動画編集

韓国で中華美人になれるFacePlayが大流行!詳細や使い方のご紹介

現在韓国では、中華美人になれると噂のFacePlayという動画合成アプリが大流行しています。

今回はFacePlayの詳細や、使い方についてご紹介していきます。

韓国で人気のFacePlayとは

FacePlayは運営側で用意されたテンプレート動画と、自分の顔写真との合成を行うことができる動画作成アプリです。

テンプレートで利用されている人物の顔部分に自分の写真を合成することで、いつもと雰囲気が違う自分の顔つきの合成動画を作成することができます。

FacePlayとは

・自分の顔写真とテンプレート動画の人物の顔を合成することができる合成アプリ

・中華風や韓国風など、様々な世界観のテンプレート動画と合成を行うことができる

自分の顔とテンプレートを合成させた動画の作成ができる

FacePlayでは、完全な自分の顔をテンプレート動画に出演している人物の顔部分に当てはめる事はできません。

一方でテンプレート動画に出演している人物の顔と自分の顔を合成する事で、中華系や韓国系の顔風に自分の顔を合成することができます。

またテンプレートで用意されている動画の中には、中華風の衣装やアジア系の民族衣装のを着て動いている動画があります。

普段着る機会のないファッションとともに、合成された自分の顔での動画を簡単に作成することができます。

好きなテンプレートを選ぶだけなので、簡単

FacePlayの使い方は、テンプレートを選んで合成したい自分の顔写真を撮影orアップロードすれば完了です。

動画制作に必要な細かい知識や作業などの必要がないため、手軽に合成動画を作成したいという方におすすめのアプリとなっています。

実際の作成例

実際に左側の女性の画像を利用して、右側のテンプレートに当てはめてみると、下記のような動画が出来上がりました。

左側の女性の顔が元々のテンプレートの動画の女性と合成される事で、中華系の顔になりました。

FacePlayの使い方

FacePlayの使い方としては、FacePlayを起動してGet Statedをタップします。

初回起動時にはデフォルトで利用できる顔写真の撮影が始まります。

自分の顔を白い点線の中におさまるように調整して、をタップしてください。

初回の写真撮影が終われば、テンプレートを選ぶ画面に進みます。

自分の顔写真と合成を行いたいテンプレートを選択してください。

Start Makingをタップすれば自動的に合成を行います。

合成に利用したい写真を追加したい場合には、左下の+をタップします。

インカメラで撮影したい場合にはカメラをタップしてください。

写真撮影が開始されるので、白い点線マークに自分の顔がおさまるように調整して、をタップしてください。

端末に保存している写真を利用したい場合には、アルバムから選択をタップします。

端末内のカメラロールが表示されるので、利用したい写真を選択します。

選択した写真が表示されれば、Confirm→をタップするとテンプレートを選択した後の画面に戻ることができます。

合成が完了した動画に関しては、端末への保存やSNSにシェアすることができます。

端末に保存したい場合には、左下の保存をタップすれば完了です。

インスタへのシェアを行いたい場合には、インスタのアイコンをタップすればインスタの投稿画面に移動します。

こちらで画面の手順に沿って投稿を行ってください。

Twitterに投稿したい場合には、右にスライドしてその他をタップします。

デフォルトで表示されていたSNS以外の共有先を選ぶことができるので、こちらでTwitterをタップすればTwitterの投稿画面に移動します。

こちらで画面の手順に沿って投稿を行ってください。

FacePlayでアレンジ加工はできる?

FacePlayでは簡単に合成動画を作成できるというメリットがある一方で、アプリ内でのアレンジ加工はできない仕組みになっています。

自由度はかなり低い

FacePlayを利用して選択する事ができるのは、下記の2要素のみとなっています。

選択できる要素

・テンプレートの選択

・合成する顔写真の選択

そのため他の動画作成アプリのように、彩度やコントラストの調整などができないという点に注意してください。

微調整を行いたい場合には、一度FacePlayで作成した動画を端末に保存してから、他の動画編集アプリで調整するという方法もあります。

おすすめの動画アプリに関しては関連記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

【最新版】InShotの使い方(動画・フォト・コラージュ)すべて解説!

