インスタ

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の原因と対処法を解説

「Instagram(インスタ)」で写真や動画をアップロードすると画質が何故か落ちてしまっているというトラブルが発生することがあります。

この記事では、インスタに投稿すると画質が落ちる場合の原因と対処法について詳しく解説していきます。

インスタに投稿すると画質が落ちる

インスタのメインは画像や動画の投稿です。

しかし、投稿の状況によっては画質が非常に落ちてしまい何が写っているか分からなかったり、見にくくなってしまったりすることがあります。

いかに画質を落とさずアップロード出来るかでフォロワーの伸びに影響が出るケースもあります。

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の原因

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の原因は下記の通り。

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の原因

  • インスタの基準とマッチしていない
  • 元々の画質が荒い
  • 加工・編集のしすぎ
  • トリミングや修飾で画像サイズが大きくなっている
  • 撮影や加工・編集アプリの設定
  • DMやストーリー
  • ビットレートが大きい
  • 下書き保存を繰り返している
  • 連続で投稿している
  • 比率が縦長横長

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の対処法

インスタに投稿すると画質が落ちる場合の対処法について解説していきます。

アップロード基準に画質とサイズを合わせる(「1:1」「4:5」「1.91:1」の写真をアップロードする)

インスタのアップロードの基準よりも画質とサイズが大きいことで、画質が落ちてしまうケースがあります。

また、サイズが小さすぎるものを上げることで画像が引き伸ばされ荒くなってしまうというケースも発生します。

基準

そのため、画像や動画を上げる場合は下記の基準に沿った比率、またはなるべくそれに近いものをアップロードすると良いでしょう。

基準

正方形(1:1):幅1080ピクセル×高さ1080ピクセル

縦長の長方形(4:5):幅1080ピクセル×高さ1350ピクセル

横長の長方形(1.91:1):幅1080ピクセル×高さ566ピクセル

装飾後やトリミングの後に画像サイズをチェックする

フィルターや文字の装飾、トリミングなどで画像サイズが大きくなってしまっている可能性もあります。

加工前の画像や動画だけではなく出来上がりの画像サイズをチェックしましょう。

文字を大きくする

アップロードにより画質が下がることが予想(サイズが基準にあっていない、加工を繰り返したなど)され、文字での説明が多い動画や画像を作成するケースで、画質がどうしても下がる(何度かの加工がどうしても必要になってくる)場合だと、文字が小さいとぼんやりして良く読めなくなるケースがあります。

加工を加えるとどうしても画質が下がってしまうため、フィルターなどに加えて文字入れすることで画質も下がってしまいます。

画質が落ちている状態で文字があまりに小さいとぼやけて読めなくなってしまうケースもあるため、インスタに投稿する動画や画像の文字はある程度大きくした方が良いでしょう。

加工しすぎないようにする

インスタに上げる画質が元々悪いと、インスタに上げた時に画像が荒く感じられるようになります。

そのため、アップロードする画像の画質をなるべく下げないようにすることが重要です。

加工・編集アプリで加工を繰り返すと、画質はどんどん劣化していきます。

なるべく加工は最低限にし、上書き保存の回数を減らすようにしましょう。

撮影アプリの設定を見直す

撮影アプリには、撮影時に画質を下げたり、上げたりすることが出来るものも多いです。

こうした加工や撮影アプリの設定方法はそのアプリによって異なるため操作方法については割愛しますが、画質はなるべく高い状態でアップするようにすると良いでしょう。

ストーリーは画質が劣化しやすい

ストーリーに動画や画像を上げると、画像が劣化してしまうというケースもあります。

そのため、画質が低いものを上げるとさらに荒くなることがあるため、ある程度以上の画質を保った動画や画像をアップロードするようにしましょう。

DM経由で画像を送ると画質が下がる

インスタのDMから画像を送ると、画質が下がってしまいます。

そのため、相手に画像を送りたい場合はGmailやチャットツールなどを通して送った方が良いでしょう。

インスタ以外のSNSのDMなどから画像を送っても画質が下がることが多いです。

インターネット環境を整える

インターネット環境が悪いと通信制限がかかっている状態になり、投稿した動画や画像が荒く見えてしまうケースもあります。

このケースでは、実際に投稿した動画や画像の画質には問題なく、インターネット環境を整えると綺麗に見えるようになります。

詳しい手順に関しては下記の記事をご覧ください。

ZOOMで音声が途切れるときの詳細と対処法を解説!

ビットレートを小さくする

動画撮影アプリの中には、ビットレートの設定が出来るものもあります。

ただし、インスタの規格が30fpsであることを考えると、インスタの撮影モードで撮影すればfpsの違いで起こる圧縮による画質の劣化が起こらないため、出来ればインスタの機能で動画撮影をすれば、別途アプリを入れたり、設定を変更したりしなくて良くなり手間が少なくなります。

こうしたビットレートの変更が出来る撮影アプリやカメラを利用している場合は、インスタの規格と同様の30fpsで撮影してアップロードするようにすると、圧縮作業が発生しにくく動画の劣化が抑えられるでしょう。

ビットレートを小さくする方法

カメラでビットレートを30fpsにするには、動画モードに変更して歯車アイコンをタップしてください。

ビデオサイズをタップします。

フルHDをタップすればOKです。

カメラアプリによる

デバイスにデフォルトで入っているカメラや別途インストールしたカメラアプリによっては「ビデオサイズ」にfpsの表記がされているものもあります。

こうした表記がされているアプリである場合は「30fps」と書かれているものを選択するようにしましょう。

下書き保存、上書き保存は使わない

画像や動画の編集をする場合、途中で下書き保存が出来ます。

この下書き保存は何度も使うことで使うたびに動画や画像が荒くなっていってしまうため、なるべく1度で編集しきって保存し、アップロードすることをおすすめします。

動画は1度で編集しきれないという場合は、なるべく下書き保存の回数を減らすようにしましょう。

連続で投稿するなら7枚程度まで

貴方が画像を投稿する場合、1度に7枚程度までの投稿にするようにしましょう。

1度に大量の画像を投稿することにより、上げた画像の画質が落ちてしまうケースがあります。

インスタのストーリーが真黒のぐるぐるマークのまま視聴出来ない原因と対処法を解説

インスタのストーリーを閲覧しようとすると背景が真っ黒になってぐるぐるマークのまま視聴出来ないという不具合が発生することがあります。 この記事では、インスタのストーリーを閲覧しようとするとぐるぐるマーク ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.