ライブ配信

【最新版】LINE LIVEが・途切れる・重い・落ちるエラーの解決法!原因や対処法

最近、LINE LIVEを利用中に・途切れる・重くなる・落ちる症状が発生し、視聴出来無くなるエラー報告が増えてきています。

この記事では、LINE LIVEで途切れるなどの理由により、視聴が出来無くなっている原因と対処法について解説していきます。

LINE LIVEが・途切れる・重い・落ちてしまう原因

LINE LIVEは、最も人気のある動画配信アプリの1つです。一般の方から人気アイドルやタレントまで、様々な方が手軽に動画配信を行っています。

ですが、LINE LIVE利用中に・途切れる・重くなる・落ちる問題で、スムーズに配信や視聴が出来ないユーザーが増えています。

LINE LIVEのサーバーに通信障害が発生している

LINE LIVEのサーバーは、アップデート後のアクセス集中や、システムダウンにより通信障害が発生する事があります。

データ処理量が、サーバーマシンの許容範囲を超えた場合、通信障害やシステムダウンが起こるため、ユーザーもアクセスするタイミングには、注意が必要です。

LINE LIVEでは、通信障害に備えメンテナンスを定期的におこなっています。

ですが、動画配信サービスサーバーの規模は、個人のPC環境とは比べ物にならないほど大きいため、予期せぬトラブルが起きる可能性があります。

LIVE配信中の場合は、途切れるまたは強制終了されてしまいます。

投稿動画が削除された

LINE LIVEで配信された動画は、配信者の意思で削除する事が出来ます。

動画の削除は、視聴中のユーザーがいたとしても可能で、視聴していた場合は強制的に視聴が続けられなくなります。

以降同じ動画を再生しようとしても、投稿されている動画自体が削除されているため、視聴する事は出来ません。

利用環境または通信環境が悪い

LINE LIVEを利用する場合は、使用端末を必ずオンライン状態にする必要があります。

また、動画配信アプリを利用する際には、大量のデータ通信が発生するため、利用環境や電波状況には注意が必要です。

利用している場所の電波環境が悪いと、再生中の動画が途切れたり、エラーが発生します。

Wi-Fiを使うのも一つの手ですが、安定したWi-Fiを利用しなければ、エラーが起こる原因となり、スムーズな利用は出来ません。

公共のWi-Fiは、電波状態が不安定な場合が多く、オススメは出来ません。

OSまたはアプリのバージョンが古い

用している端末のOS、またはアプリのバージョンが古い場合でも、LINE LIVEでエラーが発生する原因となります。

OSのバージョンが古いと、アプリをアップデート出来無かったり、サーバーに拒絶されてしまう事もあります。

アプリのアップデートを行わないと、追加された新機能に対応出来ない、動画再生時にトラブルが起こる等の原因になるため、注意が必要です。

キャッシュが溜まっているまたはメモリが非効率

利用している端末にキャッシュを蓄積させすぎると、動作が重たくなったり、処理速度が低下する原因となり、LINE LIVE利用時にエラーが発生しやすくなります。

また、端末のメモリを上手く使えていない状態では、著しく動作がもたつきます。

端末のメモリは、日常でアプリやWebサイトの閲覧を行うだけで消費されていき、だんだん効率よく情報処理出来無くなってしまいます。

LINE LIVEは動画再生を行うアプリなので、大量のデータ処理が必要になります。

メモリを効率よく使えない環境の端末では、動画再生をスムーズに行う事は出来ません。

利用端末している端末が古い

LINE LIVE利用中の端末が古いと、動画再生に必要なスペックを満たさない可能性があるため、エラーの発生原因になります

推奨環境
- スマートフォン版
iOS 10.0以上 ※iPhone5以上
Android OS 5.0以上
※最新版をインストールできる環境です

- WEB版
※お使いのブラウザを最新版にアップデートする必要があります
Windows: Microsoft Edge/Mozilla Firefox /Opera/Google Chrome

Mac: Safari/Mozilla Firefox/Opera/Google Chrome

LINE公式ヘルプ

また、端末の種類や視聴環境によってもエラーが起きる可能性があります。

iPod TouchとiPadはサポートの対象外なので、注意してください。

LINE LIVEが・途切れる・重い・落ちてしまう際の対処法

LINE LIVE利用中に途切れる・重い・落ちてしまう原因は複数あり、エラーの発生原因により対処法が異なります。

利用環境を改善する

LINE LIVEを利用する際には、利用環境を整える必要があります。

もし、利用環境に不安があるのならば、一度自身の環境整理や確認を行いましょう。

通信態の悪い環境で接続を行っていないか、設定の機内モードやモバイル通信は適正になっているか、安定したWi-Fiに接続出来ているか、心当たりがある箇所は全てチェックしましょう。

ポイント

LINE LIVEを利用する際に確認したいポイント

・電波状況の良い場所で接続を行っているか

・Wi-Fiのルーターの場所は適切か

・公共のWi-Fiに繋がっていないか

・キャリアの契約内容を超えて低速状態で接続していないか

・機内モードはオフにしているか

・モバイル通信がオンになっているか

再試行をタップする

LINE LIVEの読み込みに失敗した際に「再試行」というボタンで出る事があります。

この「再試行」は波状態が悪かったり、アプリの不具合により、通信が一時的に遮断された際に現れる事が多いです。

「再試行」ボタンを押せば読み込みを再開出来ますが、通信環境自体を改善しないと、またエラーが発生する原因になります。

また、回線が込み合う時間帯においては、時間をずらしてログインするのも有効です。

使用している端末の買い替えも検討する

使用している端末のバージョンによっては、そもそもLINE LIVEを利用出来ない可能性があります。

また、LINE LIVEに対応していないスペックや機種もあり、接続は行えるものの、安定して利用する事は出来ない可能性が高いです。

古すぎる機種を使っていると、OSのアップデートに対応出来ない物もあります。

自身の使っている端末の買い替えも検討してみましょう。

その他試してほしい効果的な対処法

その他でも、効果的な対処法はいくつかあります。

ポイント

・サーバーエラーに関しては「待つ」

・OSまたはアプリのアップデート

・利用端末の再起動

・タスクまたはキャッシュの削除

サーバーが原因で起こっているエラーに関しては、ユーザーが出来る対処法はありません。

復旧するまで「待つ」しかする事はありませんが、LINE LIVEは公式Twitterアカウントがあり、エラー情報やメンテナンス情報などを配信しています。

LINE LIVE公式Twitter

エラーに関しては、何かしらの情報開示がある可能性も高いので、気になる方はチェックしてみましょう。

アプリやスマホのエラーに対して「利用端末の再起動」も非常に効果的です。

日常的にWebサイトやアプリを使用する事で、効率的では無くなっているメモリをリフレッシュさせてくれる為、あらゆるエラーに対して効果が期待できます。

動作が重たくなったり、落ちる場合にはタスクやキャッシュの削除を行い、蓄積してあるデータを一度整理しましょう。

\\follow//

-ライブ配信
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.