ライブ配信

IRIAM(イリアム)は顔バレする?利用時の注意点などをご紹介

イラスト一枚とスマホ一つで、キャラクターになって簡単に配信ができるIRIAM(イリアム)がライバーたちから人気を集めています。

今回はこのイリアムについて、顔バレの心配や利用時の注意点などをまとめてご紹介していきます。

IRIAM(イリアム)の顔バレについて

イリアムは、カメラに写った配信者の表情に合わせてイラストがリアルタイムで動く画期的なライブ配信アプリです。

しかし、表情をスマホに写すという動作を間に挟んでいる以上、「何かの拍子にイラストが消えて素顔が映し出されるのでは?」と考えている方も少なくありません。

実際、素顔がリスナーにバレているライバーも存在しているため、より判断が付きにくいのが実情です。

IRIAM(イリアム)で顔バレする場合

イリアムだけに限らず、元々素顔を隠して配信したいたものの、いつの間にか顔バレや身バレをしてしまったというハプニングは稀に起こってしまうのが現実です。

しかしこれには、起こり得る理由がいくつか存在します。

顔バレする理由

  • TwitterなどのSNSからの流出
  • 配信中の言動で身バレしてしまう
  • 自分から素顔を明かしている

上記が主な顔バレに繋がる理由となります。

熱狂的なファンになると、何気ない些細な発言からライバーの個人情報を特定してしまうこともあります。

このことからも、ライバー」は不特定多数の視聴者を相手に活動していることを心がけて、細心の注意を払って活動すべきです。

SNSなどの外部サービスから流出する

配信中はどんなに言動に気をつけていても、連結しているTwitter上などでの何気ない発言で住所や通っている学校・会社を始めとした個人情報がバレてしまうケースもあります。

特に写真からは読み取れる情報が多く、映り込みや天気、部屋の間取りなどから住所が判明してしまうこともあります。

どんな情報から特定されてしまうのか

  • 生活圏内にあるお店やランドマークなどの目印が映り込んでしまう
  • 部屋の間取りを割り出して、不動産サイトからマンションなどを特定される
  • 天気や工事場所などの局地的な情報の発信

あからさまな個人情報の流出に注意するだけではなく、何気ない投稿も発信する前に内容をしっかり精査して自衛をしましょう。

個人を特定するような発言をしている

ライブ配信中、つい気が緩んで住所や個人を特定してしまうヒントを発言してしまうと、身バレへと繋がってしまいかねません。

イリアムはイラストがアバターとなって表示されているので、実際の背景がオーディエンスに映し出されることはありません。

例えば配信中に「雨が降ってきた」や「近くで工事をしている」など地域が特定できてしまうことを発言すると、そのわずかな情報をサーチ材料にされてしまいます。

SNSの運用と同様に、何気ない発言には注意が必要です。

自分から顔出しをしている

イリアム上ではキャラクターとして配信しているものの、Twitterでは自分の意思で顔写真を掲載しているライバーもいます。

元々素顔を明かしているタレントや声優のライバーに多い傾向がありますが、この場合は顔バレとは少し違います。

IRIAM(イリアム)は顔バレしない仕組みを取り入れている

カメラを通して顔の動きをモーションキャプチャーしてアバターを動かす限り、何かのハプニングでアバターが外れて顔バレする可能性を心配する方もいらっしゃるかと思います。

しかし、イリアムの仕組み上、その可能性はありません。

何故なら、イリアムは表情を動画データとして採取しているのではなく、「モーションデータ」という形でサーバーに送っているからだと公式が発表しています。

これは顔そのものを撮影しているのではなく、表情の動きのみをデータ化してイリアムへ送っているということです。

突然イラストが消えて素顔が出る心配は無し

上記を総括すると、そもそも動画を撮影しているわけではないので、配信中何かのトラブルでイラストが画面から消えてしまっても、素顔のみが表示されるということは絶対にありえないということ。

実際、イリアムではイラストが消えて素顔が晒されてしまったというような報告は一切挙がっていませんでしたので、安心して利用できるサービスだと言えます。

IRIAM(イリアム)を利用する際の注意点

イリアムは誰もがスマホとイラスト一枚でバーチャルライブが始められる画期的なアプリです。

発言や投稿内容にさえ気をつけていれば顔バレする心配もなく、動画編集の技術もいらないということで気軽にチャレンジできてしまいます。

イリアムを使う際の注意

  • 個人が特定される情報は絶対に発信しない
  • Amazonの「欲しいものリスト」公開時はアカウント名に注意
  • パスワード・IDのアカウント情報は厳重に管理する
  • 未成年者は親権者に必ず同意を貰う
  • イリアムが定めているルールを順する
  • 著作権を侵害するようなイラストは使用しない

