Twitter

Twitterのアカウントの名前部分が赤になってマイクマークが付いている詳細について解説

2022年4月14日頃からTwitterの一部のアカウント名が赤くなって、左側にマイクのマークが付いていると話題になっています。

この記事では、現在テスト実装されているTwitterアカウントの名前が赤くなってマイクマークが付いている現象の詳細について解説していきます。

Twitterのアカウントの名前部分が赤くなってマイクが付いていることの詳細について

Twitterのアカウントの名前部分が赤くなってマイクが付いていることの詳細について解説していきます。

一部アカウントでテスト中

Twitterのアカウントの名前が赤くなり左側にマイクマークが付いている現象は、一部のユーザーにしか起こっていません。

これは、この機能を一部のアカウントでテスト中だからです。

複数のアカウントを所持しているという人の中には、実装されているものと、していないアカウントに分かれているケースが多いです。

過去に似たテストがあり、本実装されなかったという経験があることから、今回の機能についても本実装されるとは限りません。

アカウント名が赤くなり左にマイクマークが付く

今回のテスト機能では、一部のアカウント名が赤くなり左側にマイクマークが付きます。

リプライがあると発言者の元になっている人に表示される

これは、リプライされているツイートがあると、その大元となるツイートが赤くなりマイクマークが付くという機能です。

つまり、元となるツイートを視覚的に分かりやすくなるための機能と考えられるでしょう。

タイムラインでは表示されない

タイムラインの時点では、ツイートの元となる発言者の名前が赤くなりません。

ツイートを表示すると表示される

タイムラインからツイートをタップして表示すると赤く表示されるようになります。

マイクマークは発言者、黒は回答者

アカウント名が赤くなりマイクマークが付く人は発言者です。

ツイートに対してリプライする人が出ると、ツイートの元となる人が赤く表示され、リプライ(回答)した人は黒いまま表示されます。

テスト実装なので本実装になるか不明

過去に似たようなテストがあって本実装されなかった経験があることから、今回の仕様も本実装になるか不明の状態です。

Twitterのアカウント名が赤くなってマイクマークが付かないのはなぜ?

Twitterのアカウント名が赤くなってマイクマークが付かない原因としては下記のようなものが挙げられます。

原因

  • テストアカウントに選ばれなかった
  • リプライが付いていないツイートである
  • アップデートしていない

今回のアカウント名が赤くなりマイクマークが左側に付く仕様は、テスト実装のものです。

一部のアカウントでテストされているものなので、自分のアカウントがテストアカウントに選ばれなかった可能性があります。

また、テストアカウントに選ばれたとしても、リプライがあるツイートでないとアカウント名が赤く表示されません。

複数アカウント所持者なら

もし、複数のアカウントを所持している場合は、他の所持アカウントに実装されている可能性もあります。

試してみたいという場合は他のアカウントにログインして、リプライのあるツイートを確認してみましょう。

Twitterで画像タップしても反応しない全画面表示出来ない原因と対処法を解説

Twitterで画像や動画に関する不具合が発生していることが多くの呟きで発覚しています。 この記事では、Twitterで画像をタップしても全画面表示に出来ない、反応しない原因と対処法について解説してい ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.