facebook

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる原因と対処法を解説

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる問題が発生しています。

今回はFacebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる原因と対処法を解説していきます。

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる不具合の詳細

・勝手に確定

・消える

・連続入力

など

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる不具合が発生しています。

FacebookやFacebook Messengerで文字入力の問題が報告されており、特に漢字変換を試みると勝手にひらがなに確定されたり、突然カーソルが移動したりする問題が頻発しています。

また、ブラウザベースのFacebookでは、文字を入力していると突然カーソルが先頭に飛んだり、予測変換を選ぶとおかしな動作が起こることがあります​。

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合の原因

  • ブラウザとの相性: Facebookと特定のブラウザ(特にChrome)との相性によるバグが原因である可能性があります​。
  • アプリのバージョン: 古いバージョンのFacebookアプリを使用していると、このような問題が発生する可能性があります​。
  • キーボードの設定: キーボードの自動修正設定が原因でアプリがフリーズする可能性もあります​。

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合の基本的な原因は上記になります。

他にも下記が挙げられます。

アップデートによる影響

Facebookでは、高頻度でのバージョンの更新が行われています。

ユーザー間でも、Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になるという声があげられていますので、アップデートによる不具合が起きている可能性が考えられるでしょう。

Facebook側に問題が起きている

Facebookでは、これまでにも度々同様のエラーを発生させています。

これらの問題はアップデートの有無には関わらず発生しています。

Facebook側からの不具合の修繕も度々行われている為、Facebook側になんらかの問題が起きた結果、Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になった可能性があるでしょう。

スマホ側の設定が誤作動を起こしている

Facebookの言語表記は、スマホ側で設定をします。

この設定が、スマホ側の誤作動でFacebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になってしまっている場合があります。

この誤作動は、OSの更新・アップデートを行った際に特に発生しやすいです。

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合の原因

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になってしまう場合の対処法について解説します。

Androidの場合はFacebook Liteを使ってみる

FacebookではAndroid版に限り、軽量版アプリ「Facebook Lite」をリリースしています。

こちらのアプリは、スペックが低めなAndroidを配慮した作りのアプリとなっている他、ネット環境に不安がある場合でもスムーズに使える仕様ともなっています。

画面のレイアウト・デザインに少々差はありますが、Facebookで使えていた機能は問題なく使用可能です。

Androidユーザーで、Facebookアプリに不具合が発生している方は、一度こちらのアプリを試してみる事をおすすめします。

 

 

セキュリティ拡張機能を使っている

セキュリティ拡張機能とは、ブラウザのセキュリティを強化するための機能です。

メインで作業をする端末には拡張機能を導入している場合もあります。

セキュリティ拡張機能にはメリットも多いですが、使用していると埋め込みが消えているということがあるので、違うブラウザや端末に切り替えてみましょう。

シークレットモードで確認

どのブラウザでも埋め込みが表示されない場合は、シークレットモードで確認してみるのも手です。

シークレットモードへの切り替えは、Safariの場合ブラウザページの一番右下のタブをタップします。

すると現在のタブ数が真ん中の下に表示されるので、〇個のタブをタップします。

タブグループには通常のタブととプライベートなタブがあるので、プライベートの方にチェックを入れます。

最後に完了を押せば切り替え完了です。

シークレットモードは観覧履歴や検索履歴が残らないだけでなく、初期設定ではセキュリティ拡張機能などが使用されていないため確認作業にも向いています。

Facebookのcookieを削除

Facebookを見る際使用する端末のキャッシュ、cookieが埋め込み表示を妨げている場合があります。

ブラウザのcookie削除方法は、まず設定を開きブラウザ(画像ではSafari)をタップします。

次に設定メニューの下の方にある、履歴とWebサイトデータを消去をタップ。

確認画面が出てくるので、最後に履歴とデータを消去タップすればcookieの削除が完了します。

母音から入力を始めて後から消す

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合は、コメントに文章を入力する際に母音(あ、い、う、え、お)から文章を書き始め、後から文頭の母音を消すという方法がおすすめです。

