フリマ

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない場合の原因と対処法について解説

 

 

ヤフオク!で突然メッセージの送信が出来なかったり、質問が投稿出来なくなったりするケースがあります。

この記事では、こうしたヤフオク!のメッセージで送信エラーが発生する原因と対処法について解説していきます。

 

 

 

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない現象が発生

ヤフオクでエラーが発生してメッセージや質問が送信出来ない現象が発生するケースがあります。

こうしたエラーは原因によって複数の種類がありますが、ヤフオク側が原因でエラーが発生する場合は「未知のエラーです」「システムエラーが発生しました。」と表示されることが多いです。

後で一気に反映されるケースも

ヤフオクのエラーでメッセージが送信出来ない、メッセージが反映されないといった現象が発生した時に、複数回メッセージを送信しておくと、後で不具合が解消された時に一気に送信したメッセージすべてが反映されるというケースも珍しくありません。

一気に同じメッセージが複数届くことになってしまうため、エラーが発生した時はメッセージを1度だけ送るのにとどめておきましょう。

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない原因

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない原因は下記の通り。

原因

  • インターネットに繋がっていない
  • 通信環境が極端に悪い
  • 相手が自分のブラックリストに入っている
  • 自分が相手のブラックリストに入っている
  • 取引完了から121日以上経過した
  • 自分の評価が「停止中」である
  • 自分のYahoo!IDが削除された
  • 相手のYahoo!IDが削除された
  • 落札が削除された
  • 繰り上げ落札を拒否した
  • 繰り上げ落札を拒否された
  • 不適切な質問を投稿した
  • ヤフオク側の不具合

通信環境が問題である可能性も

インターネットに繋がっていなかったり、通信環境が極端に悪かったりすると、エラーでメッセージが送れない可能性があります。

インターネット環境を整える方法については下記の記事をご覧ください。

ZOOMで音声が途切れるときの詳細と対処法を解説!

ブラックリストが原因である可能性もある

相手のブラックリストに入っていたり、自分のブラックリストに相手が入っていたりするとメッセージが送れません。

また、以前ヤフオクのアカウントが不正利用され、問題のある出品などを行っていたことが原因で相手にブラックリストに追加されているなどの経歴があると、IPアドレスによって関連付けられた新規アカウントも弾かれる可能性があります。

自身のブラックリストに相手を入れていることが原因であれば、それを外せばメッセージが送れるようになりますが、相手のブラックリストに入ってしまっている場合は対処のしようがありません。

取引完了から121日以上が経過した

ヤフオクの取引ナビは、取引終了から120日間使い続けることが出来ます。

ただし、取引終了から121日を過ぎると取引ナビが削除され、メッセージのやり取りが出来なくなってしまいます。

また、メッセージの履歴なども閲覧出来なくなるため注意が必要です。

ヤフオクのやり取り期間

ヤフオクは120日間なのに対し、メルカリは取引終了から2週間、ラクマは1週間でメッセージのやり取りが出来なくなることを考えると、ヤフオクは他サービスと比較して非常に長い期間やり取りが可能なサービスとなっています。

投稿数の制限を超過した

取引ナビは、各ユーザー15回ずつまでの投稿制限があります。

出品制限中である

ヤフオク!ヘルプ

ヤフオクの利用で問題が発生すると、出品制限のペナルティを受けることになります。

出品制限よりさらに重いものに「停止」があり、さらに重いものに「登録削除」があり、ペナルティの重さも順番通りとなっています。

出品制限される原因

  • 出品してはいけないものを出品した(転売目的のチケットなど)
  • 著作権を侵害している商品
  • 第三者による不正利用
  • 通報された
  • 他のサービスと併売していると判断されたケース
  • 出品物とは無関係の検索キーワードを記載
  • 利用回数が少ない状態で高額商品を大量に出品した
  • 出品数がいきなり増加した

出品制限中は、出品中のオークションは全て取り消しされ、再出品したい際は制限解除後に再度出品手続きをする必要があるでしょう。

出品中に出品制限になった場合、自分の出品した商品に対するメッセージのやり取りが出来なくなる可能性が高いです。

出品制限は、停止中とは異なり、購入者側の作業は行えます。

つまり、自身が購入する側であれば出品者に対して質問や入札などの作業も行うことが可能です。

自分の評価が停止中である

出品制限より重い処分が停止中というペナルティです。

停止で使えなくなる機能

  • 出品
  • 入札
  • 取引相手への評価
  • 取引ナビへの投稿(閲覧は可)
  • ウォッチリストへの追加
  • 落札者の削除
  • 出品者への質問

