PC オススメ

【2020年完全版】ZOOMの代わりになるオススメオンライン会議システム43選を徹底比較!

昨今、オンラインミーティングが注目されるようになりました。

「Zoom」という有名なミーティングシステムがありますが、続々と脆弱性が発見されたり、諸外国から利用禁止や制限されたりなど問題になっています。

この記事では「Zoom」の代わりになる、多人数で仕事に使いやすい機能があるミーティングサービスについて紹介していきます。

ZOOMの利用制限国多発!代わりになるサービスは?

立て続けにセキュリティの脆弱性が発見されたZoom。

代わりになるオンラインミーティングサービスを紹介していきます。

ココがポイント

特におすすめしている表でS評価のサービスと、A+およびAの一部に関しては、詳しい解説を行っていきます。

基本的には「S」から選び、予算が用意できたり、英語が得意だったりなどする方は、条件によって「A+」「A」も候補に入れてください。

多くの脆弱性が見つかる

Zoomでは、これまで多数の脆弱性やプライバシーの問題が起こりました。

その後、リモートワークが拡大した2020年3月末から4月にかけて大きな話題となった「ZoomBombing」。

この現象によって、再度様々な問題が浮き彫りになりました。

その結果、Zoomの代わりになるサービスを探すようになった企業や個人も珍しくありません。

Zoomの脆弱性については下記の記事を参考にしてください。

ZOOMの脆弱性と危険性について解説

台湾で利用禁止

台湾では2020年4月7日、安全上の懸念を理由に、政府機関にZoomを使わないよう声明を発表しました。

ココがポイント

Zoomの代わりとして、GoogleやMicrosoftが提供するソフトウェアやその他の選択肢を検討すべきとしています。

アメリカ、ドイツも使用制限

アメリカの一部の学校では、Zoomの使用が禁止される事態になっています。

また、アメリカの上院の守衛官が、議員らに対してこのサービスを使わないよう警告しました。

ドイツ外務省もZoomの使用を停止するよう職員に要請したことが分かっています。

さらに詳しく

アメリカ上院に代わりに提示されたのは「Skype for Business」だそうです。

さらに、オーストラリア政府、SpaceX、Google、ニューヨーク州の教育当局もZoomの使用を禁止あるいは制限しています。

脆弱性が次々と見つかったために起こったこれらの制限や禁止ですが、これからもさらに追加国や機関が増える可能性が高いです。

ZOOMの代わりになるサービス一覧

Zoomの代わりになるオンライン会議システムを表にまとめました。

ビデオ会議サービス

サービス名機能セキュリティ人数おすすめ度備考
LINE×200人B
Skype×25人B
Skype for Business
250人Sアメリカ上院でZoomの代替として提示
Messenger50人B
Cisco Webex Meetings200人S無料で100人、アカウント所持なしでも参加可
Microsoft Teams250人(無料版)/無制限(有料版)S有料プランに基づく
Google Hangouts10人(無料)/25人(有料)AGoogle
Zoho Meetings会議2人Webセミナー10/250人(有料版)A+
BizMee推奨3~4人B
Lifesize300人B
Liveon20拠点/無制限A+拠点型と個人型両用
ezTalk10,000人B日本語情報が少ない
Dialpad Talk100人C
Fuze最大1,000人B日本語情報が少ない
OpenMeetingC日本語情報が少ない
Slack15人(有料)A
チャットワーク14人A

ビデオ会議サービス

サービス名機能セキュリティ人数おすすめ度備考
Calling Meeting1部屋30人A高い
Whereby×無料版:4人/有料版:12人〜B
bellFace最大3人(月額72,000円のケース)A+企業で導入/高い
FaceHub5人(最も安い設定)/最大5,000人A
LiveCrowd2~10(想定)A初期費用が高い
FaceTime32人BiPhone、Macユーザーでないと使えない
Viber無制限?B
GoToMeeting50人(無料版)/250人(最大)C
ISL Online パブリッククラウド無制限A
Chat&Messenger無料版1人/有料版:3人以上可B無料版だと1対1のみ
SOBA meeting制限なしBセキュリティが心配
Connect live制限なしA+
KDDI TeleOfficeA
join.me×250人?C無料版だと会議室にロックすらかけられない
Brie.fi/ng×B海外で評価が高い
ToxC
UberConference無料版10人/有料版100人(サポート)B録画不可
WireA
FlockC
Messenger Rooms50人A+/Sまだ不明確だが、Zoomを意識していることから期待

ビデオ会議サービス(拠点型)

