zoom

Zoomでミーティングを録画する方法!有料・無料何が違う?

 

 

Zoomは多くの人と通話や画面共有ができるソフト・アプリです。それ以外にも、ミーティングの内容を録画する機能も無料で利用できます。

そこで、今回はZoomのミーティング内容を録画する方法を詳しく紹介します。

 

 

 

 

 

有料会員・無料会員の機能の違い(レコーディング)

Zoomのレコーディングは無料機能でも問題なくパソコン上に保存できます。

ですが、有料会員になるとクラウド上に保存することも可能です。

有料会員

  • クラウドレコーディングが可能
  • ミーティングの録画内容(保存データ)はブラウザ上で確認可能
  • URLで動画共有が可能
  • クラウド上で1GBまで記録可能

上記のように有料会員になると録画に関して様々な機能が利用できますが、クラウド上では1GBまでしか保存できません。

たくさんのミーティング内容を保存するとなると1GBでは容量が足りないので、パソコン(ローカル)への保存がおすすめです。

ミーティングを行っていて、クラウド上の容量が少なくなった場合には、途中で録画が終わってしまうので注意しましょう。

ZOOMの詳しい使い方に関しては下記をご覧下さい。

【2020年最新版】ZOOM Cloud Meetingsの使い方を解説!

Zoomで録画して保存先も決める方法

Zoomでは「ローカルレコーディング(無料)」「クラウドレコーディング(有料)」2種類のレコーディング方法があるので、それぞれの操作方法をご紹介します。

自分のパソコンに保存

自分のパソコンに保存する場合(ローカルレコーディング)はまず、パソコンのどこに保存するか設定していきましょう。

Zoomを開き、右上にある「歯車マーク」をクリック。

左にメニューが表示されるので「レコーディングしています」をクリック。

ローカル録音設定場所が表示されるので、右側にある「変更」をクリック。

フォルダー一覧が表示されるので、保存したいフォルダを選び「OK」をクリック。

その後、Zoomのトップから「新規ミーティング」をクリック。

ミーティングが開始されると下に、「レコーディング」というメニューがあるのでクリック。

無事に録画が始まると、左上に「レコーディングしています」と表示されます。

ここに表示される「一時停止/停止」マークをクリックしても録画を止めることが可能です。

また、下のメニューに表示される「一時停止/停止」をクリックしても止めることが可能です。

録画を停止すると、右上に「ミーティングが終了すると、レコーディングファイルはmp4に変換されます」と表示されます。

実際にミーティングを終了させると、上の画面のように録画内容の変換が開始されます。

変換が終わると、上の画面のように保存されてファイルが表示されるので、再生で確認することが可能です。

クラウド上に保存

クラウドレコーディング(有料)にミーティング内容を録画保存したい場合は、まずZoomの「新規ミーティング」をクリック。

ミーティング開始後に下に表示されるメニューから「Record(レコーディング)」横にある「△」をクリック。

「Record to the Cloud(クラウドレコーディング)」をクリックします。

レコーディングが始まると、左上に「レコーディングしています」と表示されます。

「レコーディングしています」の右横にある「一時停止/停止」で録画を止めることができます。

また、下のメニューの「一時停止/停止」からでも停止が可能です。

録画が終了すると、保存完了メールがZoomに登録してあるメールアドレスに届きます。

メールにはURLが記載されており、クリックすることで、ミーティングの録画内容を確認することが可能です。

録画完了メールにあるURLを他の人に教えることで簡単に共有することもできます。

録画の許可を参加者に与える方法

Zoomではホストが参加者にレコーディングの許可/禁止の権限を与えることが可能です。

ミーティングの最中に参加者画面上で右クリックをするとメニューが表示されます。

その中から「レコーディングの許可」をクリック。

そうすると、参加者側に「レコーディングの許可メッセージ」が表示されます。

ちなみに許可した後、再度参加者の画面を右クリックしてメニューを開き、「レコーディングの禁止」に変更することも可能です。

「レコーディングの禁止」をクリックすると、参加者には「レコーディングを許可していません」と表示されます。

1人1人にしか許可を出すことができないので、全員に許可した状態からミーティングを開始することはできません。

マイミーティング

マイミーティングとは?

マイミーティングとは、ミーティング開始と同時に録画が開始される機能

マイミーティングを設定するにはZoomを開き、右上にある「アイコン」をクリック。

表示されるメニューから「自分のプロファイル」をクリック。

そうすると、Zoomの管理画面(ブラウザ)に移動します。

左側にメニューが表示されるので、「記録」をクリック。

右端に「設定」が表示されるのでクリック。

「自動記録」という部分をクリックしてオンにしましょう。

これで、ミーティングが始まると自動的に録画が開始されます。

自動で記録されたミーティングの録画内容はパソコンに保存されます。

録画したデータを再生する方法

録画したデータはZoomから簡単に探し出すことが可能です。

「ローカルレコーディング」「クラウドレコーディング」どちらの方法もご紹介します。

自分のパソコンへ保存したデータを再生する方法

Zoomのアプリを開くと上部メニューに「ミーティング」があるのでクリック。

左側に録画したミーティングのタイトルや日付が表示されるので、再生したい録画内容をクリックしてください。

右側に先ほどクリックした再生したいミーティング内容が表示されるので、「再生」もしくは「オーディオのみの再生」をクリックしましょう。

そうすることで、パソコンに録画したミーティング内容を確認することができます。

クラウド上に録画したデータを再生する方法

クラウドレコーディングの内容を確認したい場合は、まずZoomの右上にある「アイコン」をクリック。

メニューが表示されるので「自分のプロファイル」をクリック。

Zoomの管理画面(ブラウザ)に移動するので、左側のメニューから「記録」をクリック。

クラウドレコーディングで保存された録画内容がある場合には、上の画面に録画内容が表示されます。

録画した内容を共有する方法

クラウドレコーディングの場合はURLを教えるだけで共有することができますが、ローカルレコーディングに関してはファイルを共有するしか方法がありません。

まず、「新規ミーティング」をクリック。

ミーティング開始後に、下メニューから「チャット」をクリック。

そうすると、右側にチャット欄が表示されるので「ファイル」をクリック。

メニューから「コンピュータ」をクリック。

パソコンに保存されているZoomのミーティング録画内容を選び、「開く」をクリック。

そうすると、上の画像のようにチャット内にファイルが共有されます。

Zoomの録画を勝手にするとバレるのか?

Zoomで録画を始めると、参加者には上の画像のように「レコーディングしています」と左上に表示されます。

ですので、録画していることはバレます。

録画する場合は、参加者に許可をとってから録画することをおすすめします。

ちなみに、録画の同意を求める設定があるので、ぜひ試してみてください。

設定するにはまず、Zoomの右上の「アイコン」をクリック。

メニューが表示されるので「自分のプロファイル」をクリック。

Zoomの管理画面(ブラウザ)に移動するので、左のメニューから「記録」をクリック。

右側に表示される「設定」をクリック。

設定の項目に「レコーディングの同意」があるので設定をオンにしましょう。

ホストがミーティングを開始すると、参加者には上の画像のように録画の同意画面が表示されます。

録画されたくない場合は「退出」、録画されても大丈夫な場合は「続行」をクリックしてください。

【完全版】ZOOMバーチャル背景の設定方法や背景が変わらない場合の対処法を徹底解説(素材も有り)

Zoomはズームビデオコミュニケーションズ が提供するWeb会議サービスです。 Zoomでは自分が映っている背景をバーチャル背景で置き換えてプライベートを保護する機能があります。今回はバーチャル背景の ...

続きを見る

\\follow//

-zoom
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.