Microsoft Teams

Microsoft Teamsで画面共有をする手順と出来ないときの詳細と対処法を解説!

大人数のオンライン会議に非常に便利な「Microsoft Teams」。会議をしていて画面共有が出来なかったり、動きが遅くなって上手く出来なかったりというアクシデントが起こることがあります。

この記事では「Microsoft Teams」における画面共有の手順と出来ないときの原因と対処法について詳しく解説していきます。

Microsoft Teamsで画面共有をする手順

Microsoft Teamsで共有できるコンテンツは下記の通りです。

  • デスクトップ
  • ウィンドウ
  • パワーポイント
  • ホワイトボード

デスクトップやウィンドウの共有

デスクトップやウィンドウを共有するときは、まず共有をクリックしてください。

デスクトップまたはウィンドウを選択します。

今回はデスクトップで手順を紹介していきます。

全画面

デスクトップを選択すると、下記の画面を共有可能です。

  • 全画面
  • アプリケーション ウィンドウ
  • Chromeタブ

まず、全画面の共有方法について説明していきます。

まずはあなたの全画面タブを選択してください。

共有したいものを選択して共有をクリックすればOKです。

なお、共有を終わらせたいときは共有を停止をクリックしましょう。

アプリケーションウィンドウ

アプリケーションウィンドウを共有したいときはアプリケーションウィンドウタブを選択してください。

共有したいウィンドウを選択して共有をクリックすればOKです。

共有を終わらせるときは共有を停止をクリックしましょう。

Chromeタブ

Chromeタブ単位で共有したいときはChromeタブを選択してください。

共有したいタブを選択して共有を押せばOKです。

なお、共有を終わらせたいときは共有を停止をクリックしましょう。

パワーポイント(プレゼンテーション資料)の共有

パワーポイントを共有したいときは、まず共有をクリックしてください。

共有したいファイルをクリックして選択します。

共有できました。

赤枠で囲まれている範囲が共有されています。

共有を終わらせたいときは共有を停止をクリックすればOKです。

ホワイトボードの共有

ホワイトボードを共有したいときは共有をクリックしてください。

Microsoft Whiteboardを選択します。

ホワイトボードが表示され、共有されています。

共有を終了させたい場合は、共有を停止をクリックすればOKです。

参照

コンピューターやOneDriveなどからファイルを共有することもできます。

これをしたいときは共有をクリックしてください。

参照をクリック。

  • チャネル
  • OneDrive
  • コンピューター

上記からファイルを共有することができます。

まずはチャネルとOneDriveから説明します。

チームとチャネルを共有またはOneDrive(共有したいファイルがある先)から選んでください。

共有したいファイルを選んで共有をクリックすればOKです。

コンピューターから共有する場合は、コンピューターからアップデートをクリックします。

共有したいファイルを選択して開くをクリックすればOKです。

画面共有を終わらせたいときは、共有を停止をクリックしましょう。

ココに注意

参照では、現在パワーポイントのファイルしか受け付けていません。

複数のコンテンツを共有できるか?

複数の画面を一度に共有することはできません。

ココがポイント

一度に複数の共有が出来るのは画面ではなくファイルです。

画面はシフトや範囲選択などで複数選択することができません。

画面共有の制御を引き渡す

画面共有の制御を他の参加者に譲ることもできます。

これをしたいときは共有をクリックしてください。

共有したいファイルをクリックします。

株式会社イルミネート・ジャパン

デスクトップまたはウィンドウを共有しているとき、共有している1ユーザーに対して操作を許可することが可能です。

操作の権限の付与の相手は、共有のときに表示されているバーから選択することができます。

音声の共有

画面に加えて、音声も共有することができます。

音声も共有したいときは共有をクリックしてください。

システムオーディオを含めますにチェックを入れればOKです。

Microsoft Teamsで画面共有をするときの注意点

Microsoft Teamsの画面共有で注意する点は下記の通り。

  • 参照からの共有はパワーポイントのみ
  • タブの共有はChromeのみ

ココがポイント

参照からの共有は、現在パワーポイントのみとなっていますが、これから他のファイルも対応する可能性もあります。

また、共有コンテンツが表示されないときがあります。

これは、その形式のファイルが存在しないとき、読み込み途中のときです。

Microsoft Teamsで画面共有が出来ない・表示されないときの原因

Microsoft Teamsで画面共有が出来ない・表示されないときの原因は下記の通り。

問題のあるところ/項目原因対処法
ウイルス対策ソフトウイルス対策ソフトが悪さをしていて、画面共有が出来ないウイルス対策ソフトの設定を変更
インターネット環境エリア障害時間を置く
ルーターの不具合ルーターの再起動/リセット/修理
アプリTeamsのバージョンが古い(アプリ版)更新プログラムをインストール
デバイススペック不足他のデバイスを使う/デバイスを買う
権限権限がない権限を付与してもらう/権限を付与する