個人情報が特定されるような発言はしない

前述でもしっかり触れてきましたが、ライブ配信はあなたの目の前に沢山の視聴者が存在します。

ライバーをとても気に入った視聴者が「もっとライバーのことを知りたい」と考えて、リアルなあなたに接近してきてしまうと恐ろしさを感じるかと思います。

そのようなことが起こらないように、配信者側も開示する情報には厳重に注意して安全圏で楽しめるように油断しないようにしましょう。

Amazon(アマゾン)の「ほしいものリスト」公開時は本名を開示しない

ライバーの中には、Amazonで利用できる「ほしいものリスト」を公開してオーディエンスからプレゼントを受け取る方もいます。

このAmazonのほしいものリストを公開する際は、必ずアカウント名をニックネームへ変更しましょう。

またリスト設定時は、送り先住所は新規作成して「第三者の出品の商品の同意書」からチェックを外しましょう。

このチェックを外さないと、第三者の出品者から贈り主へ個人情報がバレてしまう恐れがあります。

第三者の出品とは

第三者の出品とは、Amazonが販売・発送をしないマーケットプレイス(第三者)を指します。

マーケットプレイスはAmazonに出品している業者(もしくは個人)なので、注文確定後Amazonから商品送り先と贈り主の情報が開示されます。

この際、発送通知などを行うのはAmazonではなくマーケットプレイスなので、メールなどに個人情報が記載されてしまう可能性が考えられるのです。

ほしいものリストを公開する場合は、必ず「アカウント名を本名にしない」「Amazonが販売・発送する商品をリストに入れる」ことを徹底しましょう。

乗っ取りなどに備えて、アカウントは厳重に管理する

イリアムに限らず、オンライン上の様々なサービスはIDとパスワードでログイン管理をされています。

パスワードが安直だったり、長い期間変更しないでそのまま利用し続けることはアカウント乗っ取りのリスクを上げることに繋がってしまいます。

アカウントが乗っ取られてしまうと、あなたのフリをして第三者がアカウントを悪用する恐れがある上に、パスワードを勝手に変更されてしまうと復旧までに労力と時間が必要になります。

ログインパスワードは予想しにくいランダムな物を使い、定期的に変更することをお勧めします。

未成年の利用は可能だが、親権者の同意が必須

イリアムは年齢制限を設けていないため、未成年でも配信することが可能です。

アプリダウンロード時「17歳+」と表示されていますが、ルールを守って配信・視聴するのであればこの限りではありません。

第1.3条(未成年者による利用)

1. ユーザーが未成年者である場合、ユーザーは、本サービスの利用(本規約への同意を含みます)について、あらかじめ法定代理人(親権者等)の同意を得て、本サービスを利用するものとします。ユーザーが当該同意を得ずに本サービスを利用する場合、当社は、ユーザーによる本サービスの利用を停止することができます。

IRIAM(イリアム)が定めている禁止事項を行わない

イリアムには他のライバーやオーディエンスが快適に気持ちよく利用できるように沢山のルールが定められています。

禁止事項はありますますが、悪意無く普通に利用している分には妨げにならないでしょう。

イリアムの禁止事項

  • 他人を傷つける行為や表現
  • 長時間の無言配信や寝落ち配信
  • 暴力的・性的・差別的な表現、犯罪を促す表現
  • なりすましや虚偽の情報を流す
  • スパム行為
  • イリアムが定めた方法以外の経済的な収益を得ること
  • 営利目的の行為
  • 出会いやわいせつな行為を目的とした行為
  • 嫌がらせやストーカー行為
  • 宗教活動や宗教への勧誘
  • アカウントの譲渡や交換、貸与など他者に利用させる行為
  • アプリ内キャラクターを使って二次的著作物を作成する

使用するイラストにはルールが定められている

イリアムで使用するイラストには下記のような禁止事項が定められています

  • 公序良俗に反するイラスト
  • 第三者を不快にする恐れのあるイラスト
  • 第三者の権利を侵害するイラスト
  • 本名などの個人情報を含むイラスト
  • 人物や動物などの実写を含むイラスト
  • その他運営が不適切と判断したイラスト

また、準備するイラストはたった1枚で大丈夫なものの、書き方や仕様によっては上手く読み込めない場合があります。

推奨のイラストは

  • 目や口をしっかり開けたイラスト
  • 髪と体が重ならないようにする
  • 頭部パーツ(猫耳など)はコンパクトに
  • 前髪と目の間はしっかり空間をあけておく
  • 髪と眉はしっかり分けて描く
  • 口の輪郭線まで描いておく
  • 全身を描いておく

