iPhone

iOS15でアイコンやウィジェットが移動したり消える、黒くなる場合の対処法

iOS15のアップデートでiPadでも利用できるようになったウィジェット機能ですが、現在様々な不具合を発生させているという報告があります。

またウィジェット機能だけでなく、ホーム画面に表示させていたアプリのアイコンに関しても、勝手に位置が移動しているなどの問題が発生しています。

Contents

iOS15のアップデートでウィジェットに不具合が発生

iOS15のアップデートでは、ウィジェット機能が更新されました。

ウィジェット機能ではアプリの簡易的な利用や画像をホーム画面に表示させる事ができるなど、様々な便利な機能が搭載されています。

一方でiOS15にアップデートしたタイミングで、ウィジェットに関する様々な不具合が報告されています。

不具合一覧

  • ウィジェット画面が真っ黒になる・表示されない
  • 勝手にホーム画面にウィジェットが追加される
  • ウィジェット機能が更新された事でアプリの位置が変わってしまっている・勝手に削除されている

真っ黒になる、表示されない

ウィジェットで発生している不具合の一つは、ウィジェット画面が真っ黒になってしまったり、表示されなくなってしまうという内容です。

ウィジェット画面に設定した項目が真っ黒に塗りつぶされてしまい、アプリの情報や画像などが表示されない状態となってしまっています。

勝手にウィジェットが追加される

中にはiOS15にアップデートしたタイミングで勝手にウィジェットが追加されてしまうというケースがあります。

こちらの場合にはiPadで発生しており、設定した覚えのないウィジェットが勝手に設定されていたり、削除しても何度も勝手に表示されてしまうという不具合となっています。

アプリのアイコンの位置が移動したり消える

iOS15へのアップデートでウィジェットが追加された事で、アプリのアイコンの位置が移動したり消えてしまっているという声も上がっています。

元々アプリを設置してあった場所から勝手に移動していたり、ホーム画面から消えてしまっているという内容です。

iOS15のアップデートでウィジェットに不具合が発生する原因

iOS15のアップデートでウィジェットに不具合が発生する原因としては、アプリ側の問題とウィジェットの設定の問題の可能性があります。

またiOS15では様々な不具合が発生しているので、iOS側の不具合が原因となっている可能性があります。

ウィジェットが勝手に追加されるのはiPadが多い

iOS15へのアップデートでウィジェットが勝手にホーム画面に追加されるのは、iPadを利用しているユーザーに多い問題です。

iPadではiOS15で初めてウィジェット機能が追加されたので、デフォルト設定としてウィジェットが表示されるようになった可能性があります。

こちらが原因でアプリの位置がおかしくなってしまったという場合には、この後ご紹介する「ウィジェットを削除して再度作り直す」を参考に、ウィジェットを削除してみてください。

