google

SearchConsoleでインデックス時に「エラーが発生しました。問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」詳細と対処法

 

SearchConsoleでURL検査からページをインデックスさせようとすると、「エラーが発生しました。問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」というエラーが表示されることが多発しています。

この記事では、SearchConsoleにおけるインデックスエラーの原因とその対処法について解説していきます。

 

 

SearchConsole「エラーが発生しました。問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」エラーの原因

SearchConsoleで新しく書いた記事をインデックスしようとすると、「エラーが発生しました。問題が解消しない場合は、数時間後にもう一度お試しください」というエラーが表示されることがあります。

こうしたエラーには下のような原因があります。

  • Googleに問題がある
  • アクセスが集中
  • 回数制限にひっかかっている
  • 別のアカウントが干渉

SearchConsoleエラーの対処法

このエラーの原因と対処法について、この項目では解説していきます。

不具合が発生している(解決するのを待つ)

Google公式サイト

ここ数週間、Googleの提供しているサービスで、不具合・エラーが多発しているという声も。

エラーが多発しているユーザーの声を良く聞くようになったら、それはGoogleに問題がある可能性が高いです。

もし、これに対処するなら、時間が解決するのを数ヶ月単位で待つ(今回は解決に時間がかかる可能性が高い)か、「サイトマップの送信」または「プラグインの導入」をおすすめします。

ココがポイント

現在だと、新型コ◯ナの影響もあり、海外では出社禁止になっています。

Googleでは、AIに仕事を任せているという話もあるため、それが原因でSearch Consoleでも不具合が多発している可能性が高いです。

新型コロナウイルスが収束に向かっていけば、このような不具合も減っていくことが予測されます。

時間を置く(回数制限に引っかかっている可能性)

サービスにアクセスが集中しているために、エラーが発生している可能性があります。

こうした場合は、時間を置いてアクセスが分散するのを待ちましょう。

短時間に何度もリクエストしている場合は、回数制限にひっかかっている可能性があります。

こちらは、1日の登録回数を減らす、間隔をあけるなどの対処を取るようにしてください。

ココがポイント

制限に引っかかっている場合は、サイトマップの送信やプラグインの導入に切り替えてみるのも有効な対処法です。

プラグインを導入(1日にインデックス出来る量を超えている)

1日にインデックス出来る回数を超えてしまっているために、このようなエラーが発生する場合はプラグインの利用を検討しましょう。

おすすめしたいのは、「WebSub/PubSubHubbub」というプラグインです。

このプラグインは、記事を投稿したときに検索エンジンに自動的に通知してくれるというもので、「素早く」「自分でリクエストを送ることなく」インデックス登録を促します。

一度設定してしまえば、自分でインデックス登録作業をしなくて良くなるので、回数制限によるエラーでインデックス出来ないという問題にも直面しなくなります。

サイトマップの送信でインデックス登録する

エラーでインデックス登録が出来ないというときで、下記の問題がある場合はサイトマップの送信を使うという方法も。

  • 回数制限にひっかかっている
  • Googleに問題がある

サイトマップの送信は、Google Search Consoleにある「サイトマップ」から行うことが可能です。

自分の所持しているサイトURLの後に、サイトマップがあるURLの必要部分のみ入力して「送信」をクリック。

サイトマップが送信されました。

全てのアカウントからログアウトする

別のアカウントと連携していることが問題になっているケースもあります。

こうした場合は、すべてのアカウントから一度ログアウトし、再度consoleに登録しているアカウントでログインすることで解決することも。

すべてのアカウントからログアウトするには、アイコンをクリックしてください。

「すべてのアカウントからログアウトする」をクリックすれば、ログアウトできます。

再ログインします。

「ログイン」をクリック。

登録しているアカウントを入力して、パスワードを入力し、ログインすればOKです。

時間をおいてもSearchConsoleのインデックスエラーが解決しないときの対処法

ここで解説した対処法を行っても解決されないときは、問い合わせを行うと良いでしょう。

問い合わせを行うには、「フィードバックを送信」をクリック。

問題点を記述して「送信」をクリックしてください。

これで問い合わせができます。

ココに注意

数日待ってもエラーが発生する場合は、問い合わせを行うようにしましょう。

現在コロナの影響で返信が遅くなることが予想されるので、急いでいる場合は、「サイトマップを送信」か「WebSub/PubSubHubbub」をおすすめします。

Googleスプレッドシートの変更履歴を削除する方法とは

Googleスプレッドシートでは、入力や削除前の変更履歴を表示することもできます。 作業をしている時に、「この文章は共有したくない」や「自分の変更履歴を消したい」と思ったことがある方も多いはず。 今回 ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.