Mac

【保証有り】Mac 一部キーボードが反応しない、2回連続して入力されてしまう不具合の詳細と対処法

 

 

Macにおいて一部キーボードが反応しなかったり、2回連続で入力されてしまう不具合が発生しています。なぜMacの一部キーボードが反応しない・2回連続で入力されてしまうのかその原因と対処法をお伝えします。

 

 

 

 

Macの一部キーボードが反応しない・2回連続で入力される不具合の詳細

Macの一部キーボードが反応しなかったり、1回押しただけなのに2回連続で入力される不具合の原因は以下になります。

  • ボタンが潰れている
  • チャタリング(ハードウェア上の問題)
  • キーボードが汚れている
  • あらゆる機能がオンとなっている
  • 設定を変えてしまうキーを押してしまった
  • オプションキーを5回押してしまった
  • リコール対象のmacである

Macの一部キーボード不具合時の対処法

2020年4月現在、一部Macは無償で修理をしてもらえます。対応しているMacなのかを調べ、その対象モデルではない場合には対処方法を試してください。

数値のみ入力できる場合はNumLockキー

Macbookの『数値』のみが入力できない場合には、NumLockキーを1回押しましょう。そしてランプが点灯するのを確認します。

NumLockキーは、独立型キーボードはテンキー部分にあります。

メディア・イジェクトおよびCaps Lockキーを動かす

メディア・イジェクトキーとCapsLockキーは、もともと長押ししないと使えない仕様になっています。その為、この2つのキーが反応しない場合には、長押ししてみましょう

キーボードビューア(ソフトウェアキーボード)を使う

キーボードビューアにて、キーボード側に問題があるのかそれともmac内部(ハードウェア等)に問題があるのかを確認しておきましょう。

Macの画面上部メニューにある【入力メニュー】の文字アイコンをクリックします。そして、【キーボードビューアを表示】を選んでください。

この方法で開けない場合には以下の方法も試してください。

【アップルメニュー】から【システム環境設定】を選び、さらに【キーボード】を開きます。

『メニューバーにキーボードビューアと絵文字ビューアを表示』にチェックを入れて完了です。

あなたのやりやすい方法で『キーボードビューア』を開きましょう。

キーボードビューアが出てきたら、動かないキーボードを押してください。キーボードを押した際に、キーボードビューアの画面上のキーの色の変化を確認してください。

確認しても変わらない場合には、キーボード自体が故障している可能性があります。

この場合には、この記事最後でご紹介している『修理に出す』が有効です。

入力メニューにキーボードビューアが出てこない時の表示方法

メニューを出してもキーボードビューアが出てこない時には、以下の方法で設定します。

Mac画面上部の入力メニューをタップして【言語環境設定】からキーボードビューアのチェックをオンにするだけです。

Apple Diagnosticsで問題を探す

キーボードが反応しないなどの問題が発生するのは、Mac本体ハードウェア内部で問題が発生していることが多いです。どこでどのような問題が発生しているのかを確認するために『Apple Diagnostics』が使えます。

これは、あなたのMacに問題が発生しているかをチェックするものになります。以下手順で『Apple Diagnostics』を行なってください。

まず、あなたのMacに繋いでいる(外付けの)デバイス【マウス・ディスプレイ・キーボード・AC電源への接続・Ethernet接続以外】を外します。

次にアップルメニューから【システムを終了】を選択し、システム終了します。

そうしたらMacの電源を入れてすぐに【Dキー】を押し続けます。言語を選択する画面に切り替わったら、Dキーから指を離しましょう。

すると勝手に『Apple Diagnostics』が起動してMacの問題を診断してくれます。

5分程度でチェックが終わります。また、問題がある場合には、画面に表示されるので確認しながらその操作を行なってください。

診断後に表示されるファレンスコードは修理時に必要になる可能性があるため、メモや写真撮影などデータを残しておきましょう。

キーボードを掃除する

一部キーボードが反応しなかったり、1回押したはずなのに2回も連打されてしまう場合には、キーボードの下にゴミがたまっている可能性があります。

思っている以上に汚れやすいのがキーボードです。Macをシャットダウンしてから、エアダスターなどを使ってキーボードの中を掃除しましょう

注意

無理してキーボードの中までゴシゴシ掃除するとキーボードが故障する可能性がありますので優しく掃除しましょう。

マウスキー機能を使わない

マウスキー機能がオンになっていると特定のキー(J・K・L・O・U・7・8・9など)が使えなかったり、キーボードで入力しているのに勝手にマウスカーソルが動く現象が起きます。

