ライブ配信

IRIAM(イリアム) の年齢層と年齢制限について解説

スマホで気軽にライブ配信できるアプリIRIAM(イリアム)

IRIAMを利用している年齢層はどのくらいか、年齢制限はあるのかなど、他のアプリとの比較をしながら詳しく解説していきます。

IRIAM(イリアム)の年齢層について

ライブ配信アプリIRIAM(イリアム)を利用している主な年齢層は、Vtuberとしての配信を始めてみたい10〜20代

IRIAM(イリアム)はイラストをもとにしたキャラを設定して、キャラを連動させてのライブ配信や音声でのラジオ配信ができるアプリです。

顔出しが不要でスマホでの操作だけで簡単に使えるため、10〜20代だけでなく、より幅広い年齢層にも多く利用されています

年齢層はやや高め

IRIAM(イリアム)を利用している年齢層は、30代や40代も含むため幅広くやや高めとも言えます。

IRIAM(イリアム)はイラスト1枚でVtuberになれるハードルの低さと、イラストがなくても音声だけのラジオ配信ができるのが特徴です。

つまり、顔を出さずに手軽にライブ配信をしたい40代までの高め年齢層=ギフト(投げ銭)を気軽に送ってくれる年齢層が多く利用しているので、ライブ配信で収益化を目指す場合にも向いています。

利用しやすい年齢層

IRIAM(イリアム)はスマホが1台あれば簡単にライブ配信を始められるので、初心者がトライしやすくなっています

登録には審査があり、配信の際にも不適切なテキストや画像は削除/アカウントの停止に繋がるため、未成年でも安心して視聴・配信を楽しめる基準を設定。

ラジオ配信ならイラスト不要で顔を出さずに、キャラ配信する場合でもイラストを1枚用意するだけと、高めの年齢層のひとも簡単にライブ配信することができます。

厳しい審査基準と、顔出しせずに配信できる機能がそろっているので、10代から40代まで幅広い年齢層で利用しやすいアプリです。

年齢層比較表

IRIAM(イリアム)と、他のライブ配信アプリを利用している年齢層を比較しました。

趣味として配信を楽しむ場合は自分の年齢層のユーザーが多いアプリを、収益化を目指す場合は幅広く高めの年齢層の利用が多いアプリを選びましょう。

ライブ配信アプリは基本的には10〜20代のユーザーが中心ですが、IRIAM(イリアム)は幅広く高めの年齢層も利用しています。

アプリ名IRIAM 

17LIVE 

Uplive 

年齢層 10〜40代 10〜30代 10〜20代 
Pococha 

BIGO LIVE 

ピカピカ 

ふわっち 

10〜20代 10〜20代 10〜20代 30〜40代 

IRIAMの(イリアム)の年齢制限

IRIAM(イリアム)の配信に年齢制限はありません

IRIAM(イリアム)は他のライブ配信アプリと違い、本人の顔を出さずにキャラが画面上に出るため、親権者・法定代理人の同意を得ていれば子供でも視聴や配信が可能。

キャラの設定が15歳未満でなければ、配信者本人が未成年でも配信することができます。

iOSのアプリダウンロードの年齢制限は「+17」とされていますが、IRIAM(イリアム)ではキャラ設定や配信内容も基準が厳しいので、未成年でも安心して利用することができます。

未成年の場合

IRIAM(イリアム)は未成年の場合、親権者や法定代理人の同意を得ている前提での利用となり、利用中に同意がないことが発覚した場合、サービスの利用が停止されることもあるので気をつけましょう。

特に金銭トラブルになりやすい「ポイントの購入」の際には、必ず親権者や法定代理人の許可を得てください。

年齢制限比較表

IRIAM(イリアム)は年齢制限なくアカウント登録や配信を利用できますが、他のアプリでは「年齢制限なし」「12〜13歳、17歳の未成年でも可能」「未成年は不可能」など様々です。

また「未成年でも可能」な場合でも、夜間は配信禁止など配信できる時間が限られていたり年齢によって制限されています。

アカウント登録、視聴、配信に年齢制限がなくても、課金には上限額が設定されていたり、親権者や法定代理人の同意が必要です。

年齢制限のないライブ配信アプリは配信内容の規制が厳しく、未成年は不可能なアプリは規制がそこまで厳しくない場合が多く見られるので、自分の年齢や配信したい内容によってアプリを選びましょう

アプリ名IRIAM 

17LIVE 

Uplive 

年齢制限なし満12歳以上 18歳以上 
Pococha 

BIGO LIVE 

ピカピカ 

ふわっち 

満18歳以上 満17歳以上 なし満13歳以上

年齢制限なしでも

  •  課金に制限額がある
  • 課金の際には親権者の許可が必要

IRIAM(イリアム)キャラ設定にも年齢制限が

IRIAM(イリアム)のライブ配信には年齢制限がありませんが、イラスト、自己紹介、タイトル、ニックネーム、アイコン、ヘッダーなどキャラの細かい設定に年齢制限があります

自己紹介に15歳未満と書かれていたり、イラストも15歳未満をあらわしているキャラだと判断された場合には審査を通ることができません。

15歳未満の表現として具体的には、イラスト内に「ランドセル」「おしゃぶり」「哺乳瓶」など、子供しか使わないアイテムや、「名札に○○小学校/中学校」などと描き込まれている場合を指します。

審査に通っても、配信内容や画像が不適切と判断された場合には削除されたり、アカウント停止になることがあります。

キャラ年齢制限

  • キャライラスト(LIVE2DやVRMなども含む)
  • 自己紹介
  • 配信タイトル
  • ニックネーム
  • アイコン
  • ヘッダー

審査基準

イラストの審査基準では下着や水着など露出の多い服装、胸元を強調するポーズや服、性的な印象の強い表情やポーズなども細かく禁止しています。

また審査に通った後でも、「ユーザーが15歳未満と示す表現がされている」ほか、セクハラ、犯罪行為、性的な表現、暴力/誹謗中傷、小児性愛その他の不快な表現などを含むテキストや画像は削除対象です。

IRIAM(イリアム)は、こうした厳しい審査基準や内容のチェックが入るため、年齢制限なしに幅広い年齢層が安心して視聴・配信できます

NG表現

  • セクハラ表現
  • 小児性愛を連想させる表現
  • ユーザーが明らかに小児であることを示す表現
  • 性的なものを連想させる表現
  • 犯罪行為
  • 暴力/誹謗中傷
  • その他不快な表現

他のライブ配信アプリのキャラ設定年齢制限

IRIAM(イリアム)は顔出しをしないアプリなので、キャラへの厳しい基準があります。

他のアプリでは配信に問題がない年齢のアカウントであっても、出演しているのが子供の場合はNGなど、出演者の年齢制限が設定されている場合があります

出演者の年齢制限がある場合、Tiktokで観られるような、子供本人の自撮りはもちろん、親が子供の動画を撮ってライブ配信するのもNGとなるので気をつけましょう。

\\follow//

-ライブ配信
-, , , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.