zoom

Zoomに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される場合の詳細や対処法を解説!

2021年5月23日のアップデートにより、Zoomのレコーディング機能の仕様に変更があり、レコーディング機能による撮影がされている時に通知が入るようになりました。

この記事では、Zoomのチャットルームに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される場合の詳細や対処法について解説していきます。

Zoomに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される

2021年5月23日のアップデートから、Zoomのミーティングルームに入ると「このミーティングは録音されています」と表示されるようになりました。

この表示は、ミーティングホストまたは参加者がZoomのレコーディング機能を利用して録音/録画を始めるまたは録音/録画している最中にルームに参加した場合に出てきます。

この表示がされた時は、同意せずにミーティングから退出するミーティングを退出または会議を退出を押すか、同意して続ける続行を押すしかありません。

もし、周りにバレることなく記録を録りたいなら、スクショや画像録画機能を利用するという方法もあります。

録画機能の使い方については下記の記事をご覧ください。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

非表示にする方法はないのか?

Zoomで表示される「このミーティングは録音されています」という通知を非表示にすることは出来ません。

録画する側とされる側どちらでも操作が出来ず、通知が来たら退出または続行を押してルームから退出するか録画されていることに同意するしかありません。

ただし、通知そのものを切る方法は、Enterprise、API、Education、Businessいずれかのプランに加入している総ライセンス数が100以上のアカウントがホストになった場合に、ホストが設定から通知の表示/非表示を切り替えるしかありません。

詳しい内容については下記の記事をご覧ください。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

相手にバレずに録画することは出来ないのか?

特定の方法を使えば相手にバレずにZoomの会議を録音・録画できます。

バレずに録る方法

  • 音を切ってスクリーンショットをとる
  • 貴方がホストである場合で総ライセンス数100を超えるアカウントであり、Enterprise、API、Education、Businessプランいずれかに加入している状態で通知をオフにする
  • デバイス特有の画面録画機能を使う
  • 録音アプリや録画アプリを使って撮影する

詳しい手順に関しては下記の記事をご覧ください。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

Zoomに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される原因

Zoomのミーティングルームに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される原因について解説していきます。

表示は仕様変更によるもの

Zoomに入ると「このミーティングは録音されています」と表示されるようになった要因は、2021年5月にそのルームでレコーディング機能を使っている人がいると、通知がされるように仕様変更されたからです。

仕様変更によるものなので、特定の条件を満たさない限り通知のオフが出来ません。

また、この時のアップデートでプライバシー関連についてさらに強化されました。

特定のプランかつライセンス数100以上でないと録画時に必ず表示される

総ライセンス数100以上のアカウントを持っている場合、そのアカウントがホストの時に限り「このミーティングは録音されています」という通知のオンオフを切り替えることができます。

こうした総ライセンス数100を超えるアカウントであり、Enterprise、API、Education、Businessプランいずれかに加入していれば切り替えが可能ということです。

通知をオンにすれば、通常通り「このミーティングは録音されています」という通知がされ、通知をオフにすることで「このミーティングは録音されています」という通知が表示されないようにできます。

詳しい内容に関しては下記の記事をご覧ください。

ZOOMは本当に無料なの?無料でどこまで使えるの?有料と無料の違いに関して解説!

ライセンス100未満のBasic、Pro、Business、無料アカウントの場合

ライセンスが100未満(このライセンスとは有料ライセンスを示します)のBasic、Pro、Business、無料試用アカウントが主催者(ホスト)のミーティングで録音・録画しようとすると、すべての参加者に「このミーティングは録音されています」という通知が表示されます。

この通知をオフにすることはできません。

通知をオフにするためには、Enterprise、API、Education、Businessいずれかのプランにアップグレードし、総アカウント数を100以上にする必要があります。

Enterprise、API、Education、Businessでライセンスが100以上の場合

Zoomでは、すべての参加者に対して録音の同意ダイアログボックスと音声プロンプトが必要になりました。

ただし、Enterprise、API、Education、Businessのいずれかのプランに加入していて総ライセンス数が100を超える者が主催者の場合に限っては、「このミーティングは録音されています」という通知を内部ユーザーに対して表示するか切り替えることができます。

