ライブ配信

Upliveの翻訳機能の使い方と翻訳出来ない場合の対処法を解説!

世界中のリスナーに対して情報が発信できるライブ配信サービス「Uplive」。

この記事では、「Uplive」の翻訳機能の使い方や翻訳されない場合の対処法について解説していきます。

Upliveの翻訳機能の特徴

Upliveの翻訳機能の特徴について解説していきます。

様々な言語を貴方の使う言語に翻訳

Upliveはアジア諸国を中心に世界中にユーザーがいます。

こうしたユーザーたちが1つのサービスに集められているため、貴方は様々な国のライバーの配信を聞くことができ、貴方の配信に様々な国籍のユーザーが参加します。

様々な言語を貴方の利用する言語に翻訳したり、貴方がコメントに翻訳機能をかければ相手の言語に翻訳したりすることが可能です。

翻訳が意味不明なこともある

Upliveの翻訳はせっかく翻訳をかけたのに意味が取れないこともあります。

そのため、自分がライバーの立場である場合は身振りを積極的に入れ、参加者が多いリスナーの言語も挨拶、はい、いいえ、くらいは言えると良いでしょう。

テキスト翻訳は1コメントで1ダイヤを消費する

テキスト翻訳は、自分のコメントをライバーの言語に翻訳してくれます。

1コメントで1ダイヤを消費します。

音声翻訳は1分間で3ダイヤを消費する

音声翻訳機能は、ライバーの話している内容を1分3ダイヤ消費して翻訳してくれるというものです。

ダイヤ消費が激しいので利用していないユーザーも多い

Upliveの翻訳機能はダイヤを消費します。

Upliveは比較的ダイヤを無料で稼ぎやすいアプリだと言えますが、毎回の配信で使っているとすぐになくなってしまうため、あまり使わなかったり、どうしても伝えたいことがあったりする時にテキスト翻訳を使うリスナーが多いです。

Upliveの翻訳機能の使い方

Upliveの翻訳機能の使い方について解説していきます。

翻訳機能にかかるダイヤ数と金額

42ダイヤ120円で換算すると、テキスト翻訳と音声翻訳にかかるお金は下記のようになります。

テキスト翻訳(1コメント1ダイヤ):1コメント約2.8円

音声翻訳(1分3ダイヤ):1分約8.6円

翻訳機能の使い方(テキスト翻訳・音声翻訳)

翻訳機能を使えば、様々な国のライブで何を伝えたいのか知ることができます。

翻訳機能の使い方に関しては下記の記事をご覧ください。

【完全版】Uplive(アップライブ)の詳細や評判と使い方を解説!

Upliveの翻訳機能について

Upliveの翻訳機能について詳しく解説していきます。

正確な翻訳機能が望まれる

Upliveの翻訳機能を利用してみたというユーザーの声を聞くと、結局何を言っているのか分からなかったという内容が多いです。

特に、テキスト翻訳より音声翻訳の不正確さが目立ちます。

音声翻訳が難しい理由

  • ライバーの滑舌によって音が上手く入力出来ていない可能性がある
  • 方言やなまりはうまく翻訳出来ない

貴方がライバーの立場である時は身振りや簡単な中国語などを身に付けておく

Upliveは、中国の会社が運営する会社であるため利用者も中国の人が多いです。

そのため、身振りに加えて簡単な挨拶や肯定、否定といった意味合いの中国語を身に付けておき、配信で活用すると良いでしょう。

翻訳出来ない場合の対処法

テキスト翻訳をうまく活用するには

  • 1文1文を短くする
  • 方言やなまりを入れない
  • 略語やスラングなどは入れない
  • 分かりにくいニュアンスはいれない
  • 絵文字などで分かりやすくする

テキスト翻訳機能は機械的なものなので、1文1文を短くすることで、シンプルに翻訳できるようになり内容が分かりやすくなります。

方言やなまり、「○○じゃないんじゃないか」など分かりにくいニュアンスを含まないように書き、嬉しいなら笑顔、悲しいなら泣いている絵文字などを語尾に付けると内容を伝えやすいです。

音声翻訳をうまく活用するには

  • 1フレーズを長くしすぎない
  • 略語やスラングなどは入れない
  • 方言やなまりで話さない
  • はっきり滑舌良く喋る
  • 翻訳サイトを使う

貴方がライバーの立場でリスナーが音声翻訳を活用しやすい環境を作るには、方言やなまりを入れずシンプルにはっきり喋ることが重要と言えるでしょう。

また、アプリやデバイスの挙動がおかしい場合は、Upliveアプリやデバイスの再起動で翻訳機能が使えるようになる可能性が高いです。

翻訳サイトを使う

お勧めの翻訳サービスとしては「DeepL翻訳」を挙げます。

DeepL翻訳は、Google翻訳よりも精度が良く、微妙なニュアンスのある表現も翻訳されることが多いからです。

テキスト翻訳機能を利用せず、相手の言語に合わせて日本語から翻訳した文章をコメントやDMなどで送るようにすればテキスト翻訳は必要ありません。

翻訳サービスを使うメリット

  • 無料で活用できる
  • 様々な言語に対応している
  • DeepL翻訳ならニュアンスまで訳してくれることも
  • テキスト翻訳のお金がかからない
  • ライバーのメッセージも翻訳できる
  • リスナーの言葉も翻訳できる

特にテキスト翻訳の節約が出来るため、ギフトや音声翻訳にお金をかけることができます。

また、無課金で遊びたい場合はダイヤの節約になるでしょう。

DeepL翻訳に関しても、なるべく短文で方言などを含まないように翻訳させると通じやすい翻訳になります。

他に稼げるオススメライブ配信は?

