YouTube

YouTubeが読み込めない場合の詳細や原因・対処法について解説!

YouTubeは無料で様々なユーザーの動画を視聴することができる面白くて・ためになったりもするアプリですが、たまに「エラーが発生して読み込めない」「エラー表示されないけど読み込めない」という状況が発生します。

せっかく見たい動画なのに見れないとなると、結構ショックだったりもします。

そこで、今回はなぜ「YouTubeアプリで動画が読み込めないのか」の原因や詳細・それについての対処法について解説していきます。

YouTubeが読み込めない場合の原因

まず、YouTubeが読み込めない場合、以下のようなエラーが表示されることがあるようです。

  • この動画は、YouTubeコミュニティガイドライン違反のため削除されました
  • 読み込みエラー 再試行するにはタップしてください

上記のようにエラーが表示される場合もありますが、残念ながら何も表示されずに動画も再生されない場合もあるようです。

ちなみにYouTubeの動画が読み込めないエラーが起きている場合は以下のようなことが原因として考えられます。

  • 既にその動画が削除・非公開、もしくは運営側に著作権の問題で削除されている
  • 速度制限で動画再生ができず、読み込めない
  • 電波が不安定なところで動画を視聴しようとしている
  • スマホOS・アプリのバージョンが古くてバグが起きている
  • キャッシュが貯まっている
  • YouTube側で通信障害が起きている

上記のように様々なことが原因でYouTubeの動画が読み込めないという状況が発生している可能性があります。

ちなみに、私はよくYouTubeを利用するのですが、以前YouTubeが全く開かない、再生できないという状況になったことがあります。

その原因は「YouTube」側の通信障害でした。

YouTubeと言えば、有名なアプリ・サービスですが、それでもこのようなエラーが全世界で発生するという可能性は十分にあるのです。

YouTubeがどのような状況で読み込めないのか一度考える

YouTubeの動画が読み込めない際に行う対処法を伝える前に、まずはどのような状況で読み込めないのか冷静になって考えてみましょう。

  • YouTubeの動画はいつから視聴できないのか?(〇〇時~、〇〇日~など)
  • どのように視聴できないのか?(エラーが表示されている、エラー表示がなく画面が動かないなど)
  • 特定の動画のみ見れないのか、全て見れないのか確認する
  • YouTubeの動画を視聴しようとしている端末はなにか確認する
  • YouTube以外の動画サイトでも動画が見れないのか、見れるのか確認する

どのような状況で読み込めないのか考えるだけでも、どのように対処すればいいのか、ここがおかしいからかもなど、原因が判明することがあります。

これらの状況を考えた後で、次に紹介するYouTubeの動画が読み込めない場合の対処法を試してみてください。

YouTubeが読み込めない場合の対処法

まず、YouTubeで動画が見れなくなるということは滅多にありません。

しかし、まれにYouTube側でエラーが発生している可能性があります。

その場合はこちらで何か対処して直るということはできないので、待つしかないでしょう。

ちなみに、Twitterで他にもエラーで動画が読み込めない人がいないか探すことも可能です。

Twitterを開き下のメニューから「虫眼鏡マーク」をタップして上に検索キーワードを入力しましょう。

例えば、「YouTube エラー」「YouTube 読み込めない」などで検索してみてください。

検索後、他にもそういった状況になっている人がたくさんいる場合はYouTube側のエラーと知ることができます。

動画が削除されている場合は見ることができない

この動画は、YouTubeコミュニティガイドライン違反のため削除されました」などのエラーが表示される場合は、すでに動画がない場合が多いです。

既に削除されている動画を視聴することは不可能なので、諦めるしかありません。

ただし、動画を上げているユーザーの方が再度動画をあげてくれれば、再生することは可能です。

その他にも以下のような状況では動画を見ることができません。

  • 動画作成者・投稿者が動画を非公開にした。
  • 動画作成者・投稿者が何らかの理由で動画を削除した。

速度制限になっていないか確認

Wi-Fiなどを利用して動画を視聴しているのであれば、速度制限を気にすることはありませんが、Wi-Fiを利用せずに動画を視聴している場合は速度制限になっていないか確認する必要があります。

速度制限になると、YouTubeの動画再生、読み込みがかなり遅くなる上に、ウェブサイトなども開くのがとても遅くなります。

なので、もしYouTubeの動画が読み込めないという場合には、ウェブサイトを通常のスピードで開けるか操作してみて速度制限になっていないか確認してみましょう。

※速度制限された場合はスマホに通知が来る場合が多いです。

豆知識

1GBで動画再生は約2時間再生できます。

ただし、動画の画質も関係してくるので画質が綺麗であれば綺麗な程、再生できる時間は短くなります。

YouTubeである程度綺麗に見たい場合(720pくらい)だと約90分しか見れないです。

ブラウザ・シークレットモードでアクセスする

YouTubeのアプリで動画が読み込めない場合、もしかするとアプリ側に問題があり動画視聴できない可能性もあります。

その場合は「ブラウザ」もしくは「シークレットモード」でYouTubeを開いてみましょう。

まず、スマホにある「Chrome」をタップ。

次に左上にある「+」をタップしてタブを増やします。

Googleが開くので、検索枠に「YouTube」と入力して検索後、検索結果のYouTubeを長押しタップします。

「新しいタブで開く」もしくは「シークレットタブで開く」をタップ。

普通にタップするとYouTubeのアプリが起動するので注意!

