zoom

ZoomでこのIDは無効ですと表示される場合の詳細と対処法

Zoomのミーティングルームに参加する際、「このIDは無効です」と表示されるためルームへ参加できないと困っている方が多くいます。

この記事では「このIDは無効です」と表示される詳細と対処法を解説しています。


ZoomのIDは2種類存在する

Zoomには、ミーティングをおこなう際に使用するIDが2種類存在します。

ポイント

・ミーティングID

ミーティングルームを開催した際に、部屋番号として付与されるIDの事。

・ミーティングID

あなただけに確保されたミーティングルームで、IDを知っている人なら24時間訪問可能。

Zoom「認証されてるユーザーしか参加出来ません」エラーの詳細と対処法

10ケタと11ケタの番号の違い

ミーティングIDと個人ミーティングIDでは、数字のケタ数が違います。

前者のミーティングIDは「11ケタ」、後者の個人ミーティングIDは「10ケタ」の数字が使用されています。

個人ミーティングIDは、自身で変更するまで変わらない為、開示する人は限定することをオススメします。

Zoomのルーム作成方法!状況別の使い分け方も紹介(スマホ・PC版)

ミーティングIDのケタ数変更

以前まで、ZoomのミーティングIDは「9ケタ」でした。

しかし、Zoomはセキュリティの脆弱性が指摘されていたことから、2020年4月にZoom内のセキュリティ強化をおこないました。

そして、セキュリティ強化の一環として、ミーティングIDのケタ数が「9ケタから11ケタ」に変更されています。

この措置は、部外者がミーティングルームへ勝手に侵入し、ミーティングを妨害する行為(Zoomboming)への対策と考えられます。

ZOOMのマイミーティング設定ではどんなオプションを付けられる?おすすめ設定を紹介!

個人IDの確認方法

Zoomで発行されている個人ミーティングIDは、アプリを起動して下部のメニューバーにある「ミーティング」から確認可能です。

セキュリティ強化に伴い、ミーティングIDのケタ数に変更があったものの、個人ミーティングIDには変更がありませんでした。

個人ミーティングIDは、Proバージョン(有料)へアップグレードすることで、自身の好きな番号へ変更が可能です。

既に利用されている場合は別の番号を選択しましょう。

ミーティングIDの確認方法

通常のミーティングIDは、ミーティングルームの画面の上部に11ケタの数字として表示されています。

PC(Windows)の場合も同様に、画面上部に表示されていますが、全画面表示だと見えないので「Esc」を押しましょう。

開いているミーティングルームに、他のユーザーを招待したい場合はミーティングIDを伝えましょう。

URLから参加する場合のID

URLからミーティングに参加する際はIDの打ち込みがありませんが、ID自体がURLに記載されてあります。

待されたURLの中に10ケタまたは11ケタの数字が並でいます。

この並んでいる数字がルームのIDとなっているので、ルームを変更した場合はURLある数字が変更されてしまいます。

その場合、同じURLLからのアクセスは無効と表示されます。

ミーティングIDが無効になる原因

ZoomでミーティングIDが無効になる原因は複数あります。

思わぬことが原因で無効になる可能性もあるので、発行されたミーティングIDの管理には注意しましょう。

期限が切れる

ミーティングIDには期限があるため、一定期間を過ぎてしまうと無効になってしまいます。

IDの期限は、開催しているミーティングルームの種類によって違うので確認しておきましょう。

「ZOOM Cloud Meetings」にサインイン・ログアウトする方法とサインインできない場合の対処法

ポイント

・インスタントミーティング

開催したインスタントミーティングの終了と同時に無効になります。

スケジュールをおこなう事なく、思い立ったらすぐ始められるミーティングルームです。

・スケージュール済み非定期ミーティング

会議のスケジュールまたは開始から30日経つと無効になります。

30日以内であれば、同じミーティングIDからミーティングが再開できます。

・定期ミーティング

最終ミーティング開始日から数えて365日経つと無効となります。

日次、週次、月次の単位でスケジュールが可能で、途中からスケジュールの頻度や日時を変更することも出来ます。

Skype(スカイプ)のビデオ通話の時間制限について解説!Zoomとの比較検証も有り!