デフォルト状態では、「このミーティングは録音されています」と表示されるようになっているため、非表示にしたい場合は、後から非表示に切り替える必要があるでしょう。

Zoomに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される場合の対処法

Zoomのミーティングルームに入ると「このミーティングは録音されています」と表示される場合の対処法について解説していきます。

主催者のプランと設定によっては通知なしで録画されているケースも

主催者がEnterprise、API、Education、Businessプランの加入者かつ総ライセンス数100以上のアカウントの場合、「このミーティングは録音されています」という通知を非表示にすることが可能です。

つまり、主催者がEnterprise、API、Education、Businessプランいずれかの加入者であり総ライセンス数100以上のアカウントで通知を切っている場合、貴方がレコーディング機能で録画されていないと思っていても録画されてしまっているケースもあり得ます。

また、Zoomに付属されているレコーディング機能による録画であれば、貴方が主催者である場合にEnterprise、API、Education、Businessプランのいずれかに加入していて総ライセンス数100以上のアカウントでない場合またはEnterprise、API、Education、Businessプランいずれかに加入していて総ライセンス数100以上のアカウントである場合で通知をオンにしている場合は、誰かがレコーディング機能で録画を始めていれば「このミーティングは録音されています」と表示されるはずです。

ただし、「このミーティングは録音されています」という表示がされるのは、Zoom付属のレコーディング機能だけであり、スクリーンショットやデバイスの録画機能・録画アプリなどを利用されると気づかず録画されている可能性もあるでしょう。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

主催者の設定によって通知の有無が変えられる

主催者がEnterprise、API、Education、Businessプランいずれかの加入者であって総ライセンス数100以上のアカウントである時、「このミーティングは録音されています」の通知の有無を設定できます。

設定の変更方法については下記の記事をご覧ください。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

レコーディングの禁止をする(主催者)

主催者が参加者に対してレコーディングの禁止を設定することもできます。

ただし、貴方がEnterprise、API、Education、Businessいずれかのプラン加入者であり総ライセンス数100以上のアカウントでなければ、またはそうしたアカウントだったとしても通知をオフにしていなければ、貴方が録音・録画を始めた時に参加者に通知が飛ぶのを止めることはできません。

貴方がEnterprise、API、Education、Businessいずれかのプラン加入者であり総ライセンス数100以上のアカウントであり、録音・録画の際の同意通知を切っていれば、参加者の同意を得ることなくレコーディングができます。

また、画面録画やデバイスの録画機能を使えばこうした条件を満たさなくてもバレずに撮影が可能です。

参加者がEnterprise、API、Education、Businessいずれかのプラン加入者であり総ライセンス数100以上のアカウントであったとしてもホストでなければ、「このミーティングは録音されています」の通知のオンオフを切り替えることはできません。

そのため、貴方が主催者であれば、少なくともレコーディング機能で隠し撮りされることはないと言えるでしょう。

ただし、スクリーンショットや画像録画・録画アプリによって秘密裏に記録を録られたり、録画されたりする可能性はあることに注意すると良いでしょう。

レコーディングの禁止方法に関しては下記の記事をご覧ください。

Zoomでスクショ(画面録画)を撮る方法!相手にバレないように撮るには?

通知が出た時は「退出」または「続行」を選ぶ

「このミーティングは録音されています」の通知が出た時は、主催者や参加者の誰かがZoomのレコーディング機能を使って録画しています。

この通知が表示されてしまうと、ミーティングを退出を押して録画されることを拒否するか、続行を押して同意するしかありません。

前者を選択すると自動的にルームから退出となり、後者を選ぶと入室できます。

録画されるのを避けて入室するということは出来ないという点に注意が必要です。

Zoomで新機能「Immersive View」が追加!詳細と使い方、利用する際の注意点をご紹介

2021年5月、ZoomでImmersive Viewという新機能が追加されました。 今回はImmersive Viewの詳細と使い方、Immersive Viewを利用する際の注意点についてご紹介し ...

続きを見る

\\follow//

-zoom
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.