LINE

LINEで「不明なエラー」と表示される問題が発生!原因と対処法のご紹介

LINEで動画をメッセージに送信する際に「不明なエラー」と表示されて送信できない問題が発生しています。

今回はLINEで「不明なエラー」が発生する原因と対処法についてご紹介していきます。

LINEで動画を送信するときに「不明なエラー」で送れない問題が発生!

LINEのメッセージに動画を送信する際に、下記のようなエラーが表示され送信できないという問題が発生しています。

エラーの内容

不明なエラーです。

しばらくしてからご利用ください。

LINEでは時々上記のような不明なエラーが原因で一部ツールが利用できなくなるバグが発生しています。

今回は通常のメッセージや写真は問題なく送信ができる一方で、一部の動画の送信においてこちらのエラーが発生しているという状態です。

LINEで動画を送信するときに「不明なエラー」が発生する原因

ここからはLINEで動画を送信する際に「不明なエラー」が発生する原因についてご紹介していきます。

LINE側でバグが発生している

トーク上で動画が送信できない原因で一番考えられる可能性がLINE側でバグが発生しているケースです。

バージョンアップデートの際に、何かしらのバグが発生して一部の動画が送れなくなっている可能性があります。

一定期間以上前の動画は送れない可能性

LINEのトークで動画を送信する際に、動画を撮った・保存した時期によって送信できる動画と送信できない動画があることが確認できました。

送信できた動画と送信できなかった動画の期間

送信できた動画:2020年11月23日以降に撮った動画

送信できなかった動画:2020年9月21日以前に撮った動画

上記の間の期間にあたる動画に関しては検証できていませんが、LINEのトーク上で送れる動画の条件には2〜3ヶ月以内に録画、保存した動画というものが追加された可能性があります。

iCloudライブラリに問題がある

「不明なエラー」「一時的なエラーが発生しました」という内容の警告が出た場合、LINEヘルプからiCloudライブラリの設定を見直すように推奨されたというケースもあります。

こちらはLINE側ではなくiCloudライブラリ上の問題でLINEに動画が送れないという場合に発生するケースのようです。

5分以上の動画を送ろうとしている

LINEでは元々5分以上の動画を送信することができない仕様となっています。

そのため、送信しようとしている動画が5分を超えるものの場合は動画を分割して送ったり、LINE以外のツールなどを利用して動画を送信する以外には方法がない状態となっています。

50個以上の動画を送ろうとしている

LINEでは50個以上の動画をまとめて送信することができない仕様となっています。

そのため、まとめて動画を送信したいという場合にも何度かに分けて動画を送信するように注意しましょう。

また、50個以内で送信しようとしている場合にも、容量が大きい動画の場合には接続の問題でうまく動画が送れないケースもあります。

容量が大きい動画に関してはできるだけ小分けにして送信するようにしましょう。

OS、アプリのバージョンが古い

お使いの端末やアプリのバージョンが最新版ではない場合も、一部の動画が送信できない原因となっている可能性があります。

今回の動画が送信できないバグ以外に関しても、端末やアプリのバージョンが古いままで利用を続けていると、その他のバグを発生させる原因にもなります。

お使いの端末やアプリのバージョンが最新版のものか確認してみることをおすすめします。

LINEで動画を送信するときに「不明なエラー」が発生する場合の対処法

ここからはLINEで動画を送信する際に「不明なエラー」が発生する場合の対処法についてご紹介していきます。

LINE側のエラー解消対応を待つ

現在、LINEでは約1週間に一回のペースでバージョンアップデートを行っています。

こちらのアップデートの内容は主に不具合、バグの修正がメインとなっているため、近々のアップデートで動画が送信できないバグに関しても解消される可能性があります。

写真アプリから直接転送する

LINEのトーク上から動画を送信できない場合でも、写真アプリからLINEのトークに転送する方法であれば動画の送信が可能であるケースもあります。

手順としては写真アプリを起動し、送信したい動画を選択します。

左下の共有ボタンをクリックして送信したいアカウントを選択してください。

転送可能なアカウントが出てくるので、もっと見るをクリックしてLINEのトーク画面に遷移してください。

ここで転送したいトークを選択して右上の転送をクリックすると動画を転送することができます。

動画を複製して送信する

一定期間以上前の動画は送れない可能性で「送信できなかった動画」としてご紹介した2020年9月以前に保存した動画に関しても、写真アプリ上で複製を行うことでLINEトーク上で動画を送信することが可能でした。

手順としては写真アプリを起動し、左下の共有ボタンをクリックします。

複製をクリックすると動画が複製されるので、LINEトーク上で複製した動画を送信してみてください。

iCloudライブラリの設定を変更する

iCloudライブラリの設定を変更することで、トーク上にLINEを送信することができるようになる可能性があります。

手順としては設定アプリを起動し、写真を選択します。

iCloud写真の設定の横のボタンがオンになっている方はオフに、オフになっている方はオンに切り替えて再度LINEトーク上で動画送信してみてください。

動画を分割して送る

動画が5分以上のものを送信しようとしている場合には、動画を分割して送ることで送信できるようになる可能性があります。

iPhoneをお使いの場合であれば、デフォルトで搭載されている写真アプリからトリミングを行うことが可能です。

手順としては、写真アプリを起動し、動画を選択します。

右上の編集をクリックし編集画面に切り替えます。

下側のカーソルでトリミングしたい範囲を選択し、チェックボタンビデオを新規クリップとして保存をクリックするとトリミングした動画が保存されます。

枚数を小分けにして送信

50個の動画を送信しようとしている場合には、複数回に分けて送信することで問題なく送ることができる可能性があります。

また、送信する動画の数が50個以下の場合でも容量が大きいと送信エラーが発生する可能性があります。

そのため、動画を送信する際にはできるだけ小分けにして送ることをおすすめします。

OS、アプリのバージョンを最新版にする

お使いの端末やアプリが最新版でない場合には、最新版にバージョンアップしてみてください。

また両方とも最新版の場合にはLINEアプリを再起動することでエラーが解消する可能性もあります。

LINEアプリは定期的にバージョンアップを行うため、最新版がリリースさせる度にバージョンアップするのがめんどくさいという方は、端末の設定から自動的にアプリを更新するように設定するのをおすすめします。

LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法を解説!

現在LINEの通知にて「身に覚えのない電話番号認証の通知」が届くという事象が発生しています。 そこで今回は「LINEで突然電話番号認証が届く原因と対処法」についてご紹介していきます。 Contents ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.