google

GoogleClassroomの名前やプロフィール写真変更方法を解説!

Google Classroomは無料で利用が可能な、生徒と教師を繋ぐ学習管理サービスですが、アカウントを利用する際に適当に設定した名前やプライベートで利用しているアカウントの名前を知られてしまう可能性があります。

名前がバレたくない、恥ずかしい思いをしたくないというためにも、今回はGoogle Classroomで名前を変更する方法について解説していきます。

Google Classroomの名前変更を変更する方法

Google Classroomに参加する際に表示される名前を変更したい場合は、Googleアカウント自体の名前を変更する必要があります。

まず、Google Classroomにログイン後、左上に表示される「横棒3本線」をクリックします。

メニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。

プロフィール写真の項目右下にある「管理」をクリックしてください。

そうすると、Googleのアカウント管理画面が表示されるので、左側にあるメニューから「個人情報」をクリックしましょう。

個人情報の「プロフィール」という項目にある「名前」の部分をクリックしてください。

名前変更画面が表示されるので、姓・名を入力後「保存」をクリックしましょう。

これで、名前変更することができます。

ココがポイント

  • プライベート用に使っていたGoogleアカウントの名前がバレずに済む
  • プライベート用に使っていたアカウントで本名がバレずに済む

  • 名前がバレたくない場合は必ず、クラスに参加する前もしくはクラスを作成する前に名前を変更してください。
  • 既にクラスに参加している、クラスを作成して参加者もいるという状況では他の人に名前がバレてしまう可能性があります。
  • 名前変更の場合はGoogleアカウント自体の名前を変更しなければいけないので、全てのGoogleサービスにおいて変更した名前が表示されます。
  • Googleの名前は90日間で3回までと制限されているので、名前は慎重に考えましょう。

その他のプロフィールを変更する方法

名前を変更する以外にもGoogle Classroomからできる「プロフィール写真変更」や「通知の設定」をご紹介します。

プロフィール写真を変更

まず、プロフィール写真を変更したい場合はGoogle Classroomにアクセスした後、左上に表示される「横棒3本線」をクリックします。

メニューが表示されるので「設定」をクリックしましょう。

プロフィールという項目があるので、アイコン横の「変更」をクリックします。

すると、プロフィール写真を選択という画面が表示されるので、「写真をアップロード」「自分の写真」「ウェブカメラ」のどれかから登録しやすい方法を選びましょう。

今回は「写真をアップロード」から設定していきます。

  • 写真をアップロード:パソコンにある画像ファイルをアップロードする
  • 自分の写真:Googleフォトなどのサービスから追加する
  • ウェブカメラ:パソコンについているカメラから撮影してアップロードする

「写真をアップロード」をクリックするとパソコンのフォルダが開くので、プロフィール写真に設定したい画像を選びましょう。

  • プロフィール写真に設定できる画像サイズ:最大5MB
  • プロフィール写真に設定できる画像ファイル形式:JPG/JPEG/PNG

※ただし、写真はサイズ調整されるので、どのサイズでも登録OK

パソコンから選んだ画像がGoogle Classroomにアップロードされるので、トリミング調整などを行い、調整が終わったら左下にある「プロフィール写真に設定」をクリクしてください。

プロフィール写真が変更されていることがわかります。

Google Classroomでアイコンの写真を変更するとGoogleのアカウント全てのアイコン写真が変更されるので、注意して写真を選びましょう。

教師の場合はG Suite for Educationの写真が利用されています。

既にある写真の削除はできませんが、追加して別の写真へ変更することが可能です。

通知の設定

Google Classroomから通知の設定を行う場合には、まず左上に表示される「横棒3本線」をクリックします。

次に、左メニューに表示される「設定」をクリックしましょう。

通知の画面が表示されるので、それぞれオンオフを切り替えてください。

それぞれの通知の説明を以下にまとめました。

メール通知を受ける:メールで通知を受ける場合のオン/オフ

■Comments■

  • Comments on your posts:投稿へのコメントの通知
  • Comments that mention you:あなたへのコメントの通知
  • Private comments on work:仕事に関するプライベートなコメントの通知

■Classes you teach■

  • Late submissions of student work:学生の提出物、遅い場合の通知
  • Resubmissions of student work:学生の宿題などの再提出の通知
  • Invitations to co-teach classes:共同授業への招待
  • Scheduled post published or failed:予定されているポストの公開・失敗などの通知

■クラスの通知■

  • それぞれのクラスのメール通知やスマホなどへの通知

パスワード変更

Google Classroomからパスワードを変更したい場合は、左上に表示される「横棒3本線」をクリックします。

表示されたメニューから「設定」をクリックしましょう。

次に、プロフィールの項目から「管理」をクリックしてください。

Googleのアカウント管理画面が表示されるので、左側のメニューから「個人情報」をクリックします。

プロフィールを少し下にスクロールしていくと「パスワード」という項目があるのでクリックしましょう。

パスワード変更前の本人確認があるので、パスワード入力後「次へ」をクリックしてください。

パスワード変更画面が表示されるので「新しいパスワード」を2回入力後「パスワードを変更」をクリックしましょう。

これで、パスワードの変更が完了です。

  • Googleアカウント自体のパスワード変更なので、Googleサービスにログインする際のパスワードが全て新しくなります。
  • G Suite for Educationを利用している生徒:パスワード変更は管理者への連絡が必要です。
  • G Suite for Educationを利用している教師:管理者へパスワード変更の依頼をお願いしましょう。
    ※自分が管理者以外の場合

【教師用】Google Classroomのクラス名を変更する方法

クラス名を変更する場合はまず、Google Classroomにログイン後、名前を変更したいクラスをクリックします。

右上に「歯車マーク」が表示されるのでクリックしてください。

クラスの詳細項目が表示されるので、一番上に表示される「クラス名」を入力しなおしてください。

クラス名を変更し終えたら、右上に表示される「保存」をクリックしましょう。

これで、クラス名の変更が完了します。

クラス名のみの変更方法なので、ドライブフォルダの名前は変更されません。

GoogleClassroomで課題を提出したのに未提出になっている原因と対処法について!

Google Classroomでは課題を提出したのにステータスが未提出のままという状況が発生します。 未提出のままになる原因について解説するとともに、対処法についても紹介していきます。 Conten ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.