インスタ

インスタで送れないDMのバグの原因と対処法を解説

インスタでDM(ダイレクトメッセージ)が送れない問題が発生した時、大きく分けてインスタの不具合と設定、相手の年齢が原因であるケースがあります。

この記事では、インスタのDMが送れないバグの詳細と原因・対処法について解説していきます。

インスタでDMが送れないバグが発生

インスタでDMが送れないバグが発生しています。

インスタでDMを送ろうとすると送信中がずっと表示されて送信できません。

インスタで送れないDMのバグの原因

インスタで送れないDMのバグの原因は下記の通りです。

注意

  • 相手の制限に入っている
  • ブロックされている、ブロックしている
  • 生年月日を入力していない
  • 相手が13歳~16歳である
  • 通信環境が悪い
  • インスタの不具合

インスタで送れないDMのバグが発生する場合の対処法

インスタで送れないDMのバグが発生する場合の対処法を解説していきます。

相手の制限対象に入っている場合は1週間待って送ってみる

インスタには、フォロワー以外や最近のフォロワー(先週フォローを始めた相手のこと)からのDMやコメントを一時的に制限する機能があります。

その設定の制限する期間がデフォルトだと1週間であること、1週間以上経過すると最近のフォロワーから外れるという2つの理由で1週間待つとDMが送れる可能性があります。

また、不具合やブロック関係なくDMが送れないという報告があったら、自身の設定も弄ってみると良いでしょう。

プロフィールタブからメニューアイコンを選択し、設定をタップしてください。

プライバシー設定を選択し抑制をタップします。

次へを選択しオフにするをタップしましょう。

「制限をオフにしました。」と表示されればOKです。

生年月日を入力する

インスタでは、生年月日を入力しないと、そのうち警告がされて相手の投稿が見られなくなったり、DMが送れなくなったりします。

そのため、生年月日の入力を求められたら、入力するようにしましょう。

生年月日の入力の詳細や入力・編集方法については下記の記事をご覧ください。

インスタで誕生日の入力を求められるようになった詳細や入力したらどうなるのか解説

相手の年齢が17歳以上になるまで待つ

相手の年齢が13歳~16歳で自分が成人である場合、相手のアカウントは自動的に非公開状態になり、DMを送ることが出来ません。

そのため、インスタのDMでこうした年齢の相手と連絡を取りたい場合は、別の方法やコメントでのやり取りをする必要があります。

また、17歳以上であっても18歳未満のユーザーは、フォロー状態でないとDMを送り合うことが出来ません。

つまり、相手が17歳以上になるのを待って相互フォロー状態でDMをする必要があるでしょう。

コメントに書き込む

インスタでバグなどが発生してDMが送れない状態にあって、DMの返事を急ぐ場合は、相手の投稿にコメントで返事が遅れる旨を伝えたり、周りに見えて良い内容であればそのままコメントに返答を書き込んだりすることで解決します。

また、相手が13歳~16歳の未成年で自分が成人である場合、相手にDMを送ることが出来ないため、そういった状況であればやり取りをコメントやその他のツールで行うという方法があります。

TwitterにDMする

インスタを利用している人は、Twitterも利用しているという人も多いです。

そして、複数のSNSの利用者はインスタにTwitterのURLを載せているという人も多いため、ネット上の繋がりしかない相手であってもインスタの情報からTwitterアカウントを特定し、そちらからDMするという方法があります。

もし、インスタにバグなどが発生してDMが送れないという場合は試してみると良いでしょう。

サブ垢から送る

アカウントによってはバグが発生している最中でもDMが送れたり、一時的に送れたりするケースが報告されています。

そのため、サブ垢からDMを送ると良いでしょう。

また、相手が自分をブロックしていることが原因でDMが送れない場合は、サブ垢から送ることで解決する可能性もあります。

フィードバックでDMが送れないことを伝える

バグでフィードバックでDMが送れないことを伝えると、伝えた1時間前後で不具合が解消されることが報告されています。

フィードバックの手順については下記の記事をご覧ください。

インスタのクイックリアクションのやり方、絵文字の増やし方と出来ないときの詳細と対処法を解説!

