YouTube

YouTubeでAdBlock(アドブロック)を使用しているとエラーや現在オフライン表示になる原因と対処法を解説!

動画広告に加えて、オーバーレイ広告やバナー広告などをブロックして非表示状態にしてくれる便利な拡張機能(アドオン)やアプリを広告ブロッカーと呼びます。

この記事では、AdBlockという名称の広告ブロッカーを導入した状態で、YouTube動画を再生すると「エラーが発生しました」と表示がされて真っ暗になるというエラーについてとその対処法について詳しく解説していきます。


YouTubeでAdBlock(アドブロック)を使うとエラーが発生する

広告ブロッカーツールAdBlockをデバイス(特にPC)に導入している状態でYouTube動画を閲覧しようとすると、画面が真っ暗になったり、エラーが発生して見れなくなったりするというトラブルが発生することがあります。

こうしたエラーは、AdBlock以外でも発生するケースがあるため、広告ブロッカーを導入しているという方は広告ブロッカーが影響しているか、一度導入している広告ブロッカーを無効にしてYouTubeにアクセスしてチェックしてみることをおすすめします。

もし、広告ブロッカーを無効にして問題なく再生されるようなら、広告ブロッカーが原因である可能性が高いです。

YouTubeの再生画面が真っ暗になり「エラーが発生しました」と表示される

YouTube動画を再生しようとすると「エラーが発生しました」と表示されて画面が真っ暗になってしまうという現象が発生しています。

このエラーは、AdBlockの影響によるものであるとされており、PCでの閲覧で発生することが多く、スマホやタブレット端末でYouTubeアプリを再生した場合はエラーがほとんど発生することはないようです。

「エラーが発生しました」と表示されている時に流れている動画は、投稿者のものではなく広告が流れている最中であることから、広告ブロッカーが影響していると考えられています。

実際に「エラーが発生しました」という表示がされている時は、投稿者の投稿した動画より尺が短いケースが多くちょうど広告動画の時間と一致します。

「インターネットに接続してください」「現在オフラインです。接続を確認してください。」と表示されるケースも

uBlock Originという広告ブロッカーを利用している状態でYouTube動画を再生すると、「インターネットに接続してください」「現在オフラインです。接続を確認してください。」という表示が出て再生出来なくなってしまうケースもあります。

このように、AdBlockに限らず他の広告ブロッカーでも似たような現象が発生しているので注意が必要です。

また、最近だとAdBlock利用者にもこのようなエラー表示がされるケースもあると報告されています。

AdBlockを導入しているのにYouTubeで広告が表示されるエラーも

AdBlockを導入しているのにYouTubeで広告が再生されるというエラーもあります。

これは、AdBlockを貫通して様々な広告が表示されてしまっているからです。

動画広告、オーバーレイ広告、バナー広告、ディスカバリー広告など様々な種類、位置のものが表示されます。

こうしたエラーが発生しているのは、アプリ版ではなくツール版を利用しているユーザーに多いです。

YouTubeでAdBlock(アドブロック)を使うとエラーが発生する原因

YouTubeの再生画面で「エラーが発生しました」「インターネットに接続してください」「現在オフラインです。接続を確認してください。」と表示されるエラーの原因は、YouTubeがアップデートを重ねて広告ブロックを弾くようにしたからです。

YouTubeでは、広告収入も大きな収入源のひとつとなっており、広告ブロッカーによって広告が弾かれるとその分お金が入らなくなってしまうため、このようなアップデートがされました。

YouTubeでAdBlock(アドブロック)を使うとエラーが発生する場合の対処法

YouTubeでAdBlock(アドブロック)を使うとエラーが発生する場合の対処法について解説していきます。

しばらく放置する

貴方がAdBlockを導入している状態でYouTubeの動画を再生した時に「エラーが発生しました」と表示されて画面が真っ暗になる場合、しばらく待つことで投稿者の動画が閲覧できるようになります。

