カラオケ

Pokekara(ポケカラ)でSSSを出すコツと秘訣を解説!

無料で多くの楽曲を歌え、高精度な採点機能を兼ね備えたカラオケアプリ「Pokekara(ポケカラ)」が非常に人気を集めています。

自分が歌った曲を採点されるとなると、誰もが高いスコアやランクを目指したいかと思います。

今回は、普段のカラオケでも活用できるPokekara(ポケカラ)で「SSS」評価を得るためのコツや秘訣をまとめて解説していきます。

Pokekara(ポケカラ)のSSSを出す最大の秘訣は「音程」!

ポケカラで高評価を得るために最も大切なのが「正確な音程を保つ」ことです。

これはポケカラの公式サイトでも「採点基準は音程にある」と明言化されています。

通常、歌唱には「ビブラート」や「しゃくり」などのテクニックが必要になります。

しかし、ポケカラの採点で「SSS」を狙う場合はいかに楽曲に沿った音程で歌えるかによって、受ける評価が異なると考えて間違いありません。

点数採点が高ければSSSが取れるという訳ではない

ポケカラのランク表示は「D」「C」「B」「A」「S」「SS」「SSS」の7段階で評価されます。

この評価は、必ずしも得点(スコア)とリンクしているものではありません。

アルファベットで表示されるランク付けの主な評価基準は「音程」です。

音程を外すことなく、いかにガイドに沿って歌唱できたかによって採点されるため、「90点以上取ったら自動的にSSSが取れる!」というわけではないのです。

とはいうものの…

高得点をマークできるということは、「歌唱技術」「音程」「リズム」が優れているということの表れです。

このため、相対的に見ると高得点を出せる人の方が「SSS」を出せるということに変わりはありません。

Pokekara(ポケカラ)で「音程」を保って歌う5つのコツ!

ここまでPokekara(ポケカラ)の採点基準で重要なのが「音程」だとご紹介してきましたが、楽曲に沿う音程を保つことは簡単ではありません。

しかし、楽曲に合わせた「音程」で歌うことはカラオケの基本でもあるため、安定した音程で歌えるようになると歌唱力アップにも繋がります。

ここでは「ポケカラでSSSを出すためのコツ」と合わせて、歌唱力そのものの鍛え方をご紹介していきます。

【最重要】ガイドラインをよく見て、外さないように歌う

ポケカラの採点可能楽曲では、歌唱している曲の採点状況が「ガイド」という形でリアルタイムで確認でき、採点結果に最も大きな役割を担っています。

ガイドでは楽曲に沿って適した「音程」・「リズム」がバーをなぞる形で視認でき、どこで「こぶし」や「しゃくり」「ビブラート」が用いられたかが表示されます。

これらの評価が直接スコアやランク付けに直結していくので、ポケカラで「SSS」を取りたい場合は見逃せません。

ポケカラで「SSS」を取るために大切なこと

  • 歌唱する曲の歌詞を覚える
  • ガイドラインの表示を覚える

歌詞を覚えればガイドラインに注力する余裕が生まれガイドラインを覚えればガイドラインに沿った歌い方を意識する余裕が生まれます。

この理由から、ポケカラで高い評価を得るためには高得点を取りたい曲を歌い込むことが大切になってきます。

アプリの採点は機械的?

人の耳で聞いた音楽は、「好み」や「印象」などの様々な感情で好き嫌いが判別されるため、評価も千差万別になります。

しかし機械であるアプリには当然感情がありませんから、評価の指針になるのは「定められた音程・リズムに添えているか」という点になります。

そのためか、SNSなどでは「ポケカラで高いランクなのに上手だと思わない」という残念な意見も散見しています。

カラオケアプリの評価が抜群だったとしても、万人に受け入れられるわけではないということを念頭に置いておきましょう。

イヤフォンを使って歌声を確認しながら歌う

片耳を塞いで喋ると本来の自分の声が聞こえるように、イヤフォンを使用するとエコー効果で自分の歌声を確認しながら歌うことができます。

第三者的に自分の歌声を聞いて分析することもでき、「音程が保てているか」「声は安定しているか」などを確認できるため直接的なスキルアップに繋がるでしょう。

採点するときは有線イヤフォンで

マイク付きイヤフォンは、歌唱時口元の近くで収音しやすいため、採点を有利にできるオススメのアイテムです。

しかし無線イヤフォンを使用すると、Bluetoothが途中で途切れたりラグが発生する恐れがあります。

本気の採点時は有線のマイク付きイヤフォンを使用しましょう。

ポケカラの録音方法や保存方法・録音環境・不具合の対処法を徹底解説!

