LINE

LINEによる「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」というメッセージが届く詳細や対処法を解説


LINE運営のシステム・セキュリティ用のアカウントから「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」というメッセージが届くことがあります。

このメッセージが届く意味と対処法について解説していきます。


「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」というメッセージの意味

「LINE」運営のシステム・セキュリティ用のアカウントから、認証の要求がされた旨が伝えられます。

【重要】

他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました。

友人や知人になりすまして、SMS認証を聞き出す詐欺行為の可能性があります。

どんなに親しい人でも、あなたが受け取ったSMS認証番号を教えないようにしてください。

*お客さま自身がLINEでの認証を行った場合は問題ありません。

古いバージョンのLINEでなければ、電話番号の入力後にSMSでの認証コードの入力が必要となるため、これを突破されなければアカウントの乗っ取りはされません。

そのため、LINEアカウントを常に最新にしておくことも、アカウント乗っ取りを防ぐ有効な手段のひとつです。

「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」の前段階

このメッセージは、現在LINEにログインしているデバイスとは異なるデバイスで電話番号を使ってログインしようとしたときに起こります。

つまり、今使っている端末以外の端末でログインしようとすると、自身が行った行為であっても表示されるということです。

さらに、認証が突破されると下記のメッセージが表示されるので、早急な対処が必要です。

他の端末で、LINEにログインしたことを通知するメッセージです。

お客さま自身がLINEにログインを行った場合は問題ありませんので、このメッセージを無視して下さい。

心当たりがない場合は、第三者が不正にログインを試みた可能性があります。LINEを使用できなくなった場合、ログインをしなおし、早急にパスワードの変更を行って下さい。

なお、他のデバイスからメールアドレスでログインを試みられたときは上記のメッセージが表示されます。

LINEから「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」と届く原因

*①のメッセージはこの時点で届く

SMSによる認証前までの段階で「①他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」と表示されます。

*②のメッセージはこの時点で届く

認証を突破される(乗っ取りが完了する)と「②他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」と表示されるので、出来れば①の表示の時点で必要な処置をしておくと良いでしょう。

第三者が不正ログインをしようとした

第三者が貴方のLINEアカウントに対して、不正にログインしようとした可能性があります。

「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」が表示される時点では、まだ認証までされていません。

つまり、まだ不正アクセスを試みられただけで、ログインまでされたわけではないため、冷静にパスワード変更などの対処を取るようにしましょう。

なお、不正アクセスされると、この後に「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」と表示されることになります。

似た電話番号を持つ人が間違えて入力した

貴方と似た電話番号の人が、貴方の電話番号を間違えて入力してしまった可能性もあります。

これが原因の場合、間違えた人は自身のSMSに認証メールが届かないことで気づくので、そのまま放置して問題ありません。

ただし、不正アクセスを試みられたケースと、こちらのケースの見分けが非常に難しいため、念のためパスワードの変更などを行っておくと良いでしょう。

他の端末でログインしようとした

貴方が複数のデバイスを所持している状態で、いつも使っている端末とは異なる端末でLINEにログインを試みようとしたときもこの表示がされます。

LINEアプリは複数の端末から同一のアカウントを使えず、電話番号1つまたはメールアドレス1つにつき1台のアプリ認証のみが可能です。

同一の電話番号の認証を他のデバイスで行うと、以前使っていたデバイスではアカウントが自動的に削除され、LINEが起動できなくなります。

1アカウントを複数デバイスで管理は無理

このように、1アカウント(スマホアプリ版LINEの場合)を複数のデバイスで管理することはできません。

複数のデバイスを持っていてLINEを使いたいときは、それぞれのデバイスで別のアカウントを使う必要があります。

LINEアカウントの引継ぎを行おうとした

スマホの機種変更や紛失・故障による交換により、前使っていたデバイスではなくなったときに、事前使っていたLINEアカウントを新しいデバイスでログインしようとしたケースでも「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」と表示されます。

LINEアカウントの引継ぎで表示される場合は、自身の行動によって起こるので不正アクセスの心配はないため、そのまま手続きを済ませて問題ありません。

LINEから「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」が届くときの対処法

LINEから「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」が届くときの対処法について解説します。

4桁の暗証番号は教えてはいけない

LINEで親しい人間を装って、LINEにログインするときの暗証番号を求めてくるケースがあります。

特に自分が操作したわけでもないのに「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」と表示された後に、こうした要求があるときは要注意。

