Apple

【最新】iPhoneのiCloudの容量がいっぱいですと表示された場合の詳細と対処法を徹底解説!


iCloudは大切なデータをクラウド上に保存することができるサービスです。

今回は、Appleが提供しているiPhoneなどが使えるクラウドサービスiCloudのトラブルや対処法について詳しくご紹介していきます。


iCloudとは

iCloudとは、現在使用しているiPhoneなどApple製品のデータをインターネットを介し、仮想サーバーという場所に保存するサービスのことです。

利用するのに特別必要な道具はなく、インターネットがあれば写真や動画などのバックアップを保存することができます。

iCloudで行えること

  • iPhoneなどで撮影した写真や動画を自動転送
  • 新デバイスにデータをスムーズに移行できる
  • 同一アカウントならばメールや連絡先などの編集が可能
  • 連絡先やアプリなどを自動的にバックアップ
  • iPhoneを紛失してもインターネットで探すことができる
  • 他デバイスとのデータの共有が簡単

「iCloudストレージがいっぱいです」の表示が

既にiCloudを利用している人の中には、突然iCloudストレージがいっぱいですと通知が表示されて困ったことはありませんか?iPhone内のデータが増えれば増えるだけiCloudのストレージを消費し容量はいっぱいになっていきます。

iCloudの容量がいっぱいということは、iCloudに空き容量は無いのでデータの保存やバックアップを行うことが不可能ということです。

人によっては「iCloud(バックアップ)が無くても大丈夫」と思うかもしれませんが、さまざまな場面で役に立つiCloudをぜひ活用してみることをおすすめします。

そのまま放置したらどうなる?

iCloudのストレージ容量をいっぱいのままにしておくと、iPhone内のバックアップを保存することができません。

故障や紛失などでiPhoneが使えなくなった場合、iPhone内にあるすべてのデータを失ってしまいます。そんなときにiCloudにバックアップがあれば、iPhoneに何かあってもすぐに今まで通りに戻ることができます。

バックアップがないと、連絡先やLINEなどのデータをすべて手作業で入れ直す必要があります。そして、大切な写真や動画などのデータは返ってきません。

iCloudの空き容量の確認方法

まずはiPhoneの設定アプリをタップして開き、一番上にある名前のところをタップしてください。

iCloudの項目をタップします。

一番上に表示されているのが、iCloudのストレージ詳細です。容量のバーに色が付いていますが、これは保存されているデータがひと目で分かりやすいように表しています。

このバーの色を見て、どのデータがiCloudのストレージを圧迫しているかなどのチェックを行いましょう。

「Apple ID設定を更新」の更新方法は?原因・更新できない時の対処法も解説

容量不足にならないようにする対策

意外と気が付かないうちに容量いっぱいになってしまうiCloudですが、ここでは容量がいっぱいにならないように事前に行える対策についてご説明していきます。

ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザを使用しているとパスワードなどのデータが、知らないうちにキャッシュという場所に溜まっていきます。

気が付かないうちに膨大なデータ量になっていることもあるので、少しでも容量を減らしたい人は削除しておくようにしましょう。

Safariの場合は、設定を開きSafariをタップします。

表示された項目を下にスワイプし履歴とWebサイトデータを消去をタップすればキャッシュの削除完了です。これにより蓄積されていたSafariのデータがリセットされ、容量が少なくなっているはずです。

