カラオケ

Pokekara(ポケカラ )で90点以上取る裏技や選曲を徹底解説!

基本無料ながら曲数や採点機能を備えたPokekaraですが、高得点を取るための秘訣が気になるところです。高得点のコツはPokekaraのみならず通常のカラオケでも活用できます。

今回はPokekaraで90点以上の高得点を取るためのコツや選曲を解説していきます。

【完全版】Pokekara(ポケカラ)の使い方を紹介!安全性や疑問も解説

Pokekaraで高得点を取るためのポイント

Pokekaraで高得点を取るために押さえておくべきポイントは以下の通りです。

高得点を

・正確な音程
・リズムを外さない
・音程が大きく変化しない曲を選ぶ
・ビブラート、しゃくり、こぶしは意識しすぎない
・安定した発声

これらを意識して歌うことで90点以上の高得点を取ることが可能になります。ここではそれぞれのポイントをどのように意識しておくべきか解説します。

正確な音程(重要)

高得点を獲得もための最も重要なことは正確な音程で歌うことです。音程を2箇所以上外してしまうとまず90点以上は出ません。

自己流で歌うと音程を外しやすいため最初のうちはあまり感情を込めずに平坦に歌うことをおすすめします。

音程を外さずに歌えるようになったら感情を込めたりビブラートなどの表現を加えてみましょう。

リズムを外さない

リズムがずれると適切なタイミングで正しい音程を出せなくなり歌の評価が下がってしまいます。

カラオケ伴奏にはパーカッション(ドラムの音)が入っていないことが多く、油断すると歌が走りがち(ハイテンポ)になってしまいます。

ガイドを見ながら歌いだしごとにタイミングがズレないように意識しましょう。

音程が大きく変化しない曲を選ぶ

音程の変化が大きくない曲の方が正確な音程で歌いやすく点数が高くなる傾向にあります。シャウトや出しにくい低音がある曲は避けましょう。

またハイテンポな曲は正確な音程とリズムの維持が難しくなります。カラオケが上達するまではバラードなどのゆったりとした曲の方が歌いやすいです。

ジャンルとしてロックはハイテンポかつ高音のシャウトがあり90点以上は高い壁になります。ポップスなどを中心に練習して高得点を目指しましょう。演歌もカラオケ初心者には歌いやすいものが多いです。

ビブラート、しゃくり、こぶしは意識しすぎない

ビブラート、しゃくり、こぶしはカラオケ初心者にとって高いハードルです。これらのテクニックは短時間で音程を変化させるもので意識しすぎると正しい音程が出せなくなってしまします。

初めのうちは正確な音程を出すことに集中しましょう。練習を重ねて音程がズレなくなったところで歌唱テクニックを試してみて自然にビブラート・しゃくり・こぶしができるようになれば90点台は目前です。

安定した発声

音程が正確でも声が小さかったり、ロングトーンでかすれたりするとマイクやPokekaraが音を認識せず点数が下がってしまいます。

高得点を狙う場合には息継ぎをしっかりと行って声をしっかりと出すことが大切です。吸った分の息を吐き出しながら声を出すことでロングトーンでも息が続かない、かすれて採点に影響するといったことが減ります。

Pokekaraで歌うときのコツ

ここからはPokekaraで高得点を狙うための具体的なコツや手法を紹介していきます。しかしコツだけ知っていても90点以上の壁は非常に高いです。

1つの曲を何度も練習しまずは歌詞を全て覚えた上でこれらのコツを実践してみてください。

ガイドラインをよく見て覚える

採点可能曲にはガイドラインが表示されます。このガイドラインには音程やビブラートができているかなどの有益な情報が表示されます。歌唱に関する情報を適切に得ることで効果的な練習ができるようになります。

歌唱中にガイドラインを注視できるようになることが高得点取得の第一歩です。歌詞がうろ覚えだとガイドラインに集中できないため、まずは歌詞をしっかりと覚えましょう。

ガイドラインで注意すること

・音程が正しいかどうか

・歌いだしのタイミングが適切か

・ビブラート、しゃくり、こぶしができているか

・ロングトーンが短くなっていないか

上記の箇所が全て正しく歌えるようになると高得点を狙いやすくなります。

イヤホンを使う

イヤホンを使うとエコー効果が加えられた自分の歌声を聴くことができるようになります。正しい音程で歌う、ビブラートなどのテクニックができているか自分の声から知ることができます。

マイク付きのイヤホンであれば自分の声を明瞭に拾ってくれるため採点や録音のクオリティで有利になります。

一方でカラオケ伴奏が聴き取りにくくなるため正しいリズムの把握が少し難しくなります。

メリットは多いためなるべくイヤホンを付けて歌うようにしましょう。リズムに関するデメリットは次に紹介するコツによって打ち消すことができます。

ココに注意

無線イヤホンを使うと歌声とカラオケ伴奏に遅延が生じて高得点取得が難しくなります。有線イヤホンを使いましょう。

身体でリズムをとる

曲のリズムに合わせて手拍子する、体を揺らす、ふとももを叩いたりすると正しいリズムを維持しやすくなります。

歌番組で歌手の人たちが体を揺らしているのを見かけることも多く非常に有効な手法です。

曲のリズムは歌う曲の原曲を何回も聴いて覚えましょう。原曲を聴きながら体を揺らしてリズムを取ることでカラオケで歌うときにも正しいリズムで体を揺らせるようになります。

