iPhone

iOS15で追加された集中モードの使い方を解説

iOS15へのアップデートで、新しく集中モードという機能がiPhoneに追加されました。

今回は集中モードの使い方や、ポイントについてご紹介していきます。

Contents

iOS15の集中モードとは

iOS15では、利用者の状況の合わせて設定できる集中モードという機能が追加されました。

こちらの機能を利用することで、不要な通知や連絡などが来ないようにすることができます。

また、時間や場所によって自動的にモードをオンにすることができるようになっています。

集中モードとは?

  • オンにすることで緊急性の低いAppや連絡先からの通知を表示させないようにすることができる
  • 時間や場所、自動判定などで自動的にオンオフを切り替えることができる
  • 自分で集中モードをカスタム作成することも可能

設定したモードに合わせて通知や連絡の受信設定ができる

集中モードでは、各モードに合わせて通知や連絡の受信設定を行うことができます。

例えばゲームモード中であれば、家族からの連絡以外を受信しない設定にすることなどが可能です。

作業のタイミングで通知音などに邪魔されることなく、集中して作業を行うことができる機能です。

デバイス間で共有することができる

集中モードでは、デバイス間でモードの設定を共有することができます。

例えば、仕事中であることからiPhoneの集中モードでプライベートの通知をオフにしていた場合に、Apple Watchには通知が飛んでしまうというケースもあります。