これ以外にも、サードパーティのブラウザやアプリなどのキャッシュも消去すると効果的です。

メッセージをいつまでも残さない

メッセージも気がつけば大量に溜まっているデータの1つです。特に設定を変更していないならば、ずっと残すままの設定になっている場合もあります。

こちらも削除しておくことで、iCloudのストレージを空くことができるでしょう。

メッセージの削除方法は、まずiPhoneの設定からメッセージを開きメニューの中にあるメッセージの保存期間をタップしてください。

初期設定は無期限のままになっているので、この中から自分が最適だと思う保存期間を設定しましょう。

注意点として、30日より以前のものは1つずつ手動で削除していく必要があります。

ダウンロードコンテンツを削除する

iPhone内にデータをダウンロードすることが多い場合、それが原因でストレージを圧迫することになります。

Apple Musicなど、データをダウンロードしてiPhoneに保存するサービスを利用している人はチェックしてみると良いでしょう。

チェック方法は設定アプリから一般を開いてiPhoneストレージを開きます。

あとはiPhoneストレージに表示されているアプリの中から、Apple Musicなどデータを整理したいアプリを選択します。

個別に削除したい場合は曲名を、すべての楽曲を削除したい場合はすべての曲を左にスワイプすれば削除することができます。

またダウンロードコンテンツは、アプリ内で削除するものや設定アプリから削除する場合などアプリによってさまざまです。

ダウンロードコンテンツには以下のような物があります。

ポイント

  • Apple Music
  • Podcast
  • 動画アプリ内の動画データ

未使用のアプリは削除する

少しでもバックアップのデータを増やさないためにも、普段から未使用のアプリを削除するようにしましょう。

未使用アプリの確認方法は設定アプリを開き、一般からiPhoneストレージを開きます。

インストールしているアプリ一覧が表示され、アプリ名の横に使用容量、下には前回の利用日が表示されます。

手動で削除するアプリが大量にある場合は、非使用のAppを取り除くをタップして有効にすればデータは保存されたままアプリだけが削除されます。

今は不要だけどデータは残したいという場合には、これを試してみるのも良いでしょう。

この設定を解除したい場合は、設定アプリからiTunesStoreとApp Storeを開いてOFFにすれば簡単に解除できます。

写真・動画の最近削除した項目を完全に削除する

意外と見落としがちなのが、写真や動画をアルバムから削除して終わらせてしまった場合です。iPhone内の写真や動画を完全に削除するには、最近削除した項目で削除しなくてはいけません。

少しでもストレージに余裕を持たせたいならば、忘れずにこちらも削除しておきましょう。

削除方法ですが、写真アプリを起動しアルバムのタブを開きメニューを下にスワイプして最近削除した項目をタップします。

右上にある選択をタップします。

完全に消去したい写真をタップして選択するか、左下にあるすべて削除をタップすれば削除できます。

写真またはビデオがありませんと中央に表示されていれば完全に消去できています。

iCloudの容量不足解消方法

iCloudの容量が一杯になってしまったときの対処法について、よく見かける原因の解決方法についてご説明します。

アプリのiCloud使用をOFFにする

まずは、これ以上iCloudのストレージを消費しないためにも不要なアプリのiCloud使用をOFFにしましょう。

設定アプリからiCloudを開き、どのアプリがiCloudに保存されているか確認をしてください。

この中からバックアップが不要と思われるものは、アプリ名の横をタップしてiCloud使用をOFFにします。

もし途中でiCloudに保存したくなったら、設定をONにすればまた自動で保存されます。完全に不要なデータと思われる場合は、iCloudのストレージ管理からiCloudに保存されているバックアップを削除する必要があります。

OFFにしたらどうなる?

アプリのiCloud使用をOFFにした場合は、今後iCloudに同期されずバックアップが保存されなくなります。

iPhoneにデータを残しておきたい場合はiPhoneに残すを、iPhoneとiCloudから削除しても問題無いならばiPhoneから削除を選択してデータを消しておきましょう。

少し考えたり悩んでいる場合は、キャンセルをタップし削除を見送りましょう。

ポイント

不要なバックアップはアプリのiCloud使用をOFFにして保存しないようにする。

完全に不要なデータならばiPhoneから削除を選択しよう。

書類など不要なデータは削除する

iCloudのストレージ容量を確認する画面を開き、矢印の部分にあるストレージを管理をタップします。

iCloud内に保存されているデータの詳細が表示されます。

この中から不要だと思うデータを削除することで、iCloud内の容量を増やすことができます。

削除方法はアプリ名をタップしデータ削除をタップすればiCloud内の削除は完了です。

もし使用していないアプリのデータならば、iPhone内にあるアプリも一緒に削除しておきましょう。

データを削除したらどうなる?