ブロックから外す

相手からブロックされている、相手をブロックしていることが原因でDMが送れない可能性があります。

もし、自分が相手をブロックしているなら、ブロックから外すようにしましょう。

なお、相手が自分をブロックしているなら、サブ垢からDMを送ることで解決する可能性が高いです。

ブロックリストから相手を削除するには、まずはプロフィールタブからメニューアイコンを選択し、設定をタップしてください。

プライバシー設定を選択しブロックしたアカウントをタップします。

ブロックを解除を選択し、さらにブロックを解除をタップすればOKです。

メッセージコントロールの設定

メッセージコントロールでは、フォロー関係にない相手からのDMを拒否できる設定があります。

バグなど関係なく相手のメッセージコントロールの設定が「リクエストを受信しない」になっていることで、フォローしていない相手からのメッセージを弾くようになります。

つまり、相手と相互フォローまたは相手にフォローして貰えればこの設定になっていてもメッセージを送ることが可能です。

つまり、相手をまずフォローしてフォローを返してもらったり(相互フォロー)、相手のコメントに設定を解除してもらうよう書き込んだり、フォローして欲しいとコメントしたりなどの対処法があります。

また、相手から自分に対してDMが送れないという報告があった場合は、この設定を確認し問題があるようなら「メッセージリクエスト」に変更することをお勧めします。

まずは、プロフィールタブからメニューアイコンを選択し、設定をタップしてください。

プライバシー設定を選択しメッセージをタップします。

Instagramでのフォロワーを選択しメッセージリクエストをタップすればOKです。

相手のアカウントが一時停止、削除された、凍結されている

相手のアカウントが一時停止されていたり、削除されたりしていると、その相手にDMを送ることが出来ません。

また、相手のアカウントが凍結されている場合は、凍結がされている状況でもDMを送ることは出来ても、相手がその内容を確認したり、返信をしたり出来ません。

そのため、相手からの返信が来ない=DMが送れていないかというと一概にそういったわけではないことが分かります。

なお、相手が凍結されている状況である場合、相手が返信を行えるのは凍結が解除されてからになります。

24時間置く

インスタでは、似たような内容または全く同じ文章をたくさんの相手にDMとして送ると、しばらくの間DMが送れなくなることがあります。

これが原因である場合は、24時間置いてから再度メッセージを送るようにしてください。

なお、停止しないようにするために同じ文面を何度も送ったり、短い時間でたくさんの人に送ったりしないようにしましょう。

メッセージ返信を許可をすべての人にする

インスタのストーリーからDMを送れる欄が表示される人と表示されない人がいます。

もし、特定の相手にDMを送りたい場合でインスタのストーリーにメッセージ欄が表示されない場合は、相手のプロフィールから行うようにしましょう。

また、相手から自分に対してストーリーからメッセージを送ろうとしたが送れないという報告を貰ったら、「ストーリーに対する返信やシェアを許可しない」の設定をオフにするようにしてください。

この設定を行うには、まずは、プロフィールタブからメニューアイコンを選択し、設定をタップしてください。

プライバシー設定を選択しストーリーズをタップします。

「メッセージ返信を許可」の項目をすべての人に設定すればOKです。

また、フォロー中の人にのみメッセージ欄を表示したい場合はフォロー中の人にチェックを入れるようにしましょう。

動画のサイズが大きすぎる

DMで動画や画像を送ることが可能ですが、その動画や画像のサイズが大きすぎることが原因で送れない可能性もあります。

また、インスタのダイレクトメッセージで送れる動画の長さは60秒までなので、長さやサイズが大きすぎる場合は、切り取って複数に分けたり、圧縮したりすることをお勧めします。

インスタのタイムラインがおすすめ投稿ばかりになっている原因と対処法

現在のインスタのタイムラインには、フォロワーの投稿の他にも「おすすめ投稿」と称されたフォロワー外の投稿がランダムで表示される仕様となっています。 2020年に初登場したおすすめ投稿ですが、表示数があま ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.