この方法を取るとスムーズにコメントを入力できます。

全角スペースを入れてから入力を始める

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合は、全角スペースを入れてから文章の入力を始めることで、子音が確定されることを防ぐことが可能です。

全角スペースが気になるようなら、文章を書き終えた後でスペースの部分だけ削除すれば問題ありません。

ATOKから別の入力に切り替える

コメントの入力エラーに関しては、ATOKをかな漢字変換ソフトウェアとして使っているユーザーが報告しているケースが多いことから、ATOKユーザーである場合は別の入力に切り替えることをおすすめします。

ATOKは自身でインストールして利用しているケースもありますが、購入したパソコンにデフォルトで入っていて設定されていることもあるため、デスクトップの入力方式をチェックした場合に「ATOK」という記述があり、それが採用されているようなら別の入力に切り替えるようにしましょう。

また、ATOK以外の入力システムやかな漢字変換ソフトウェアでないものが原因となることもあるので、ATOKユーザーでなくて問題が発生した場合は別の入力に切り替えてみて再度入力してみることをおすすめします。

通知領域から切り替える

入力の切り替えは、パソコンのデスクトップにある入力システムをクリックして別のシステムを押して切り替えればOKです。

この時、入力システムを切り替えるには右クリックである場合と左クリックである場合があるため両方試してみることをおすすめします。

ATOKではないシステムに切り替わりました。

言語バーから切り替える

言語バーが表示されるタイプのパソコンやOSを使用している場合は、言語バーのATOKアイコンをクリックして、表示されるメニューからMicrosoft IMEをクリックすればOKです。

キーボード操作で切り替える

キーボード操作で入力システムを切り替えることも出来ます。

操作方法はWindowsキーを押しながらスペースを押すことです。

スペースキーを押すたびに入力方式が切り替わります。

テキストに書いてからコピペする

Facebook限定で入力の不具合が発生するため、テキストファイルなどにコメントの内容を書き込んだら、コピーしてその内容をコメントに貼り付けて送信することで解決するケースもあります。

コピペの詳しい手順に関しては下記の記事をご覧ください。

インスタの他の人の投稿のキャプション(文章)をコピーする方法について

別のブラウザを使う

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合に関しては、Safariだとエラーが発生し、Chromeに変えてみたらエラーが発生しなくなったという報告がされています。

このように、特定のブラウザのみでエラーが発生するケースもあるため、SafariユーザーはChromeやMicrosoft Egeなどに変えてコメントしてみるなど別のブラウザでコメント入力してみるという方法が有効なケースもあるでしょう。

音声入力を利用する

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合は、パソコンの音声入力機能を利用することで解決する可能性が高いです。

また、スマホアプリ版Facebookで入力エラーが発生するという場合も、スマホに内蔵されている音声入力機能を使うことでエラーが発生することなく内容が入力出来る可能性が高いです。

スマホ(iPhone)

スマホは本来電話で連絡するためのツールであることから音声を取り入れる機能が元々あるため、別途ヘッドセットやマイクなどの入力機器を必要としないメリットがあります。

iPhoneであればFacebookのコメントに音声入力が可能となっているため、iPhoneユーザーはコメント欄の入力で不具合が発生している場合は積極的に試してみると良いでしょう。

キーボードからマイクアイコンを選択して音声入力を有効にするをタップしてください。

デバイスに向かって入力したい内容を喋り、内容が書き込めたら、画面の適当な部分をタップしましょう。

音声入力モードが完了します。

パソコン(音声入力機能があるかチェックする)

音声認識機能あり

内蔵マイクあり

パソコンで音声入力をしたい場合は、そのパソコンに音声認識機能が搭載されているかチェックする必要があります。

音声認識機能は、Windowsのメニューなどで「音声」と入力して「音声認識」というアプリが出てくるようなら搭載されているパソコンです。

パソコン(マイク設定)

