google

Googleアプリの「繰り返し停止しています」というエラーの詳細と対処法を解説!

Googleアプリを使っていると「○○は繰り返し停止しています」というエラーが発生することがあります。

この記事では、Googleアプリで発生する「繰り返し停止しています」というエラーの原因と対処法について解説していきます。

Googleアプリで「繰り返し停止しています」エラーが起きたときの原因

Androidスマホを利用していて、「繰り返し停止しています」という表示が出る原因は下記の通りです。

問題のあるところ原因
開発者設定開発者設定に問題がある
アプリに問題があるアプリがAndroidに適応していない
アプリがキャッシュやデータで重い
他のアプリの問題
アプリがSDカードに入っている

Googleアプリで「繰り返し停止しています」エラーが起きたときの対処法

Google マップヘルプ

Googleアプリで「繰り返し停止しています」というエラーが発生したときの対処法について解説していきます。

なお、LINEモバイルを使っていて、インターネットが繋がらない場合は下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

LINEモバイルが突然SIMエラーになった場合の詳細と対処法を解説!

インストールしている無効のアプリを全て有効に

他のアプリが無効状態になっていることが原因で、「繰り返し停止しています」エラーが発生している可能性があります。

これが原因の場合は、最初からインストールされているアプリで無効になっているものがあったら、有効にすれば解決します。

アプリを有効にするには、まず「設定」をタップしてください。

「アプリと通知」を選択しましょう。

有効にしたいアプリをタップします。

こちらの画面は「無効」状態です。

「有効にする」をタップしてください。

有効状態になりました。

全てのアプリをアップデート

他のアプリが原因となっている場合は、インストールしているすべてのアプリをアップデートすることで解決することも。

全てのアプリをアップデートするには、Google Playの「メニュー」をタップします。

メニューから「マイアプリ&ゲーム」をタップ。

「すべて更新」をタップすれば、インストールしている全てのアプリがアップデートされます。

セーフモードで問題のアプリを探して対処

他のアプリに問題がある場合、セーフモードで問題のアプリを探して削除やグレードダウンすることで問題が解決することもあります。

スマホをセーフモード状態にするには、本体右にあるボタンを長押しすることでメニューを出します。

このメニューの中にある「電源を切る」をロングタップしてください。

「OK」をタップしましょう。

セーフモードになりました。

これで起動してみて、アプリにエラーが発生するか確認してみます。

エラーが発生しない場合は、他のアプリに問題がある可能性が高いです。

ココがポイント

もし、セーフモードの状態でエラーが発生する場合は、アプリの問題ではない可能性が高いです。

他の対処法を試してみてください。

セーフモードを解除してください。

解除するには、端末本体にあるボタンを長押ししてメニューを表示させ、「再起動」をタップしましょう。

解除されたら、最近インストールしたアプリを1つずつ削除またはダウングレードします。

1つ削除するたびに再起動を行い、問題が解決したかチェックしてください。

削除したアプリを再インストールしたいときは、Google Playを起動します。

「マイアプリ&ゲーム」をタップ。

「ライブラリ」からアンインストール済みのアプリやチェックしたアプリがインストール可能です。

削除

アプリを削除したいときは「設定」をタップ。

「アプリと通知」を選択してください。

削除したいアプリをタップ。

「アンインストール」をタップすることで削除することができます。

バックアップ後にダウングレード

アプリのバックアップを取ったら、削除ではなくダウングレードをしても良いでしょう。

ダウングレードは、Google Playを起動して「メニュー」をタップします。

「マイアプリ&ゲーム」をタップ。

ダウングレードしたいアプリをタップしてください。

「メニュー」をタップ。

本来であれば「更新データの削除」「アップデートのアンインストール」を表示されるので、これをタップしてください。

後は確認画面でOKするだけです。

開発向けオプションの見直し(オフにしたくない場合)

開発向けオプションに問題があるかもしれないけれど、開発向けオプションをオフにはしたくないというときは、設定を見直すと良いでしょう。

下記の3つのオプションを記述の通りに変更(機種により表示に差異がある可能性も)します。

  1. 外部ストレージへのアプリの書き込み許可をオフ
  2. バックグラウンドプロセスの上限を「標準の上限」に
  3. USBデバッグをオフ

開発向けオプションにアクセスするために、まず「設定」をタップします。

「システム」をタップ。

「詳細設定」をタップしてください。

「開発向けオプション」を選択しましょう。

「外部ストレージへのアプリの書き込みを許可」をオフにします。

「バックグラウンドプロセスの上限」を「標準の上限」に変更してください。

「USBデバッグ」をオフにすればOKです。

ココがポイント

開発向けオプションを表示する方法については【開発者向けオプションをオフ】に記載しています。

アプリのキャッシュを削除

アプリのキャッシュが重いために、そのアプリで「繰り返し停止しています」というエラーが発生している可能性も。

これが原因の場合は、エラーが発生しているアプリのキャッシュを削除することで解決する可能性が高いです。

アプリのキャッシュを削除するには、まず「設定」をタップしてください。

「アプリと通知」をタップ。

エラーが発生しているアプリを選択しましょう。

「ストレージ」を選択。

「キャッシュを削除」をタップすればOKです。

開発者向けオプションをオフ

開発向けオプションに問題があるのであれば、開発向けオプションをオフにすることで解決する可能性があります。

開発者向けオプションをオフにするには、「設定」をタップしてください。

「システム」をタップします。

「端末情報」をタップ。

「ビルド番号」を何度もタップします。

表示が出たら「システム」まで戻ってください。

「詳細設定」をタップします。

「開発者向けオプション」をタップ。

赤枠部分をタップし、OFF状態にすればOKです。

端末情報の確認(対応しているか)

「繰り返し停止しています」というエラーを起こしているアプリが端末の動作環境ではない可能性があります。

そのアプリの動作環境の確認をしてみて、自分の端末のOSが動作環境か確認してみてください。

動作環境でなかった場合は、OSのアップデートを行うと良いでしょう。

ココがポイント

動作環境は、アプリの公式サイトで調べることができます。

また、ブラウザを使って「アプリ名 動作環境」と検索することで表示されることが多いです。

アプリのデータを削除

アプリがデータで重くなっていることが原因でエラーが発生している可能性も。

このケースでは、エラーが発生するアプリのデータを削除することで解決します。

アプリのデータを削除するには、「設定」をタップしてください。

「アプリと通知」をタップ。

エラーが発生しているアプリをタップします。

「ストレージ」をタップ。

「データを削除」をタップすればOKです。

アプリを内部ストレージに戻す

アプリをSDカードなど外部ストレージに保存しているとき、そのアプリにこのエラーが発生する可能性があります。

外部ストレージに保存していることでこのエラーが発生する場合は、内部ストレージに戻せば問題は解決します。

「スマートクリーナー」機能をオフ(Android)

Androidに始めから入っている「スマートクリーナー」というアプリがあります。

このアプリとの相性が悪いために「繰り返し停止しています」というエラーが発生している可能性も。

もし、「スマートクリーナ―」が問題なら、このアプリを強制終了すればOKです。

「スマートクリーナー」を強制終了するには、「設定」をタップしてください。

「アプリと通知」を選択します。

検索窓に「スマートクリーナー」と入力し、表示された「スマートクリーナー」をタップしましょう。

「強制終了」をタップすればOKです。

Googleで検索したら落ちるときの詳細と対処法を解説!

Chromeアプリで検索したら落ちてしまうエラーが発生しているユーザーが多発しています。 この記事では、Google検索をすると落ちる原因と対処法について解説していきます。 Contents1 Goo ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.