自分の歌唱を録音して音程をチェックする

ポケカラでは自分が歌った曲を保存し、編集したり公開することができます。

この機能を活用し、歌の練習に用いるのもオススメです。

上達への近道は「録音」して分析!

自分が歌っている曲を聞くのは照れくささも伴いますが、それさえ耐えられれば「録音」は歌唱力アップへの近道であることは間違いありません。

  • 自分の歌う声を客観的かつ冷静に分析できる
  • 繰り返し聴けるので、良い点・悪い点を見つけやすい
  • 歌っている時は気付けない音程の微妙なズレにも気付ける

この方法で上達すると、カラオケアプリの枠を超えた本当の実力をつけることも夢ではありません。

自分の声質にあった選曲をする

高スコアを狙う場合は、単純に好きな曲を歌えば良いという訳ではありません。

自分の声に対し、歌う曲の基礎の音程が「高すぎる」「低すぎる」というのはそれだけでハンデになります。

無理に発声せずとも、ガイドラインに沿った音程を保てる楽曲を見つけ出すことも「SSS」を出す秘訣といえるでしょう。

選曲のポイント

選曲時は下記を押さえましょう。

  • 自分の声質にあった曲を探す
  • 覚えやすいリズムと音程で歌える曲を選ぶ

「音程が乱高下する曲」「テンポが変則な曲」「シャウトなどの特殊な技術が必要」など、ただ歌うだけでも技術とコツが必要な楽曲は沢山あります。

こういった曲は完唱できると達成感も素晴らしく、非常に楽しいものです。

ただ、採点となると高スコアを出すには非常にハードルが高いものとなるため、初心者にはお勧めできません。

発声を安定させる

一言に「発声を安定させる」といっても、注意するには様々なポイントがあります。

発声を安定させるコツ

  • 無理して大きな声は出さない
  • 力まずリラックスする
  • リズムを刻みながら歌う
  • 腹式呼吸を意識して「ブレない」支えを持つ

これらはいずれも初心者向けのボイストレーニングに用いられるコツです。

身体に余分な力が入ると「高音が出にくい」「声量が出ない」「喉を傷める」など、悪影響をもたらしてしまいます。

自宅で楽しめるカラオケアプリだからこそ、肩の力を抜いてリラックスして歌ってみると良いでしょう。

Pokekara(ポケカラ)採点機能のON/OFFはできない

ポケカラで配信されている楽曲は、全てが採点機能が適応されているわけではありません。

しかし、採点機能対象の曲は全て自動的に機能がONになり、OFFに切り替えることはできません。

採点機能のデメリットは

採点機能が常にONだからといっても、特に実害はありません。

しかし常に判定されることにより、ガイドラインに意識が向いたり歌うことに集中できなくなってしまう方もいるでしょう。

「何も気にせず思いっきり歌いたい!」というときは、あえて採点機能無しの楽曲を選んだ方が無難です。

テクニカルな歌唱は気にせず、安定した音程に注意すると良し!

ここまでご紹介してきた通り、ポケカラの採点機能で最も重要視されているのは「楽曲に適した音程」です。

しかも「SSS」などのランク付けは、いかにガイドラインに忠実に歌い切れるかが求められるので「ビブラート」や「こぶし」などのテクニックはあまり気にする必要がないといえます。

曲を完全に覚えられるほど歌い込み、力を抜いた状態でリラックスして採点することによって「SSS」獲得が現実味を帯びてくるでしょう。

Pokekara(ポケカラ )で90点以上取る裏技や選曲を徹底解説!

基本無料ながら曲数や採点機能を備えたPokekaraですが、高得点を取るための秘訣が気になるところです。高得点のコツはPokekaraのみならず通常のカラオケでも活用できます。 今回はPokekara ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

Every.Live

EVERY.LIVEはSTAGE株式会社によって開発された日本のライブ配信サービスです。

Every.Liveの特徴

  • 2021年1月にリリースされたばかり
  • 認証ライバーのみ配信出来る
  • まだ配信者や視聴者が少ない

まだリリースされて間もないライブ配信サービスなので、アプリ内のトップライバーが確率していないため、今からなら初心者であっても人気ライバーになれる可能性があるでしょう。

見出し(全角15文字)

  • ギフトと時給の2重報酬システム
  • ランクと所属事務所に準じた時給
  • ママライバーには補助あり
  • イベントで稼ぎやすい
  • 事務所によって待遇に差がある

「Every.Live」はリリースされて1年経過していない新しいアプリであるため、ライバーの数が少なくイベントの競争率が低いです。

月間のベリー獲得数に準じランクが設定され、ランクによって貰える時給が異なります。

貰える時給は同じランクであっても所属事務所によって異なり、事務所によっては時給数百円も差が出るケースもあるため、なるべく好待遇の事務所に所属することをおすすめします。

また、ママライバーは条件を満たすとライブの収益に加えて、シングルマザー月2万円、ライバー以外に仕事をしている場合月1万円の補助が貰えるなどママに対するサポートが嬉しいです。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

Uplive(アップライブ)

Uplive(アップライブ)は、中国発の国際派ライブ配信サービスです。

簡単にコラボ出来るので、コミュニケーションが得意な配信者におすすめ!