iCloudからデータを削除する場合、データ削除を行ったiPhone内のデータとiCloudのバックアップが削除されます

そのため不安な場合は、事前に別のアプリなどにデータを移しておくのが良いでしょう。

例えばメモならば同じメモアプリのEvernoteなど、代わりとなるアプリにデータを保存しておけば必要になったときでも困りません。

ポイント

データを削除するとiCloudとiPhoneから完全に消去されてしまう。

心配ならば他のアプリにバックアップを移しておくのがおすすめです。

iCloudフォトライブラリを無効化する

iCloudには、撮影した写真や動画を自動でiCloudに保存してくれるiCloudフォトライブリという便利な機能があります。

しかし自動で保存されていくため、気づかない内にiCloud内のストレージ容量をかなり使用してしまうケースも少なくはありません。

そこで自動で写真を保存されたくない場合は、まずiCloudフォトライブリの設定をOFFにしてください。

設定方法はiCloudの項目から写真をタップして開きます。

開かれたメニューからiCloud写真をOFFにすれば、今後は自動的に写真や動画が保存されることが無くなりiPhone内だけに保存されます。

ただし、まだiCloud内に写真や動画のデータは残っているためiCloud内のストレージに変化はありません。

iCloudのストレージを空けるためには、保存されている写真や動画の削除をiCloudで行う必要があります。

注意ポイント

iCloudフォトライブリをOFFにすることで自動的に保存されなくなるが、その代わり写真や動画はiPhone内のみにしか保存されないので注意しましょう。

iCloud内の写真や動画を削除する

まずはiCloudからストレージ管理を開き、矢印の写真の項目をタップします。

無効化して削除をタップすれば、iCloud内に保存されている写真と動画のデータは30日後に完全に削除されます。

写真とビデオを削除をタップして決定したあとは、iCloudのストレージを消費せずに30日間だけ写真や動画データが保存されています

この間に無効化を取り消したり、iPhoneやPCなどへデータを移動させておきましょう。

30日以内なら無効化を途中で取り消せる

無効化を取り消すには、削除したときと同じようにiCloudストレージから写真を開き無効化して解除を取り消すをタップすれば、iCloud内の写真や動画の削除を解除できます。

もし削除が不安な場合は、iCloudの公式サイトから保存されている写真を確認してみるのも良いでしょう。

またiPhone以外のデバイスからも無効化を解除することができます。

  • iPhone、iPad、iPod touch では、「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順に選択し、「iCloud 写真」をオンにします。
  • Mac では、システム環境設定 >「Apple ID」の順に選択します。サイドバーで「iCloud」をクリックし、「写真」を選択します。以前のバージョンの macOS をお使いの場合は、システム環境設定 >「iCloud」の順に選択します。「写真」の横にある「オプション」をクリックし、「iCloud 写真」を選択します。
  • Apple TV 4K および Apple TV HD では、「設定」>「ユーザおよびアカウント」>「iCloud」の順に選択します。「iCloud 写真」をオンにします。
  • Windows パソコンでは、こちらの記事の手順にそって設定します。

引用:Apple

iCloudの写真や動画を残したい場合

iCloudに保存してある写真や動画をiPhoneに残したい場合に、注意しなくてはいけないポイントがあります。

設定を変更せずiCloudに保存していた場合は、iPhoneのストレージを最適化して保存している可能性があります。

この設定はiPhoneにオリジナルの写真や動画は保存されていません

解像度が落ちたサムネイル用のコピーがiPhoneには保存され、オリジナルはiCloudに保存される仕組みです。

そのためiCloud写真を無効化して削除すると、オリジナルの写真や動画が消えてしまいiPhoneでも表示することができなくなります。

反対に最初からオリジナルをダウンロードの設定にしておけば、iPhoneとiCloudの両方にオリジナルサイズの写真と動画が保存されます。

iPhoneのストレージを最適化していた場合は、iCloud写真をOFFにしたときに写真とビデオをダウンロードを選択してiPhoneにオリジナルをダウンロードしてください。

