワーは大量にいるためバレることはほぼないと言って良いでしょう。

1つずつしかアカウント削除できない

アカウントの削除作業は1つずつ行っていくことになります。

複数アカウントを運用しているユーザーの場合、一気にアカウント削除するとなると作業に手間がかかります。

削除申請をしていないのに削除されてしまった場合

ユーザーの中には削除申請していないはずなのに削除されてしまったというケースもあります。

勝手に削除されてしまうケース

  • 通報された
  • 13歳未満
  • 暴力的・差別的なコンテンツを投稿した
  • スパムと疑われるような行為をした
  • 性的なコンテンツを投稿した
  • 誹謗中傷をした
  • フォロワーの売買をした

もし、貴方にこうした行為をした心当たりがないのにも関わらずアカウントが削除・停止された場合、不当であると再調査をリクエストできます。

再調査のリクエストを行うには、マイページタブを選択してメニューアイコンをタップしてください。

設定アイコンをタップします。

ヘルプを選択してサポートリクエストをタップします。

違反を選択してください。

問題があるアカウントだと、その他オプションという表示が出るのでそれをタップし、審査をリクエストをタップしましょう。

いいね、コメント、フォロワー、足跡、タグ付けは消える

アカウントを削除してしまうと、相手の投稿に付けた「いいね」と「コメント」も削除され、相手が投稿に付けたタグも消え、相手のフォロー・フォロワー欄に掲載されている名前を削除されます。

また、アップされている24時間以内のストーリーの足跡リストからも名前は消失します。

一時停止であれば、一時的に非表示にはなりますが、アカウントを復帰させるとすべて表示が元に戻るなどあらゆるデータが削除されません。

インスタのメールアドレス認証が出来ない原因と対処法を解説!

インスタでは乗っ取りや不正アクセスなどを防ぐために、パスワードの再設定やメールアドレスの変更などの場面でメール認証を必要としています。 この記事では、こうしたインスタでメール認証が出来ないときの原因と ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.