カラオケ

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知の詳細や使い方を解説

カラオケアプリのPokekara(ポケカラ)では、相手に歌って欲しい曲をリクエストすることができるリクエスト通知機能があります。

今回の記事では、Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知の詳細や設定などについてご紹介していきいます。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知とは

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知とは、相手に歌って欲しい曲をリクエストすることができる機能です。

歌ってほしい曲や相手を指定して、リクエストを送信することができます。

またリクエスト通知が送られてきた曲を歌った場合には、相手に返信する形で作品を共有することができます。

相手から歌ってほしい曲のリクエストが届く機能

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知では、Pokekara(ポケカラ)ユーザーから歌ってほしい曲のリクエストを受け取ることができます。

またリクエストを送信することもでき、フォローしているユーザー以外にも送信することが可能です。

リクエスト通知を利用することで、歌ってほしい曲を聴くことができたり、相手に返信して効率よく作品を聴いてもらうことができます。

リクエストできる相手

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知では、フォローしているユーザーとランダムなユーザーを指定してリクエストすることができます。

送信できる相手

  • 自分がフォローしているユーザー
  • ランダムなユーザー

ランダムなユーザーを選択した場合には、Pokekara(ポケカラ)側がランダムな相手を指定してリクエスト通知を送信します。

メッセージ付きでリクエストすることができる

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知では、メッセージ付きで相手に曲をリクエストすることができます。

どういう風に歌ってほしいかやリクエストした理由などを記載して送信することで、相手がリクエストに答えてくれる可能性があります。

リクエスト通知がきた曲を歌うと返信できる

Pokekara(ポケカラ)でリクエスト通知がきた曲を歌うと、アップロード時に相手に返信することができます。

返信の際にはメッセージ付きで返信することができませんが、リクエスト返信カードとして「あなたのために歌ってみました!」という内容付きで返信されます。

リクエスト通知がきた曲を歌うことで、効率よく自分の作品を聴いてもらえる可能性が高くなります。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知の使い方

ここからはPokekara(ポケカラ)のリクエスト通知の使い方についてご紹介していきます。

リクエストを送る場合

Pokekara(ポケカラ)でリクエスト通知を送る場合には、Pokekara(ポケカラ)を起動して歌うをタップします。

項目の右側にあるリクエストをタップしてください。

リクエストボード画面が表示されるので、リクエストをタップします。

こちらでリクエストを作成することができます。

曲を指定したい場合には、リクエスト曲の下の曲の選択もできますよ!をタップしてください。

こちらで曲を検索することができます。

検索ボックスにリクエストしたい曲のキーワードを入力して、検索をタップしてください。

検索結果が表示されるので、リクエストしたい曲の横にあるリクエストをタップしてください。

リクエストで相手を指定する場合には、リクエストの相手をタップしてください。

フォローしているユーザーからリクエストしたい相手を選択します。

リクエストしたい内容が決定すれば、リクエストを投稿するをタップすれば完了です。

自分宛のリクエストを確認する場合

Pokekara(ポケカラ)で自分宛のリクエストを確認したい場合には、「リクエストを送る場合」でご紹介した手順でリクエストボードを開きます。

こちらで私へのリクエストをタップしてください。

自分宛もしくはランダムでリクエストされたリクエスト通知が表示されます。

リクエストに返信する方法

Pokekara(ポケカラ)でリクエスト曲を歌って返信したい場合には、Pokekara(ポケカラ)を開いてメッセージをタップしてください。

メッセージ欄にリクエスト通知があるので、タップします。

リクエスト通知の中から歌いたい曲を選択して、歌うをタップしてください。

歌の投稿作成画面が表示されるので、歌うをタップして歌います。

歌い終わって調整が終了すれば、右下のアップロードをタップしてください。

リクエストした相手はデフォルトで返信する相手に含まれているので、このままアップロードをタップすれば完了です。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知をオフにすることはできるのか

ここからはPokekara(ポケカラ)でリクエスト通知をオフにすることができるのかについてご紹介していきます。

リクエスト通知をオフにすることはできない

現状のPokekara(ポケカラ)の設定では、リクエスト通知自体をオフにすることはできないシステムになっています。

そのため通知がこないようにするには、Pokekara(ポケカラ)の通知設定自体をオフにするしかない状態になっています。

ユーザーを絞ってリクエスト通知を受け取ることもできない

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知では、ユーザーを絞ってリクエスト通知を受け取るということもできないシステムになっています。

そのためランダムなユーザーとして選ばれた場合や、フォローされているユーザーからの全てのリクエスト通知が飛んでくる仕組みになっています。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知を停止するには

Pokekara(ポケカラ)ではリクエスト通知の設定をオフにすることはできませんが、Pokekara(ポケカラ)の通知設定をオフにすることで不要な通知を少なくすることができます。

設定の変更手順としては、Pokekara(ポケカラ)を起動してマイページをタップします。

マイページが表示されれば、右上の設定をタップしてください。

設定画面が表示されるので、通知設定をタップします。

こちらでDM通知の横のボタンをタップしてください。

ボタンが透明に変更されれば、DM通知をオフにする設定の完了です。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知消し方

Pokekara(ポケカラ)のDMでリクエスト通知を既読にする場合には、Pokekara(ポケカラ)を開いでメッセージをタップしてください。

メッセージ欄にあるリクエスト通知をタップして開くことで、一括で既読にすることができます。

またリクエスト通知自体を削除する場合には、リクエスト通知を右から左にスライドします。

メッセージに対するアクションが表示されるので、削除をタップしてください。

削除して問題ないかの確認が表示されるので、確認をタップすれば完了です。

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知見分け方

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知は、指名の場合でもランダムの場合でも同じ通知内容が飛んできます。

