楽天

楽天カードでエラーが発生している原因と対処法を解説!

買い物をすればするほどポイント還元されることで有名な「楽天カード」を利用している方は多いのでは多いのではないでしょうか。

高い注目度の反面、残念ながら「不具合やエラーが多い」とネガティブな意見も目立ちます。

今回は楽天カードを使っている際、身に覚えのないエラーが表示される原因と対処法を解説します。

楽天カードで決済時にエラーが表示される原因

楽天カードを始めとするクレジットカードを使用しようとして「エラーで決済ができない」という事態は本当に困ってしまうもの。

では何故、エラーで決済できないという事態が起きてしまうのでしょうか。

楽天カードのよくあるエラー原因

  • 楽天側の不具合で決済が完了しない
  • 利用限度額を超過している
  • 上手く支払い引き落としが出来ていなかった
  • カードの登録情報に何らかの不備がある
  • 磁気不良などのカードの破損
  • 暗証番号を複数回間違えてロックされている
  • 不正使用だと判断された
  • カードの有効期限切れ

限度額や支払い状況に問題がなく、直近で登録状況を変えていない場合は

  • 楽天側の何らかの不具合
  • 不正使用だと誤った判断がされ、使用を制限された
  • (リアル店舗の場合)カードの破損

これらの可能性が濃厚となります。原因順に解決方法を解説・説明していきます。

楽天側の不具合

楽天カードは便利な反面、他のクレジットカードサービスよりエラーや不具合に遭遇する頻度が高いと考えられます。

実際、利用者のレビューを確認すると「出先でエラーに巻き込まれて決済ができない」「不具合が多すぎる」というコメントが寄せられています。

筆者も楽天カードを10年弱利用しています。

運とタイミングが良かっただけかもしれませんが、今の所エラーや不具合に巻き込まれたことはありません。

対処法

楽天側の不具合の場合、利用者側はただ問題が解消するのを待つことしか出来ません。

無理に決済を通そうと決済実行を繰り返すと、二重請求などの別の問題を引き起こす原因になってしまいます。

楽天カード側からの問題解決のアナウンスが届くまで、カードは使わないでおきましょう。

楽天カード利用可能額を超過している

カードの利用可能額は、毎月1日から月末までの1ヵ月間に利用できる金額ではないので高額の買い物をした際などは特に注意が必要です。

利用可能額の計算方法

利用可能額 - (未支払い利用額+当月利用額) =残り利用可能額

なお、引き落とし日即日に利用可能額が回復するのではなく、引き落としから2~4営業日後に反映されます。

対処法

利用可能額が超過した場合は、

  • 一時的もしくは通常増枠する
  • 支払い日前に返済し、利用可能枠を空ける

の2つがあります。

「増枠」の場合は審査が伴うため、すぐに反映されない恐れがあります。

「支払日前返済」をしたい場合は楽天のカードコンタクトセンターへまずは問い合わせ、相談をしてみましょう。

支払い日に引き落としができなかった

引き落とし日は毎月27日(土日祝の場合は翌営業日)です。

この時に残高不足などを理由に引き落としが出来なかった場合、再振替サービス対象となります。

このサービスで支払いが完了すれば全く問題ありませんが、再引き落としの際も支払われなかった場合、カードに制限がかかる可能性があります。

対処法

再振替サービスを越えて支払いができなかった場合は、指定の銀行口座への直接振り込みが必要になります。

振込口座は利用者によって異なるため、間違えないように楽天のカードコンタクトセンターを利用してしっかり確認をしましょう。

自動音声専用ダイアル

引き落とし日~翌10日までならば自動音声で入金に関する案内してくれるので、手元にカードを準備して電話してみましょう。

フリーダイヤル:0120-30-6910(24時間対応)

楽天カード紛失・盗難届済みのカードを使った

一度紛失届けを出したカードは、たとえ手元に戻っても利用できなくなってしまいます。

必ず再発行の手続きを行いましょう。

なお、再発行を行っても新しいカードが届くまではカードは利用できません。

対処法

楽天のカードコンタクトセンターから再発行の手続きができます。

使えないカードは破棄し、新しく作り替えましょう

時期不良やカードの破損がある

カードの磁気部分には重要な情報が記録されているものの、取り扱いを誤ると磁気不良を起こし読み取りができなくなってしまいます。

こんな取り扱いは厳禁

  • 折り曲げるなどの強い衝撃を与える
  • テレビやパソコン・貴金属など磁気を帯びたものの近くで保管する

クレジットカードの保管場所には気を配りましょう。

対処法

磁気不良や破損の場合は新しいカードに作り直す必要があります。

楽天のカードコンタクトセンターから問い合わせをするか、自動音声専用ダイヤルから手続きを申請しましょう。

自動音声専用ダイアル

ガイダンスに沿っていつでも申請することができるので、作り替えたいカードを手元に準備して下記に連絡してみましょう。

フリーダイヤル:0120-30-6910(24時間対応)