他に稼げるオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

Every.Live

EVERY.LIVEはSTAGE株式会社によって開発された日本のライブ配信サービスです。

Every.Liveの特徴

  • 2021年1月にリリースされたばかり
  • 認証ライバーのみ配信出来る
  • まだ配信者や視聴者が少ない

まだリリースされて間もないライブ配信サービスなので、アプリ内のトップライバーが確率していないため、今からなら初心者であっても人気ライバーになれる可能性があるでしょう。

Every.Liveの魅力!

  • ギフトと時給の2重報酬システム
  • ランクと所属事務所に準じた時給
  • ママライバーには補助あり
  • イベントで稼ぎやすい
  • 事務所によって待遇に差がある

「Every.Live」はリリースされて1年経過していない新しいアプリであるため、ライバーの数が少なくイベントの競争率が低いです。

月間のベリー獲得数に準じランクが設定され、ランクによって貰える時給が異なります。

貰える時給は同じランクであっても所属事務所によって異なり、事務所によっては時給数百円も差が出るケースもあるため、なるべく好待遇の事務所に所属することをおすすめします。

また、ママライバーは条件を満たすとライブの収益に加えて、シングルマザー月2万円、ライバー以外に仕事をしている場合月1万円の補助が貰えるなどママに対するサポートが嬉しいです。

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

LIVE812

「LIVE812」は、リアルタイムで視聴者とのコミュニケーション取るタイプのサービスで、ライバーの年齢層が10代から80代と非常に幅広い珍しいサービスです。

LIVE812の特徴

  • ライブコマース機能
  • 配信にはタレント契約が必要
  • 配信で活躍すれば芸能界デビューの可能性も
  • ギフトのエフェクトが充実
  • 年齢層が幅広い

「LIVE812」を運営している株式会社YAIZOOは、テレビやラジオに出演する劇団員やタレントが所属する芸能関係の会社であるため、芸能関係やプロモーション関連に強いコネを持っている可能性が高いです。

「LIVE812」で活躍していくことで、配信以外の道を拓けたり、配信以外の収入を得たりすることが可能になる可能性もあります。

稼げるの?

  • 視聴者がそれほど多くなくてもギフトが貰いやすい
  • ギフトとライブコマース(商品販売)で稼げる
  • 簡単な手続きで商品販売出来る
  • ハンドメイドやCD販売で稼げる

「LIVE812」の最大の特徴はライブコマース機能で、これは「LIVE812」を通じて商品を販売するシステムです。

配信者が自身の歌を吹き込んだCDやハンドメイド品など自身が制作・開発に携わったものを販売出来るため、この商品が売れれば、ライブ配信中でなくても報酬が増えていくことになります。

ボイコネ

「ボイコネ」は、自分の“声”を使ってライブ配信を楽しんだり、推しボイスへの応援ができるアプリです。

声劇や雑談、歌ってみた配信など楽しみ方は実に様々で、“声”に関するコンテンツが多彩に準備されています。

声での表現力や演技を磨きたい人、声優を目指している人など、声を使った活動に興味がある人なら誰でも配信でき、リスナーからの反応や感触を確かめることができます。

本作の魅力ポイント

  • 声に関する表現に興味があるなら誰でも気軽に配信できる
  • 声劇ライブ・フリートーク・お題回答ボイス・立体音響など、できることは実に様々
  • シナリオライターとしてシナリオをアップロードすることも可能
  • 最大5人で声劇ライブ配信も可能
  • 配信者・リスナーのマナーが良く荒らしが少ない
  • 投げ銭システムもあり

本気で声優を目指す人や声フェチが集うことでジワジワと人気を集めているボイコネは、ライブ配信アプリの中でも利用者のマナーが良いと評判のアプリです。

また、自分が書いたシナリオを他の配信者が読んでくれる機会もあるなど、表現者としてのスキルアップに繋がるコンテンツが多く、同じ夢や目標をもつ利用者たちとのコミュニティ形成にも一役買ってくれる場になっています。

【完全版】Uplive(アップライブ)の詳細や評判と使い方を解説!

アジア諸国を中心にグローバルに展開しているライブ配信アプリ「Uplive」。 エフェクトが豊富、海外のファンが付きやすい、収益化しやすいなどの特徴があるアプリです。 この記事では「Uplive」の評判 ...

続きを見る

\\follow//

-ライブ配信
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.