一方でリクエスト者との関係で、指名されているかどうかを想定することができます。

ここからはPokekara(ポケカラ)のリクエスト通知で、指名されているのかランダムのリクエスト通知がきているのかを確認する方法についてご紹介していきます。

指名の場合

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知で特定のユーザーを指定する場合には、自分がフォローしている相手しか指名することができません。

そのため自分のフォロワーからリクエスト通知が届いた場合には、相手が自分を指名してリクエスト通知を出している可能性があります。

ランダムの可能性もある

Pokekara(ポケカラ)のリクエスト通知でランダムを指定した場合、どういう判断基準で通知が送られているかは明らかになっていません。

そのため自分のフォロワーがランダムでリクエスト通知を出した場合でも、自分宛にリクエスト通知がくる可能性があります。

一方で自分をフォローしているユーザーからのリクエスト通知なので、実際には指名していない場合でも喜ばれる可能性もあります。

ランダムの場合

Pokekara(ポケカラ)で自分をフォローしていないユーザーからリクエスト通知が届いた場合には、ランダムなユーザーに対してリクエスト通知を出しています。

リクエストに答えることで新規のフォロワーを獲得できるチャンスにもなるので、ぜひ積極的にリクエストに返信してみてください。

Pokekara(ポケカラ)のガチャについての詳細と使い方を解説

新しくPokekara(ポケカラ)にガチャという機能が追加されました。 この機能は、主にルームなどで使えるもので、ルームを盛り上げるクラッカーや便利で高額なアイテムなどをランダムで手に入れることが出来 ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

Every.Live

EVERY.LIVEはSTAGE株式会社によって開発された日本のライブ配信サービスです。

Every.Liveの特徴

  • 2021年1月にリリースされたばかり
  • 認証ライバーのみ配信出来る
  • まだ配信者や視聴者が少ない

まだリリースされて間もないライブ配信サービスなので、アプリ内のトップライバーが確率していないため、今からなら初心者であっても人気ライバーになれる可能性があるでしょう。

Every.Liveの魅力!

  • ギフトと時給の2重報酬システム
  • ランクと所属事務所に準じた時給
  • ママライバーには補助あり
  • イベントで稼ぎやすい
  • 事務所によって待遇に差がある

「Every.Live」はリリースされて1年経過していない新しいアプリであるため、ライバーの数が少なくイベントの競争率が低いです。

月間のベリー獲得数に準じランクが設定され、ランクによって貰える時給が異なります。

貰える時給は同じランクであっても所属事務所によって異なり、事務所によっては時給数百円も差が出るケースもあるため、なるべく好待遇の事務所に所属することをおすすめします。

また、ママライバーは条件を満たすとライブの収益に加えて、シングルマザー月2万円、ライバー以外に仕事をしている場合月1万円の補助が貰えるなどママに対するサポートが嬉しいです。

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

LIVE812

「LIVE812」は、リアルタイムで視聴者とのコミュニケーション取るタイプのサービスで、ライバーの年齢層が10代から80代と非常に幅広い珍しいサービスです。

LIVE812の特徴

  • ライブコマース機能
  • 配信にはタレント契約が必要
  • 配信で活躍すれば芸能界デビューの可能性も
  • ギフトのエフェクトが充実
  • 年齢層が幅広い

「LIVE812」を運営している株式会社YAIZOOは、テレビやラジオに出演する劇団員やタレントが所属する芸能関係の会社であるため、芸能関係やプロモーション関連に強いコネを持っている可能性が高いです。

「LIVE812」で活躍していくことで、配信以外の道を拓けたり、配信以外の収入を得たりすることが可能になる可能性もあります。

稼げるの?

  • 視聴者がそれほど多くなくてもギフトが貰いやすい
  • ギフトとライブコマース(商品販売)で稼げる
  • 簡単な手続きで商品販売出来る
  • ハンドメイドやCD販売で稼げる

「LIVE812」の最大の特徴はライブコマース機能で、これは「LIVE812」を通じて商品を販売するシステムです。

配信者が自身の歌を吹き込んだCDやハンドメイド品など自身が制作・開発に携わったものを販売出来るため、この商品が売れれば、ライブ配信中でなくても報酬が増えていくことになります。

ボイコネ

「ボイコネ」は、自分の“声”を使ってライブ配信を楽しんだり、推しボイスへの応援ができるアプリです。

声劇や雑談、歌ってみた配信など楽しみ方は実に様々で、“声”に関するコンテンツが多彩に準備されています。

声での表現力や演技を磨きたい人、声優を目指している人など、声を使った活動に興味がある人なら誰でも配信でき、リスナーからの反応や感触を確かめることができます。

本作の魅力ポイント

  • 声に関する表現に興味があるなら誰でも気軽に配信できる
  • 声劇ライブ・フリートーク・お題回答ボイス・立体音響など、できることは実に様々
  • シナリオライターとしてシナリオをアップロードすることも可能
  • 最大5人で声劇ライブ配信も可能
  • 配信者・リスナーのマナーが良く荒らしが少ない
  • 投げ銭システムもあり

本気で声優を目指す人や声フェチが集うことでジワジワと人気を集めているボイコネは、ライブ配信アプリの中でも利用者のマナーが良いと評判のアプリです。

また、自分が書いたシナリオを他の配信者が読んでくれる機会もあるなど、表現者としてのスキルアップに繋がるコンテンツが多く、同じ夢や目標をもつ利用者たちとのコミュニティ形成にも一役買ってくれる場になっています。

\\follow//

-カラオケ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.