Twitter

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる原因と対処法を解説

音楽を聴いている時にTwitterを開いたり、Twitterでタイムラインを表示したりすると、音楽が止まってしまうことがあります。

この記事では、Twitterを開いたら音楽が停止してしまう現象の詳細と原因・対処法について解説していきます。

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる現象が発生

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる現象が発生することがあります。

iPhoneユーザーに多発している

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる現象の報告者の多くがiPhoneユーザーです。

しかし、Twitterの設定やイヤホンなどの機器の状態によってはAndroidユーザーであっても発生する可能性があるでしょう。

ただし、iPhoneユーザーは、Twitterの設定やイヤホンなどの状態に加えて、Siriの誤作動など幅広い原因がありますが、Androidユーザーの場合は、Twitterの設定かイヤホンの状態に原因がある可能性が非常に高いため、原因の特定や対処が簡単になります。

タイムライン表示、更新、広告表示などで音楽が止まる

Twitterのタイムラインを表示したり、更新を行ったりした時に加えて、Twitterを開いた時に広告が表示されることで音楽が停止する現象が発生することがあります。

設定が原因になっているケースが多い

イヤホンやヘッドセット、Siriの誤作動が原因となるケースもありますが、多くはTwitterの「動画の自動再生」や「効果音」がオンになっていることで起こります。

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる原因

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる原因は下記の通り。

原因

  • Twitterの自動再生がオンになっている
  • Twitterの効果音がオンになっている
  • イヤホンやヘッドセットの故障・不具合
  • Siriの誤作動
  • Twitterのバージョンに問題がある
  • OSに問題がある
  • Twitterアプリの不具合
  • 音楽再生アプリの不具合

設定が問題であるケース

Twitterにおける下記の項目(設定)がオンになっていることが原因で音楽が止まってしまう可能性があります。

問題となる設定

  • 動画の自動再生
  • 効果音

もし、Twitterの設定が問題であれば、この設定をオフにすることで解決する可能性が高いです。

イヤホンやヘッドセットなどが原因であるケース

イヤホン、ヘッドセット、ヘッドホンなどを付けて音楽を聴いている時に音楽が止まってしまった場合は、Twitterを開いているタイミングで接続に問題が発生したり、有線のイヤホンなどを使用している場合は引っ張ってしまって断線が起こったことで聞こえなくなってしまったりした可能性もあります。

Twitterを閉じて音楽を聴いてみたり、音が鳴るアプリを起動してみたりして音が聞こえるか確認してみてください。

聞こえないようならイヤホンやヘッドセットなどに問題が発生した可能性が高いです。

iPhoneやAndroidの不具合である可能性も

デバイスの動作が重く、Twitterを開いたタイミングでフリーズし音楽が停止してしまった可能性もあります。

デバイスのフリーズが原因である場合は、不要なアプリをアンインストールしたり、不要なブラウザを閉じたりすることで解決する可能性が高いです。

また、デバイスを再起動することで自動的にCPUが解放されて動作が軽くなります。

Siriの誤作動が原因である可能性も

Siriが誤作動を起こしていたり、バックグラウンドで起動したりしていることが原因で音楽の再生が自動的に停止してしまうこともあります。

OSのバグである可能性も

OSのバージョンによるバグが原因で発生する場合、OSのアップデートによって解決する可能性があります。

Twitterのバージョンに問題がある可能性も

Twitterアプリのアップデートによって不具合が発生する場合は、問題を修正した新しいバージョンに更新することで解決する可能性が高いです。

Twitterや音楽再生アプリなどの不具合である可能性も

Twitterアプリや音楽を再生しているアプリ側の不具合が原因で音楽が止まる可能性もあります。

運営側の不具合が原因である場合は、運営側が問題を解決するまで基本的に時間を置くしかありません。

また、Twitterアプリ側の不具合が原因である場合は、Twitterアプリを開かずに音楽を聴く、音楽は別の端末で聴きながら別の端末でTwitterを見るといった対処法もあるでしょう。

逆に音楽再生アプリの不具合が原因である場合は、問題が解決されるまで別の音楽再生アプリを使って音楽を聴くことで対処出来ます。

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる場合の対処法

Twitterを開いたら聴いていた音楽が止まる場合の対処法について解説していきます。

イヤホンやヘッドセットなどの線を抜き差し

有線のイヤホンやヘッドセット、ヘッドホンなどを利用している場合は、接続不良になっており機器を認識していない可能性があります。

そのため、有線のイヤホンやヘッドセットなどを利用している場合は、線を一度抜いて再度さしてみてください。

また、Bluetoothなどを利用して無線で繋いでいる場合は、Bluetoothに繋がっているか確認して見ましょう。

Twitterの動画の自動再生をオフにする

音楽を聴いている時にTwitterを開くと音楽が停止する多くの原因のうちの一つは、Twitterアプリの「動画の自動再生」がオンになっていることです。

Twitterアプリの「動画の自動再生」をオフにするには、まずはマイページアイコンを選択し設定とプライバシーをタップしてください。

アクセシビリティ、表示、言語を選択しアクセシビリティをタップします。

動画の自動再生を選択しオフにすればOKです。

Twitterの効果音設定をオフにする

Twitterアプリの「動画の自動再生」をオフにするのに加えて、「効果音」もオフにすることをおすすめします。

効果音をオフに設定するには、マイページアイコンから設定とプライバシーをタップしてください。

アクセシビリティ、表示、言語を選択し表示をタップします。

効果音の項目の横にあるバーをタップしてオフに切り替えればOKです。

iOSの音声入力をオフにする

iOSの音声入力をオフにすることで解決するケースもあります。

音声入力をオフにするには、設定から一般を選択しキーボードをタップしてください。

音声入力をオフにし、さらに音声入力をオフにするをタップすればOKです。

iOSのSiriをオフにする

Siriの誤作動やバッググラウンドで起動されていることが原因で音楽が聞こえなくなるなら、Siriをオフにすることで解決する可能性が高いです。

Siriをオフにするには、設定からSiriと検索を選択し、”Hey Siri”を聞き取るサイドボタンを押してSiriを使用の項目を無効にしましょう。

Siriと音声入力をオフにする

Siriをオフにする、音声入力をオフにする設定に加えて、Siriと音声入力をオフにするの項目をオフにしましょう。

Siriと音声入力をオフにするには、設定からスクリーンタイムを選択しコンテンツとプライバシーの制限をタップしてください。

許可されたAppを選択し、Siriと音声入力をオフにすればOKです。

iTunes StoreとApp Storeに再サインイン

iOSユーザーの音楽の再生が止まってしまう場合は、Apple IDからサインアウトし、再度サインインすることで解決するケースもあります。

設定からAppleアカウントを選択し、メディアと購入をタップしてください。

サインアウトをタップすればOKです。

Twitterで勝手にログアウトされる原因と対処法を解説

昨今、Twitterを利用しようと起動すると勝手にログアウトされているユーザーが多発しています。 この記事では、Twitterで勝手にログアウトされている原因と対処法について詳しく解説していきます。 ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-, , , , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.