サービス名機能セキュリティ人数おすすめ度備考
LoopGate無制限BZoomの代わりとしては?
FreshVoice200拠点BZoomの代わりとしては?
RICOH Unified Communication System Apps
CZoomの代わりとしては?
RemoteMeeting30拠点B従量制課金あり
BlueJeans150拠点A+

おすすめ度は下記のように設定しました。

S:有力候補、この中のどれかを選ぶと良い

A+:優秀な面が多いがデメリットもある

A:条件によっては向く人もいる

B:あまりおすすめできない

C:おすすめできない

ココがポイント

アメリカ上院や台湾では、Skype for BusinessやGoogle、Microsoftが提供しているサービスがおすすめであると代替案を提示しています。

ZOOMの代わりになるサービス

Zoomの代わりになるWeb会議システム38選を紹介します。

さらに詳しく

表の同時接続人数は記載がない限り、ビデオ通話に参加できる最大接続数を表し、チャット音声、通話、ビデオ通話といった基本的な機能については省略しています。

LINE

LINEは2020年3月時点で国内ユーザー8,300万人と、国内の半数以上が使っている計算になる人気SNS。

無料でありながら、同時に200人のユーザーとビデオ通話ができるのが魅力です。

以前は、情報の漏洩やセキュリティの問題で話題となったLINE。

現在はLetter Sealingという通信内容を暗号化する機能が実装されており、セキュリティも前ほど悪くはない状態だと推察されます。

料金無料
同時接続人数200人
会員登録LINEをインストールしアカウント登録
機能グループチャット/画面共有
セキュリティLetter Sealing
対応PC/iPhone/Android

このように、セキュリティなど見直されてきたLINEではありますが、知り合いや家族、友達とのやり取りがメインで、ビジネスシーンにはあまり向きません。

画面共有こそありますが、会議に向く機能があまり実装されていないからです。

ココがポイント

もちろん使えないことはないですし、何より無料で200人参加できるのは非常に魅力的です。

Skype

SkypeはMicrosoftが提供するインターネット電話サービスです。

無料でビデオ通話や通話、画面共有、ファイルや画像の送信などすることができます。

料金無料
同時接続人数25人
会員登録Skypeをインストールしてアカウント登録
機能画面共有/ボイスメール/Facebookと連携
セキュリティ
対応PC/iPhone/Android

Skype for Business

Skype for Businessは、ビデオチャット、国際電話、テキストメッセージをWeb経由で提供しているサービス。

「Skype for Business」は「Skype」のビジネス向けツールであり、無料版Skypeと比べてビジネス向けの機能が実装されており、セキュリティの強さも異なります。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

ココがポイント

アメリカ上院でZoomの代替として挙がっているシステムです。

Messenger

Facebookが提供しているアプリで、特にFacebookとの連携性が高いです。

IDを知らなくてもFacebookで友達にしている相手であれば、そのまま連携して連絡を取ることができます。

こうした連携性の高さから、仕事相手とFacebookで繋がっている人向けのサービスであると言えます。

料金無料
同時接続人数50人
会員登録必要
機能チャット/通話/ビデオ通話/Facebookと連携/ボイスメッセージ
セキュリティメッセージの暗号化
対応PC/iPhone/Android

Cisco Webex Meetings

「Cisco Webex Meetings」には、4つのプランがあり、最大200名まで同じミーティングに参加することが可能です。

なお、無料プランで1つの会議に100名まで参加でき、1会議あたり24時間で回数無制限。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Microsoft Teams

250人ものメンバーで会議ができる「Microsoft Teams」。

無料で最大250人ですが、有料版であるエンタープライズプランであれば、人数無制限にすることも可能です。

「Microsoft Teams」について下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

ココがポイント

会議に必要な機能も一通り揃っており、Zoomの代わりとして最終候補のうちのひとつと言えるでしょう。

Google Hangouts

「Google Hangouts」はGoogleの提供するミーティングサービス。

Googleアカウントを所持していれば無料で使うことができるので、Googleユーザーにおすすめです。

ただし、無料版アカウントで最大同時ビデオ通話人数10人、有料プランで25人なので、少数での会議には向きますが、大人数での会議には向きません。

月額料金無料版:無料/Suite Basic:680円/Suite Business:1,360円/Suite for Education:3,000円
同時接続人数10人(無料/Suite Basic)/25人(Suite Business/Suite for Education)
会員登録Googleアカウントが必要
機能グループチャット
セキュリティ音声と動画の暗号化(SRTP)/音声や動画のデータが Google で記録・保管されない
対応PC/iPhone/Android

Zoho Meetings

Webセミナーや会議向けの機能を多数搭載したブラウザーベースのオンライン会議システム。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

