Gmail

Gmailのタイムゾーンがおかしい原因と対処法について解説!

 


 

Gmailの時刻表示がおかしい、タイムゾーンがおかしいという報告が相次いでいます。

この記事では、Gmailの時刻表示がおかしい、タイムゾーンがおかしいときの原因と対処法について詳しく解説していきます。

 


 

 

 

Gmailのタイムゾーンがおかしい詳細

デバイスの設定やGmailの設定に問題があると、Gmailの時間表示がおかしくなることがあります。

こうした設定に問題があるケースに加えいきなりGmailのタイムゾーンや受信時刻がおかしくなったという報告が多数されており、これはGmail本体に発生しているバグではないかと考えられています。

Gmailのタイムゾーンがおかしいときの原因

Gmailのタイムゾーンがおかしい場合の原因

  • Gmailでバグが発生している
  • デバイスのタイムゾーン設定に問題がある
  • Gmailのタイムゾーン設定に問題がある

Gmailでバグが発生しているときは、その問題が解決するまで時間を置くことに加え、タイムゾーンの設定を一度変更して戻すことで解決する可能性があります。

状態/項目原因対処法
特定のブラウザで問題が発生拡張機能に問題があるアプリを使う/他のブラウザを使う/拡張機能をオフにする/シークレットウィンドウで利用する
パソコンのみでおかしいパソコンのタイムゾーン設定がおかしいパソコンの「日付と時刻」で「時刻を自動的に設定する」をオン、タイムゾーンを「(UTC+09:00大阪、札幌、東京)」にして同期する
スマホのみでおかしいスマホのタイムゾーン設定がおかしいスマホの「タイムゾーン設定」で「日本」を選択し、タイムゾーンが「東京(GMT+9:00)」になるようにする
デバイス問わずおかしいGoogleアカウントのタイムゾーン設定がおかしい/Gmail本体のバグGoogleアカウントのタイムゾーンを日本に設定する/バグが原因のときは時間を置いたり、フィードバックを送ったりする
いきなりおかしくなったGmail本体のバグ/Cookieとキャッシュが影響を与えている時間を置く/フィードバックを送る/Windowsの再起動
設定に問題はない
ChromeでタイムゾーンがずれるGmail本体のバグChrome以外のブラウザを利用する/Chromeの再起動

Gmailのタイムゾーンがおかしいときの対処法

Gmailのタイムゾーンがおかしいときの対処法について解説していきます。

タイムゾーンの設定変更

Googleアカウント(カレンダー)のタイムゾーンを変更することで、自動的にGmailのタイムゾーンもその基準に変更されます。

パソコンでもスマホでも時刻表示がおかしいというときは、Gmail(Googleアカウント)側の設定に問題があると考えると良いでしょう。

この項目では、ブラウザとアプリに分けてタイムゾーンの設定方法について解説していきます。

ブラウザ

ブラウザからGmailのタイムゾーンを変更したいときはメニューアイコンからカレンダーを選択してください。

「カレンダー」にアクセスできたら歯車アイコンを選択し設定をクリックしましょう。

「言語と地域」のをクリックして日本を選択します。

「タイムゾーン」の「メインのタイムゾーン」が「(CMT+09:00)日本標準時」になっていればOKです。

アプリ(Googleカレンダー)

Googleカレンダーアプリからタイムゾーンの設定を変更することもできます。

まず、Googleカレンダーを起動しメニューアイコンを選択して設定をタップしてください。

全般を選択しデバイスのタイムゾーンを使用をオフにします。

タイムゾーンを選択して日本と検索します。

日本標準時をタップすればOKです。

時間を合わせ直す

パソコンやスマホなどデバイスのタイムゾーン設定がおかしいことが原因で、全体的な時間表示がおかしくなり、その結果Gmailの表示もおかしくなっている可能性があります。

そういったケースでは、そのデバイスのタイムゾーンを合わせ直すことで問題が解決されるケースが多いです。

PC

スマホで利用しているときは問題ないのに、PCを使っているときにGmailのタイムゾーンがおかしいときは、PCのタイムゾーン設定がおかしい可能性があります。

こうしたときは、パソコンそのもののタイムゾーン設定を正しくするようにすると良いでしょう。

なお、設定そのものに問題がなくても、一時的に何らかの原因でタイムゾーンがうまく動いていないケースもあり、そうしたときは【Windows OSのタイムゾーンを変更して戻す】を試してみることをおすすめします。

パソコンのタイムゾーンを合わせ直すには、「Windowsキー」+「I」を押し、設定ページを表示させてください。

時刻と言語をクリックします。

日付と時刻タブを選択して時刻を自動的に設定するオンにし、タイムゾーンを自動的に設定するをオフにしてください。

このページでは、タイムゾーンを手動で設定することもできますが、ずれが生じることが多いためあまりお勧めできません。

タイムゾーンを選択して、(UTC+09:00大阪、札幌、東京)を選びます。

最後に今すぐ同期をタップすればOKです。

スマホ

パソコンでGmailを利用しているときはタイムゾーンが正常に表示されるのに、スマホのときだけ表示がおかしくなるというときは、スマホ本体のタイムゾーンが正常に設定されていない可能性があります。

