Microsoft Teams

Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする原因と対処法を解説


Microsoft Teamsではチャットやオンラインミーティングはもちろん、ファイルやフォルダの共有が可能です。

この記事では、Microsoft Teamsでフォルダやファイルを共有したものをダウンロードしようとすると文字化けする現象の詳細と原因・対処法について解説していきます。


Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする現象が発生

ファイルやフォルダをダウンロードすると文字化けしてしまう現象が発生しています。

今回の不具合に関しては、解凍時ではなく、ダウンロードした際にファイル名が文字化けしてしまうというものです。

ファイル名が文字化けしてしまう現象は、アプリ版Teamsで発生で発生しており、PCでデスクトップアプリ版を利用している場合は、ブラウザ版からダウンロードするなどの対策が有効となっています。

Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする原因

Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする原因は下記の通りです。

原因

  • 日本語が入ったファイル名である
  • Unicodeに対応していないツールで解凍した
  • ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用がオフになっている
  • Teamsの不具合

2022年9月~10月頃から報告が多発しているものに関しては、不具合によるものと考えられます。

Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする場合の対処法

Microsoft Teamsでファイルをダウンロードすると文字化けする場合の対処法を解説していきます。

サインアウトし再度サインインする

Teamsから一度サインアウトし、再度サインインすることで改善されるケースがあります。

後でファイル名を変える

ファイル名が文字化けするだけなので、ダウンロードした後でファイル名を変えるようにしましょう。

ブラウザ版Teamsでは文字化けしない

PCでTeamsを利用している場合、デスクトップアプリ版かブラウザ版のどちらかを利用していることになります。

ブラウザ版はブラウザで開いて利用するもので、こちらではファイルの文字化けが発生していません。

デスクトップアプリ版で使っているアカウント情報でブラウザ版にログインすることで同じファイルがダウンロード可能です。

英語などでフォルダー名を付ける

Teamsで共有するファイルやフォルダー名に日本語が含まれていると文字化けを起こすケースがあります。

Teamsでフォルダーを共有する際は、フォルダー名に日本語が含まれていないか確認してから共有し、もし含まれているようなら名前を半角英数字のみで構成してシェアするようにしてください。

2つ以上フォルダを同時にダウンロードする

フォルダやファイルを1つだけダウンロードすると、ダウンロードしたフォルダ名が文字化けする不具合が発生することがあります。

この不具合が発生した場合は、フォルダの名前を半角英数字のみで構成するか、一度に2つ以上のフォルダをダウンロードすることで解決します。

解凍ソフトで解凍する

Teamsではファイルをダウンロードする際に複数のファイルを選択すると圧縮(ZIP)されたファイルになります。

このファイルをlhaplusなどUnicodeに対応していない解凍ツールで解凍すると、日本語の含まれるファイルが文字化けしてしまうことがあります。

この対策としては、ファイルやフォルダ名を半角英数字のみで記述する、Unicodeに対応した解凍ツールを利用するなどの方法が挙げられるでしょう。

Unicodeに対応した著名な解凍ツールには、7ZIPWinRARExplzhなどがあります。

すべて展開を使う

解凍する際に文字化けを防ぐ方法として最も簡単なのは、解凍したいファイルにカーソルを合わせて右クリックしすべて展開を押してファイルを解凍することです。

ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用にチェックを入れる

Windows版Teamsを利用していてファイル名が文字化けする場合は、ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用にチェックを入れて、Windowsのシステムロケールを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更することで改善されるケースがあります。

Windowsのシステムロケールを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更するには、Windowsメニューから歯車アイコンを選択し時刻と言語をクリックしてください。

左のメニューから地域を選択し日付、時刻、地域の追加設定をクリックします。

地域を選択し管理タブに切り替えたらシステム ロケールの変更をクリックしましょう。

ベータ:ワールドワイド言語サポートでUnicode UTF-8を使用にチェックを入れてOKを押し、今すぐ再起動を押せばPCが再起動されて、Windowsのシステムロケールが「Shift-JIS」から「UTF-8」に切り替わります。

マイクロソフトサポートに問い合わせ

Twitterで「@MSHelpsJP」と付けて、Microsoft関連の不具合やどうしたら良いのか対処を訊ねると、マイクロソフトサポート公式アカウントが反応してくれます。

TeamsもMicrosoftのサービスなので、Twitterの返信で詳しく教えてくれるため、電話やWebからの問い合わせは面倒くさいという場合は試してみると良いでしょう。

問い合わせ

一般法人向けMicrosoft 365を利用の管理者であれば電話窓口でのMicrosoft Online Servicesテクニカルサポートが受けられます。

電話問い合わせ

《EnterpriseまたはGovernmentプラン》

電話番号:0120-996-680(フリーダイヤル)

受付時間:24時間年中無休

《その他のプラン》

電話番号:0120-628-860(フリーダイヤル)

受付時間:平日9時~17時30分

*緊急時のみ24時間365日可

*問い合わせ時に「.onmicrosoft.com」のメールアドレス、連絡用のメールアドレス、電話番号などが必要

また、Teams本体からフィードバックを送ることも可能です。

Teamsからフィードバックを送る方法については下記の記事をご覧ください。

【2022年最新版】Microsoft Teamsの使い方を徹底解説!

Microsoft Teamsで@を入力しても特定のユーザーが表示されずメンションできない原因と対処法

Microsoft Teamsでは、メンションできないバグが発生しています。 今回はなぜメンションができないのか原因と対処法について解説していきます。 Contents1 Microsoft Team ...

続きを見る

\\follow//

-Microsoft Teams
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.