iPhone

iOS15へのアップデートで下に変更されたSafariのURLタブを上に戻す方法

 

2021年9月末にリリースされたiOS15のアップデートで、SafariのURLタブがページの下部に表示される設定になりました。

一方でこちらは設定次第で変更することが可能となっているため、使いづらい方は今まで通り上に戻すことができます。

iOS15のアップデートでURLタブがページ下部に移動

Apple社が提供するウェブブラウザのSafariでは、iOS15へのアップデートのタイミングで様々な機能の追加やデザインの変更が行われています。

その中の一つとして、今まで画面の上部に表示されていたURLタブが、デフォルト設定ではページの下部に表示されるように変更となりました。

URLタブが下にあることで、タブ間の移動がスムーズに行えるというメリットがありますが、従来の検索エンジンに慣れているユーザーからは戸惑いの声も上がっています。

対象はSafariアプリのみ

今回iPhoneのiOS15へのアップデートでURLタブがページの下部に移動となったのは、Safariのみとなっています。

URLタブが下に表示される機能は「タブバー」と呼ばれるもので、Safariで開いているタブ間の移動をスムーズに行うことができる機能として、今回のアップデートで追加されました。

Google Chromeアプリは通常通りの表示

SafariのURLタブのデフォルト設定がページの下部に移動した一方で、Google Chromeアプリなどでは通常通りページの上部にURLタブが表示されています。

そのためURLタブの位置を上下で変更することができるのは、現在Safariのみの機能となっています。

SafariでURLタブを上に戻すには

SafariでURLタブを画面の上部に戻すには、設定アプリもしくはSafari内から変更することが可能です。

設定の変更手段

  • Safariからタブの位置を移動
  • 設定アプリからシングルタブを選択

Safari上でURLタブの位置を移動

SafariからURLタブを画面の上部に変更する場合には、URLタブの横にあるぁあをタップしてください。

各種設定などが表示されるので、上のアドレスバーを表示をタップします。

こちらで従来通り、ページの上部にURLタブが表示されるようになります。

設定からシングルタブを選択

SafariのURLタブの位置変更は、設定アプリからでも変更可能です。

手順としては設定アプリを起動して下にスクロールし、Safariをタップします。

下にスクロールしてタブの項目を表示させて、シングルタブの下のをタップすれば完了です。

こちらで再度Safariを表示してみると、URLタブが上に移動しています。

Safari上で「ぁあ」が表示されない場合

スタートページで表示されているURLタブでは、仕様として「ぁあ」が表示されない仕組みとなっています。

そのためSafari上からURLタブを変更したい場合には、一度検索を行う必要があります。

検索を行ってから、先ほどご紹介した方法でURLタブの位置を移動してみてください。

検索したくない場合は?

設定アプリからシングルタブを選択する方法であれば、検索を行う必要なくURLタブの位置を変更することができます。

位置を変更するために検索を行うのが手間だという方に関しては、設定アプリからURLタブの位置変更を行なってみてください。

URLタブを上に移動できない場合の対処法

URLタブをページの上部に移動できない場合には、何かしらのバグで設定が反映されていない可能性があります。

設定アプリを一度終了する

設定アプリ上からシングルタブを設定して、URLタブの位置が変更されない場合には、設定アプリの何かしらのバグが原因で設定が反映されいない可能性があります。

その場合には、シングルタブが選択されている状態で設定をタップして、設定画面に戻ります。

こちらの状態で設定アプリを終了してから、再度SafariでURLタブの位置が移動しているか確認を行なってみてください。

Safariを再起動する

Safari上で設定の変更を行なった場合や、設定アプリで変更を行なってもURLタブの位置が移動しない場合には、Safari側でバグが発生している可能性があります。

そちらの場合には、一度Safariを落としてから再起動してみることで、URLタブの位置が移動している可能性があります。

再起動しても移動しない場合には、キャッシュが残っていることや端末の不具合の可能性があるので、Safariや端末の環境を整えてみてください。

その他対処法

  • Safariのキャッシュをクリアにする
  • 他のタブを開いてみる
  • 端末を再起動する
  • 端末の容量を確認する

URLタブが下にあるメリット

URLタブが下にあるメリットとしては、タブ間移動がスムーズにできることとです。

また横にスライドするだけで新規のタブを作成することもできるというメリットがあるので、複数のタブを開いて検索を行いたいという方におすすめの機能となっています。

タブ間移動がスムーズにできる

URLタブが下にある状態だと、タブ間移動をスムーズに行うことができます。

URLタブの位置で左右にスワイプすることで簡単に移動することができるので、他のページを開いている時に調べものをしたいタイミングで便利な機能となっています。

タブ間移動で新規タブを作成することができる

URLタブが下にある状態だと、新規タブを簡単に作成することができます。

そのため一々他のボタンなどを開く必要がないため、複数の項目をタブで分けて検索したいという方に便利な機能となっています。

URLタブがある位置で右にスワイプすることで、新規タブを作成することができます。

【Safari】「問題が繰り返し起きました」のエラーの原因や対処法を解説!

iPhoneやiPadなどで利用頻度が高いインターネットブラウザSafari(サファリ)を利用していると、突然「問題が繰り返し起きました」と表示され、画面が真っ白になっていしまう不具合が起こることがあ ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.