iPhone

iOS15.6.1の詳細や不具合まとめを解説

iOS15.6のセキュリティ面を改善したマイナーアップデートであるiOS15.6.1がリリースされました。

iOS15.4.1はマイナーアップデートでありながら、様々な不具合が発生しており注意が必要です。

この記事では、iOS15.6からiOS15.6.1へのアップグレードにより改善される不具合と発生している不具合についてまとめています。


Contents

iOS15.6.1がリリース

2022年8月17日にiOS15.6.1がリリースされました。

iOS15.6のマイナーアップデートですが、多くのバグ報告がされています。

セキュリティアップデートが含まれる

今回のマイナーアップデートでは、重要なセキュリティアップデートが含まれています。

致命的なセキュリティの脆弱性が発見されており、その解消となるアップデートなのでなるべく早くアップデートすることをお勧めします。

アプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性を修正

セキュリティアップデートの内容としては、iPhone 6s 以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2 以降、iPad 第 5 世代以降、iPad mini 4 以降、iPod touch(第 7 世代)でアプリケーションがカーネル権限で任意のコードを実行できる可能性があるものを、境界チェックを改善することで対処しました。

悪意を持って作成されたWebコンテンツを処理すると任意のコードが実行される可能性を修正

また、iPhone 6s 以降、iPad Pro(全モデル)、iPad Air 2 以降、iPad 第 5 世代以降、iPad mini 4 以降、iPod touch(第 7 世代)で影響を持って作成されたWebコンテンツを処理すると任意のコードが実行される可能性があるという問題を、境界チェックの改善によって改善しました。

iOS15.6.1で発生している不具合まとめ

iOS15.6.1で発生している不具合をまとめてみました。

LINEに接続出来ない、接続しにくい

LINEに接続出来なかったり、接続が安定していなかったりなどネットワークの不具合が報告されています。

キャリア回線(4G/5Gなど)に繋がりにくくWi-Fiは比較的安定しているケースではWi-Fi接続を、Wi-Fi接続が不安定でキャリア回線が比較的安定しているケースではキャリア回線接続を利用してLINEを利用することで、問題を最小限にLINEが利用出来るでしょう。

