LINE

LINEのオープンチャットでブロックや強制退会・再加入禁止されたらどうなる?再入室出来ないのか?解説!

オープンチャットは趣味や目的を同じとした人が匿名で集まってグループチャットが行えるサービスです。

この記事では、LINEのオープンチャットでブロックされたらどうなるかと、強制退会でトークルームから排除されるとどうなるかについて解説していきます。

LINEのオープンチャットとは

オープンチャットは、LINEで2019年に新しく実装された機能で、チャットグループを作って友達追加していない相手と気軽に会話出来るものです。

オープンチャットでは、LINEで登録している名前とは別に自分に名前(ニックネーム)を付けて会話することが出来るため、匿名で会話することが出来ます。

LINEのオープンチャットでブロックされるとどうなるの?

LINEのオープンチャットでブロックされると、自分のメッセージが自分をブロックした相手に表示されなくなり、メッセージに既読が付かなくなります。

逆に貴方が誰かをブロックすると、その人のメッセージが表示されなくなり、既読が付かなくなります。

現時点ではブロック機能がなくなっている

現在、オープンチャットではブロック機能がなくなっています。

そのため、誰かをブロックしたり、誰かにブロックされたりすることがありません。

ブロックや通報はバレるのか?

ブロックをしたこと自体はバレませんでした。

ただし、その相手のメッセージが非表示になるため、相手のメッセージを無視する形となるため、その結果バレてしまうということはありました。

誰が通報したかや通報したことも相手にバレることはありません。

ブロックの代わりになる機能

ブロックの代わりとなる機能に下記のようなものがあります。

  • 強制退会
  • 通報
  • NGワード

強制退会は、管理者または権限を与えられた共同管理者が行えます。

強制退会には、通常の強制退会と再入室不可のものがあり、相手によって使い分けると良いでしょう。

通常の強制退会は再入室することが可能です。

通報機能は一般ユーザーも利用することができます。

迷惑なユーザーやチャットメッセージを見かけた場合は利用すると良いでしょう。

NGワード機能では、トークルーム内で使えないキーワードを個別に設定することが可能です。

強制退会させた後チャットに入れない設定をされるともう入れなくなる

強制退会には2種類の設定があり、一つ目は通常の強制退会、二つ目は強制退会後にトークルームに再参加出来なくなる「強制退会&再参加を禁止」です。

一つ目の通常の「強制退会」であれば再度トークルームに入室できますが、二つ目の「強制退会&再参加を禁止」の対処を取られると再入室出来なくなることに注意してください。

これは、ニックネームなどを変更したとしても入室できません。

ブロックと強制退会の違い

オープンチャットには、かつてブロック機能がありました。

管理者のブロック=強制退会機能であり、管理者ではない一般参加者の場合はLINEにおけるブロックと似たような仕様で、既読が付かなかったり、相手のメッセージが表示されなくなったりしました。

退会と強制退会の違い

退会には2種類あります。

一つ目は、自分からそのトークルームを去る「退会」、二つ目はそのトークルームの管理者や権限を持った共同管理者から強制的に排除される「強制退会」です。

この2つの違いは、自分からそのトークルームを去るか、何か問題行動を起こしたり、管理者にとって都合が悪かったりして強制的に退会させられるかです。

前者は、再度自由にトークルームに出入りできますが、後者は入室出来なくなるケースもあります。

強制退会には2種類あり、再度入室が可能な「退会」と再入室不可な「強制退会&再参加を禁止」に分けられています。

「強制退会&再参加を禁止」に設定されると再入室はできません。

強制退会が可能な権限の持ち主

LINE公式ヘルプ

強制退会の権限は、一般参加者にはありません。

強制退会の権限の持ち主は「管理者」と「共同管理者」です。

「管理者」はすべての権限を持ちますが、「共同管理者」は管理者に付与された権限のみ持ちます。

つまり、強制退会の権限を持つのは「管理者」の全てと管理者に強制退会の権限を付与された「共同管理者」と言えるでしょう。

なお、「共同管理者」は「管理者」が設定可能です。

LINEのオープンチャットと退会に関する注意点・疑問点

LINEのオープンチャットと退会に関する注意点・疑問点について詳しく解説していきます。

退会すると他の参加者にバレる?

「メンバーが退出」がオフになっているトークルームであれば、貴方がトークルームを退会したとしても、他の参加者にバレることはありません。

ただし、トークルームから退会すると、チャット出来なくなるため、良く会話していたのにいきなり喋らなくなることで相手が察する可能性はあります。

また、トークルームのメンバー数や参加者を閲覧することが出来るため、そこから消えていることで退会したことがバレる可能性は高いです。

「メンバーが退出」がオフになっていれば、退会の通知はないため、無言で入室したり、あまり目立っていなかったりすれば、大人数のトークルームであれば周りに気づかれずに退会してもバレないでしょう。

ただし、「メンバーが退出」がオンになっているトークルームは入退室の情報が通知されるので注意が必要です。

また、強制退会の通知メッセージは「○○が△△をこのオープンチャットから退会させました。」となるため、誰が強制退会させたかもバレてしまいます。

退会しても再度参加できる?

