iPhone

iOS15.6の詳細や不具合まとめを解説

2022年7月20日にiOS15.6がリリースされました。

今回のアップデートはほとんど仕様変更がなくセキュリティの向上やバグ改善がメインとなっているため、アップデートを迷っている場合はアップグレードをお勧めします。

この記事では、iOS15.5からiOS15.6へのアップグレードにより改善される不具合と発生している不具合についてまとめています。


Contents

iOS15.6がリリース

iOS15.6が2022年7月にリリースされました。2022年7月22日時点では、致命的なバグの報告はありません。

セキュリティ向上やバグの改善のためのアップデートなので、迷っているiPhoneユーザーはアップデートをお勧めします。

iOS15.5の多くの不具合が修正

iOS15.5で発生していた多くの不具合が修正されました。

修正項目

  • セキュリティアップデート
  • デバイスのストレージに空きがある状態で「デバイスのストレージがいっぱいです。」と表示され続ける
  • Safariのタブが前のページに戻されることがある
  • テキストナビゲート(メール)で点字デバイスの動作が遅くなったり、反応しなくなったりする

TV Appに新機能を追加

TV Appに進行中のスポーツ中継を最初から再生する、一時停止や早戻し、早送りする新機能を追加しました。

探すアプリでのAirTagのバッテリー残量表示がなくなる

従来の探すアプリでは、デバイスのバッテリー残量が表示されました。

今回のiOS15.6へのアップデート(macOS Monterey 12.5、watchOS 8.7なども)により、バッテリー残量表示がなくなり、バッテリーが大幅に減って交換になったケースにのみ通知される仕様に変更されることになります。

音楽の連続再生が出来るように

iOS15.5へのアップデートによりギャップレス再生が改善されました。

しかし、一部サービス(DLsiteなど)では依然として連続再生が行えない状況が続いていました。

今回のiOS15.6へのアップデートにより、DLsiteでの音声の連続再生も出来ることが確認されています。

ストレージに余裕が出たという報告も

OSアップデートによりストレージに余裕が出たという報告も多いです。

例えば、アップデート以前にはシステムデータが40GBほどになっていたという人も、アップデート後に8GBほどに減ったという報告をしているケースがあります。

異常発熱が解決したというケースも

アップデート以前はデバイスが異常発熱で熱くなったり、普段は問題ないけれどゲームなどをすると熱くなったりするケースが報告されていました。

しかし、今回のiOS15.6アップデートにより、異常発熱が解決したという声も大きいです。

アプリの挙動が軽くなった報告もある

全体的に以前よりもアプリの挙動が軽くなったという報告もあります。

特に重めのアプリだと違いが分かりやすいようです。

明らかにバッテリー持ちが良くなったという報告も

明らかにバッテリーの持ちが良くなったという報告もあります。

ただし、中にはバッテリーの消耗が激しくなったというユーザーもおり、環境などによってかなり差が出ている状況です。

通常、iOSアップデートを行うと、2日くらいはバッテリーの消耗が激しくなり、それ以降落ち着いてくるケースが多いため、もしすぐにバッテリーがなくなるという人はしばらく日にちを置いてみてください。