BizMee

BizMeeは無料で利用できるインストール不要のブラウザで行えるオンライン会議サービス。

セミナーや会議で欲しい機能が揃っていて無料となかなか高スペックですが、セキュリティに不安があること、推奨人数が3~4人であるといったデメリットが目立ちます。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Jitsi Meet

Jitsi Meetはオープンソースのアプリで、オンライン会議に使えます。

無料でありながら50人以上の同時接続が可能なサービスは珍しいです。

ただし、会議に便利な機能がそれほどないことがデメリットと言えるでしょう。

料金無料
同時接続人数35人(推奨)~75人(サポート)
会員登録不要
機能画面共有
セキュリティホップバイホップ暗号化
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

公式サイトが日本語ではないため不安になるかもしれませんが、Jitsiは日本語化も可能なので安心してください。

Lifesize

LifesizeはSkype for Business、IBM Sametime、Slackといったアプリケーションや他のビデオシステムと統合することが可能です。

無料プランが存在しませんが、最大25人の参加者と会議を開ける体験版を試すことができます。

料金問い合わせが必要
同時接続人数300人
会員登録インストール不要
機能高音質/高画質/画面共有/サポート/記録/ストリーミング(最大10,000人)/高い互換性
セキュリティSSL/AES 暗号化が自動的に適用
対応PC/iPhone/Android

Fuze

Fuzeはインストールせずに利用できる有料のビデオ通話サービス。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Liveon

Liveonは日本産のオンラインミーティングシステム。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

ezTalk

ezTalks(イージートーク)は、シンプルで使いやすい高品質のビデオ会議を提供。

さらに、Web会議に便利な機能が多数揃っています。

料金無料プランあり/有料プラン月額10ドル~
同時接続人数最大10,000人
会員登録インストール不要
機能ホワイトボード/画面共有/スライドショー
セキュリティ
対応PC/iPhone/Android

セキュリティに関しては、日本語の情報が見つかりませんでした。

ココに注意

パソコン版のウェブサイトが日本語に対応していないことを考えると、Zoomの代替としてはあまりおすすめできない(英語が得意な人を除く)と言えるかもしれません。

Dialpad Talk

Dialpad Talkは、各種ビジネスツールとの連携が特徴のビジネス電話システム。

通信が速いため、声や動画の遅延が少なく、リアルタイムで話したことを文字起こし(日本語未対応)できるので、特に営業のときに活躍するシステムと言えそうです。

料金月額800円~
同時接続人数最大100人
会員登録
機能G suite / MS O365 連携(ビジネスツールとの高い連携性)/電話サポート/通話の録音/自動ノートテイキング
セキュリティ
対応PC/iPhone/Android

OpenMeetings

OpenMeetingsは、ビデオ会議や共同ドキュメント編集ができるJavaベースのグループウェア。

使いやすく参加者が多くても安定しており、使い勝手の良いサービスと言えます。

ただし、日本語の情報が少ないため、情報の検索には苦労するかもしれません。

料金無料
同時接続人数
会員登録インストール不要
機能ホワイトボード/画面共有/招待/記録
セキュリティ
対応ブラウザ

Slack

Slackはチャットメッセージでのやり取りに良く使われているビジネスツール。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

Slack(スラック)の料金と機能を一覧表で完全比較!

チャットワーク

チャットワークは、メッセージのやり取りやToDoリスト機能が便利なチャット特化のツール。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【完全版】チャットワークの使い方について解説!

Calling Meeting

インストール不要でWeb会議に参加できるシステム。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Whereby

WherebyはURLの共有でビデオ会議に参加することができるアプリ。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

bellFace

多くの企業が導入している営業向きサービス。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

FaceHub

シンプルで使いやすいので、初めてWeb会議をする人におすすめのシステム。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

LiveCrowd

シンプルで簡単に操作できるので、あまりパソコンやアプリを使わない人にもおすすめのサービス。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

FaceTime

Facetimeは、MacOS、iPhone専用のビデオ通話アプリ。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Viber

楽天グループが提供する、楽天IDと連携することでポイントが貯まっていく通話アプリ。

Viberに関しては下記の記事で詳しく解説しています。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

GoToMeeting

シンプルなインターベースで、直感的に会議を作ったり、参加したりできます。

無料でも使えて、50人もWeb会議に参加できるのは大きな魅力です。

ただし、日本語での情報が少なく公式ウェブサイトも英語表記なので、英語が得意でないと苦労するでしょう。

料金無料プラン/有料プラン:月額14ドル~
同時接続人数50人(無料版)/250人(最大)
会員登録不要
機能画面共有
セキュリティ業界標準のSSLおよび128ビットAES暗号化/1回限りのミーティング・パスワードの設定も可能
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

