Googlemeet

GoogleMeetが重い場合の原因と対処法を解説!

Google Meetは個人~大人数での会議が可能なサービスとなっています。

しかし、実際に利用してみると「よく固まる」「重い」という意見が多い結果となっています。今回はGoogle Meetが重い場合の原因と対処法について解説していきます。

Google Meetが重い場合の原因

Google Meetは余計な操作が必要ないので簡単に利用することができますが、他のサービスに比べると動作が重いという意見が多いです。

実際にGoogle Meetを利用して、重いと感じている方の意見を以下にまとめました。

  • 画面共有などをすると、重くなる
  • 会議をすることができるが、ちょくちょく映像が固まる
  • 他のサービスに比べるとかなりの頻度で重たくなる

上記のような重いという意見に対して、なぜ重くなっているのか以下に原因をまとめています。

  • パソコンのスペックが低い
  • ブラウザのタブをたくさん開いている
  • アプリやソフトをたくさん開いている
  • 高画質にしている
  • アプリのバージョンが古い
  • 省電力モードに設定している
  • 映像加工のソフトを利用している
  • ネット回線の速度に問題がある

Google Meetが重い場合に試したい対処法

先ほどお伝えしたGoogle Meetが重い原因をもとに、ここからは対処法について解説していきます。

Google Meetに必要なパソコンのスペックを確認する

Google Meetのビデオ会議が重くて普通に利用できない場合には、利用しているパソコンが低スペックということが考えられます。

Googleの公式サイトでは、HD動画を利用する場合、以下のようなスペックが必要と公表しています。

  • 2.2 GHz Intel 第 2 世代
  • i3
  • i5
  • i7
  • AMD

※または上記より最新のCPUが必要

公表している以外のスペックでGoogle Meetを利用しても重くて動かない可能性があります。

しかし、それでもGoogle Meetを利用したいという場合にはパソコンのスペックを上げるか、スマホのアプリを利用するかの対処法を試してみてください。

タスクマネージャーを確認してみる

Google Meetでビデオ会議をしてみるとどれくらいのパソコンのメモリを利用するのか、自分のパソコンで調査をしてみました。

実際に確認したところ、Google Meetのビデオ会議だけで、「約174MB」利用していることがわかりました。

利用しているパソコンにもよりますが、私のパソコンではメモリの使用率が32%とほとんどをGoogle Meetで占めていることになります。

この他に違うソフトを起動させたり、タブをたくさん増やしたりすると、さらに使用率が増えパソコンは重くなるでしょう。

タスクを開き、Google Meet以外でメモリを利用しているものがあれば、タスクを消していくとGoogle Meetも重くならずに済むでしょう。

キーボードの「Ctrl+Shift+Esc」を同時に押すとタスクマネージャーの確認が可能です。

ブラウザのタブは必要なものだけ開く

Google Meetを利用する際に、上の画像のようにブラウザで様々なタブを開いているとGoogle Meetの動作が重くなる可能性があるので、利用しないタブがあればすぐに消しましょう。

そうすることで、Google Meetが軽くなる場合があります。

タブをたくさん開くことにより、パソコンが処理しなければいけないことも増えます。

そうするとパソコンのメモリ使用率が増え、パソコン自体の動作が重くなり、Google Meetの動作も重くなります。

必要のないアプリやソフトは閉じる

パソコンやスマホでGoogle Meetを利用している場合、余計なアプリやソフトを開いたままGoogle Meetを動作させると通話が重くなる可能性があります。

  • スマホの場合:必要のないアプリを開いている場合はタスクを消す
  • パソコン:必要のないソフトを開いている場合は、該当のソフトを一旦閉じる

上記の対処法を行うことで、Google Meetの動作が軽くなるでしょう。

映像の画質を下げる

映像の画質変更の方法は以下の記事にて解説しているので、参考にしてください。

GoogleMeetの使い方(スマホ・PC)を徹底解説!

GoogleもGoogleMeetというテレワークアプリを提供していますが広報や使うまでのハードルの高さもあり日本ではまだ利用者が少ないようです。今回はそんなGoogleMeetの使い方を詳しく解説し ...

続きを見る

省電力モードをオフにする

パソコンが省電力モードになっていると、Google Meetに限らずパソコン自体の動作も重くなります。

なので、パソコンの右下にある「バッテリーマーク」をクリックして電源プランを「バランス」に変更しましょう。

そうすることで、動作が制限が解除されパソコンの動きも軽やかになります。

バランスは「バッテリー消費」「パフォーマンス」をバランスよく利用できる設定です。

パソコンによっては「高パフォーマンス」と言って、パフォーマンス重視の設定もあります。
※「高パフォーマンス」はバッテリーの消費が早くなります。

  • パソコンを電源供給せずに利用している場合は自動的に省電力設定になっている可能性があります。
  • パソコンのOSバージョンによっては、変更方法が多少違う可能性があります。

映像加工ソフトをオフにする

Google MeetでSnap Cameraのような加工ソフトを利用していて、重くなっているという場合には通常のカメラに戻してあげる操作が必要です。

その操作方法については、以下の記事にて解説しています。

GoogleMeetでバーチャル背景を設定する方法を徹底解説!

    Googleが提供しているビデオミーティングサービスに「GoogleMeet」があります。今回はGoogleMeetでバーチャル背景を使う方法を解説していきます。 Cont ...

続きを見る

Google Meetに必要なネット回線速度を知る

Google Meetで通話を行うには、どれくらいのネット回線速度が必要か公表されています。

  • 2人でビデオ会議する場合(HD画質):送信3.2Mbps/受信2.6Mbps
  • 複数人でビデオ会議する場合:3.2Mbps/3.2Mbps

上記の回線速度が理想なので、上記の数値よりも低い場合はGoogle Meetで正常にビデオ通話ができない可能性があります。

ちなみに、ネット回線速度確認方法については以下の記事にて解説しています。

Skype(スカイプ)が重くて音声や映像が途切れる場合の原因と対処法を解説!

Skypeは無料で通話ができる高機能なソフト・アプリですが、高機能なゆえに少し重くなったり・固まったりすることが多々あります。 今回はSkypeが重くて映像や音声が途切れる場合の原因・対処法を解説して ...

続きを見る

画面共有する場合は他の人にビデオをオフにしてもらう

画面共有をしていて、Google Meetの動きが重くなる場合には、画面共有している人以外のユーザーのビデオをオフにしてもらいましょう。

そうすることで、データのやりとりが減り動作が軽くなる可能性があります。

パソコン・スマホなどを再起動してみる・最新バージョンに更新してみる

どんな対処法を行っても重い・固まるという場合には以下の対処法を試してみてください。

  • パソコン・スマホを一度再起動する
  • Google Meetを再起動してみる
  • スマホのGoogle Meetを利用している場合は最新バージョンか確認してみる
  • パソコンで重い場合はスマホ、スマホで重い場合はパソコンと利用するデバイスを変えてみる

Google Meetで自分の顔可愛くしたい!フィルターやエフェクトを使う方法を解説!

「Google Meet」自体にフィルターやエフェクト機能はなくても、「Snap Camera」というアプリと使えば「Google Meet」にフィルターをかけることが可能です。 この記事では、「Go ...

続きを見る

\\follow//

-Googlemeet
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.