当然ながらiCloudからダウンロードするときは、iPhoneのストレージを超えるものは保存できません。

iPhoneのストレージを超えて保存できない場合は、Google Driveなど別の方法を考えましょう。

注意ポイント

iPhoneのストレージを最適化:削除するときにiCloudからダウンロードしないとオリジナルサイズの写真や動画が消える

オリジナルをダウンロード:iCloudから写真を削除してもオリジナルサイズの写真や動画はiPhoneから消えない

PCでiCloudの写真をダウンロードする

iPhoneで写真や動画を保存できない場合は、PCを利用して保存することもできます。

まずiCloudの公式サイトのページを開き、ID/PWを入力してログインします。

ホーム画面にある写真を選択し、iCloudに保存されている写真や動画のページを開きます、

移動するとiCloudに保存されている写真一覧が表示されます。

サイト上部にはiCloud写真が無効になりました。あと○○日~と、iCloudに保存されている残り日数が表示されます。

1枚ずつかダウンロードしたい写真をドラッグし選択します。

写真一覧のページの右上にあるダウンロードアイコンを選択すれば、ダウンロードが開始されます。

ダウンロードアイコンの下にあるを選択すれば未編集のオリジナルか、保存先でも閲覧しやすくなる互換性優先からダウンロード形式を選択できます。

もし保存先で閲覧できるか不安な場合は、互換性優先でダウンロードしておくのが良いでしょう。

iCloudのストレージプランをアップグレードする

さまざまなデータを削除しても、それでもストレージが足りない場合はストレージプランを変更することを視野に入れましょう。

まずはiCloudからストレージを管理をタップします。

表示された項目からストレージプランを変更を変更をタップします。

一番上には現在使用中のプランが表示されています。

アップグレードしたいストレージを選択し、右上にある購入するをタップすれば決済画面へ進みます。

アップグレード可能なストレージは、月額課金制で50GB/130円、200GB/400円、2TB/1,300円の3種類となっています。

どのプランもファミリーでの利用が可能できますし、不要になればすぐにグレードダウンすることも可能です。

グレードダウンを行いたい場合は、アップグレードと同じように無料の5GBを選択すれば良いだけです。

iTunesでスマホとPCを同期する手順を解説(同期できない時の対処法も紹介 )

写真やデータをGoogle Driveに移す手順

iCloudのデータを移動させたいときや、別のデバイスに移したいときに役に立つのがGoogle Driveです。

移動方法は難しくなく、まずは使用するデバイスにGoogleフォトをインストールしてください。

Google Drive公式サイト

インストールが完了したら、アプリを起動して左上にあるをタップしてください。

メニューの中から設定をタップします。

設定メニューの中からバックアップをタップします。

連絡先・カレンダーの予定をタップしてバックアップがONになっているか確認してください。

写真と動画をタップし、保存する品質を高画質か元のサイズのどちらかを選択します。

高画質の場合は容量無制限ですが、写真のサイズが最大で16MP(1080ピクセル)までと制限があります。

元のサイズを選択するとオリジナル解像度の写真や動画を保存できますが、こちらの場合はGoogle Driveのストレージ容量(15GB)を消費してしまいます。

設定が完了したら、下にあるバックアップを開始をタップすればバックアップが行われます。

連絡先はGoogleコンタクトに、カレンダーはGoogleカレンダーに、写真と動画はGoogleフォトにバックアップされます。

その他に保存できるファイル形式の詳細などは、こちらからチェックしてください。

Google Driveヘルプ

ポイント

解像度は最大1080ピクセルになるが、写真や動画を無制限で保存したいならば高画質で保存しよう。

ただし、オリジナルと比べて劣化する可能性もあることを忘れないようにしてください。

iCloudに保存ができない場合の原因

iCloudのストレージ容量が空いているのにバックアップができない場合の対処法についてご紹介していきます。

不要になった機種のバックアップデータを削除する

1つのAppleIDで機種変更を何度か行っている場合、複数台のiPhoneのバックアップが保存されているケースがあります。

その場合は不要になったiPhoneのバックアップを削除していきましょう。

まずは設定アプリからiCloudストレージを開きバックアップをタップします。

iCloudに保存されているデバイス名が表示されるので、現在使ってないデバイス名があった場合はそれを削除してください。

デバイス名をタップすると詳細が見ることができます。

赤文字のバックアップを削除をタップし、表示されたオフにして削除をタップすれば削除できます。

タップすると削除中と数秒表示され、バックアップの詳細画面へと戻ります。このときに書類およびデータが0KBになっていれば削除完了です。

【2020年最新】インスタやTwitterの画像/動画を簡単に保存できるアプリの紹介と保存方法を解説!(iPhone/Android/PC)

\\follow//

-Apple
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.