iPhone

iOS15でロック画面にハートを出す方法について解説

iOS15にアップデートした後から、ロック画面にハートを表示できるようになったとSNSで話題になっています。

今回はiOS15の機能である「集中モード」を利用して、ロック画面にハートを表示できるようにする方法をご紹介していきます。

iOS15にアップデート後ロック画面にハートを表示できるように

iOS15にアップデートしてから、画像のようにロック画面にハートを表示できるようになったと話題になっています。

画像のようにロック画面の時刻もしくは○○%充電済みの下にハートが表示されるようになったという内容です。

ロック画面で常に可愛いハートのアイコンを見る事ができることから、元気をもらえるというポジティブな声が上がっています。

またハートの色は設定次第でカスタマイズできるので、ロック画面の画像に合わせて好きな色を設定する事ができます。

ハートの詳細

  • ハートはロック画面だけではなく、ホーム画面の時刻の横にも表示される
  • 集中モードを利用することで、ハートを表示させる事が可能
  • ハートだけでなく、他のアイコンに設定することもできる
  • ハートや他のアイコンの色を変更することもできる(ロック画面のみ)

ホーム画面の時刻の横にも表示される

ハートはロック画面だけでなく、ホーム画面の時刻の横にも表示されます。

一方でホーム画面に表示されるハートの場合には、ロック画面と違い色を指定することはできません。

背景の色に合わせて自動的に白もしくは黒のハートが表示される仕組みになっています。

追加機能の集中モードを設定することで表示できる

ロック画面やホーム画面に表示されるハートは、集中モードを利用して表示させる事ができます。

集中モードとは

集中モードとは、iOS15のアップデートで新しく追加された機能です。

集中モードを利用する事で、モードがオンになっているタイミングでの通知の制御や、特定のアプリのみがあるホーム画面の表示を指定する事ができます。

集中モードの詳細や使い方が気になる方に関しては、下記関連記事を確認してみてください。

iOS15で追加された集中モードの使い方を解説

ロック画面やホーム画面の時刻の横にハートを表示させる方法

ロック画面やホーム画面の時刻の横にハートを表示させる場合には、集中モードでカスタムモードを作成する必要があります。

ここからは具体的な手順をご紹介していきます。

集中モードでカスタムモードを作成する

iPhoneのロック画面やホーム画面でハートを表示させるには、まず集中モードを新規作成してください。

手順としては、画面の右上を上から下にスライドさせます。

コントロールセンターが表示されるので、集中モードをタップしてください。

新規集中モードをタップして、カスタムをタップします。

こちらで集中モードの詳細を設定する事ができます。

最初に名前をタップして、設定したい集中モードの名前を入力します。

入力が完了すれば、改行をタップしてキーボードを隠し、下にスクロールします。

集中モードのアイコンを設定する事ができるので、こちらでをタップしてください。

こちらでデフォルトで紺色のハートが設定されます。

色を変更したい場合には、変更したい色を選択してください。

今回の場合には赤色をタップすれば色の変更が完了です。

名前と色が決定したら次へをタップして、画面の指示にしたがって集中モードを設定を行ってください。

作成した集中モードをオンにする

iPhoneのロック画面やホーム画面にハートを表示させる場合には、先ほど作成した集中モードをオンにする必要があります。

手順としては、先ほど同様に画面の右上を上から下にスライドしてコントロールセンターを表示させます。

こちらで集中モードをタップしてください。

先ほど作成した集中モードが追加されています。

今回の場合はハートをタップすれば、ハートのアイコンで作成した集中モードがオンに切り替わります。

また逆にハートのアイコンで作成した集中モードをオフにしたい場合には、同じ要領でオンと表示されている集中モードをタップすればオフに切り替える事ができます。

ハートの色を変更したい場合の手順

一度作成したハートの色を変更したい場合には、設定アプリを起動して集中モードを選択します。

有効になっている集中モードが一覧表示されているので、ハートのアイコンで作成した集中モードを選択してください。

今回の場合であれば、ハートをタップします。

詳細設定が表示されるので、名前と外観をタップしてください。

こちらで変更したい色を選択する事ができます。

今回の場合は緑色をタップしてください。

好きな色に変更したら、完了をタップして終了です。

ロック画面上では上記画像のように色が変更します。

ハート以外のデザインに変更する場合

ハートのアイコンで作成した集中モードでも、後からアイコンを変更する事が可能です。

先ほどまでの手順で、集中モードの名前と外観を変更できる画面まで移動してください。

こちらで変更したいアイコンを選択する事ができます。

今回の場合はを選択して、完了をタップすれば終了です。

ロック画面上では、右側の画像のようにアイコンが変更されます。

ハートが表示されない場合の対処法

ロック画面やホーム画面の時刻の横にハートが表示されない場合には、以下の対処法を試してみてください。

対処法一覧

  • 集中モードがオンになっているかを確認
  • 他の集中モードが自動的にオンになっていないか確認
  • 位置情報の共有をオフにする
  • テザリングをオフにする

集中モードがオンになっているかを確認

せっかくハートのアイコンで集中モードを作成しても、作成した集中モードがオフの状態のままだと、ロック画面やホーム画面の時刻の横にハートが表示されません。

ハートが表示されない場合には、まず前までの章でご紹介した「作成した集中モードをオンにする」の手順でハートのアイコンで作成した集中モードがオンになっているか確認してみてください。

他の集中モードが自動的にオンになっていないか確認

ハートのアイコンで作成した集中モードを手動でオンにした後でも、他の集中モードが自動的にオンになってしまうと、強制的に後からオンになった集中モードに切り替わってしまいます。

ロック画面やホーム画面の時刻の横にハート以外のアイコンが表示される場合には、他の集中モードが自動的にオンになっていないか確認してみてください。

オンになってしまっている場合には、「作成した集中モードをオンにする」の手順を参考に、他の集中モードをオフに切り替えてからハートのアイコンで作成した集中モードをオンにしてください。

位置情報の共有をオフにする

ホーム画面の時刻の横にハートではなく矢印が表示されている場合には、いずれかのアプリなどに位置情報を共有している事が原因でハートが表示されない状態となります。

iOS側の仕様で位置情報の共有アイコンを優先的に表示させていることから、ハートが表示されていない可能性があります。

こちらの場合には、以下の関連記事を参考にして位置情報の共有をオフに変更してみてください。

iOS15で時刻の横の矢印マークが青くなったり消えたりする場合の原因と対処法

テザリングをオフにする

PCなどにテザリングを行っている場合にも、ホーム画面の時刻の横にハートが表示されなくなってしまいます。

こちらの場合にはテザリングを行っているという表示の時刻を囲む緑の丸がでている事が原因です。

テザリングを行っている場合で、接続が不要になったというケースであれば、下記関連記事を参考にテザリングを解除してみてください。

iOS15で時刻の横の矢印マークが青くなったり消えたりする場合の原因と対処法

iOS15のアプリ間のドラッグ&ドロップのやり方を解説

iOS15のアップデートで、アプリ間のドラッグ&ドロップができる機能が追加されました。 ドラッグ&ドロップで画像やURLなどを直接他のアプリやブラウザに共有・コピー&ペーストが ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.