Wi-Fiに接続出来ない、接続しにくい

Wi-Fi接続が出来なかったり、接続が不安定だったりする状況が続いていると報告されています。

逆にキャリア回線が不安定というケース、Wi-Fi接続とキャリア回線の両方が不安定というケースもあるなど環境によってかなり差が出るようです。

通話が圏外になる

iOS15.6.1へのアップデートにより、キャリア回線が圏外になったり、不安定になったりするケースが報告されています。

これにより、通話機能が圏外となり通話が行えなくなったり、不安定でいきなり切れてしまったりするなどの不具合が発生しています。

キャリア回線が不安定な状況でWi-Fiは繋がるという場合は、Wi-Fiで電話回線に電話出来るLINEの「LINE Out Free」という機能が便利です。

詳しい使い方の手順に関しては下記の記事をご覧ください。

au通信障害から復旧したはずなのにまだ繋がらない、通話出来ない詳細と対処法について解説

集中モードが正常に機能しない

iOS15.6.1アップデート後、集中モードが正常に機能しなくなったという報告者もいます。

例えば、集中モードに設定した時間になると、正常モードに切り替わりはするものの、ブロックしているアプリからの通知が来てしまうといった不具合が報告されています。

Tower of Fantasyの説明欄が武器欄と被る

iPhoneの機種によっては、Tower of Fantasyの武器の説明欄が武器と被ってしまい、非常に見えにくくなるといった不具合が発生しています。

すべての機種で発生しているというわけではなく、例えば、iPhoneSE(第三世代)で発生していることが分かっています。

ロック画面が反応しなくなる、ホームボタンの不具合

iPhone12miniでiOS15.6アップデート後にロック画面が反応しなくなったという報告もあります。

この対処法としては、音量を上げるボタンを一瞬押した後、音量を下げるボタンを一瞬押し、電源ボタンを長押しすることが挙げられています。

Apple Musicの調子が悪くなる

Apple Musicの調子がおかしくなるという報告もあるため、Apple Musicユーザーは注意が必要です。

例えば、特定のアルバムが再生されなくなったり、音楽の変更に異様に時間が掛かったりといった不具合が報告されています。

デバイスの異常発熱

iOS15.6.1アップデート直後またはアップデート中にデバイスが異常発熱するという報告もあります。

ただし、ほとんどの事例でしばらく放置すると異常発熱が収まることが分かっています。

また、中にはiOS15.6.1へのアップデートにより異常発熱が以前より良くなったと報告している人もいるなど、状況が良くなっている人も報告されている状況です。

異常発熱が収まらない場合の対処法については下記の記事をご覧ください。

iPhoneが発熱している場合の対処法

アップデート中、一時停止中のまま進まない

iOS15.6.1へのアップデート中に「一時停止中」のまま進まなくなる現象が報告されています。

4000エラーが発生する場合の詳細と対処法については下記の記事をご覧ください。

iOS15.4アップデートの詳細と不具合を徹底解説

リリースが案内されない場合は下記の記事をご覧ください。

iOS15.4.1の詳細や不具合まとめを解説

充電の減りが早い

アップデート後に充電の減りが早くなったと報告している人もいます。

通常、OSアップデート後は最適化などで充電の減りが2日間ほど早くなるケースが多いです。

もし、減りが早くなったという場合は2日ほど様子見してみることをお勧めします。

画面をタップして無反応になることが増えた

デバイスの画面をタップしても反応しないことが増えたという報告者もいます。

Suicaに毎回パスワード要求される

モバイルSuica利用者が、以前はそれほどパスワード要求がされなかったはずなのに、毎回パスワードを要求されるようになってしまい、改札で止められることになったという報告もあります。

モバイルSuicaのExpress設定が消える

モバイルSuicaでは、iOS15.6.1アップデート後に様々な不具合が発生しており、Express設定をいくら入力しても消えてしまうと報告している人もいます。

似たような環境下でも消えないという人もいるなど、特定のデバイスや環境下など条件を満たすと発生すると考えられるでしょう。

Safariが重い、Webページが開けない

iOS15.6でも発生していたSafariの動作が重い、Webページが異様に重く開けない・開くまで時間がかかる不具合はiOS15.6.1でも解消されていません。

環境によっては、Safariが安定した、インターネット通信がスムーズになったなど環境により左右されるようです。

OSが立ち上がらなくなった

OSが立ち上がらなくなりデバイスが利用出来なくなったという致命的な報告をしている人もいます。

ただし、かなり稀な例のようで致命的な不具合であるにも関わらず報告者が1人しか発見できませんでした。

バッテリーの最大容量が少ない

バッテリーの最大容量が100%でなくなる現象が発生しています。

なお、iOS15.6.1アップデート後1週間程度経過することで完全に解消されたり、軽減されたりする可能性が高いです。

Twitterで画像タップ出来ない

Twitterで画像タップが出来ない現象が発生するという報告もあります。

同じ利用者であっても、複数アカウントの場合、特定のアカウントのみこうした現象が発生するケースもあるなどOSやデバイスだけではなく他の要因も関係していると考えられるでしょう。

キーボード入力する際の効果音が一時的に大音量になる

キーボード入力の際に発生する効果音が一時的に大音量となってしまう不具合も報告されています。

リンゴループが発生する

iOS15.6.1にアップデートしている最中、またはアップデート後にAppleのロゴ画面から操作出来なくなるリンゴループが発生したという報告もあります。

対処法

  • 十分に充電してからアップデートする
  • 安定しているネット回線に繋ぐ
  • 途中でネットを切らない、切り替えない
  • ストレージの容量を十分に開ける

すでにリンゴループが発生してしまった場合は、下記の対処法が有効です。

対処法

  • セーフモードで起動する
  • リカバリーモードを利用する
  • 初期化する
  • iTunesからアップデートする

探すアプリの誤動作が発生

iOSアップデートしてから、探すアプリで「手元から離れました」というアラートが頻繁に表示されるようになったという報告もあります。

Bluetooth接続が安定しない

Bluetooth搭載のナビやイヤホンなどの機器との接続が安定せず、音声が安定しなかったり、定期的に未接続状態と表示されたりするなどの不具合が発生しています。

有線接続も可能な機器であれば、問題が解決されるまで有線接続することをお勧めします。

デバイスの動作が重くなる

OSアップデートすることによりデバイスの動作が重くなるという報告もあります。

これは、iOS15.6.1に限らず、古い機種を新しいOSにアップデートしていくことで起こりやすいです。

アップデート後、数日経過することで状況が改善または軽減される可能性が高いため、様子見してみることをお勧めします。

Hey,Siriに反応しない

iOS15.4へのアップデートで問題となり、iOS15.6へのアップデート後も引き続き発生していた「Hey,Siri」という呼びかけにSiriが反応しない不具合が今回の更新でも継続中です。

次回のアップデートは、iPhone14の発売を考えるとiOS16になることが考えられるため、今後新しいバージョンでの改善が望まれます。

オートメーションの読み上げがおかしい

オートメーションの読み上げがブツブツとなりおかしいという報告もあります。

iOS15.5の詳細や不具合まとめを解説

2022年5月16日にiOS15.5がリリースされました。 今回のアップデートはほとんど仕様変更がなく改善がメインとなっているため、アップデートを迷っている場合はアップグレードをお勧めします。 この記 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.