アプリがウィジェットに対応していない

ウィジェットが真っ黒になってしまったり、表示されなくなってしまった場合には、アプリがウィジェットに対応できていない可能性があります。

アプリ側で対応が間に合っておらず、不具合が発生している事が原因で、正常に表示されなくなってしまっている可能性があります。

ダウングレードすると黒くなりやすい

中にはiOS15からダウングレードしたタイミングでウィジェットが黒くなってしまったというケースもあります。

iOS15にアップデートした後にiOS14にダウングレードすると、ウィジェットが黒くなってしまいやすい傾向にあるようです。

ダウングレードした事が原因でウィジェットに何かしらの不具合が発生し、真っ黒になってしまいやすい可能性があります。

嵐のウィジェットを使用している場合も黒くなりやすい

嵐ファンの方が嵐のアプリを利用してウィジェットを設定している場合には、ウィジェット画面が真っ黒になってしまいやすい傾向にあります。

こちらの場合にはアプリ側で何かしらの不具合が発生している可能性があります。

iOS14のカスタマイズでウィジェットの背景を変更している場合は初期化されている場合も

ウィジェット機能はiOS14の段階から搭載されている機能であったことから、iOS14の段階でウィジェットの背景を変更しているという方もいると思います。

こちらの場合には、iOSのアップデートによってウィジェットの背景が初期化されてしまっている可能性が高いです。

アップデートによりアプリが消えてしまいウィジェットが暗くなった可能性も

中にはiOSのアップデートでアプリが消えてしまった事が原因で、ウィジェットが真っ黒になってしまった可能性もあります。

設定していたアプリ自体が消えてしまった事が原因で、ウィジェットに表示させる内容がなくなってしまい、真っ黒になってしまっているという可能性があります。

iOSの不具合

ウィジェットが真っ黒になってしまう不具合は、iOS15にアップデートしてから発生した不具合です。

iOS15ではウィジェット機能の改良も行なったため、アップデートのタイミングで何かしらの不具合が発生した可能性があります。

iOS15のアップデートでウィジェットに不具合が発生する場合の対処法

ここからはiOS15のアップデートでウィジェットに不具合が発生した場合の対処法についてご紹介していきます。

複数のウィジェットを設定しない

ホーム画面にウィジェットを複数設定し、ウィジェットが正常に表示されない場合には、ウィジェットの数を絞ってみることもおすすめです。

複数のウィジェットを設定している事が原因で負荷がかかってしまい、正常に読み込まれなくなってしまっている可能性があるためです。

一度ホーム画面のウィジェットを最小限に絞ってみて、正常に表示されるか確認してみてください。

ウィジェット画面が小さいもののみ使用する

ウィジェットが正常に表示されない場合には、ウィジェット画面が小さいもののみ利用する事で表示されるようになったケースもあります。

ウィジェットではアプリや設定によって、横長の大きいものから四角の小さいものまで用意されています。

ウィジェット画面が大きいもので画面が正常に表示されない場合には、一度小さい画面でウィジェットの設定を行ってみてください。

ウィジェットを削除して再度作り直す

ウィジェットが正常に表示されない場合には、一度ウィジェットを削除して再度作り直すこともおすすめです。

削除する手順としては、削除したいウィジェットを長押ししてください。

こちらでウィジェットを削除をタップします。

確認のためのポップアップが表示されるので、削除をタップして完了です。

Widgetsmithを利用してみる

ウィジェットで端末に保存している写真が正常に表示されない場合には、Widgetsmithを利用してみることもおすすめです。

Widgetsmithはウィジェットに表示させたい画像をカスタマイズする事が可能なアプリとなっています。

またWidgetsmithを使う事で画像が正常に表示されるようになったケースもあるので、お気に入りの写真をホーム画面に表示させたい場合には、以下のダウンロードリンクからぜひ利用してみてください。

Widgetsmithから写真へのアクセスを再度許可する

iOS14の段階でWidgetsmithを利用していたユーザーの中では、Widgetsmithで設定した画像が真っ黒になってしまったというケースもあります。

こちらの場合にはiOS15へのアップデートのタイミングで、Widgetsmithから写真へのアクセスが許可されなくなってしまった事が原因となります。

再度Widgetsmithから写真へのアクセスを許可する事で、問題なくウィジェットに設定した写真が表示されるようになる可能性があります。

手順としては設定アプリを起動し下にてスクロールし、Widgetsmithをタップしてください。

こちらで写真を選択します。

写真へのアクセス許可ですべての写真をタップすれば完了です。

ダークモードをオフにする

ダークモード設定を行っていてウィジェットが正常に表示されない場合には、ダークモード設定をオフにする事で問題なく表示される可能性があります。

ダークモード設定のオフの方法に関しては、下記の関連記事を参考にしてみてください。

インスタの投稿画面が黒くなった原因と戻し方を解説!

ウィジェット画像やアプリの再設定する

Widgetsmithで設定したウィジェット画像が正常に表示されない場合には、ウィジェット画像やアプリを再度設定し直してみる事で解消される可能性があります。

以前設定した後に何かしらの不具合が発生した可能性があるので、再度設定し直してみてください。

手順としては、Widgetsmithを起動してウィジェットに設定したい画像を選択します。

Default Widgetをタップしてください。

Selected Photoを選択して、Choose Photoをタップします。

こちらで再度ウィジェットに表示させる画像を選択します。

反映されれば左上の<をタップしてください。

右上のSaveをタップすれば完了です。

元のアプリがあるか確認

ウィジェットが真っ黒になってしまう場合には、元々のアプリが削除されている可能性があります。

一度Appライブラリや設定画面から、対象のアプリが残っているか確認してみてください。

削除されてしまっている場合には、再度App Storeからアプリをインストールして再設定する事で、正常に表示されるようになる可能性があります。

関連してアプリの不具合が発生する理由

ウィジェットが正常に表示されない不具合と関連して、アプリの位置が変わったり削除されてしまっている場合には、ウィジェット機能が更新された事で関連した不具合が発生している可能性があります。

原因一覧

  • ウィジェットに合わせて余白が追加された
  • ホーム画面に設置できるアプリ数が変更された

特にiOS15にアップデートした後に、ホーム画面に設定できるアプリ数が少なくなったという声が上がっています。

こちらが原因でアプリの位置が変わってしまったり、ホーム画面にあったはずのアプリが削除されてしまっている可能性があります。

勝手にAppライブラリに保存されているケースも

中にはホーム画面に設定していたアプリが勝手にAppライブラリに保存されているというケースもあります。

ホーム画面からはアプリが削除されて、Appライブラリに勝手に保存されてしまっているという内容です。

こちらの場合はiOS15にアップデートしたタイミングで何かしらの不具合が発生し、勝手にアプリの位置が移動してしまった可能性があります。

アプリの位置を勝手に移動させないようにするには?

ここからはiOS15へのアップデートで、アプリの位置を勝手に移動させないようにするための方法や、ホーム画面に復活させるための方法ををご紹介していきます。

フォルダを作成してアプリをまとめる

ホーム画面に表示されているアプリの位置を勝手に移動させないようにするには、アプリをフォルダに保存して管理する方法をおすすめします。

手順としてはフォルダにまとめたいアプリを長押しします。

アプリが振動するようになったら、長押ししたままの状態で同じフォルダにまとめたいアプリに重なるように移動させます。

自動的にフォルダが作成されるので、長押ししていたアプリから指を離せば完了です。

Appライブラリからホーム画面に再表示させる

アプリが勝手にAppライブラリに保存されてしまっている場合には、Appライブラリからホーム画面に再表示させる事で今まで通りの表示に戻る可能性があります。

手順としてはAppライブラリからホーム画面に再表示したいアプリを長押しします。

ホーム画面に追加をタップすれば完了です。

iOS15で追加された拡大鏡の使い方を解説

iOS15のアップデートで、カメラ機能と連動して目の前のものを拡大表示できる拡大鏡が追加されました。 今回の記事では、拡大鏡の使い方についてご紹介していきます。 Contents1 iOS15で拡大鏡 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.