トークルームを強制退会になった場合、そのトークルームに再参加できる人と参加できない人がいます。

貴方が強制退会された時、通常の「強制退会」で排除されたなら再度同じトークルームに参加可能です。

貴方が「強制退会&再参加を禁止」で強制退会させられていると再参加できません。

また、貴方が自分からトークルームを退会した場合、特に問題なく再参加できます。

再参加した場合はバレる?

トークルーム参加時にニックネームを変更できます。

また、トークルーム参加後の自由な場面でニックネームを変更できるため、ニックネームが以前と変わっていれば再参加がバレることはありません。

「メンバーが退出」がオフのトークルームの場合に限りますが、貴方がトークルームを自発的に退会し、周りに参加者欄をチェックされる前に再入室し前と同じニックネームを付けることでバレないという方法もあります。

逆に言えば、周りに退会がバレている状態でニックネームが以前と同じものであったり、連想されるものであったりすると再参加がバレてしまう可能性が高いです。

強制退会の場合は、ニックネームさえバレないものにしてしまえば、再参加であることはバレません。

ニックネームの変更

ニックネームを変更するには、メニューアイコンからその他をタップしてください。

プロフィールを選択して名前をタップし、新しいニックネームを付けて完了をタップしましょう。

強制退会されても再度同じオープンチャットに参加出来る?

もちろん、自発的な退会であれば、問題なく同じオープンチャットに再参加できます。

強制退会の場合は貴方が管理者や権限を与えられた共同管理者にどのような処置をされたかによるでしょう。

貴方がそのトークルームを排除された時に通常の「強制退会」処置が行われた場合は再度同じオープンチャットに参加できます。

貴方が「強制退会&再参加を禁止」でオープンチャットから排除された場合は、「強制退会&再参加を禁止」処置をされたトークルームには再参加できません。

強制退会&再加入禁止だと再入室不可

「強制退会&再参加を禁止」の処置をされると、その処置をされたトークルームには再入室できません。

ただし、この処置は管理者が後から変更することも出来るため、管理者の決定によって再度入室することが出来る可能性はあります。

管理者が変更されて方針が変わった時や管理者に個別メッセージを送って設定を変更して貰った時などにこのようなことが起こりやすいです。

ただし、管理者が変更された時も、強制退会者の設定は弄らずそのままのケースが多いので、後者の方が現実的と言えるでしょう。

基本的に「強制退会&再参加を禁止」された場合はトークルームに再入室できないと考えてください。

どうしたら強制退会される?

トークルームには独自に設定した「ルールやマナー・方針」があります。

そのルールやマナーを守っていなかったり、誹謗中傷・セクハラなどを行ったりすることで強制退会になるケースが多いです。

また、こうしたルールやマナー違反は管理者の感覚に任されているため、あるトークルームでは大丈夫だったのに、あるトークルームでは強制退会されたというケースもあります。

強制退会させると相手にバレる?

強制退会させると、排除されたユーザーの画面には「利用できないオープンチャット」と表示されます。

また、「メンバーが退出」がオンになっている状態だと、チャット欄に自分のニックネームで強制退会の通知がされているはずなので、強制退会をさせた場合させられた側にバレてしまいます。

トークルームが大規模なものである場合、管理者に加えて複数の共同管理者が置かれているケースが多いです。

この時も、誰が強制退会の処置をしたのか「○○が△△をこのオープンチャットから退会させました。」という通知がされるため、どの管理者が手続きをしたのかバレてしまいます。

通常の強制退会であれば、再度同じオープンチャットに参加でき、「強制退会&再参加を禁止」であれば参加出来ないため、「強制退会」の種類についても排除されたユーザーにはバレてしまう可能性が高いです。

オープンチャットを強制退会&再加入禁止になったら個人のLINEもブロックされる?

オープンチャットを「強制退会」または「強制退会&再加入禁止」になったとしても、個人の連絡先までブロックされるわけではありません。

相手の連絡先を知っていれば、その相手に個別でメッセージを送る事が可能です。

そのため、手違いで強制退会&再加入禁止になってしまったり、弁解があったりするなら、管理者や共同管理者に個別メッセージを送ってみても良いかもしれません。

ただし、LINEの方でメッセージを送ったとしても、そこでブロックされると自分のメッセージが相手に送れなくなることに注意しましょう。

トークルームの削除では退会にならない

貴方がトークリストからオープンチャットを削除しても退会したことにはなりません。

退会していない状態でリストから削除すると、新しいトークがされれば再度オープンチャットがトークリストに表示されます。

再参加で過去のトークやノートは閲覧できるか?

再参加したオープンチャットのノートやトークは、すべて閲覧できます。

LINEのグループトークでは、参加した時から閲覧できるようになり、遡ることは出来ないため、オープンチャット特有の特徴と言えるでしょう。

もちろん、ノートも過去のものを閲覧できます。

【2021年最新】LINEで複数アカウント(サブ垢)を作る方法を徹底解説!

仕様変更でLINEで複数アカウントを作る方法がかなり制限されるようになりました。今回はLINEで複数アカウントを作る方法と1つの端末でアカウントを切り替える方法などを解説していきます。   ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.