google

Googleの検索結果でスクロールできない場合の原因と対処法について解説

Googleの検索結果で、スクロールができない不具合が発生しています。

今回の記事では、Googleの検索結果でスクロールできない状況の詳細と原因、対処法までを解説していきます。

Googleの検索結果がスクロールできない不具合が発生!

2022年11月2日より、Googleの検索結果にてスクロールできない不具合が発生しています。

Googleで検索をしたのにも関わらず、スクロールできず、最初のページ上部しか見れない状況です。

今回の検索結果の不具合は、すべてのユーザーで発生しているわけではなく、一部のユーザーで発生しています。

ただ、一部のユーザーと言っても多くの方が、スクロールできない状況です。

iOSとAndroidどちらの端末でも発生している

iOSとAndroidどちらの端末でもGoogle検索の結果でスクロールできない状況です。

なお、以下のような環境下でスクロールできません。

  • iOS:SafariからのGoogle検索でスクロールできない、Chromeでの検索結果でスクロールできない
  • Android:Chromeでの検索結果でスクロールできない

店名検索するとスクロールできない

Google検索の結果がスクロールできない現象は、すべての検索結果で発生しているわけではありません。

特定の店名や店舗が表示される、地図が表示されるという検索結果の場合はスクロールできないことが多いです。

ただ、必ずしもこの検索結果でスクロールできない状況が発生するわけではありません。

利用者それぞれで、不具合の発生状況はバラバラ

利用者全員が同じ症状でスクロールできないというわけではありません。

それぞれ違う条件下でスクロールできない状況になっています。

Googleの検索結果がスクロールできない原因

Googleの検索結果がスクロールできない原因は次の通りです。

原因

  • Googleの検索機能で不具合、障害が発生している
  • 一時的にスマホが不具合を起こしている
  • ChromeやSafariでタブをたくさん開き過ぎていて重い
  • アプリをたくさん起動し過ぎている
  • 通信環境が不安定で読み込みが遅い

Googleの検索結果がスクロールできない場合の対処法

ここからは、Googleの検索結果がスクロールできない場合の対処法について紹介していきます。

Googleアプリを使う

ChromeやSafariを利用して検索するのではなく、Googleアプリを使って検索をすると、正常にスクロールできます。

検索方法は普段の検索と変わりません。検索の枠にキーワードを入力して検索すると検索結果が表示されます。

以下のリンクからGoogleアプリをインストールできます。

SafariのGoogleやChrome以外の検索ブラウザを利用する

SafariのGoogleやChromeなどで検索するのではなく、それ以外のブラウザを利用して検索する方法がおすすめです。

他のブラウザについては、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

GoogleアプリやChromeに表示される話題のキーワードを非表示にする方法を解説

ログインしてみる

Googleのアカウントへログインせずに、検索をしていると、スクロールできないこともあります。

ですので、一度Googleのアカウントへログインして検索をしてみてください。ログインすることで、検索結果のスクロールができるようになる場合があります。

Googleのホーム画面を開き、右上に表示されるログインをタップします。次にメールアドレスまたは電話番号を入力して次へをタップします。

次にパスワードを入力して次へをタップしてください。これでログインできます。

別アカウントで検索する

Googleの検索結果がスクロールできない場合、別のGoogleのアカウントで検索するとスクロールできるようになります。

アカウントの切り替え方法については、以下の記事で紹介しています。

Googleの音声サービスのアプデが終わらない通知が消えない場合の対処法を解説

シークレットモードで検索する

シークレットモードにすることで、Googleの検索結果がスクロールできるようになります。

面倒でないという方は、シークレットモードで検索機能を利用してみましょう。

なお、以下にシークレットモードへの変更方法が記載されています。

ズーム機能をオフにする

iOSの端末を利用しているという方は、ズーム機能をオフにしてみましょう。

iOS端末の設定を開き、アクセシビリティをタップします。

次に、ズームをタップします。

その後、ズーム機能のボタンをオフにしてください。

タブを多く開いている場合は、全て消してみる

検索タブを多く開いているという方は、一度すべてのタブを消してみましょう。

そうすることで、Googleの検索結果でスクロールができるようになる可能性があります。

検索キーワードを少し変えてみる

一部のユーザーは、店舗などを検索すると検索結果でスクロールできなくなる状況が起きています。

スクロールできない場合は、検索キーワードを少し変えてみてもいいでしょう。

例えば、○○(店舗名)ではなく、店舗名+地域など、複数のキーワードで検索します。

そうすることで、地図が表示されない状況になり、スクロールできる可能性が高まります。

視差効果を減らしてみる

視差効果を減らすことで、Google検索の結果がスクロールできる可能性があります。

設定を開きアクセシビリティをタップします。次に動作をタップします。

視差効果を減らすのボタンをオフにします。

視差効果を減らすことで、iOS端末の動きがなめらかになり、Googleの検索結果もスクロールできる場合があります。

Chromeから検索エンジンを変更する

Chromeでは、検索エンジンを変更できる機能があります。

検索エンジンを変更することで、検索結果でスクロールができるようになるでしょう。

Googleを開き右上のをタップします。メニューの設定をタップします。

次に、検索エンジンをタップします。検索エンジンが表示されたら、Yahoo!JAPANをタップして左上のから戻ります。

いつも通り、検索するとYahoo!の検索エンジンが使えるようになります。

ユーザー補助機能のチェックを外す

Googleの検索結果でスクロールできない場合、ユーザー補助機能のチェックを外すと、スクロールできる可能性があります。

Chromeを開き、右上のをタップします。次に、メニューから設定をタップします。

ユーザー補助機能をタップしてください。強制的にズームを有効にするのを外してください。

また、テキストの拡大と縮小は100%になっているか確認しましょう。

画面を回転して横表示にしてみる

■iOS■

■Android■

Googleの検索結果がスクロールできない場合、スマホの画面を回転させて横表示にすることで、スクロールできる可能性があります。

スマホを横に傾けると自動で画面が横になります。

もし、画面を傾ける機能をオフにしている場合は、スマホの設定からオンにしましょう。

  • iOSの場合:画面上部をタップしたままスワイプ⇒🔓をタップして画面回転のロックが解除できます。
  • Androidの場合:画面上部をタップしたままスワイプ⇒自動回転をタップで自動回転のロックが解除できます。

GoogleアプリやChromeに表示される話題のキーワードを非表示にする方法を解説

最近、GoogleアプリやChromeを利用していると、キーワード検索時に話題のキーワードが表示されて邪魔と感じるユーザーが増えています。 この記事では、キーワード検索時に表示される話題のキーワードを ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.