スマホでタイムゾーンを合わせ直すには、設定からシステムを選択してください。

日付と時刻を選択してタイムゾーンの自動設定をオフにします。

さらに、タイムゾーンの選択を押し、地域をタップしましょう。

日本を選択し、タイムゾーンが「東京(GMT+9:00)」になっていることを確認したら、戻るアイコンをタップすればOKです。

シークレットウィンドウで確認してみる

Gmailを利用するときに、ブラウザを使っているという人で、タイムゾーン設定に問題がないときは、シークレットウィンドウを利用してGmailにアクセスし、タイムゾーンがおかしいままかチェックしてみることをおすすめします。

というのも、シークレットウィンドウを利用すると、ブラウザの拡張機能が無効状態になるため、拡張機能の影響によってタイムゾーンがおかしくなっているというケースかどうか確認することができるからです。

シークレットウィンドウ(シークレットモード)の使い方に関しては下記の記事をご覧ください。

【完全版】Twitch(ツイッチ)エラーのコード一覧・エラーの詳細と対処法

拡張機能をオフにする

もし、シークレットウィンドウでGmailのタイムゾーンを確認してみて、タイムゾーンが正常になっているようなら、それはそのブラウザに入れて有効にしている拡張機能に問題があります。

そのため、拡張機能(アドオン)をオフにすると良いでしょう。

ブラウザをより使いやすくするために、拡張機能はなるべくオフにしたくないというときは、拡張機能をひとつひとつオフにしてはオンにし、どの拡張機能に問題があるか確認して、問題の発生しているアドオンのみ切るようにしてください。

また、シークレットウィンドウでGmailサービスを利用するようにする、問題の発生しているブラウザではない別のブラウザを使ってGmailを利用するなどの対処法もあるでしょう。

拡張機能のオンオフについては下記の記事をご覧ください。

【完全版】Chrome 拡張機能の設定に関して解説!

Cookieとキャッシュの削除をする

ブラウザでGmailを利用しているときは、Cookieやキャッシュが悪さをしていてタイムゾーンがおかしくなっている可能性もあります。

こうした場合は、利用しているブラウザのCookieとキャッシュを削除してみると良いでしょう。

この対処をする前に、デバイスとGmailのタイムゾーン設定に問題がないかと、シークレットウィンドウでの確認(拡張機能の問題ではないかチェック)をおすすめします。

Cookieとキャッシュの削除方法については下記の記事をご覧ください。

楽天市場で「Cookie(クッキー)が受け付けられない」と表示される問題の詳細と対処法

Windows OSのタイムゾーンを変更して戻す

Windows OSの利用者であるときは、デバイスのタイムゾーンを一度変更してから、再度日本に合わせ直すという対処法で解決するケースもあります。

まず、【時間を合わせ直す(PC)】の「時刻を自動的に設定する」をオン、「タイムゾーンを自動的に設定する」をオフにする手順まで進めてください。

次に、タイムゾーンを適当な場所に設定します。

今すぐ同期をクリックし、再度タイムゾーンをクリックしましょう。

(UTC+09:00大阪、札幌、東京)を選択して、最後に今すぐ同期をクリックすればOKです。

Chrome以外のブラウザを利用する

Gmail側の一時的なバグにより発生しているタイムゾーンのずれの多くは、Chrome利用者から報告されています。

こうしたバグはChromeで多く発生しているため、他のブラウザを利用してGmailを利用すれば時間のずれが発生しない可能性が高いです。

Chromeを一度閉じて再度開く

Windows OSのタイムゾーンを変更して戻す】の手順でタイムゾーンを変更して日本に戻しても、ChromeでGmailを利用しているときにタイムゾーンにずれが見られる場合は、Chromeを再起動することでずれが解消されるケースもあります。

Windowsの再起動をする

Windows OSのタイムゾーンを変更して戻す】の手順でタイムゾーンを変更して日本に戻しても時間にずれが見られる場合は、設定を戻した後にブラウザを閉じてWindowsの再起動を行い、再度ブラウザを立ち上げることで解決するケースもあります。

時間を置く(一時的なバグの場合)

Gmailのタイムゾーンに問題が発生したときに下記の要素があったときは、一時的なバグである可能性が高いです。

バグの要素

  • 設定を変更していないのにタイムゾーンがいきなりおかしくなった
  • パソコンでもスマホでもタイムゾーンがおかしい
  • 設定に問題がないのにタイムゾーンがずれている
  • Twitterで調べたら同様の被害が多数起こっている

一時的なバグであるときは、貴方がいくらタイムゾーンの設定を弄ったところで解決しない可能性も高いため、時間の経過で問題が解決するのを待つという手段を取っても良いでしょう。

もちろん、解決を早めるために、アプリ本体やTwitterでGoogleに対してフィードバックを送るのもおすすめです。

Gmailでメールを送信したのに送信済みに表示されない場合の対処法を徹底解説!

Gmailで送信したメールが送信済みメールフォルダに入らないというエラーが2020年5月下旬から頻発しています。 送信済みフォルダに入らず、さらに送信先に届かないこともある不具合です。今回はGmail ...

続きを見る

\\follow//

-Gmail
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.