一方でデバイス間共有を行うことで、Apple Watchなどにも通知が飛ばないようにすることが可能です。

時間や場所でオンオフを切り替えることができる

集中モードでは、時間や場所、起動中のアプリなどでモードのオンオフを切り替えることができます。

例えば職場にいる時間は仕事モード、毎日21時から23時はゲームモードなどという風に設定を行うことで、iPhone側で判断してモードを切り替えてくれます。

一々モードのオンオフを切り替える必要がないため、設定忘れや解除のし忘れなどを防ぐことができます。

Apple Watchからも設定可能

集中モードの設定は、Apple Watchからも設定することが可能です。

そのためiPhoneを開いて設定の切り替えを行うのが面倒だというタイミングでも、Apple Watchを利用することで簡単に設定を変更することが可能です。

ホーム画面に表示するアプリを選ぶことができる

集中モードでは、そのモードがオンになっている時に、iPhone上の特定のアプリのみがあるホーム画面しか表示をさせない設定をすることも可能です。

そのため不要なアプリを表示させたくない場合や、ついゲームアプリを開いてしまうのを回避したいなどという場合におすすめです。

集中モードの間特定のアプリのみ表示させる場合には、そのアプリのみがあるホーム画面を事前に用意しておく必要があります。

手順としては、集中モード中に利用したいアプリを長押ししてください。

長押しの状態のまま、右側に移動させます。

新規ホーム画面に対象のアプリが移動すれば、指を話して完了をタップすれば準備終了です。

それぞれの集中モードの特徴

名前利用目的特徴

おやすみモード

汎用的に利用可能従来のおやすみモードの類似機能

ゲーム

ゲームプレイ時ワイヤレスコントローラーと接続した時に自動にオンにする設定がある

睡眠

就寝時ヘルスケアと連動して、睡眠時間を管理

運転

自動車運転時走行車の中にいる時に自動的にモードをオンにする事ができる

※同乗者の場合にはモードをオフにすることも可能

パーソナル

パーソナル活動時デフォルト機能をすべて使用可能

仕事

業務時間中デフォルト機能をすべて使用可能

フィットネス

エクササイズ中Fitness+またはApple Watchでワークアウト開始時にオンにする事ができる

マインドフルネス

マインドフルネス中Apple Watchでマインドフルネス開始時にオンにする事ができる

読書

読書中デフォルト機能をすべて使用可能

集中モードでは、どのモードを選択するかによって少しずつ特徴が異なります。

特に自動的に集中モードをオンにしたい場合には、運転モードのように特殊な条件がある場合もあるので、注意が必要です。

iOS15の集中モードの使い方

ここからはiOS15で集中モードを利用する、基本的な方法をご紹介していきます。

ホーム画面からの設定手順

集中モードはホーム画面上と設定アプリ上の両方から設定することができます。

ホーム画面からの設定方法としては、ホーム画面右上の充電アイコンあたりから下にスクロールしてください。

各種設定ができる画面が表示されるので、集中モードをタップします。

こちらで選択できる集中モードを選ぶことができます。

例えばおやすみモードをオンにしたい場合には、おやすみモードをタップしてください。

オフに切り替える場合も同様の手順で変更することができます。

また下に始めるという文言があるモードに関しては、設定が完了次第利用することができるようになります。

ここではパーソナルをタップします。

パーソナルモードの設定画面が表示されるので、説明を読んで次へをタップしてください。

通知を許可する選択先を選ぶことができます。

連絡先を追加したい場合には、追加をタップしてください。

端末に保存されている連絡先が表示されるので、追加したい連絡先の横のをタップします。

青いチェックがついたら、完了をタップしてください。

着信に関してはユーザー単位で設定することができませんが、条件を絞って着信を許可することができます。

全ての着信を拒否したい場合には、誰も許可しないをタップしてください。

右上の完了をタップして、通知を許可する選択先に戻り、次の画面に進みます。

次に通知を許可するAppを選択することができます。

既に設定されているAppを削除したい場合には、-をタップすれば削除可能です。

追加をしたい場合には、追加をタップしてください。

選択可能なAppが表示されるので、追加したいAppの横のをタップします。

選択が完了したら完了をタップして、通知を許可するAppに戻り、許可をタップしてください。

パーソナルモードが利用できるようになったので、完了をタップして終了です。

設定アプリからの設定手順

設定アプリから設定する場合には、設定アプリを起動して集中モードを選択してください。

オンにしたい集中モードを選択します。

こちらでモード名の横のボタンをタップすればオンにすることができます。

オフに切り替える場合も同様の手順で変更することができます。

連絡先を選択したい場合には、連絡先をタップします。

こちらでホーム画面からの設定手順と同様に、連絡先を追加・削除していってください。

通知を許可するAppを選択したい場合には、Appをタップしてからホーム画面からの設定手順と同様に、連絡先を追加・削除することができます。

設定したいホーム画面の選び方

モード利用中のホーム画面を設定した場合には、ホーム画面をタップしてください。

ページのカスタマイズの横のボタンをタップします。

こちらで表示させたいホーム画面を選択します。

完了をタップすれば、そのモードがオンになっている時にはそのホーム画面上にあるアプリのみが表示されるようになります。

時間や場所で集中モードの自動オンオフ設定をする方法

時間や場所でモードを切り替えたい場合には、スケジュールまたはオートメーションを追加をタップしてください。

時間でモードのオンオフを切り替えたい場合には、時刻をタップします。

こちらで時刻や曜日の設定をすることができます。

またスケジュール機能を利用することで自動的にモードのオンオフを切り替えることができます。

スケジュール機能のオンオフを変更したい場合には、スケジュールの横のボタンをタップしてください。

場所で集中モードを切り替えたい場合には、場所をタップします。

上のタブバーをタップして住所もしくはキーワード検索します。

検索一覧に表示された項目の中から、設定したい住所をタップしてください

完了をタップすれば終了です。

特定のアプリを起動中に集中モードをオンにしたい場合には、Appをタップします。

集中モードをオンにしたいアプリをタップすれば完了です。

新規集中モードの作成手順

集中モードはデフォルトでいくつか用意されていますが、自分で新規作成することも可能です。

ホーム画面からの新規作成方法に関しては、先ほどご紹介した方法で集中モード一覧を表示させます。

こちらから新規集中モードをタップしてください。