AdBlockは動画広告に影響するため、動画広告の再生中だけエラーが発生しているためです。

この動画広告分の再生分だけ流れてしまえば動画を閲覧できるようになります。

動画広告が長いものだとそれだけ待たなくてはいけなくなるので、短めの広告が出るまで画面を更新しても良いでしょう。

AdBlockを無効にする

貴方が拡張機能(アドオン)のAdBlockを導入している状態でYouTube動画を再生した時に「エラーが発生しました」というエラーが発生するようなら、AdBlockがエラーを誘発している可能性が高いです。

エラーが発生することが気になるという方は、AdBlockを無効にすることでエラーが発生しなくなります。

Chrome(クローム) 拡張機能を削除する手順に関して解説!

AdBlockを無効にして再度有効にする

AdBlockがYouTubeで上手く機能せず広告が表示されてしまうという場合は、AdBlockを一度無効状態にしてから再度有効にすることで改善が見られるケースもあります。

拡張機能を有効・無効にする手順については下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

他のブラウザにAdBlockを導入してYouTubeを見る

他のブラウザにAdBlockを導入してYouTubeを閲覧することで、エラーが発生しないケースもあります。

これは、貴方が使っているブラウザと拡張機能の相性が悪いことから発生する可能性が高いです。

Chromeに拡張機能を追加する方法に関しては下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

画面の更新をする

YouTubeの画面の適当な場所を左クリックして再読み込みするか、F5キーを押して画面の更新をすることで解決するケースもあります。

また、「エラーが発生しました」という表示がされる場合は、根本的な解決にはなりませんが、長い広告が表示されてしまった時にリロードすることで、短い広告に切り替えて動画が閲覧できるまでの時間を短くするという使い方も可能です。

AdBlock公式Twitterをチェックする

AdBlock公式Twitterをチェックすることで、そのエラーが一時的なものであれば、どういった状況なのかと修正が終わった時に告知がされる可能性が高いです。

また、TwitterでAdBlockユーザーのつぶやきを検索してみても良いでしょう。

AdBlock公式よりいち早くエラーが発生していることに気づけたり、いち早く修正が完了したことに気づけたりすることもあります。

他のツールを検討してみる

AdBlockやその他広告ブロッカーでYouTube動画を再生する時にエラーが発生しています。

AdBlockやその他ツールを使っていてエラーが発生するという場合は他のツールを検討してみても良いかもしれません。

アドオン・アプリ名種別備考
AdGuardアドオン/ソフトウェア/Android/iOSソフトウェアとアドオンを組み合わせて使える/iOS版は有料
AdClearアドオン/Android
AdFilteアドオン/iOSSafariでのみ機能する
uBlock Originアドオン「インターネットに接続してください」「現在オフラインです。接続を確認してください。」というエラーが発生
Firefox Focusスマホアプリ版広告ブロックと履歴削除機能搭載
Microsoft Edgeブラウザ広告ブロック機能搭載のブラウザ
Brave Browserブラウザ
Vivaldiブラウザ
Kiwi Browserブラウザ

アドオンの導入方法と有効手順に関しては下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

AdGuard

AdGuardは、Android版とiOS版があり、Google Playリリース版は特定のブラウザでのみ効果が発揮できるものです。

もし、色々なアプリやブラウザで動画を閲覧したいなら「AdGuardインストールページ」からインストールすることをおすすめします。

こちらのバージョンは、限られたブラウザに限らず様々なアプリやブラウザで効果を発揮します。

iOS版では「AdGuard for iOS Pro」がリリースされています。

「AdGuard for iOS Pro」は有料アプリではありますが、ブラウザに限らずアプリ内の広告もブロック可能です。

AdClear

AdClear、App Store、Google Chromeどのバージョンもリリースされています。

ただし、こうしたページからインストールできるものは特定のブラウザでのみ機能する制限版です。

様々なアプリやブラウザで広告をブロックしたいなら「AdClearインストールページ」からインストールして導入するようにしましょう。

AdFilter

AdFilterは様々なサイトの広告を非表示にしてくれます。

SNSのシェアボタンなども非表示になり、広告の画像を読み込まないことでページの読み込みがスピーディーになります。

広告ブロック機能を搭載しているブラウザ

広告ブロック機能が搭載されているブラウザを導入すれば、別途アドオンを導入する必要はありません。

広告ブロック機能が搭載されているブラウザは下記の通りです。

広告ブロック機能搭載のブラウザ

  • Microsoft Edge
  • firefox(スマホアプリ版)
  • Brave Browser
  • Vivaldi
  • Kiwi Browser

