その他

アプリNumber Finderは本当に相手の通話時間が分かる?詐欺アプリ?について

YouTubeの広告でも度々見かける「Number Finder」というアプリですが、一体どういうアプリなのか気になっている方が増えています。

この記事では、広告のように浮気を特定できるのか?怪しいアプリなのか?等の解説をしていきます。

Number Finderとは

登録していない番号から自身のスマホに着信があった際に、発信された番号をブラウザで検索すれば、スパムや営業の電話番号の場合はレビューで見分けることが可能です。

しかし、登録していない個人利用でのスマホから発信されてた電話は、誰からの発信なのか着信者側は分からない為、非常に気になります。

特に女性の場合は、知らない番号がなぜ自身の番号を知っているのか?情報が洩れているかも?等少し怖い気持ちにもなります。

こういった際には着信があった相手に、電話をかけなおすこと無く特定出来るアプリがあれば便利ですよね。

Number Finderは、電話番号から相手の情報を突き止められるアプリという謳い文句でリリースされています。

約9億件の電話番号から、無制限に検索が可能とされているので、もし本当なら誰もがインストールしておきたいアプリです。

結論から言うと利用はオススメはしない

Number Finderを使えば、知らない電話番号を無制限に検索出来るとありますが、事実ではありません。

実際検索をかけてみると、番号の該当者がいるという報告だけがあり、番号の詳細を知るために課金を促されます。

しかし、課金したところで電話番号の詳細を知る事は出来ません。

このアプリに関しては問題が多く、「アバスト」というデジタルセキュリティサービスが発信している情報では、「課金目的の詐欺アプリ」と言われておりアンインストールを推奨しています。

また、YouTubeで、Number Finderの利用を女性が語りかけてくるようにオススメしてくる広告は、良い意味でも悪い意味でも有名です。

コメントやWebサイトで検索をすると「少しウザい」という声が多くあります。

同じようなアプリの広告が複数ありますが、アプリの内容は課金を促すものが多く、確実に利用できるかは現状不明です。

相手が他の人とどのくらいの時間通話してるか分かる?

Number Finderは、電話番号を特定する機能以外にも、相手の通話時間が確認できる機能があるという噂がありますが、インストールしてみたところそのような機能は確認出来ず、課金を促すように指示されます。

デジタルセキュリティを行っている「アバスト」からも「課金を要求する詐欺アプリ」と断定されており、Appleのセキュリティーチームに通報も行われたようです。

実際に他人のスマホ情報を抜き取る事は出来るのか分かりませんが、法律の観点から見てもグレーで、ユーザーが改めてインストールして確認する必要は無さそうです。

浮気特定にもなる?

条件さえ揃えば浮気が特定出来る可能性はありますが、電話番号で仮に浮気相手の情報を手に入れたとしても、あまり有効的な手段にはなり得ないと考えられます。

そもそも、電話番号と相手を特定しても、自身のパートナーと電話しているだけでは、浮気とは言い難いです。

その他複数の情報や、パートナーと会っている現場を抑えるなどして、認めた場合は浮気と確定させられますが、そこまでたどり着くのにNumber Finderだけでは不十分といえます。

Number Finderが広告通り確実に機能する保証はありません。

Number Finderは詐欺アプリと言われている

Number Finderは、「アバスト」というデジタルセキュリティーサービスから、「詐欺アプリ」だと断定されています。

では、なぜ詐欺アプリだと断定されてしまったのでしょうか?

アバスト研究者が実際に調査した結果や、利用したレビューからもオススメしない理由が判明しています。

システム自体が分かりにくく解約が難しい

Number Finderは、解約方法が非常に分かりにくく作られており、解約にはかなり手間がかかります。

インストール自体は無料なので、解約せずに放置する方もいるのですが、Number Finderの仕様上初期設定の段階で課金をさせられている可能性もあります。

複数の課金コースがありますが、1回で最大で3900円もの課金が発生する可能性もあるので注意が必要です。

今後利用しないのであれば、継続課金をしていないか確認をしてアンインストールを行いましょう。

Number Finderを継続課金しているか確認する方法

1.まず、ホーム画面から歯車マークの「設定」をタップしましょう。

2.設定の一番上に出てくるApple ID」をタップして、情報一覧を表示させます。

3.赤枠で囲ってある「サブスクリプション」を選択すれば、自身が継続課金しているアプリの一覧が表示されます。

継続課金されている場合は解約しておきましょう。

実在しない番号もヒットする

App StoreにあるNumber Finderの画面には、約9億の電話番号から無制限に電話番号を検索できると書かれています。

しかし、アバストの研究者が調査した内容では、Number Finderを使って実際には存在しない電話番号で検索をかけても、「1人がこの番号にリンクされています」と表示がされたとのことでした。

しかし、課金をしなければそれ以降の情報は見れず、指示の通りに課金をしたとしても、検索した電話番号の詳細は確認する事は出来ません。

この事から、アプリ自体の信頼性は非常に低く、利用しないに越したことは無いと判断出来ます。

レビューや評価が悪い

実際に利用したユーザーからのレビューも非常に悪く、「解約の仕方が分からない」「詐欺アプリ」「設定画面から課金がされていて驚いた」等多くのマイナスレビューがありました。

YouTubeの広告などを見て、新規インストールをお考えの方もいらっしゃいますが、Appleのセキュリティーチームに通報までされているアプリなので、インストールはおススメしません。

内容が内容だけに、App StoreやGoogle playは対策に力を入れて貰いたいところです。

\\follow//

-その他
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.