暗証番号を複数回間違えて入力してしまった

暗証番号を複数回誤ってしまうと、自動的にロックがかかります。

なお、決済時にカードを通した方法で対応方法が異なりますので、下記を参照の上ご確認ください。

  • 磁気ストライプを読み取った:ATMでのキャッシング・インターネット取引・レジでカードを端末にスワイプして決済
  • ICチップを読み取った:レジでカードを差し込む端末で決済

+磁気ストライプを読み取った(詳しくはタップ)

複数回パスワードを誤るとロックがかかるものの、翌日には自動的にロックが解除されます。

当日以降に再度カードを利用して確認してみましょう。

翌日以降もロックが解除されない場合は、楽天のカードコンタクトセンターへ電話問い合わせをしてみましょう。

+ICチップを読み取った(詳しくはタップ)

複数回パスワードを誤るとロックがかかり、以降ロックの解除ができなくなってしまいます。

ICチップを読み取ってパスワード認証に失敗した場合はカードを作り直すしか方法がありません。

楽天のカードコンタクトセンターから問い合わせし、「カードの破損・磁気不良・読み取り不良/裏面のサインミス/タッチ決済機能付き楽天カードへの変更」を選択の上申請をしましょう。

カードの有効期限が切れている

カードの表に記載された有効期限が切れたカードは当然利用できません。

有効期限切れ前に届く、楽天から届く新しいカードを利用するようにしましょう。

カードが届いていない場合

利用状況などを鑑みて、更新時カードの発行を見合わせるケースもあるようです。

一先ずは楽天のカードコンタクトセンターへ「カードが届かない」旨を問い合わせをしてみましょう。

不正利用の疑いがあると判断された

楽天カードでは「不正検知システム」を導入しており、カードの悪用など不正使用を未然に防止するための仕組みが取り入れられています。

カード取引ごとに24時間365日モニタリングされており、不審な取引は自動的に保留されるようになっています。

たとえ本人がカードを利用していても、何らかの理由でこのシステムに感知され、決済が完了しないケースがあります。

不正検知システムが働くときとは?

  • 過去の利用履歴を鑑みて、例がないような高額な利用があったとき
  • 海外での高額の利用
  • 過去の不正利用に類似した場合
  • 第三者利用の疑いがあると判断された場合

これらの理由で制限された場合は、メールもしくはショートメールが送られてくる場合もあります。

筆者が体験したエピソード

普段からよく買い物している通販サイトから「決済ができなかったため、注文をキャンセルした」という内容のメールを受け取り、初めて異変に気付きました。

利用上限額に問題なく支払いの滞りも無かったため、楽天カードに問い合わせをしたところ「不正検知システムに検知されたため決済がされなかった」と回答されました。

普段からよく利用しているサイトからの購入であり、なおかつ金額も高額でもなかったにも関わらず、結局原因はわからず終いでした。

対処法は?

身に覚えがない場合は楽天のカードコンタクトセンターへ電話問い合わせをしてみましょう。

場合によっては楽天カードの担当者の方から連絡が入ることもあるようなので、対応の指示を仰ぎましょう。

不正の事実が無ければすぐに問題は解決されるでしょう。

定期・不定期の審査で利用制限がかけられた

クレジットカードの「審査」は申し込み時だけではなく、契約途中でも定期的または抜き打ちに行われています。

この審査では今までの利用履歴を解析し「支払い滞納はないか」「支払いが遅れがちではないか」を洗い出し、審査をしています。

つまり信用度が低い利用者のカードは使用を制限されたり、契約自体を打ち切られてしまう場合もあります。

楽天カードは入会は簡単だが…

数多くあるクレジットカードの中でも楽天カードは入会審査が非常に簡単で、「カードが作りやすい」会社であるといえます。

一方で定期的な審査の頻度が多く、都度審査をされるため「利用停止に陥りやすいカード」とも称されています。

広い間口で多くの契約者を迎えつつ、支払いが滞ったり信用度の低い利用者をふるいにかけている、と考えられます。

対処法は?