停止中では、出品側はもちろん落札者側としての作業も行えません。

そのため、自身が出品してメッセージのやり取りを行うことはもちろん、出品者に対してメッセージを送ったり、質問を送ったりすることも出来なくなります。

自分や相手のYahoo!IDが削除された

停止中よりさらに重いペナルティが登録削除です。

登録削除されると、ログインが必要な機能すべてが利用出来なくなり、同じIDでの再登録や利用再開も出来なくなってしまいます。

自身のアカウントが登録削除されると、メッセージを送ることは出来なくなります。

また、相手のアカウントが登録削除されると、メッセージの受取り手がいなくなりメッセージを送信出来なくなるでしょう。

落札が削除された、繰り上げ落札を拒否した、繰り上げ落札を拒否された

ヤフオク!ヘルプ

自身が出品者の場合、落札者と削除した、繰り上げ落札を拒否した場合に取引ナビにメッセージ投稿出来なくなります。

自身が落札者の場合、出品者に落札を削除された、繰り上げ落札に同意しない、繰り上げ落札を拒否したケースでメッセージ投稿出来なくなります。

ヤフオクの不具合である可能性も

これまでの原因に当て嵌まっておらずメッセージが送れない場合は、ヤフオクの不具合である可能性が高いです。

ヤフオク側の不具合である場合、サービス側が問題を修正するまで待つ必要があるでしょう。

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない場合の対処法

ヤフオクのエラーでメッセージ送信出来ない場合の対処法について解説していきます。

ブラウザ版は使える可能性が高い

アプリ版のヤフオクで不具合が発生している場合でも、ブラウザ版でなら不具合もなく使える可能性が高いです。

特にメッセージのエラーに関してはブラウザ版では発生しないといったケースも多いため、ブラウザ版で試してみることをおすすめします。

出品制限・利用停止の解除依頼

出品制限や利用停止のペナルティが課せられたら、不服申し立てをすることが出来ます。

解除依頼をするには、出品制限・利用停止の解除依頼フォームお問い合わせから可能です。

登録削除された時に新規でIDを作成する場合の注意点

ヤフオクで利用停止や出品制限を解除しても何度も利用停止や出品制限を繰り返したり、登録削除されてしまったりした場合は、新規でアカウントを作成するしか手段はありません。

ただし、新規アカウントを作成する際にいくつか注意しなくてはいけないことがあり、これを守らないと、停止・削除されたアカウントを紐づけされてしまいすぐに削除されてしまいます。

削除されないよう注意すること

  • 名前や住所、銀行口座などの登録情報を別のものにする
  • キャッシュデータを削除しておく
  • IPアドレスを同じにしない(同じデバイスで登録しない)
  • 同じ出品物や説明文の使いまわしなどをしない

ブラックリストから外す

ブラックリストから外すには、マイオクからその他の設定をクリックしてください。

ブラックリストの「ブラックリストに登録されているYahoo!JAPAN IDの一覧」から外したいユーザーのIDにチェックを入れブラックリストから削除をクリックします。

ブラックリストから削除されました。

不適切な質問は表示されない

ヤフオク公式によると、質問欄への掲載がふさわしくない質問とシステムが判断すると、投稿内容は出品者に表示されないようになっています。

障害・不具合申告フォームに連絡する

ヤフオクでメッセージが送信出来ないエラーが発生し、これまで解説してきた対処法で改善が見込めない場合は、障害・不具合申告フォームへの申請をおすすめします。

障害・不具合申告フォームへアクセスしたら、お問い合わせをクリックすれば問い合わせページにアクセス可能です。

【完全版】PayPayフリマとメルカリを徹底比較!どちらがおすすめか検証!

フリマアプリは高くて手に入れられないものなどを安くゲットすることができるのでお財布にとって優しいアプリです。 フリマアプリで有名なのはやはり「メルカリ」ですが、最近になって決済アプリPayPayがフリ ...

続きを見る

\\follow//

-フリマ
-, , , , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.