なお、Microsoft Edgeの広告ブロック手順については下記の記事をご覧ください。

Twitchで広告をブロックする手順やブロック出来ないときの対処法を解説!

スマホ版AdBlockを導入してYouTubeを見る

YouTube動画を再生すると発生するエラーは、主に拡張機能(アドオン)版AdBlockで発生しています。

そのため、スマホ版AdBlockを導入してスマホでYouTube動画を見るという手段で解決するケースもあるでしょう。

大きな画面で見たい、パソコンで見たいという場合は、別のツールの導入を検討するか、他の対処法を試してみることをおすすめします。

スマホ版AdBlockや導入方法に関しては下記の記事をご覧ください。

Twitchで広告をブロックする手順やブロック出来ないときの対処法を解説!

フィルターリストにYouTubeを登録する

AdBlockのフィルターリストにYouTubeを追加することでエラーが発生しないケースもあります。

AdBlockを導入していない場合は、まずAdBlockを導入しましょう。

手順については下記の記事をご覧ください。

Twitchで広告をブロックする手順やブロック出来ないときの対処法を解説!

AdBlockを有効にする手順については下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

AdBlockが導入できたら、メニューからその他のツールを開き、拡張機能をクリックしましょう。

AdBlockの下にある詳細をクリックします。

拡張機能のオプションを選択してフィルタリストを選び「カスタムフィルタリスト」に「https://www.youtube.com/youtubei/v1/」と入力して登録をクリックしましょう。

Googleアカウントからログアウトする

貴方がGoogleアカウントにログインしたままYouTube動画を閲覧している場合は、ログアウトした状態で閲覧することで改善するケースもあります。

これは、YouTubeの動画広告やその他の広告は、Googleアカウントに関連付けられていると考えられ、閲覧履歴に応じた表示がされるからです。

Googleアカウントからログアウトするには、Googleアカウントにログインしているブラウザを開き、プロフィールアイコンを選択してすべてのアカウントからログアウトするをクリックしましょう。

Adblockをアップデートする

AdBlockが更新を行い、YouTubeのエラーに対応したとしても、貴方がAdBlockを古いバージョンのまま使っているとせっかくの更新が貴方に反映されません。

AdBlockをアップデートして最新の機能を使えるようにしましょう。

AdBlockを再インストールする

AdBlockのデータ本体に欠損があることが原因で不具合が発生するケースもあります。

特にスマホアプリ版AdBlockを使っていてエラーが発生する場合は再インストールしてみましょう。

AdBlockが関係ないケースもある

YouTubeを見ていてエラーが発生する原因の元となるものがAdBlockではない可能性もあります。

対処法

  • 通信環境の状況をチェックする
  • 動画が削除されていないかチェックする
  • デバイスの再起動をする
  • YouTubeアプリの再起動をする
  • ブラウザを変更する
  • アプリをアップデートする
  • 不要なバックグラウンドアプリを強制終了する
  • 不要なブラウザやタブを閉じる

通信、デバイスそのものなど様々な原因がありますが、特にアプリとデバイスの再起動は広い範囲の原因に対処可能です。

Twitchで広告をブロックする手順やブロック出来ないときの対処法を解説!

Twitchの広告が急増しており、ライブ配信の視聴中の盛り上げるところでCMが表示されて、その部分を見逃してしまったというトラブルに遭うユーザーも珍しくありません。 この記事では、Twitchの広告を ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.