昨今、エリア障害が多発しているモバイルWiFiも存在しているため、これが原因で上手くインターネットに繋がらず、画面共有が出来ない可能性も高いです。

エリア障害を疑う場合は、契約しているモバイルWiFiの公式ページで障害の状況を確認してみると良いでしょう。

また、自分が主催者ではないときは、特に権限の問題を疑ってください。

Microsoft Teamsで画面共有が出来ない・表示されないときの対処法

Microsoft Teamsで画面共有が出来ないときの対処法について解説していきます。

ウイルス対策ソフトの設定を見直す

ウイルス対策ソフトの設定が原因で通信速度が遅くなってしまい、その結果、画面共有が出来なかったり、遅くなったりする可能性があります。

ウイルス対策ソフトが原因だと感じた場合は、ウイルス対策ソフトの設定を変更することで対処可能です。

詳しくは下記の記事を参照してください。

ZOOMで音声が途切れるときの詳細と対処法を解説!

更新プログラムをインストール

アプリ版Teamsの利用者であれば、アプリを更新することで解決する可能性があります。

デスクトップアプリは自動的に更新され、Webアプリは常に最新の状態ですが、モバイルアプリはダウンロードして再度インストールする必要があるので注意してください。

デバイスのスペックが足りていない

デバイスのスペックが足りていないことが原因で、画面共有が上手く出来ていない可能性があります。

Windowsでのハードウェア要件

Microsoft公式サイト

Macでのハードウェア要件

自分の使っているデバイスと見比べてみて、スペックが足りているか確認してみましょう。

こちらはスマホ・タブレットのハードウェア要件です。

基本的に新しいOSにしておけば問題ないので、更新があったらアップデートするようにしましょう。

権限を付与してもらう/権限を付与する

Microsoft公式サイト

貴方が主催者ではない場合、貴方に対して権限が付与されていない可能性があります。

主催者に連絡を取って、権限を付与してもらうようにしてください。

また、貴方が主催者で参加者に画面共有が利用できないと言われたときは、まずMicrosoft Teams管理センターにアクセスし会議ポリシーをクリックしましょう。

新しいポリシーをクリック。

画面共有モードを画面全体にし、PowerPointの共有を許可、ホワイトボードを許可、メモの共有を許可する横にあるバーをクリックしてオン状態にすればOKです。

また、会議毎に設定をつけることも出来るため、こちらもチェックしておきましょう。

会議から会議をスケジュールするをクリックしてください。

会議のオプションをクリック。

  • ロビーをパイパスするユーザー
  • 発表者となるユーザー

上記の設定を「全員」に変更して保存をクリックすればOKです。

完了しました。

ココがポイント

自分が主催者だった場合は、権限と会議のオプションを忘れずに確認しておきましょう。

Microsoft Teamsで画面共有が遅くなるときの原因と対処法

「Microsoft Teams」で画面共有が遅くなってしまう原因と対処法は下記の通り。

問題のあるところ/項目原因対処法
ウイルス対策ソフトウイルス対策ソフトが悪さをしていてインターネットが遅くなり、画面共有も遅くなるウイルス対策ソフトの設定を変更
インターネット環境

電波の届きにくい場所窓を開ける/扉を開ける/場所を移動する
ルーター端末の位置ルーターの位置を変える/ルーターを窓際に置く
(スマホ)通信制限にかかっている時間を置く/データ通信量を追加購入
アプリTeamsのバージョンが古い(アプリ版)更新プログラムをインストール
デバイススペック不足(画面共有が出来ないほどではない)他のデバイスを使う/デバイスを買う
CPUの負担など



起動しているブラウザやタブが多い不要なブラウザとタブを閉じる
アプリケーションが負担不要なアプリケーションを強制終了
アプリのデータやキャッシュが負担アプリのキャッシュとデータを削除する
バーチャル背景が負担バーチャル背景を切る
ブラウザブラウザのバージョンが古いブラウザをアップデート
バグ・不具合


何らかの不具合が発生退出して再度入室する
Teamsに問題発生(アクセス集中など)時間を置く
Teamsに致命的な不具合が発生/アップデートに致命的な問題アップデート・パッチの配布を待つ

それぞれの分かりにくい対処法の解説については、下記の記事とほぼ同じ方法で対策できるので試してみてください。

ZOOMの画面共有で動画がカクカクするときの原因と対処法を解説!

【2020年最新版】Microsoft Teamsの使い方を徹底解説!

オンライン会議に適したサービスは多数ありますが、料金や機能・セキュリティにかなり差があることが分かっています。 この記事では、オンライン会議に非常におすすめできる「Microsoft Teams」とい ...

続きを見る

\\follow//

-Microsoft Teams
-, , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.