Upliveの特徴

  • アジア諸国の視聴者と配信者が多い
  • コラボしやすい/コラボが盛ん
  • 翻訳機能あり
  • 見回りで危険/卑猥な配信が出来ない
  • イベントが盛ん
  • エフェクトが豊富

海外の視聴者がファンに付きやすいため、国外以外のファンも増やしたいという国際派にも魅力的なサービスです。

日本では、まだマイナーなライブ配信アプリなので、Upliveにおける将来の有名日本人ライバーとしてスタートアップを切りたいという方にもお勧めできます。

Upliveの魅力!稼げるの?

  • 日本人配信者はまだ少ないのでチャンス
  • 少し年齢層が高め
  • 投げ銭とイベントで稼げる
  • 無料でダイヤモンド(アプリ内通貨)を貯められる機会が多い=視聴者が無料で投げ銭やギフトを贈りやすい=稼ぎやすい
  • 国外の視聴者からも稼ぎやすい

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したVtuber専門のライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Vtuber専門の配信サービス
  • 3Dモデルをカスタマイズ機能でカンタン作成
  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単にVtuberを始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 絵を描いたり、3Dソフトを弄れなくてもOK
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後

ライブ配信アプリだと、リアルの知人や友人にバレてしまう危険性がありますが、ビリビリならVtuberとして出演できるため、身バレしにくくなります。

また、ただの音声配信のみのアプリよりVtuberの方が、見に来てもらいやすく稼ぎやすいです。

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

LIVE812

「LIVE812」は、リアルタイムで視聴者とのコミュニケーション取るタイプのサービスで、ライバーの年齢層が10代から80代と非常に幅広い珍しいサービスです。

LIVE812の特徴

  • ライブコマース機能
  • 配信にはタレント契約が必要
  • 配信で活躍すれば芸能界デビューの可能性も
  • ギフトのエフェクトが充実
  • 年齢層が幅広い

「LIVE812」を運営している株式会社YAIZOOは、テレビやラジオに出演する劇団員やタレントが所属する芸能関係の会社であるため、芸能関係やプロモーション関連に強いコネを持っている可能性が高いです。

「LIVE812」で活躍していくことで、配信以外の道を拓けたり、配信以外の収入を得たりすることが可能になる可能性もあります。

見出し(全角15文字)

  • 視聴者がそれほど多くなくてもギフトが貰いやすい
  • ギフトとライブコマース(商品販売)で稼げる
  • 簡単な手続きで商品販売出来る
  • ハンドメイドやCD販売で稼げる

「LIVE812」の最大の特徴はライブコマース機能で、これは「LIVE812」を通じて商品を販売するシステムです。

配信者が自身の歌を吹き込んだCDやハンドメイド品など自身が制作・開発に携わったものを販売出来るため、この商品が売れれば、ライブ配信中でなくても報酬が増えていくことになります。

DokiDoki Live

DokiDoki Liveは、Pokekaraというカラオケアプリと同じ「株式会社音娯時間エンターテインメント」が開発したライブ配信アプリ。


DokiDoki Liveの特徴

  • カラオケ機能
  • ファミリー機能
  • 美白機能
  • Snowが使える
  • 動画投稿も出来る
  • 契約配信者や連携プロダクションが多い

DokiDoki Liveは11,000以上の楽曲があるなどカラオケに強いライブ配信アプリです。

ファミリー機能でリスナーと親しくなりやすく、美白機能やSnowが使えるため、肌の毛穴を目立たなくしワントーン白い肌を演出したり、特別なフィルターをかけたりできます。

稼げる?

  • ランク&ギフト(投げ銭)制
  • ランクが高いほど還元率が高くなる
  • 契約配信者になりやすい
  • 契約配信者ならサポートや機材の貸し出しなどして貰えることも
  • リアルイベントやグッズ制作も

DokiDoki Liveは、リスナーから貰ったギフトをランクに応じた還元率で現金に還元できます。

ランクは配信時間、コメント数、アイテム数、閲覧数、フォロワー数の5項目で計算され、高いランクであるほど還元率も高くなります。

プロダクションによってはSランクで75%以上の還元率を誇るところもあり、連携プロダクションが複数あることから、契約配信者になりやすいという魅力もあるなど、稼ぎやすい環境であると言えるでしょう。

\\follow//

-カラオケ
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.