その場合には、マウスキー機能をオフ&無効にする設定をする必要があります。

まず、Mac上部のアップルマークをクリックして、いつものようにアップルメニューを開きましょう。

次に【システム環境設定】をクリックし、さらに【アクセシビリティ】を選んでください。

アクセシビリティの左側リストにある【ポインタコントロール】を選び、さらに【代替コントロール方法】というタブを選択します。

代替コントロール方法の【マウスキーを有効にする】のチェックボックスからチェックを外します。

次にオプションボタンをクリックし、さらに『Optionキーを5回押してマウスキーの入/切を切り替える』という項目を探してください。

そこに入っているチェックを外しましょう。

スローキー機能を使わない

スローキー機能がオンになっている場合にも一部のキーが使えなくなることがあります。

以下の方法でスローキー機能をオフにしましょう。

まず、アップルメニューから【システム環境設定】を選び、さらに【アクセシビリティ】をクリックしてください。

アクセシビティのリストから【キーボード】をクリックし、【ハードウェア】タブの『スローキーを有効にする』に入っているチェックを外してください。

セーフモードで起動する

セーフモードでMacを起動してみましょう。そうするとMac上で問題を発生させている(キーボードを動かさないようにしている)問題が解決されることがあるからです。

以下手順で、セーフモードによる再起動を行なってください。まずMacの電源を入れてすぐに【Shitキー】を押します。

それもAppleロゴ(リンゴマーク)およびログイン画面が表示されるまでずっと【Shifhキー】を押し続けましょう。

ログイン画面が出現したら、その指を離してかまいません。

そして次に【再起動】を行ないます。さきほどと異なり、この再起動では何も行なう必要はありません。

Macが起動するのを待ち、キーボードの確認を行なってください。

Mac本体を再起動する

Mac本体を再起動させてみましょう。アップルメニューから【システム終了】を選びましょう。そして、Macがシステム終了したのを確認したら、Macをもう一度起動させるだけです。

また、【Commandキー】と【Controlキー】および【Ejectキー】を押すことでもmacのシステムを終了させることができます。その後起動ボタンを押してください。

PRAMクリアを行なう

PRAMクリアとは、macのあらゆるシステムの起動を速めるための保存されたデータを削除するものです。

まずMacの電源をオフにしてください。

そして【Commandキー】と【Optionキー】と【Rキー】および【Pキー】を同時に押し、さらに電源ボタンも押します

約20秒ほど押していると『ジャーン』という音が2回流れます。その音が聞こえたら指を離しましょう。

これによって、PRAMクリアが行なわれたことになります。

SMCリセットを行なう

SMCリセットとは、キーボードのハードウェアの管理および制御の設定をリセットするものです。

この方法を使うことによって、キーボードのシステムをリセットし問題を解決することができます。まず初めにMacの電源をオフにしてください。SMCリセットは、必ずmacの電源をオフにしないとできません。

電源が切れたのを確認したら【Shiftキー】と【Controlキー】と【Optionキー】および【電源ボタン】を10秒間同時に押してください

10秒経ったら全ての指を一気に離しましょう。

その後に今度は【電源ボタン】のみを押し、macを起動させてキーボードの動作を確認してください。

Macを修理に出す

あらゆる方法を試したのにMacのキーボードの不具合が治らない場合は、Macを修理に出すことをおすすめします。

Macを修理に出す際の概要は以下になります。

修理予約の方法
  1. Apple公式ホームページから来店予約をする
  2. 指定した日時に希望した店舗へMacを持ち込み修理に出す
  3. 修理から戻ってきたら連絡を受け取り、Macを取りに行く
修理するMacを持ち込む場所あなたが予約時に指定したApple店舗
費用
  1. 【Apple 製品限定保証】【AppleCare+】 に加入しており、なおかつ保証範囲内である場合には0円
  2. 保証対象外である場合12,800円~

Apple直営店に修理に出す際には、必ず来店予約が必要となります。必ずAppleへ連絡を入れた上で店舗へ足を運ぶようにしましょう。

一部モデルでは無償で修理可能

2020年4月現在、一部Macでは不具合が起きているため対象モデルであれば、無償で修理を受けることができます。以下キーボードの不具合であるため、無償修理保証となります。

  • 文字が勝手に何度も入力される
  • 文字を入力しているのに表示されない
  • 押したキーがスムーズに入力不可能だったり、キーを押した反応がすべて一緒ではない

以下の表で無償修理対象モデルを確認し、対象である場合にはAppleサポートへ連絡を入れ修理に出しましょう。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2019)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2018)
  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2019)

リコール対象モデルの場合は無料でバッテリ交換

一部対象モデルである場合、バッテリーに不具合が生じる可能性があるといわれリコールとなっています。Macのキーボード不具合がバッテリ関連(しっかり充電されないなどの理由)も考えられます。

そのため、以下の対象モデルをご利用の方はリコールをご紹介する手順で行なってください。

リコール対象モデル15 インチ MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)
リコール手順Apple正規サービスプロバイダおよびAppleStore直営店またはAppleサポートへリコールしたい旨を連絡し、指示された通りに動きます。

事前予約を入れ、店舗等へMacを持ち込むか配送でAppleへ送る。

 

\\follow//

-Mac
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.