パソコンで音声認識の機能をオンにするには、まず検索窓に「音声」などといったキーワードを入力してデバイス内の機能をサーチしてください。

音声認識があったら選択して次へを押し、「音声認識のセットアップ」を進めていきます。

マイクの種類を選択して次へをクリックします。

マイクの種類

  • ヘッドセットマイク
  • デスクトップマイク
  • その他

この時設定できるマイクは上記の3種類ですが、外部の機器を接続している場合はマッチするものを、パソコン内蔵のマイクを使う場合はその他を選択しましょう。

「マイクのセットアップ」のためにマイクから一定の距離を開けて、直接息のかからない場所に座ったら次へをクリックします。

マイクの音量調整を行います。

文章が表示されるため、その文章を普段と変わらない自然な調子で読み上げてください。

文章を読み終えると「次へ」が押せるようになるため、次へを押すようにしましょう。

マイクのセットアップが完了しました。

さらに次へを押すことで「音声認識」のセットアップが可能になります。

パソコン(音声認識の設定)

「音声認識のセットアップ」の手順に入ります。

「ドキュメントのレビューを有効にする」ことで音声認識の精度を上げることが可能です。

より正確な音声認識機能を利用していきたいならドキュメントのレビューを有効にするにチェックをいれ次へをクリックしましょう。

さらに次へをクリックします。

なお、このページでは「リファレンスカードの表示」と印刷が可能です。

リファレンスカードとは、音声認識でよく使うコマンド一覧を記載したものです。

「コンピューターを起動するたびに音声認識を実行する」かどうかの設定をするのですが、自動的に音声認識をオンにしたい場合は起動時に音声認識を実行するにチェックを入れ、手動でオンオフしたい場合はチェックを外し次へをタップしてください。

音声認識のセットアップが完了しました。

操作方法について学びたい場合はチュートリアルの開始、操作方法について学ぶ必要がない場合はチュートリアルを実行しないをクリックしましょう。

パソコン(音声入力)

パソコンで音声入力をしたい場合は、入力したい場所にカーソルをあわせて「音声認識機能のバー」のマイクアイコンをクリックすれば音声認識が開始されます。

音声認識が働かない・調子が悪い場合は、Microsoft Wordなどでも対応しているため、そちらを使って音声入力で文章を作成したものをコピペすることで時短で長いコメントや文章を作成することも可能です。

SNSをチェックする

Facebookで大規模なエラーや不具合が発生した場合はTwitterなどのSNSをチェックすることで同じような症状が起こっている人がいるかチェック出来ます。

Facebookの入力エラーは様々なものがあるため、ケースバイケースで以前は解決できた方法でも次回は有効とは限りません。

SNSをチェックすれば、現在起こっているエラーの詳細はもちろん、どうやったら改善したかといった有益な情報を流しているアカウントもあります。

こうしたアカウントから、現在起こっているエラーや不具合の対処法を探って対策を練ることが出来るでしょう。

PC版を利用する

現在、問題が発生しているのはスマホアプリ版が多いです。

PC版(Web版)では変わらず問題ない場合が多いので、アプリが使えない時はPC、もしくはスマホのブラウザアプリからPC版の利用してみましょう。

自動再生をオフにしてアプリ側の負担を減らす

Facebookでは、フィード内に表示された動画が自動再生される仕様がとられています。これにより、Facebookのアプリ側に負担がかかってしまい、不具合を発生させる場合があります。

自動再生は、Facebookアプリ内にある設定からオフにできます。まずはホーム画面右下のMenu(メニュー)をタップします。次にSettings & privacy(設定とプライバシー)をタップ。

表示されたメニューの中からSettings(設定)をタップします。次に画面下にあるMedia(メディア)をタップしましょう。

最後にAutoplay(自動再生)の項にあるNever Autoplay Videos(動画を自動で再生しない)をタップ。これで自動再生はオフになりました。

キーボードアプリを使う

デフォルトのキーボードを使うのではなく、他のキーボードアプリを使うことで、不具合が直る可能性があります。

以下におすすめのキーボードアプリを紹介しているので、ぜひ利用してみてください。

flick(AD)