突然カードが使えなくなった場合は楽天のカードコンタクトセンターへ電話問い合わせをしてみましょう。

審査基準や理由は開示されませんが、契約がどういう状況になっているかは教えてもらえます。

楽天e-NAVIで入力情報エラーが表示される原因

楽天e-NAVI開始手続き時に、上手く本人確認できないケースがあります。

よくある事例としては「申込内容と入力内容が一致していない」という原因が隠されています。

入力情報エラーでよくある原因

  • 名前の漢字が間違えている(旧姓のままなど)
  • 楽天IDを家族間で共用している
  • 本人名義以外と楽天ID名一致していない

登録時の情報と、現状入力している内容を照らし合わせて相違が無いか今一度確認してみましょう。

氏名の漢字が間違えている

申し込み時の氏名と入力時の氏名に相違があれば当然認証はできません。

またよくある勘違いとして、楽天IDが旧姓のままで登録を変更しておらず、結果として相違が生まれるケースです。

申し込み内容と氏名に違いがないか、しっかり確認しましょう。

楽天ポイントは他の楽天IDに紐づけできない

利用者と同じ名義である必要があるので、あなたが発生させた楽天ポイントを家族の誰かのIDに結びつけて移動させる、ということはできません。

本人名義ではない楽天IDを使って申し込んでいる

家族間でIDを共有していて他の家族の名前でログインを試みているなど、前項と同様に楽天カード申し込み時の氏名と楽天IDの名前が一致しないケースです。

楽天カードの名義と楽天IDの名義は必ず揃えるようにしましょう。

楽天カードアプリでエラーが表示される原因と対処法

楽天カードには利用状況が確認できる専用アプリがリリースされています。

初めて利用開始する際、稀に下記のようなエラーメッセージが表示されることがあります。

ご本人様確認のため、カード裏面に記載のお電話番号へお問い合わせください

このメッセージが表示された場合は、アプリからログインするのではなくブラウザ(Google ChromeやInternet Explorer)から「楽天e-NAVI」から手続きを開始しましょう。

ブラウザからログインできると、アプリからもログインが可能になります。

楽天カードのエラーが改善しないときの対処法

「クレジットカード」という、利用者の資産に直結する重要なツールであるため、エラーが起こっても自力で解決する手段が非常に限られています。

そのため楽天カードでは内容に応じて相談窓口や自動音声ガイダンス、チャットボットを設けているので適宜問い合わせをしてみましょう。

楽天e-NAVIからチャットボットで問い合わせをしてみる

エラーが起こっている理由や原因の予測ができないときは、一先ず楽天e-NAVIに設置されているチャットボットから問い合わせをして対処法を探りましょう。

自動応答でなので時間を気にせず、適した対処法や問い合わせ先を指示してくれます。

チャットボットはここから

自動応答のため、問題解決に至るまでは難しいことがあります。

ただし、適した対処法や連絡先の目途が立つため、ひとまずの問い合わせには役立つでしょう。

チャットボット 問い合わせ先 (24時間対応)

電話窓口から相談する

お金に関するツールでのトラブルは何かと不安が付いて回るものです。

オペレーターと直接話し、問題を伝えることで安心できることもあるでしょう。

問題によって電話番号が異なる

該当する問題を楽天のカードコンタクトセンターから選び、連絡先を確認しましょう。

なお営業時間は9:30~17:30です。

サイト内で、待ち時間や回線の混雑状況もリアルタイムで表示されるので、問い合わせをする際の目安にしてください。

楽天カードはエラーの頻度が高めなので要注意!

画像引用:楽天カード公式サイト

非常にお得で使いやすいクレジットカードである「楽天カード」ですが、「不具合」「決済ができない」問題はよく取り沙汰されます。

楽天カードに限らず、「食事後、カード決済ができずに現金の持ち合わせもない」なんていう最悪な状況を回避するために、他の支払いツールを所有しておいた方が無難なのかもしれません。

楽天市場の買い物がキャンセル出来ない場合の原因や対処法を解説

楽天市場はスピーディーなお買い物ができるため非常に便利ですが、購入後に心変わりや決済方法を誤ったことを理由に「注文キャンセル」をしたくなる場合があります。 今回は楽天市場での注文キャンセルの手順やキャ ...

続きを見る

\\follow//

-楽天
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.