力を入れすぎない

歌うときに力んでしまうと声が裏返ったり、かすれたりしてしまいます。綺麗な歌声のために脱力は必須です。

しかしカラオケ初心者の間は緊張したり張り切ってしまって歌唱の際についつい力が入ってしまいます。そこでスマホアプリであるPokekaraだからこそ使える手法があります。

寝転がって歌う

立って歌うとどうしても力が入ってしまう場合には寝転がって歌ってみてください。自然に脱力ができます。スマホアプリであるPokekaraの場合、仰向けでもガイドを見ることができます。

寝転がるとお腹に力が入りにくくなるため歌うときには腹式呼吸を意識して歌いましょう。

高得点を狙いやすい曲

音程の上下が少ない、発声しやすい曲を選んで練習することで高得点が狙いやすくなります。ここでは男性向け、女性向けに分けて90点台を取りやすい楽曲を紹介していきます。

男性向け

・「桜坂」福山雅治

優しくゆったりとした曲調でリズム、音程がとりやすい曲です。あまり高音に自信が無い人におすすめです。ロングトーンも多く安定して高得点を狙えます。

・「蕾(つぼみ)」コブクロ

ローテンポのバラードで音程が劇的に変化も大きくありません。ロングトーンで安定して発声できるようになれば90点以上は難しくありません。

・「粉雪」レミオロメン

冬にぴったりの曲です。ミドルテンポでメロディーが途中で変化することもなく歌いやすいです。サビの高音が難しい場合にはキーを調整しましょう。

女性向け

・「恋するフォーチュンクッキー」AKB48

アイドルグループAKB48の楽曲で最も人気の高い一曲で知名度は抜群です。メロディ・リズムともにシンプルで良い採点結果が期待できます。

・「やさしさに包まれたなら」荒井由実

フォーク調の軽快な一曲で低音の無い全体的に発声しやすい音程です。ジブリアニメ「魔女の宅急便」のエンディングテーマで聴く機会も多く歌詞を覚える労力が少な目なのもポイントです。

・「糸」中島みゆき

近年になってカバーがとても増えた楽曲で人気があります。中島みゆきの曲の特徴として歌詞をメロディーに乗せていく弾き語りに近いというものがあるため非常に歌いやすいです。「糸」はサビでも高音がなく高得点を目指しやすい一曲です。

ビブラート、しゃくり、こぶしのコツ

正しい音程で歌えるようになったらビブラート・しゃくり、こぶしをつけられるように練習しましょう。習得まで時間がかかりますが根気よく取り組みましょう。

ビブラートのコツ

ビブラートは音程を上下させてロングトーンを震わせるテクニックです。横隔膜を使って吐き出す息の量を多くしたり少なくしたりすることで変化が生まれます。

ビブラートの練習ですが、ます犬の息切れのうように「ハッハッハッハッ」と発声します。その発生のまま「あーーーー」と声を出すと「あーーーー」の声に変化が生じます。

あとは変化する間隔を小さくしていくと綺麗なビブラートになります。

さらに詳しく

手をみぞおちに当ててビブラートをかける箇所で手を上下に振動させるとビブラートをかけられます。練習に割く時間が無い場合にはこの方法を使いましょう。

しゃくりのコツ

しゃくりはある音程を出す前に少し低い音程を出して際立たせるテクニックのことです。ロングトーンのみならず短い節でも使えます。

例えば「か」を発生する時に母音の「K」と子音の「A」で音程を変えるよう意識すればしゃくりができるようになります。「かー」を「K↓A↑ー」と出すようにしましょう。

まずは実践しやすいロングトーンでしゃくりを行ってみるとよいでしょう。

こぶしのコツ

ある音程を一瞬だけ変化させるテクニックをこぶしと言います。しゃくりのように母音と子音を分けて発声すると意識するとよいでしょう。

「きみの」を「きみぃのぉ」「あなた」を「あなぁた」のように発声すればこぶしと認識されて得点に加算されます。実践しやすいテクニックなので使えるように練習していきましょう。

口を大きく開ける

口を開けるとはっきりとした発声になり高音、低音が安定します。特にロングトーンの箇所ではしっかりと開口して音を響かせましょう。

口を開けると排出される空気の量が増えます。息継ぎをしっかり行うようにしましょう。

ポケカラの録音方法や保存方法・録音環境・不具合の対処法を徹底解説!

ポケカラでの歌の上達には録音機能の活用と録音のコツを抑えることが不可欠です。 今回はポケカラの録音方法とコツ、設備や環境、不具合が起きたときの対処法を解説していきます。 Contents1 ポケカラで ...

続きを見る

\\follow//

-カラオケ
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.