LINE

LINEの不具合でアプリを開かないと通知が来ない原因と対処法をご紹介

現在LINEでは、LINEアプリを開かないと通知が飛んでこないという不具合が発生しています。

今回の記事では、LINEアプリを開かないと通知が飛んでこない問題の原因と対処法についてご紹介していきます。

LINEの不具合でアプリを開かないと通知がこない問題が発生

現在、一部のユーザーの間でではLINEアプリを開かないとトークの通知が飛んでこない不具合が発生しています。

通常であればロック画面やアイコンバッジに通知が表示されるにも関わらず、通知が飛んでこないことが原因でメッセージが送信されていることに気づけないユーザーが多発しています。

詳細

  • ロック画面やアイコンバッジに表示が出ない
  • 通知音が鳴らない
  • アプリを開かないと通知がこない
  • 不具合が1ヶ月くらい続いているユーザーや、iOS15.1以降で発生しているユーザーもいる

ロック画面やアイコンバッジに表示が出ない

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない問題の詳細としては、新規メッセージが送られてきているにも関わらずロック画面やアイコンバッジに表示が出ないというものです。

LINEでは通知設定をオンにしていれば新規メッセージが送られてきたタイミングで、ロック画面やアイコンバッジに通知が飛んでくる仕組みになっています。

一方で通知設定はオンになっているにも関わらず、通知が飛んでこないという不具合が発生しています。

通知音が鳴らない

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない問題として、通知音が鳴らないという不具合も発生しています。

通知が表示されない問題同様に、新規メッセージが送られてきているにも関わらず通知音が鳴らないという内容です。

アプリを開かないと通知がこない

LINEで通知が飛んでこない問題の特徴として、LINEアプリを開くと新規メッセージの通知が飛んできます。

アプリを開いたタイミングで、通知音と一緒に新規メッセージが上位に上がってくるという状態となっています。

そのためアプリ上では新規メッセージを受け取っているにも関わらず、アプリを開いていない時には通知がこないという不具合になっています。

1ヶ月くらい続いているとの声も

今回のLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない問題は、1ヶ月ほど前から継続している不具合だという声も上がっています。

通常LINEで何かしらの不具合があった場合には、比較的早い段階で不具合の修正対応が実施されます。

一方で、長い間通知が届かない状態が継続してしまっているユーザーがいる状態となっています。

iOS15.1以降で発生しているとの声もある

iPhoneユーザーの中には、iOS15.1にアップデートしたタイミングからLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない問題が発生しているという声も上がっています。

こちらの場合にはLINE側の不具合だけではなく、iOSの不具合の可能性もあります。

LINEの不具合でアプリを開かないと通知がこない原因

ここからは、LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない不具合の原因についてご紹介していきます。

LINE側のバグ

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない原因としては、LINE側でバグが発生している可能性があります。

また一部のユーザーの間では長期間継続して発生していることから、慢性的な不具合となってしまっている可能性もあります。

他の端末でLINEを起動している

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、PCやタブレットなどの他の端末でLINEを開いている可能性もあります。

LINEは他の端末でアプリを開いている状態であれば、スマホに通知が飛んでこない仕組みになっています。

そのため他の端末がスリープモードになっていない状態で、LINEを開き続けている状態になっていることが原因の可能性もあります。

不具合ではなく通知設定の問題の可能性も

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、不具合ではなく通知設定の問題の可能性もあります。

念のため、一度スマホやLINEアプリの通知設定を確認してみることもおすすめです。

LINEの不具合でアプリを開かないと通知がこない場合の対処法

ここからは、LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合の対処法についてご紹介していきます。

LINEで通知がこない場合には設定の問題もしくはLINE側の不具合対応を待つしかない状態となりますが、端末や使い方などの問題もあるので、念のため以下の対応や項目も確認してみることをおすすめします。

その他の項目や対処法

  • 他の端末でLINEアプリを開きっぱなしにしていないか
  • 端末のストレージが不足していないか
  • 端末やアプリの再起動
  • アプリの再インストール

端末の通知設定を確認する

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、念のために端末上の通知設定を確認してみてください。

iPhoneの場合であれば設定アプリを起動して下にスクロールし、LINEをタップします。

端末のLINEの設定画面が表示されるので、通知をタップしてください。

こちらで通知を許可の横にあるボタンが緑色になっていればオンの状態です。

グレーになっている場合には、ボタンをタップしてオンに切り替えてください。

Androidでの通知設定の切り替え方法は以下の関連記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

AndroidのLINEで通知オフが勝手に解除されオンになる原因と対処法を解説!