「flick」とは、IO株式会社による日本産スマホ向けキーボードアプリです。

(★AD)

flickの特徴

  • 200万種類の顔文字やアスキーアートを登録
  • 顔文字をお気に入り登録出来る
  • 日本製キーボードアプリ
  • キーボードの背景に好きな動画や画像を設定出来る
  • カスタマイズ機能あり
  • AI変換機能あり
  • バックアップあり

「flick」の変換辞書機能が大幅にパワーアップしたため、ネットの文字情報をサーバーで取得・解析出来るようになり、新しい言葉も快適に候補に出やすい環境となっています。

(★AD)

見出し(全角15文字)

  • 日本産キーボードアプリを探している
  • 顔文字やアスキーアートを豊富に使いたい
  • キーボードなどをカスタマイズしたい
  • 文章の入力をスムーズにしたい
  • 流行語やアイドルの名前などもストレスフリーに候補に出したい
  • キーボードを片手入力用の配置にしたい
  • 誤字が多い

「flick」には、AI変換機能が搭載されているため、キーワードを入力することで文脈に沿った単語が表示され、文章の入力にかかる時間を大幅に削減できます。

また、誤字を自動で修正してくれるサジェスト機能も搭載されているため、誤字が目立つという人にも向いたサービスと言えるでしょう。

(★AD)

キーボードの設定方法については以下の記事で解説しているので参考にしてください。

【解決策】Simejiで濁点や句読点が打てない!エラーの原因と対処法

言語表記の設定を直す

Facebookの言語設定を行うには、言語と地域(Language and region)の設定画面を開く必要があります。まずはホーム画面右下のMenu(メニュー)をタップしましょう。次にSettings & privacy(設定とプライバシー)をタップします。

次にSettings(設定)をタップ。次にLanguage and region(言語と地域)をタップします。

Language for buttons, titles and other text from Facebookをタップ。するとスマホの設定画面に移動する為、言語をタップします。

日本語をタップ。これで言語表記設定は終了です。

スマホ側の設定を確認する

Facebookの言語の設定は、スマホ側の設定が大きく関与しています。

Facebookアプリではなく、スマホ側で設定を確認する場合は設定アプリを開きましょう。設定アプリの画面をスクロールし、Facebookをタップします。

候補の言語から日本語をタップします。これでスマホ側の言語設定は完了です。

ヘルプセンターに連絡する

Facebookのヘルプセンターに連絡をしてみましょう。

ヘルプセンターへのページはFacebookのアプリでも開けますが、直接の問い合わせはPC版(Web版)のみで行われているようです。

詳しい問い合わせの方法については、以下の記事をご一読ください。

Facebookで「何らかのエラーが発生しました」と表示されるときの原因と対処法を解説

フィードバックする

もし、問題がなかなか解決しないという場合はフィードバックすることをおすすめします。

多くのユーザーからフィードバックが届くことでFacebookはなるべく早く問題を解決しようと動き始めるでしょう。

フィードバックをするにはメニューアイコンを選択してフィードバックを送信をタップしてください。

不具合を報告をタップします。

必要事項を記入し送信をタップすればOKです。

不具合なので解決するまで時間を置く

Facebookの文字入力が勝手に確定されたり消えてしまう連続入力になる場合はFacebookまたは入力システムの不具合によるものです。

そのため、Facebookや入力システム側が問題を解決するまで時間を置くことで解決します。

Facebookで「何らかのエラーが発生しました」と表示されるときの原因と対処法を解説

Facebookでは、タイムライン/広告/アカウント登録時など様々な場面で「何らかのエラーが発生しました」と表示されるエラーが発生します。 この記事では、Facebookにおける「何らかのエラーが発生 ...

続きを見る

\\follow//

-facebook

Copyright© App Story , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.