Twitter

Twitterでチップ機能「Tip Jar」が追加!詳細や使い方、使えない場合の対処法をご紹介

2021年5月、Twitterでお気に入りの相手にチップを送ったり受け取ったりできるチップ機能が導入されました。

今回はTwitterのチップ機能の詳細や使い方、利用できない場合の対処法などをご紹介していきます。

Twitterでチップ機能とは

Twitterのチップ機能とは特定のユーザーにPaypalやBandcampなどの送金サービス経由でお金を送金することができる機能です。

自分のお気に入りのクリエイターに対してTwitter経由で支援を行うことができるサービスとなっており、公式アカウント認定を受けたアカウント以外でもチップを受け取ることも可能です。

また複数の送金サービスと連携を行っているため、日本でも人気が高いPaypalを利用して相手にチップを送ることができます。

利用できる送金サービス

・Bandcamp

・Cash App

・Patreon

・Paypal

・Venmo

Twitterでチップを送れるのは、チップが送られてくることを許可しているユーザーのみとなっています。

チップが送られてくることを許可しているユーザーはプロフィールのアイコンの横にチップマークが表示されています。

Twitterのチップ機能の使い方

ここからはTwitterのチップ機能の使い方についてご紹介していきます。

他の人にチップを送る方法

他の人にチップを送る場合には相手アカウントのプロフィール画面に移動します。

初回の場合にはチップ機能の簡単な説明のためのポップアップが表示されるので、Got itをクリックします。

アイコンの右側にあるチップマークをクリックしてください。

送金するための方法が選択できるので、Paypalを選択します。

Paypalのページに移動するかどうかの確認のポップアップが表示されるので次へをクリックしてください。

Paypalのページに移動すれば、送金ボタンをクリックすると完了です。

Patreonを利用する場合も同様にアイコンの右側にあるチップマークをクリック→Patreonをタップします。

Patreonのページに移動するかの確認のポップアップが表示されるので、次へをタップします。

Patreonのページが表示されればBecome a patronをタップすればチップを送ることができます。

自分のアカウントにチップ機能を有効化する方法

自分のアカウントにチップを有効化するには、自分のアカウントプロフィールページから設定を変更する必要があります。

自分のアカウントにチップを有効化する方法

ホーム画面左上のをクリックして自分のアイコンをタップします。

プロフィールページに移動するのでアイコンの右側にある変更をクリックしてください。

チップ機能が反映されているアカウントに関してはチップ入れが表示されているのでクリックします。

こちらからチップを許可の横のボタンをクリックして設定をオンにすれば完了です。

Twitterでチップ機能が使えない場合の対処法

ここからはTwitterでチップ機能が使えない場合の対処法についてご紹介していきます。

アカウント設定から住んでいる国を英語圏に変更する

今回チップ機能が導入されているのはTwitterで英語アカウントを利用しているユーザーが対象となっています。

日本語アカウントを利用していてチップ機能を利用したいという方はアカウント設定から住んでいる国を英語圏に変更してみてください。

手順としてはホーム画面左上の横三本線をクリックして設定とプライバシーをタップします。

設定とプライバシーの画面に移動するのでアカウントをクリックします。

アカウントの詳細設定画面が表示されるのでをクリックしてください。

住んでいる国の設定が変更できるので、こちらで英語圏の国を選んでください。

今回はアメリカ合衆国をタップします。

国を変更するかどうかの確認の画面が表示されるので、変更するをクリックしてください。

先ほど自分で選んだ国の横に緑のチェックマークが表示されていれば設定完了です。

ご利用のTwitterアカウントが対象になるまで待つ

現在チップ機能が追加されているのはiOSとAndroidの英語のTwitterを利用している人が対象です。

一方で2023年末にかけてTwitterのアクティブユーザーを増やすという目的から、今回のチップ機能は今後全世界のユーザーに拡大していく可能性が高いです。

そのため日本語のTwitterを利用している場合でもしばらく時間が経てばチップ機能を利用できるようになる可能性があります。

日本語のTwitterでチップ機能が導入された場合には他のユーザーが投稿で情報発信を行う可能性が高いため、気になる方は情報収集を行うこともおすすめです。

Twitterでチップ機能を使う場合の注意点

ここからはTwitterでチップ機能を使う場合の注意点についてご紹介していきます。

2021年5月6日時点では英語アカウントでしか使えない

現在チップ機能が導入されているのはiOSとAndroidの英語のTwitterアカウントを利用している方のみとなっています。

そのため日本語のアカウントを利用している場合には、チップ機能を利用することができない状態となっています。

また住んでいる国を英語圏に切り替えてチップ機能を利用しようとした場合でも、チップを自分が受け取ることができないケースがあります。

その場合はご利用のアカウントにチップ機能が反映されるまで待つしかない状態ですので、注意が必要です。

決算サービスで手数料を取られる可能性がある

Twitter

今回のチップ機能ではTwitterに手数料は取られない仕様となっています。

一方で送金サービス側に手数料を取られてしまい、相手に送る予定だったチップの一部しか実際に送られていないというケースもあります。

実際に、試しに1円を相手に送った場合には送金サービス側の手数料が引かれてしまい相手には全くチップが送られなかったというケースが発生しています。

チップを送金する際には送金サービス側の手数料も加味した金額を送るように意識することをおすすめします。

個人情報が相手に送信される可能性がある

Twitterでチップを送る際には、送った相手に本名や住所などの個人情報が送信される可能性が高いです。

相手に送られる個人情報

・名前

・住所

・メールアドレス

相手に個人情報が送られてしまう理由としては、送金サービスを利用する際に本人認証のために相手に表示されてしまうという仕組みのようです。

特にPaypalは利用するために住所の登録が必要となっています。

またPaypalでは利用規約の中に取引を円滑に行うために必要な個人・アカウント情報などを当事者間で共有する場合があるとされています。

そのためTwitterでチップ機能を利用する際にも上記の規定が適応されてしまい、個人情報が送られてしまう可能性が高いようです。

チップを送る側に個人情報がバレることが困るという方に関しては、使用するかよく考えた上で利用することをおすすめします。

PCからTwitterを見れない場合の原因と対処法をご紹介

Twitterでは時々PC版でのみタイムラインや投稿が閲覧できないという問題が発生しています。 今回はPCからだけTwitterが見れない場合の原因と対処法についてご紹介していきます。 Content ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.