というのも、不正ログインしようとしたユーザーが貴方から暗証番号を聞き出して、アカウントを乗っ取ろうとしている可能性が高いからです。

暗証番号を教えると、アカウントが乗っ取られたり、貴方の電話番号で新しいLINEアカウントが作成されたりしてしまいます。

新しいアカウントを作成されると、貴方がその電話番号を使って作成していたLINEアカウントが削除されます。

乗っ取られると貴方のデバイスでそのLINEアカウントにログイン出来なくなるでしょう。

なりすまし注意

貴方の電話番号で作成されたアカウントは、貴方のアドレス帳で繋がっている友達に貴方として表示され、なりすまし行為をされる可能性が高くなります。

パスワード変更

「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」というメッセージが表示される時点では、相手に電話番号はバレていても、パスワードまでは漏れていない可能性もあります。

しかし、もしパスワードがバレてしまっていた場合、LINEアカウントを乗っ取られる可能性があるため、不正アクセスされる前にパスワードをより強固なものに変更した方が良いでしょう。

パスワードを変更するには、ホームタブから歯車アイコンを選択しアカウントをタップしてください。

パスワードを選択して、新しいパスワードを入力したら変更をタップすればOKです。

アカウントに再ログインする

「他の端末のLINEから、あなたの電話番号による認証が要求されました」というメッセージの後に、悪意のある第三者により貴方のLINEアカウントにログインされると、「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」というメッセージがさらに送られてきます。

このメッセージが届いた後、LINEアプリの全ての機能が停止して「利用することができません」というエラー表示がされるようになります。

ログインし直せば、アカウントの乗っ取り返しが出来るため、すぐにログインし直してパスワード変更などの対処をしてください。

アカウントに再ログインするには、確認を選択してログインをタップしましょう。

電話でログインを選択して、電話番号を入力し矢印アイコンをタップ。

OKを選択してSMSメッセージを確認し、認証番号を入力すればログインし直せます。

アカウント引き継ぎ設定をオフにする

スマホの乗り換え予定がないときは、アカウント引き継ぎをオフにすることで、乗っ取り自体を防ぐことができます。

「アカウント引き継ぎ設定をオフにする」の設定方法に関しては下記の記事をご覧ください。

LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法を解説!

ログイン許可をオフにする

ログイン許可をオフにすることで、LINEアカウントを作成したデバイスの種類(PC・スマホ・タブレットなど)以外からLINEアカウントのログインを出来ないようにできます。

例えば、スマホで作成したアカウントの設定で「ログイン許可」をオフにすることで、スマホ以外のデバイスからログインできなくなるということです。

これを設定しておくことにより、PCやタブレットを使った不正アクセスを防ぐことができ、アカウント乗っ取りの可能性が少なくなります。

「ログイン許可をオフにする」の設定方法に関しては下記の記事をご覧ください。

LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法を解説!

デバイスのパスコードやロック画面の設定をする

4桁の暗証番号を入力されてアカウントを乗っ取られてしまったケースでは、何らかの方法で相手に情報を盗み取られた可能性があります。

しておくと良い設定

  • パスコード(4桁の暗証番号)を再送信
  • ロック画面の設定
  • セキュリティソフトの見直し

知り合いに暗証番号を盗み見られた可能性があるときは、ロック画面設定の他に、スマホを常に所持して相手のいるところで弄らないようにすることで防ぐことも可能です。

悪意のある第三者による犯行であるときは、セキュリティソフトを入れたり、既に導入している場合は設定の見直しをしたりすることをおすすめします。

「パスコード(4桁の暗証番号)を再送信」するには、SMSに認証番号を送信するときに認証番号を再送するをタップしましょう。

ロック画面の設定

一定時間の放置や電源ボタンでスマホを切ることによって、スマホを再度操作したいときに、パスワードを必要とするよう設定できます。

これにより、知人や友人によって認証番号を覗かれる心配がなくなるでしょう。

スマホをロックしたいときは、設定からロック画面とセキュリティを選択してください。

ロック画面とセキュリティを選択しパスワードをタップします。

パスワードを設定し次へを選択して、再度パスワードを入力して確認をタップ。

通知を表示してしまうと、SMSメッセージとして認証番号が届いたときに、ロックされたままでも番号が表示されてしまう可能性があります。

タイミングによってはロックした意味がなくなってしまうため、通知を表示しませんを選択して完了をタップすればOKです。

LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法を解説!

現在LINEの通知にて「身に覚えのない電話番号認証の通知」が届くという事象が発生しています。 そこで今回は「LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法」についてご紹介していきます。 Contents ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.