iOS15.6で発生している不具合まとめ

iOS15.6で発生している不具合をまとめてみました。

バッテリーの減りが早くなる

バッテリーの持ちが良くなったという報告をしている人もいますが、バッテリーの消耗が激しくなったというユーザーも多くいます。

通常、OSアップデート後は、最適化などでバッテリーの減りが早くなるケースが多いため、もし減りが早くなったという場合は、2日ほど時間を置いてみると良いでしょう。

Safariの読み込みが遅くなった

アップデート後にSafariを利用したら、読み込みが遅くなってしまったという報告もされています。

なお、逆にSafariが安定した、インターネット通信がスムーズになったという声もあるなど環境により左右されるようです。

コピペした後に別の文章をコピペ出来なくなる

文章をコピペした後に別の文章をコピペ出来なくなってしまう不具合も報告されています。

アップデートしようとしたら動かなくなったケースも

iOS15.6にアップデートしようとしたら、デバイスがフリーズして動かなくなったケースもあります。

ストレージの空きに余裕がない等が原因である可能性が高いため、不要なデータを削除してから再度アップデート作業に移るようにしてください。

キャリア回線に繋がらない

4G、5Gなどのキャリア回線に繋がらなくなる、繋がりにくくなる、不安定で接続が頻繁に途切れるという報告をしているユーザーもいます。

格安SIMなどを利用しているケースでの報告者が多いです。

並び順を直すと別のデバイスでのブックマーク順がおかしくなる

このブックマークの順番がおかしくなるバグは、iOS15.5から報告されているもので、今回も継続して発生しています。

例えば、Aという端末でSafariのブックマークを編集すると、B端末でブックマークの順番が崩れ、B端末でブックマークの編集をすると、A端末のブックマークの順番が崩れてしまうというものです。

つまり、1つの端末でブックマークを編集し順番を入れ替えると、その他のAppleデバイスのブックマーク順がおかしくなります。

格安SIMで通信が不安定になるケースも

ネットワーク通信が不安定になり、ネットに繋がりにくい、頻繁に接続が切れたり、繋がったりするなどの不具合が発生しています。

この報告は、特に格安SIMの利用者に目立つ状況です。

Rメールが使えなくなった

楽天モバイル利用者が使える無料のメールサービス向けアプリ「Rメール」が、iOS15.6アップデート後にいきなり使えなくなったという報告もあります。

これに関しては、一時的な不具合なのか、デバイスの再起動により解決するケースがほとんどです。

画面がおかしくなって操作出来なくなった

iOS15.6アップデート後に、いきなり違う画面が薄っすら背景に見えて操作出来なくなったという報告もあります。

デバイスの再起動やストレージの空き容量の確保などで解決する可能性が高いです。

パソコンに動画を移動するとエラーが発生する

iOS15.6アップデート後のiPhoneやiPadなどで撮影した動画をパソコンに移そうとすると、高い確率でエラーが発生して動画が移動出来ないという不具合が報告されています。

この不具合に関しては、カメラ撮影が高効率に設定されていることが原因である可能性が高いです。

設定を高効率から互換性優先に変更するようにしましょう。

詳しい設定方法に関しては下記の記事をご覧ください。

LINEで動画を送ったら変な色になる、色褪せる原因と対処法を解説

Twitterがおかしくなった

Twitterの挙動や効果音などがおかしくなったと報告している人もいます。

Twitterの挙動に関しては、デバイスの再起動によりある程度改善されるケースもあります。

写真アプリのビデオがおかしい

写真アプリでビデオがうまく再生されない、おかしいという不具合を報告しているユーザーもいます。

OSアップデート後にデバイスが熱くなった

iOS15.6アップデート後にデバイスが熱くなったという報告もあります。

ただし、アップデート完了後しばらく経過すると熱が落ち着いたとのことです。

中には、OSアップデート後にこれまで悩まされてたデバイスの異常発熱が改善されたという報告もあるなど、どちらかというとデバイスの異常発熱が改善されたというケースの方が多く見受けられます。

Hey,Siriに反応しない

iOS15.4へのアップデートでも問題となっていた「Hey,Siri」という呼びかけに対しSiriが反応しないという問題が今回のiOS15.6アップデート後も継続中です。

iOS15.6アップデートにより多くの不具合が解消されましたが、この不具合については次回のアップデートへの持越しとなるでしょう。

おやすみモード、集中モードをトリガーするとオートメーションが起動しない問題も継続

iOS15.5アップデートで「ホームのメンバーが到着出発した際にホームオートメーションが作動しない問題」が改善されました。

しかし、オートメーション機能の中でもiOS15.4.1から引き続き、おやすみモード、集中モードをトリガーするとオートメーションが起動しない問題が継続している状況です。