上の画面のようにYouTubeが開くので、動画が読み込めるか確認してみましょう。

電波が安定している場所で再生する

公共のWi-Fiなどは電波が不安定なことが多かったり、弱いことも多いです。

そのようなWi-Fiを利用していると読み込みエラーを起こしたり、読み込みが遅いという状況になります。

なので、自宅のWi-Fiを利用したり、通常の電波を利用することで読み込みエラーを起こさない状況にすることができるでしょう。

ちなみに、自宅のWi-Fiが不安定な場合はルーターをオン/オフしてみてください。

端末を変えて動画を再生してみる

YouTubeを視聴している端末が原因で読み込みエラーを起こしている場合があります。

なので、端末を変更してみてYouTubeの動画が読み込めるか確認してみましょう。

他の端末がないという方は、家族・友人・知人にお願して動画が読み込みできるか確認してみるのもいいでしょう。

そうすることで、自分の端末が原因なんだと気がつくことができます。

アカウントログアウトして再度ログイン

一度YouTubeからログアウトして再度ログインすると読み込めないというエラーが直る可能性があります。

ログアウトする方法はまず、YouTubeを開き、左上に表示されるアカウントの「アイコン」をタップ。

アカウント横にある「▽」をタップ。

アカウントの下に「ログアウト状態でYouTubeを使用する」が表示されるのでタップ。

ログアウトされると自動的にホーム画面が表示されます。

ホーム画面が表示された後は、右上にある「アイコン」をタップ。

ログインが表示されるのでタップ。

過去にログインしていたアカウント情報が残っているので、タップするとログインが完了します。

ログインが成功した後は、読み込めなかった動画などが視聴できるか確認してみましょう。

キャッシュを削除してみる

YouTubeは動画を再生するので、どうしてもキャッシュが貯まりやすいアプリと言えます。

なので、キャッシュが貯まっていて読み込めない可能性も高いのでキャッシュを綺麗にしていきましょう。

まず、スマホの「設定」をタップ。

設定メニューから「アプリと通知」をタップ。

次に「アプリ」をタップ。

アプリが一覧で表示されるので「YouTube」をタップ。

「ストレージ」をタップ。

一番下に「キャッシュを消去」が表示されるのでタップ。

これで、キャッシュが綺麗になります。

綺麗にした状態で再度、YouTubeを開いてみて読み込めるか確認してみましょう。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

アプリ・スマホOSを最新バージョンにしてみる

YouTubeのアプリで動画が読み込めない場合、アプリまたはスマホのOSが古いという可能性があります。

アプリやスマホOSが古いバージョンの場合、バグが潜んでいてそれが原因で動画が読み込めない現象を引き起こしているかもしれません。

なので、アプリ・スマホOSは常に最新バージョンにしておきましょう。

アプリの更新

まず、アプリストアを開き左上にある「横棒三本線」をタップ。

メニューが表示されるので「マイアプリ&ゲーム」をタップ。

アプリの更新情報が表示されるので、YouTubeに更新がないか確認して最新バージョンがある場合は「更新」をタップしましょう。

更新後、再度YouTubeを開き動画を再生してみて読み込めるか確認してください。

スマホOSの更新

アプリのみを最新状態にしてもスマホのOSが古い場合はYouTubeのアプリが正常に動かない可能性が出てきます。

なので、アプリを更新したらスマホOSも最新バージョンがないか確認しましょう。

まず、スマホの「設定」をタップ。

設定メニューから「システム」をタップ。

システムメニューから「システム更新」をタップ。

上のような画面が表示されるのでOSの更新がある場合は最新バージョンのOSをダウンロードしましょう。

OSを最新バージョンにした後、再度YouTubeを開いてみて動画が読み込めるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

アプリ・スマホを再起動

アプリやスマホでバグが起こっていて、YouTubeが読み込めない可能性があります。

もしYouTubeが読み込めないという状況になった場合にはアプリもしくはスマホの再起動を試みてみましょう。

アプリ再起動

アプリの再起動の場合は右下にある「□」をタップ。

そうすると起動中のアプリ(タスク)が表示されるので、YouTubeのタスクをスライドして一度消しましょう。

これで、再度YouTubeを開くと再起動になるので、再起動後はYouTubeが読み込めるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

スマホ再起動

YouTubeで読み込めない場合はスマホを再起動することによって復活する可能性があります。

再起動する方法はスマホの電源ボタンを長押しで完了です。

再起動後は再度YouTubeを開き読み込めるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

YouTubeアプリを再インストール(iPhoneのみ)

何を試しても動画が読み込めない!という場合には一度YouTubeのアプリを削除して、再度インストールしてみましょう。

そうすることで、動画が読み込めるようになる可能性が高まります。

Android端末の場合はスマホに必ず入っているアプリなので、削除するという操作は行えません。

YouTubeでの「ストリーミングの設定に失敗しました」エラーが発生 原因と対処法!

YouTubeを再生した際に、「YouTubeでのストリーミングの設定に失敗しました」との表示が現れる事があります。 この記事では、YouTube再生時に現れるストリーミングエラーの詳細と対処法につい ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.