ログイン資格情報を共有している場合

ログイン資格情報(ミーティングIDやURL)を共有していると、アクセスの際にIDが無効になることがあります。

原則としてZoomアカウントには、同じ種類のデバイスからは同一アカウントへはログインは出来ません。

例えば、ログイン情報を共有しているPCが2台あった場合、片方のPCからミーティングルームへアクセスをおこないます。

そして、もう片方のPCからアクセスすると、アクセスができない、または片方のPCからはが強制的に退出させられます。

URLからアクセスしたとしても、同種類のデバイスではIDが無効化されてしまいます。

ホストが削除した可能性もある

IDが無効になってしまった原因として、ミーティングルームのホストがあなたを削除してしまった可能性も考えられます。

ルームホストは、ミーティングルームにいるメンバーを自由に退出させることが出来ます。

さらに、ルームから退出させられたメンバーは「再参加」が出来無くなり、再度ルームに入るためには、そのミーティング自体をを立ち上げ直す必要があります。

削除されたメンバーは、再度ログインしようとすると「IDが無効」と表示されます。

エラーやバグが発生している

Zoomでは、エラーやバグで発行したIDが無効になるケースがあります。

ネットワークの環境に問題があったり、ズームアプリやブラウザに不具合が発生していると、新規で発行したIDであっても正常に認証されません。

バグに関しては随時メンテナンスにて修正が行われています。

最新のミーティングIDを発行する

Zoomでは、1つのアカウントが同時に複数のミーティングを開催する事は出来ません。

よって、複数のミーティングを開催すると、古いミーティングルームは強制終了してしまいます。

他のユーザーをミーティングルームへ招待する際は、一番新しく開催したルームへ招待しましょう。

その他IDが無効になる原因

その他の理由でも、IDが無効になってしまう事があります。

ポイント

・APIキーとシークレットを渡すとエラーになる

・アプリやOSのアップデートをおこなっていない

・キャッシュやタスクが蓄積している

・使用端末に何らかの問題がある

ユーザーの利用環境によって、IDが無効になる原因は異なります。

ZoomでこのIDは無効ですと表示された場合の対処法

上記で記載した期限に合わないIDを使ってミーティングルームにアクセスすると、「このIDは無効です」と表示が現れアクセスが出来ません。

対処法は複数あるので、自身の状況にあった方法を選択して対処しましょう。

打ち込んだIDを再チェックする

「このIDは無効です」と表示される原因で最も考えられるのが、IDの打ち間違いです。

以前まで9ケタだった数字が11ケタに変更されたことで、より打ち間違える可能性が高くなりました。

また、伝えられた数字自体が間違えている場合もあるので、出来るだけコピー&ペーストを利用しましょう。

過去に使ったことがあるミーティングルームの場合は、履歴から検索すると間違えるリスクも無いので安心です。

期限が切れる前にアクセスする

上記で、ミーティングルームには期限があると説明しました。

IDが無効になってしまった原因として、アクセスしようとしているミーティングルームが既に期限切れになっている可能性も考えられます。

特に、インスタントミーティングルームの場合は、ミーティング終了と同時にIDが無効になってしまうため、早めにルームへアクセスしましょう。

無料会員の場合は、ミーティングルーム作成後40分以上経つと強制的に終了している場合があります。

Zoomの待機室を有効化無効化、実際に使うときの手順について解説!

改めてルームを開催してもらう

ネットワーク上の不具合や、何かしらのエラーでルームへアクセスするためのIDが無効になっている可能性もあります。

その場合は、ミーティングルームを開催しているホストに、改めて別のルームを開催してもらう事で解決します。

改めてミーティングルームを作成すると、「ミーティングルームID」が変わるので、再度教えてもらいましょう。

URLからの招待で「このIDは無効です」と表示される

URLからのアクセスで「このIDは無効です」と表示されるケースがあります。

その場合は、「URLが間違えている」または「ルームが変更された」可能性が高いです。

ルームを変更するとURLに記載されてあるIDが変わってしまうため、再度URLを発行し送信して貰う必要があります。

個人IDは基本的に使用しない

補足として、個人ミーティングIDは親密な相手以外には教えないほうが良いと考えられます。

個人ルームは、IDを知っている人なら誰でも出入りが出来ます。

そのため、自分の信頼できる相手ではない人が、勝手にルームへアクセスして来る可能性も考えられます。

通常のミーティングルームでは、ルーム解散をすれば良いだけですが、個人ミーティングIDを知られているとIDの変更が必要になります。

あまり親密ではない相手には、基本的にインスタントミーティングを使用しましょう。

Zoom「認証されてるユーザーしか参加出来ません」エラーの詳細と対処法

Web会議アプリのZoomにて、「認証されてるユーザーしか参加出来ません」という表示がされ、ミーティングルームに参加できないというユーザーが増えています。 この記事では、Zoomで「認証されてるユーザ ...

続きを見る

\\follow//

-zoom
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.