Siriの聞き取り精度が落ちている

「Hey,Siri」に反応しないだけでなく、Siri全体の聞き取り精度が落ちており、全体的に反応しないことがあったり、問いかけた言葉が全く違う意味にとられたりするケースが増加していると報告されています。

電源が急に落ちる

iOS15.6にアップデート後、突然電源が落ちるという不具合がたまに起こるようになったという報告もあります。

画像の明るさを調整するアプリが反応しない

画像の明るさを調整するアプリを別途導入している場合、アプリによってはタップして起動しようとしても反応しなくなったり、起動こそするものの画像の明るさが変更出来なくなったりするケースもあります。

アプリが落ちやすい

様々なアプリが以前より落ちやすくなったり、フリーズしやすくなったりするという報告者も多数います。

実機テストが出来なくなった

実機テストとは、開発したアプリやシステムを実機で検証するテストのこと。

iOS15.6にアップデートすると、以前は実機テスト出来ていたXcodeのバージョンでテストが行えなくなったという報告がされています。

Safariで閉じたはずのタブが復活する

Safariで閉じたはずのタブが再度Safariを開くと復活しているバグが継続しています。

Apex Legends Mobileで殴るボタンが表示されない

Apex Legends Mobileで「殴る」ボタンが表示されず殴ることが出来ない不具合が発生しています。

LINEに繋がらない

iOS15.6へのアップデートにより、モバイルデータ通信(キャリア回線)が圏外になったり、不安定になったりするケースが報告されています。

また、Wi-Fiにも繋がらなかったり、接続が不安定になったりすることから、ネットワークに繋がらないことが原因でLINEにも繋がらない、利用出来ないという状況が報告されています。

Wi-Fiに繋がらない、Wi-Fi接続が不安定

Wi-Fiに繋がらなかったり、Wi-Fiへの接続が不安定になったりなどの不具合も報告されています。

通話が圏外になる

iOS15.6へのアップデートにより、モバイルデータ通信(キャリア回線)が圏外になったり、不安定になったりするケースが報告されています。

キャリア回線に繋がっていないと、従来の電話機能は圏外となり繋がらなくなるため、こうした不具合が発生しています。

もし、キャリア回線が不安定だったり、繋がっていなかったりして通話が行えない状況で、Wi-Fiには繋がるという場合は、LINE Out Freeという機能を使えばWi-Fi回線で相手の電話番号に対して通話が可能です。

詳しい手順に関しては下記の記事をご覧ください。

au通信障害から復旧したはずなのにまだ繋がらない、通話出来ない詳細と対処法について解説

インスタが起動画面のまま固まる

iOS15.6アップデート後にインスタを起動しようとすると、起動画面のまま固まってデバイスがフリーズしてしまうという現象が発生しています。

この不具合に関しては、デバイスの操作が全く行えなくなり、再起動はもちろん強制終了も行えなくなります。

なお、デバイスの電池切れを待つことで解決します。完全に問題が解決されるまでは、ブラウザ版インスタなどの利用をおすすめします。

Safariのブックマークが消える

Safariのブックマークが勝手に消えてしまうという不具合が発生したケースも報告されています。

Layout from Instagramが起動出来ない

Layout from Instagramを起動しても白い画面のままで、しばらくすると自動的に閉じてしまう現象が発生しています。

iOS15.6に対応していないことが原因と考えられるため、今後の対応を待つようにしましょう。

ボリュームボタンが反応しない

デバイスのボリュームボタンをタップしても表示に反映されないという不具合も報告されています。

画面に表示こそされませんが、音量自体は変更されています。

iOS15.5の詳細や不具合まとめを解説

2022年5月16日にiOS15.5がリリースされました。 今回のアップデートはほとんど仕様変更がなく改善がメインとなっているため、アップデートを迷っている場合はアップグレードをお勧めします。 この記 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.