14日間の無料トライアルと60日間の返金保証があります。

ISL Online パブリッククラウド

「ISL Online パブリッククラウド」は、インターネット上に展開されたISL Onlineサーバーを、年間契約で利用できるサービス。

サーバーを設置・構築する必要がないため、サーバーを設置するより低コストで時間をかけずに利用することが可能です。

料金ISL Online プリペイドクーポン(500分):50,000円
同時接続人数無制限
会員登録契約が必要
機能デスクトップ画面共有/ホワイトボード/スクリーンショットの取得/レコーディング/アプリ共有/アクセス制限
セキュリティ全セッションをSSL 256bit-AESで暗号化/ISL Onlineは最大限のセキュリティを考慮して設計/2段階認証/パスワード認証/通信データの暗号化
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

15日間の無料体験期間があります。

また、パブリッククラウド以外にオンプレミス、プライベートクラウドという導入形態もあります。

Chat&Messenger

「Chat&Messenger」は、有料プラン160円からとリーズナブルな料金設定のWeb会議システム。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

SOBA meeting

少人数のオンラインミーティングに向く無料サービス。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

Connect live

楽天グループの提供するブラウザタイプの会議システム。

Connect liveに関しては下記の記事を参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

KDDI TeleOffice

KDDI TeleOffice公式サイト

スマホキャリアとして有名なKDDIの提供する法人向けクラウドサービス。

高セキュリティでありながら、比較的リーズナブルな料金設定です。

また、シンプルなUIなので、初心者であっても使いやすいと言えるでしょう。

個々のミーティングとして使うこともできますが、支店と支店などを繋ぐ拠点型として利用している企業が多いです。

料金インターネット接続 初期費用:1,000円 月額料金:934円/イントラネット接続 初期費用:1,000円 月額料金:1,200円
同時接続人数
会員登録契約が必要
機能資料共有/ホワイトボード/フォーマルとインフォーマルへの切り替え
セキュリティ端末認証機能/データを端末に残さない
対応PC/iPhone/Android

ユーザー専用のパスワードに加えて、事前登録した端末でしかアクセスできない端末認証機能も追加できるため、第三者の不正アクセスを防ぐことができます。

さらに詳しく

フォーマルモードは、挙手して発言権を得る形の会議、インフォーマルモードは、誰でもメモ書きができる少人数の簡易会議におすすめのモード。

join.me

「join.me」はフリー版であればインストールはもちろん、アカウント登録も不要なWeb会議システム。

フリー版は無料でありながら、デスクトップ画面の共有やPCのリモート制御をクライアントに与える、マルチモニターなどの機能が使えるので非常に便利です。

料金無料版あり/月額10ドル~
同時接続人数250?
会員登録無料版は不要/契約が必要
機能ホワイトボード/画面共有/コントロール共有
セキュリティ会議室のロック(有料版)
対応PC/iPhone/Android

ココに注意

無料版は会議のロックが出来ないため、第三者がアクセスしてくる可能性があることに注意してください。

そのため、ビジネスに使うにはセキュリティの問題が残ると考えられます。

有料プランの無料トライアル期間は14日間です。

Brie.fi/ng

「Brie.fi/ng」はアカウント登録やインストールを必要としない、最新のブラウザで機能するシンプルなビデオチャット。

無料でありながらセキュリティが高いことが大きなメリットです。

料金無料
同時接続人数
会員登録不要
機能
セキュリティエンドツーの暗号化
対応ブラウザ

ココがポイント

シンプルなWeb会議をするのには向くでしょう。

海外で高評価されているサービスです。

Tox

Toxは、無料で使える(広告なし)ブラウザWeb会議システム。

無料でありながら、セキュリティ対策もしてあり、Web会議に欲しい最低限の機能を備えているため、無料でサービスを探しているという方におすすめです。

料金無料
同時接続人数
会員登録不要
機能画面共有/資料共有
セキュリティ暗号化
対応ブラウザ

ココに注意

機能の少なさから、Zoomの代わりには考えにくいと言えます。

そのため、C評価としました。

UberConference

インストールなしでも使えるWeb会議プラットフォーム。

GoogleドライブやDropboxといったサードパーティー製アプリと統合する管理機能を備えています。

料金無料版あり/月額15ドル~
同時接続人数無料版10人/有料版100人(サポート)
会員登録不要
機能サードパーティー製アプリと統合/カスタムホールドミュージック/分析/画面共有
セキュリティバックエンドでDTLS (シグナリング)、SRTP (メディア)で暗号化/Google Cloud Platformに保存/BAAを締結/HIPAAに準拠
対応PC/iPhone/Android