集中モードのテーマを選択することができるので、今回はカスタムをタップします。

集中モードの名前、アイコン、アイコンの色を選ぶことができます。

好みのカスタムが完了すれば、次へをタップして、先ほどの手順までと同様に通知を許可する連絡先とAppを選択してください。

設定アプリからは、集中モードの+から新規集中モードを作成することができます。

デバイス間で切り替えのオンオフ変更方法

デバイス間での切り替えのオンオフを変更する方法は、前までの章でご紹介した手順で、設定アプリから集中モードを選択してください。

集中モード一覧の下にデバイス間で共有という項目があります。

こちらの横のボタンをタップすることで、オンオフを切り替えることが可能です。

iOS15の集中モードを利用するポイント

iOS15で集中モードを利用する場合には、いくつかのポイントがあります。

モードによって緊急性の高いでも通知飛んでこないケースがある

集中モードを設定すると、通知を許可した連絡先やAppからの通知はモードがオンになっているタイミングで飛んできます。

一方で運転モード中などには、iPhone側で自動的に着信や通知を知らせないようにした方がいいと判断するタイミングがあります。

運転モードをオンにしたままで、急ぎの通知などに気づかなかったという可能性もあるので、注意してください。

連絡先にいる他のユーザーにモードを共有できる

集中モードをオンにしてると、他のユーザーにモードがオンになっていることを知らせることもできます。

そのため相手側からも通知がオンになっていない可能性を知ることができるため、連絡に関するトラブルなどを回避することができる可能性があります。

アプリの利用制限はできない

集中モードをオンにしていると、アプリの通知設定は変更できますが、利用制限を設定することができません。

そのため子どもがiPhoneを使用する時間にのみ特定のアプリを利用できなくすることができないため、注意が必要です。

モードによって自動オン設定が異なる

使い方でご紹介した通り、集中モードでは時間や場所でモードのオンオフを自動的に切り替えることが可能です。

一方で運転モードなどの場合では、iPhone側で運転していると判断された時に自動的にオンに切り替えられる設定になっています。

各モードの自動的にオンにする設定をよく確認して、集中モードを利用するようにしてください。

集中モードは相手にバレる可能性がある

集中モードでは、デフォルトで設定されている集中モード状況を共有がオンになっている場合には、相手に集中モードで通知や連絡をオフにしている事がバレる可能性があります。

相手に共有される場合には、「○○さんは、通知を受け取らないようにしています」という通知が相手に飛んでしまう可能性があります。

相手に集中モードをオンにしていることがバレたくない場合には、「設定アプリからの設定手順」を参考に共有をオフにしたい集中モードを選択してください。

集中モード状況を選択して、集中モード状況を共有の横のボタンをタップし、グレーになれば完了です。

おやすみモード以外の集中モードは削除できる

集中モードは、おやすみモード以外であれば削除することもできます。

そのため集中モードを設定し過ぎて、一度整理したいという場合には、不要な集中モードを削除してみてください。

手順としては、削除したい集中モードを開いている状態で下にスクロールし、集中モードを削除をタップすれば完了です。

相手に本名がバレてしまう可能性がある

集中モードで集中モード状況の共有をオンにしている場合には、相手に本名がバレてしまう可能性があります。

集中モード状況の共有で相手に通知されるメッセージは「○○さんは、通知を受け取らないようにしています」となっています。

名前の部分は連絡先で設定しているマイカードの名前と連動しているため、マイカードを本名で登録している場合には相手に本名がバレてしまう可能性があります。

バレたくないという方に関しては、この後ご紹介する「集中モードで相手に本名をバレないようにする方法」を確認してみてください。

 iOS15の集中モードが利用できない場合の対処法

集中モードが利用できない場合には、端末側の環境の問題設定方法が間違っている可能性があります。

対処法一覧

  • 通知が飛んでくるor飛んでこない場合には、通知設定が正しいか確認する
  • 端末の環境を見直してみる

通知が飛んでくるor飛んでこない場合には、通知設定が正しいか確認する

集中モードをオンにしている時に、設定外のAppや連絡先からの通知が来る場合や、逆に設定したAppや連絡先からの通知が来ない場合には、通知設定を間違えてしまっている可能性があります。

使い方でご紹介した設定アプリからの通知設定方法で、設定が間違えていないか確認してみてください。

端末の環境を見直してみる

集中モード自体がうまく起動しない場合には、端末側で不具合が発生してしまっている可能性があります。

その場合には容量の確認や再起動などを行って、一度端末の環境を整えてみることをおすすめします。

また自動設定がうまくいかない場合には、Apple側で不具合が発生している可能性もあるので、解消されるまで手動で切り替えを行うことをおすすめします。

集中モードで相手に本名をバレないようにする方法

集中モードで相手に本名をバレないようにするためには、以下の方法があります。

方法一覧

  • 集中モードの共有をオフにする
  • 共有可能なAppをオフに切り替える
  • 連絡先からマイカードを変更する

集中モードの共有をオフにしたい場合には、「設定アプリからの設定手順」を参考に共有をオフにしたい集中モードを選択してください。

共有可能なAppをオフに切り替える方法

共有可能なAppをオフにする手順としては、設定アプリを起動してプライバシーをタップしてください。

下にスクロールして集中モードをタップします。

こちらでメッセージの横にあるボタンをタップしてください。

右側の画像のように、ボタンがグレーに変更されれば完了です。

連絡先からマイカードを変更する方法

集中モードで相手に本名がバレないようにするには、連絡先からマイカードに設定している名前を変更することもおすすめです。

手順としては連絡先を起動して、一番上のマイカードをタップしてください。

右上の編集をタップします。

マイカードが編集できるので、の部分をタップして相手に通知されても問題ない名前に変更してください。

変更したら完了をタップします。

マイカード画面で先ほど設定した名前が反映されていれば完了です。

iOS15へのアップデートに関する詳細や最新不具合まとめを解説!

日本時間の2021年9月21日に、iOS15がリリースされました。 iOS15では多くの機能追加や機能改善が行われる一方で、不具合が発生するかもしれないという慎重な声が多くのユーザーの間で上がっていま ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.