端末のサウンド設定を確認する

iPhoneユーザーの場合でLINEで通知音が鳴らないという場合には、端末のサウンド設定を確認してみることもおすすめです。

手順としては設定アプリを起動して下にスクロールし、LINEをタップします。

端末のLINEの設定画面が表示されるので、通知をタップしてください。

通知の下にあるサウンドの横のボタンがグレーになってればオフの状態になっています。

こちらの場合はボタンをタップして、ボタンが緑色(オン)になるように切り替えてください。

LINEアプリの通知設定を確認する

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、LINEアプリ内の通知設定をもう一度確認してみることもおすすめです。

アプリ内の通知設定のオンオフ切り替え方法に関しては、それぞれ以下の関連記事でご紹介しているので参考にしてみてください。

▼Android

AndroidのLINEで通知オフが勝手に解除されオンになる原因と対処法を解説!

▼iPhone

LINEでストリートロワイヤルにログインしたら通知が大量に届く原因と対処法のご紹介

トークルームごとの通知設定を確認する

特定のアカウントからの新規メッセージがLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、トークルーム単位で通知を受け取らない設定にしている可能性があります。

LINEではトークルーム単位で通知をオフにしている場合には、そのトークルームに送られた新規メッセージはアプリを開かないと表示されない仕組みになっているためです。

トークルームで通知をオフにしている場合には、画像のように相手のアカウント名もしくはグループ名の横に通知オフのアイコンがついています。

こちらをオンに切り替える場合には、通知を表示したいトークルームをタップします。

右上のをタップしてください。

トークルームに対するアクションが選択できるので、通知オンをタップすれば完了です。

おやすみモードや集中モードになっていないかを確認する

iPhoneユーザーでLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、おやすみモードや集中モードが有効になっている可能性があります。

こちらの設定が有効になっていることで、一時的にLINEからの通知が飛ばないようになってしまっている可能性があります。

集中モードに関しては以下の関連記事でご紹介しているので、参考にしてオフに切り替えてみてください。

iOS15でロック画面にハートを出す方法について解説

サイレントモードになっていないかを確認する

Androidユーザーの方でLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、サイレントモードになっていないかを確認してみることもおすすめです。

サイレントモードの確認方法に関しては以下の関連記事でご紹介しているので、参考にして確認してみてください。

【最新】Androidで通知が来ない場合の原因と対処法について詳しく解説!

OSのアップデートを行う

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、OSをアップデートすることで解消する可能性があります。

またiPhoneユーザーの場合にはiOS15.1で不具合が発生したという声もあるので、現状の最新版であるiOS15.2にアップデートしてみることもおすすめです。

一度機内モードにして戻す

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、ネット回線で何かしらの不具合が発生している可能性もあります。

こちらの場合には通信環境を見直す他に、一度機内モードにしてから機内モードをオフにすることで解消する可能性があります。

機内モードのオンオフの切り替え方に関しては、以下の関連記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ディズニーリゾート公式アプリで通信エラー発生!原因や対処法を徹底解説

スマホの本体を再起動する

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、スマホ自体で何かしらの不具合が発生している可能性もあります。

そのためスマホの本体を再起動することで、通知がこない不具合が解消する可能性もあります。

他のアプリでも通知がこない時があるなどの場合には、一度スマホ本体を再起動してみてください。

他のデバイスで開いているLINEアプリを終了する

LINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、他のデバイスでLINEアプリを開いていることが原因の可能性もあります。

PCやタブレットなどでLINEアプリを開いたままにしている場合には、アプリを終了してみることで通知が来るようになる可能性もあります。

LINE側の不具合対応を待つ

通知設定に問題がないにも関わらずLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、LINE側で不具合が発生している可能性が高いです。

その場合にはlINE側で不具合の対応が完了するまで待つしかない状態となります。

一方で今回の不具合は1ヶ月前ほどから継続して発生しているユーザーもいるので、すぐに不具合が解消されない可能性もあります。

定期的にLINEアプリを開く

設定などに問題がないにも関わらずLINEでLINEアプリを開かないと通知が飛んでこない場合には、定期的にLINEアプリを開いて確認するしかない状態となります。

また普段からLINEを開く習慣がないという方に関しては、不具合が解消されるまでは一時的にインスタのDMなどでのやりとりを行うこともおすすめです。

Android版のLINEで発生しているLINEコインが買えない反映されない原因と対処法を解説

2022年1月1日の午前頃からAndroid版LINEでLINEコインが買えない、購入して履歴に残っているのに反映されないということで問題となっています。 この記事では、Android版LINEでLI ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.