ココに注意

会議の録画は出来ませんが、録音することは可能です。

Wire

Wireは月額4ユーロから利用できるオンライン会議システム。

無料プランこそありませんが、月額500円以下で利用することができます。

セキュリティに定評があり、資料共有や画面共有など会議に必要が最低限あるため、おすすめできるサービスと言えるでしょう。

料金月額4ユーロ~
同時接続人数
会員登録契約が必要
機能資料共有/画面共有/ゲストルーム/デバイス間のリアルタイム同期
セキュリティエンドツーエンドの暗号化
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

30日間の無料トライアル期間があります。

Flock

Flockは、少人数でも大人数でも利用しやすいコミュニケーションプラットフォーム。

日本語の情報がほとんどなく、公式サイトも英語であるため、英語が分からない人には向かないサービスです。

料金月額4.5ドル~
同時接続人数
会員登録
機能資料共有/画面共有/ボイスメモ
セキュリティSOC2に準拠/TLS 1.2を使用して暗号化
対応PC/iPhone/Android

Messenger Rooms【近日公開予定】

Facebookが現地時間4月24日に近日提供予定と発表した、Zoomを意識したビデオ通話システム。

時間無制限なしで最大50人とのビデオミーティングが楽しめます。

URLでミーティングに招待できるため、Facebookに参加していないユーザーであっても招待することが可能です。

料金無料
同時接続人数50人
会員登録不要
機能URLで招待
セキュリティサーバ間で暗号化
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

一部の国で今週からロールアウトし、数週間かけてグローバルに拡大していく予定です。

ZOOMの代わりになるサービス【拠点型】

支店と支店、オフィスと取引先など拠点を繋ぐ形式のWeb会議、テレビ会議サービスを5選を紹介します。

LoopGate

日本発信の拠点型のサービスで、専用機を使ってワンタッチ操作でオンライン会議を行います。

導入ガイドなどもあり、初めてこうしたシステムを導入するという企業にも親切です。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

FreshVoice

「FreshVoice」とそのライト版「Lite FreshVoice」は拠点と拠点を繋ぐタイプの会議システムです。

セキュリティが万全ではありますが、料金が高いため多くの顧客や支店を持った大企業向けのサービスと言えるでしょう。

下記の記事が詳しいのでぜひ参考にしてください。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリまとめ完全版!!

RICOH Unified Communication System Apps

リコージャパン株式会社の提供するWeb会議ソフトウェア。

1つのIDで様々なデバイスからアクセスできるため、会社や自宅、外出時など様々な場面での使い分けがしやすいです。

セキュリティが高く、端末にダウンロードするだけで使えるようになるため、簡単に始めることができます。

料金月額3,000円~
同時接続人数
会員登録契約が必要
機能参加拠点を1度にミュート/録画/360度全天球映像対応
セキュリティ映像・音声データを暗号化/端末相互に認証された場合のみ接続が許可
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

90日間(最大5つのIDまで発行)の無料トライアルを実施しています。

RemoteMeeting

RemoteMeetingは従量制の課金システムも存在する珍しいWeb会議アプリ。

従量制のプランもあるため、使わなかったときはお金を支払う必要はありません。

料金従量制29円/分~
同時接続人数30拠点
会員登録必要
機能議事録/簡単
セキュリティ全てのメディアデータはDTLSにより暗号化
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

14日間の無料体験期間があります。

BlueJeans

BlueJeansでは、世界5カ国にMCSを分残させており、1つのサーバーがダウンしてもサービスが停止しません。

サーバーが安定しているのに加えて、映像と音声も高品質で、話していてクリアに聞こえます。

料金約120,000円/年
同時接続人数150拠点
会員登録必要
機能資料共有/無制限のクラウド録音/会議の監視と制御/記録
セキュリティ仮想会議室はランダムに発行される会議IDとパスコードで構成/AES128などの暗号化方式に対応
対応PC/iPhone/Android

ココがポイント

現在、30日間+30日間のトライアルキャンペーンを実施中(2020年4月30日まで)です。

【2020年最新】大人数でビデオ通話がしやすいアプリ40選完全一覧表まとめ!!

オンラインミーティングはもちろん、飲み会や友達の集まりにもオンラインシステムを推奨しています。こうしたシステムは実は調べてみると、非常にたくさんあり玉石混交の状態です。 この記事では、それぞれのシーン ...

続きを見る

\\follow//

-PC, オススメ
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.