非推奨のイラスト

  • 人以外のイラスト
  • デフォルメされたキャラクター
  • 正面以外やメガネは読み込みしにくい
  • 上半身のみ

イラストの推奨データ形式

アップするイラストはどんなものでも良いわけではありません。

推奨のデータ形式は下記の通りです。

メモ

  • 推奨サイズ 縦:2000px~4000px/横:1000px~2000px
  • 推奨解像度 350dpi
  • 上限ファイルサイズ 20MB
  • 推奨データ形式 PNG(画像の背景を透過しておく)
IRIAM(イリアム)で配信が出来ない場合の原因と対処法を解説

IRIAM(イリアム)で、「配信しようとしたら配信出来なかった」「視聴は出来るのに配信は何故か出来ない」といった現象が発生することがあります。 この記事では、IRIAMで配信が出来ない原因と対処法につ ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

Uplive(アップライブ)

Uplive(アップライブ)は、中国発の国際派ライブ配信サービスです。

簡単にコラボ出来るので、コミュニケーションが得意な配信者におすすめ!

Upliveの特徴

  • アジア諸国の視聴者と配信者が多い
  • コラボしやすい/コラボが盛ん
  • 翻訳機能あり
  • 見回りで危険/卑猥な配信が出来ない
  • イベントが盛ん
  • エフェクトが豊富

海外の視聴者がファンに付きやすいため、国外以外のファンも増やしたいという国際派にも魅力的なサービスです。

日本では、まだマイナーなライブ配信アプリなので、Upliveにおける将来の有名日本人ライバーとしてスタートアップを切りたいという方にもお勧めできます。

Upliveの魅力!稼げるの?

  • 日本人配信者はまだ少ないのでチャンス
  • 少し年齢層が高め
  • 投げ銭とイベントで稼げる
  • 無料でダイヤモンド(アプリ内通貨)を貯められる機会が多い=視聴者が無料で投げ銭やギフトを贈りやすい=稼ぎやすい
  • 国外の視聴者からも稼ぎやすい

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

LIVE812

「LIVE812」は、リアルタイムで視聴者とのコミュニケーション取るタイプのサービスで、ライバーの年齢層が10代から80代と非常に幅広い珍しいサービスです。

LIVE812の特徴

  • ライブコマース機能
  • 配信にはタレント契約が必要
  • 配信で活躍すれば芸能界デビューの可能性も
  • ギフトのエフェクトが充実
  • 年齢層が幅広い

「LIVE812」を運営している株式会社YAIZOOは、テレビやラジオに出演する劇団員やタレントが所属する芸能関係の会社であるため、芸能関係やプロモーション関連に強いコネを持っている可能性が高いです。

「LIVE812」で活躍していくことで、配信以外の道を拓けたり、配信以外の収入を得たりすることが可能になる可能性もあります。

稼げるの?

  • 視聴者がそれほど多くなくてもギフトが貰いやすい
  • ギフトとライブコマース(商品販売)で稼げる
  • 簡単な手続きで商品販売出来る
  • ハンドメイドやCD販売で稼げる

「LIVE812」の最大の特徴はライブコマース機能で、これは「LIVE812」を通じて商品を販売するシステムです。

配信者が自身の歌を吹き込んだCDやハンドメイド品など自身が制作・開発に携わったものを販売出来るため、この商品が売れれば、ライブ配信中でなくても報酬が増えていくことになります。

ボイコネ

「ボイコネ」は、自分の“声”を使ってライブ配信を楽しんだり、推しボイスへの応援ができるアプリです。

声劇や雑談、歌ってみた配信など楽しみ方は実に様々で、“声”に関するコンテンツが多彩に準備されています。

声での表現力や演技を磨きたい人、声優を目指している人など、声を使った活動に興味がある人なら誰でも配信でき、リスナーからの反応や感触を確かめることができます。

本作の魅力ポイント

  • 声に関する表現に興味があるなら誰でも気軽に配信できる
  • 声劇ライブ・フリートーク・お題回答ボイス・立体音響など、できることは実に様々
  • シナリオライターとしてシナリオをアップロードすることも可能
  • 最大5人で声劇ライブ配信も可能
  • 配信者・リスナーのマナーが良く荒らしが少ない
  • 投げ銭システムもあり

本気で声優を目指す人や声フェチが集うことでジワジワと人気を集めているボイコネは、ライブ配信アプリの中でも利用者のマナーが良いと評判のアプリです。

また、自分が書いたシナリオを他の配信者が読んでくれる機会もあるなど、表現者としてのスキルアップに繋がるコンテンツが多く、同じ夢や目標をもつ利用者たちとのコミュニティ形成にも一役買ってくれる場になっています。

\\follow//

-ライブ配信
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.