カメラ加工アプリで撮った写真を使うことがおすすめ

FacePlayでインカメラを利用して顔写真を撮影する場合には、無加工のカメラで写真を撮る必要があります。

無加工カメラで撮った写真で合成を行い、イメージと違うと感じた場合には、一度自分の顔をSNOWやUlikeなどのカメラ加工アプリで撮影してからアップして合成するという方法もおすすめです。

メイクをしてから写真を撮る

加工アプリを利用して撮った写真を使うのが手間な場合には、メイクをした画像を利用するだけでも雰囲気が少し華やかになります。

動画の雰囲気を華やかにしたい場合には、メイクをした後に写真を撮って利用してみることもおすすめです。

光の当たり具合や、顔の表情を変えてみる

直接写真を撮影して合成動画を作成する際に、雰囲気が暗く感じてしまう場合や合成動画の顔に納得できない場合は、撮影時の光の当たり具合表情を変えてみることもおすすめです。

できるだけ顔に直接光が当たる位置で写真を撮ることや、表情を明るくすることで、写真の雰囲気が華やかになります。

逆にクールなイメージの動画を作成する場合には、口角を下げた表情で撮ってみることで少し雰囲気が変わる可能性があります。

FacePlayを利用する場合の注意点

FacePlayは無課金で誰でも簡単に利用することができますが、自由度が低い点や無料で利用できるテンプレートの種類が少ないというデメリットがあります。

アプリ内写真は無加工

FacePlayのカメラ機能で利用するカメラは、デフォルトの端末のインカメラとなります。

そのため顔写真の加工や外カメラを利用することができないという点に注意してください。

外カメラで撮った写真を利用したい場合には、一度端末のカメラ機能や加工アプリで写真を撮影してから、FacePlayに写真をアップして利用することをおすすめします。

ダイヤマークのテンプレートはサブスクリプション契約が必要

FacePlayを利用する場合には、初回利用時にアカウント登録などの必要がありません。

一方で左上にダイヤマークがついているテンプレートに関しては、サブスクリプション契約を行っているユーザーのみ利用することができます。

サブスクリプション料金

1週間:280円

1年間:2,600円

もし長期間FacePlayを利用する場合には、1年間のサブスクリプション契約を行う方がお得になります。

有料ユーザー向けのテンプレートを利用したい場合には、使用したい期間にあわせてサブスクリプション契約を行うことをおすすめします。

画像を立体風の動画にできるアプリと編集方法を解説!

現在SNS上では写真を3D風の動画に編集した投稿が人気を集めています。 今回はCapCutを利用して写真を3D風の動画に編集する方法と、3D風の写真を撮りたい場合におすすめの他のアプリもご紹介していき ...

続きを見る

オススメの今流行りの動画編集アプリを紹介

オススメの今流行りの動画編集アプリを紹介していきます!

VITA

VITAはSNOWをリリースしている会社が出している動画編集アプリ。


VITAの特徴

  • 簡単で感覚的に操作できる
  • テンプレに自分の動画を入れられる
  • フィルターやエフェクトが豊富
  • 音楽や効果音も使える
  • 倍速、逆再生機能もある
  • 世界で2000万ダウンロード

VITAは動画の縦横の比率を変えたり、テキストの挿入やエフェクトなど他の動画編集サービスで出来る基本的な機能に加え、テンプレ、フィルター、音楽などを無料でかけたりすることも可能です。

特にテンプレを利用することで、動画編集初心者であっても、適当に撮影した動画を簡単でかなりお洒落な動画に変身させることが出来ます。

VITAのお得情報やメリット

  • 他のサービスで有料で出来るような機能が無料で利用できる
  • 簡単にお洒落な動画が作成できる
  • すべての機能が無料で利用可
  • テンプレで組み合わせるだけで作成できる
  • 動画の合成も出来る
  • 利用者が多く使い方なども検索しやすい

VITAはSNOWを制作している会社がリリースしているだけあって、痒いところに手が届くアプリで、基本的な機能はもちろん、他にはないような機能も備えています。

多機能であるにも関わらず追加料金など一切なしで全ての機能が完全無料で使えるため、TicTokなどの動画サイトへの投稿の際に利用のしたいユーザーにもおすすめです。

\\follow//

-動画編集
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.