google

GoogleフォームでInternal Errorが発生する原因と対処法を解説

Googleフォーム

アンケートや参加の可否などの質問などを作成し、オンライン上で集められるサービス「Googleフォーム」。

この記事では、Googleフォームでアンケートに参加しようとURLをクリックすると、Internal Errorが発生しアクセス出来ない場合の原因と対処法について解説していきます。

GoogleフォームでInternal Errorが発生

Googleフォームを使ったアンケートなどに参加しようとURLをクリックするとInternal Errorが発生してアクセス出来ないケースがあります。

この不具合は、Googleフォーム側の不具合であるケースと、短縮URL側のサービスが原因であるケースがあります。

もし、クリックしたURLが通常のURL(「forms.gle」から始まらない)であったり、「Google Workspaceステータスダッシュボード」で不具合が発生していることが確認出来たりしたら、Googleフォーム側の不具合である可能性が高いです。

短縮URLでエラーが発生する

Googleフォームでは「forms.gle」から始まる短縮URLを利用することが出来ます。

Googleフォームでアンケートを作成した際に表示されるURLをSNSやウェブサイトなどに貼り付けることで、多くの人にアンケートに参加して貰うことが可能です。

この貼られたURLが「URLを短縮」をチェックして作成された短縮URLである場合にこのサービスに不具合が発生すると、このURLから参加しようとした参加者にInternal Errorが発生するようになります。

GoogleフォームでInternal Errorが発生する原因

GoogleフォームでInternal Errorが発生する原因は下記の通り。

原因

  • Googleフォームの不具合
  • 短縮URLに問題が発生している
  • ブラウザの問題
  • アドオン(拡張機能)の問題

サービス側の不具合である可能性

Googleフォーム側の不具合でInternal Errorが発生してアクセス出来ないケースもあります。

また、Googleフォームは問題なく動いている状態にも関わらず、短縮URLに問題が発生していることが原因でInternal Errorというエラーが発生しアクセス出来ないケースも存在します。

前者は基本的に運営が問題を解決するまで時間を置くしかありませんが、後者は短縮URLに問題が発生しているため、通常のURLを利用すれば問題なくアクセス可能です。

GoogleフォームでInternal Errorが発生する場合の対処法

GoogleフォームでInternal Errorが発生する場合の対処法について解説していきます。

Google Workspaceステータスダッシュボードをチェックする

Google Workspaceステータスダッシュボード」というサイトでは、Google Workspaceに含まれるサービスのステータス(状況)がチェック出来ます。

このGoogle Workspaceには、Googleフォームも含まれるため、Googleフォームそのものの不具合が発生すればこのサイトから確認することが可能です。

ただし、Googleフォームは問題なく動いていても短縮URLに問題が発生しているケースもあり、こうしたケースでは短縮URLを使用せず通常のURLからアクセスすることで問題なくアクセス出来ます。

アンケート作成者は通常のリンクを共有する

Googleフォームの出欠確認などアンケートの作成者は、Googleフォームからアンケートを作成することが出来ます。

Googleフォームにアクセスしたら、Googleフォームを使ってみるを選択し新しいフォームを作成から形式を選択してください。

アンケートが作成出来たら送信アイコンを選択します。

この後、リンクタブからリンクの設定やリンクのコピーなどが行え、この画面に表示されているリンクをウェブサイトやSNSなどに貼り付けて共有することでアンケートに参加して貰うことが可能です。

ただし、この時に「URLを短縮」をタップして、その短縮URLだけをSNSやウェブサイトなどで共有することは大きな問題となるケースがあります。

というのも、GoogleフォームでInternal Errorが発生するのは、この短縮URLからフォームにアクセスした例が多いため、短縮URLだけを共有することでGoogleフォームに不具合が発生した際にアクセス出来なくなるケースが多いためです。

URLを共有する際に

  • 短縮URLと通常のURL両方を共有する
  • 通常のURLのみ共有する

つまり、GoogleフォームにおけるInternal Errorを回避するためには、上記2つから共有方法を選ぶことをおすすめします。

こちらは必ず共有する

URLを短縮のチェックの有無でリンクの種類を切り替えたらコピーを押せばコピー出来ます。

後は、ウェブサイトなどに貼り付けて共有を行ってください。

短縮URLを使わず通常のURLから開く

短縮URL(forms.gleから始まる)

貼り付けるとhttps://は省略される

通常のURL

Googleフォームを使ったアンケートがあった時に短縮URLと通常URLの両方が公開されている場合で、短縮URLからアクセスした際にInternal Errorが発生したケースでは、一度ページを戻って通常のURLからアクセスすれば問題なくGoogleフォームのアンケートが開ける可能性があります。

ただし、これは短縮URLと通常のURLの両方が公開されている場合にのみ使える方法です(通常のURLのみ公開しているケースでInternal Errorが発生した場合はGoogleフォームそのものに障害が発生している可能性があります)。

ちなみに、通常のURLを短縮URLにして共通点などを見てみたところ、文字の並びに少なくとも一見して共通点など見つからなかったため、短縮URLから通常のURLを割り出すのは難しいでしょう。

なお、短縮URLは、「forms.gle」から始まるものを言います。

別のブラウザを使ってみる

Google由来の原因でないケースでGoogleフォームでInternal Errorが発生する場合は、使用しているブラウザに問題がある可能性があります。

別のブラウザから再度試してみることをおすすめします。

シークレットモードを使う

ブラウザそのものではなくブラウザに導入している拡張機能(アドオン)が原因で不具合が発生しているケースもあります。

シークレットモードを使って問題なくGoogleフォームにアクセス出来るようなら、導入しているアドオンが原因である可能性が非常に高いです。

問題のある拡張機能を見つけて停止または削除する

シークレットモードで拡張機能(アドオン)に問題があることが分かったら、根本的な解決策として問題のあるアドオンを探して無効または削除することが挙げられます。

問題のあるアドオンを特定する方法としては、一つずつ拡張機能を無効にしてGoogleフォームにアクセス出来るか試し、Googleフォームにアクセス出来るようになったタイミングで無効化したアドオンを探し出すようにしましょう。

問題のあるアドオンを探せたら、その拡張機能を無効または削除するようにします。

アドオンの無効化・削除方法については下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

Chrome(クローム) 拡張機能を削除する手順に関して解説!

Google回答フォームで「このURLは有効ではありません」が表示されたときの対処法

引用:【公式】google googleの回答フォームはイベントの参加可否や投票・情報の収集など様々な情報を多くの人から一気に集めることができるので、便利なサービスです。 しかし、この回答フォームを利 ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.