t-card

Tポイントアプリのエラーの種類と解決法を解説!

 

TーPOINTアプリでエラーが起きて使えない声が多発しています。

今回はエラーが起きた時にどのように解決するのかエラーの種類ごとに解説していきます。

 

 

 

 

 

Tポイントアプリのエラー

エラーが起きてしまうといざポイントを貯めようとしても貯めれなくなってしまいます。そんな場合に備えてまず起こりうるエラーの種類を解説していきます。

通信エラー

基本的なことですがWiFiや4G回線の通信が不安定になった場合に起こる通信エラーは最も多く起きるエラーです。原因としては電波の届きにくい場所に自分がいる、コンビニなどのフリーWifiに自動接続してしまいかつそのWiFiを使う手続きをしていないなどのケースが考えられます。

簡単な原因で起こるエラーですが通信ができなければポイントを貯めたり使ったり、クーポンが使えなくなったりしてしまいます。連携しているPayPayで支払うにも決済できないということも。

アプリでは何もできなくなってしまうエラーですから発生した場合には素早い解決が求められます。

ココがポイント

頻発するエラーですが対処法も簡単です

モバイルTカードの読み取りができない

アプリのトップページに表示されるモバイルTカードですがバーコードの読み取りは実際のTカードと同じです。しかしスマホの画面にレーザーをかざして読み取ると条件によってはTカードの読み取りができないという場合があります。

原因として考えられるのはスマホ画面が暗すぎるスマホに当たる照明が明るすぎるのぞき見防止シートを貼っている画面のバーコード表示が小さすぎるなどのケースが考えられます。

読み取りができないとポイントを貯めたり使ったりできませんから早急に解決したいエラーです。

ココがポイント

スマホの設定やアクセサリーによって起きるエラーです。

レスポンスエラー

アプリを起動できない起動しても画面を操作できない、またはレスポンスエラーと表示されるエラーです。モバイルTカードが表示されていればTポイントを貯めたり使ったりできます。またPayPay連携もPayPayのアプリを操作できていれば可能です。

一方でこのエラーではクーポンの仕様やポイント残高の確認などができなくなります。

Tポイントは使えるという場合もあり、すぐに解決しなければならないというエラーではありません。ただ後述になりますがエラーの解決方が店頭でできない可能性があり事前にエラーを起こさない対策をしておきたいです。

ココがポイント

最低限のTポイントの利用はできるエラーです。

本人確認要求エラー

アプリを起動した際に本人確認を求められてしまうエラーです。アプリアップデート後に不意に現れたりするエラーのようです。本人確認画面で入力を完了させないとモバイルTカードが表示されず、Tポイントの利用ができません。

原因はアプリそのものの不具合のようです。散発的に発生しているエラーのようでユーザー側が予防して防ぐのは難しいです。

アプリが使えなくなってしまうのでできる限り早く解決したいですが場合によっては店頭で解決できないこともあります。

ココがポイント

ユーザー側が防ぐことのできないエラーです。

Tポイントアプリのエラーの対処法

Tポイントアプリのモバイル通信を有効にする

まず設定アプリを開きます。

設定の一覧からモバイル通信の項目をタッチします。

アプリの一覧にあるTポイントアプリのモバイルデータ通信が有効になっているか確認してください。画像のように緑色に表示されていれば有効になっています。無効になっていたら有効に設定を変えてください。

フリーWiFiへの接続を切る

コンビニなどで使う際に店内のフリーWiFiに接続してしまう場合があります。これらのフリーWiFiは個別にログインしなければ通信ができません。WiFiの設定をオフにしましょう。

設定アプリを開きます。

一覧からWiFiの項目を選択します。

WiFiの設定をオフにしましょう。画像のように緑色で表示されている場合はフリーWiFiに接続してしまいます。

WiFiの設定をオフにして4G回線に接続していることを確認しましょう。

ココがポイント

4G回線などモバイルデータ通信を使うようにしましょう。

モバイルTカードの読み取りができないときの解決法

モバイルTカードの枠やスマホ画面の明るさ、当たる照明のためにバーコード部分が読み取れない場合があります。まず照明が直接スマホに当たらないようにしましょう。のぞき見防止シートも読み取りを妨げます。頻繁にアプリを使う場合には剥がすことを推奨します。

モバイルTカードの枠の非表示、スマホの明るさの調整はアプリのトップ画面から操作することが出来ます。

モバイルTカードの枠を非表示にする

トップ画面のモバイルTカード右下[-]非表示 をタッチします。

モバイルTカードの枠が非表示になり読み取りやすくなります。

スマホ画面の明るさを最大にする

モバイルTカードのバーコード部分をタッチします。

明るさが最大になり読み取りやすくなります。

もう一度バーコードをタッチすれば元の明るさに戻ります。

ココがポイント

アプリを少し操作すれば解決することが出来ます。

レスポンスエラーの解決法

主な原因としてアプリのバージョンが最新でない、スマホのOSが対応していないなど考えられます。

まずアプリストアのTポイントアプリのページを表示させます。

画像の部分が「開く」になっていればアプリは不具修正がされた最新版になっています。「アップデート」と表示されていれば古いバージョンです。アップデートを行ってレスポンスエラーなど不具合が出ないようにしましょう。

またこのページを下にスワイプして互換性の項目を確認しましょう。

ここには対応するOSのバージョンが書かれています。記載のOSよりも古いOSのスマホだとアプリの起動が難しく、よしんば起動できたとしてもレスポンスエラーが出ます。スマホのOSを最新版のものに更新しておきましょう。

ココがポイント

アプリとOSを最新のものに更新しておきましょう。

本人確認要求エラーの解決法

主な原因はアプリ側の不具合です。レスポンスエラーの対処法と同様にアプリを最新版のものに更新しておきましょう。またしかしアプリが更新されていても発生する場合があります。

その場合は表示された画面にTカードの番号と生年月日を入力するほかありません。

ここで注意してほしいのは画像のような原本のTカードの番号でなければ本人確認ができないという点です。

画像のモバイルTカードの番号を書き留めておいて入力しても本人確認されません。原本のTカードを財布に入れて持ち歩くか、メモアプリに番号を控えておきましょう。

あとは生年月日を入力して本人確認が済めば元のようにアプリを使用することができます。

ココがポイント

原本のTカードを持つか、番号をメモしておきましょう。

Tポイントアプリにログイン出来ない場合の詳細と対処法を解説!

不具合やエラーに悩まされることも多い「Tポイントアプリ」。この記事では、ログイン出来ないエラーや不具合の原因を分類して対処法を紹介していきます。 Contents1 Tポイントアプリにログイン出来ない ...

続きを見る

\\follow//

-t-card
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.