カラオケ

ポケカラのグループや相棒って何?詳細とグループの組み方を解説!

ポケカラの利用者には、複数人でグループを組んだり相棒との投稿をおこなっている人が多くいます。

この記事では、ポケカラのグループや相棒に関する疑問解消とグループを作る流れを解説しています。

 

グループや相棒を組めばポケカラもっと楽しめる

ポケカラでは、自身が歌った歌を録音しシェアする事でオンライン上にて多くの人と楽しむことが可能です。

一人でも十分に楽しめますが、一緒に歌うメンバーがいればより沢山のリアクションが貰えたり、歌えない音域をカバーしあったり出来るので楽しめる幅が広がります。

また、特定の歌い手が好きなファンから「この人が歌っているから聞こう」と思ってもらえるメンバーがいれば、一人で歌うよりも聞いてもらえる確率は高くなります。

【完全版】Pokekara(ポケカラ)の使い方を紹介!安全性や疑問も解説

グループは3人以上のメンバーがいる

グループと呼ばれる歌い手の人数は、3人以上からとなります。

必ずしもメンバー全員で歌う必要は無く、メンバー内の選ばれた数人で歌う場合もあります。

曲調や音域にあわせてメンバーを交代する事で、より多くの楽曲を高いクオリティで表現出来るのがグループの強みです。

多くのグループ内では「こんな歌が流行っている」「この歌の歌詞がいい」などの情報交換がおこなわれており、ブームにも敏感です。

多くの人数がいれば、対人関係の問題が発生しやすくなる点に注意しましょう。

相棒は特定の親密なメンバー同士で呼びあう

親密な関係にある歌い手同士では、「相棒」と呼び合う人がいます。

メリットはグループとほぼ同じですが、相棒は一人のみでお互いが呼び合う関係性にある事が重要です。

同じアカウントから二人で歌った歌をシェアしている人もいれば、別のアカウント同士で利用している人など様々です。

相棒が勝手に違う人とコラボしたりすると、あまり良い気がしない人もいるので、最初にルールを話し合っておいたほうが良いですね。

グループと相棒の違いは?

上記の通り、グループと相棒の違いは「人数」と「お互いの親密性」にあります。

ポイント

グループ

・3人以上で上限は無し

・メンバー全員で歌う事もあれば、数人で歌う事もある

・メンバー同士の親密度は、グループにより異なる

相棒

・メンバーは2人だけ

・固定のメンバーというより、名称という位置づけ

・お互いに特別な仲間同士であり親密度はかなり高い

コラボとの違い

人気の歌い手同士が一緒に歌うコラボは、ポケカラでも非常に人気です。

多くのポケカラユーザーがコラボしており、一人で歌っては出せない味を表現しています。

しかし、同一グループに属しているメンバー同士で歌を歌う事を「コラボ」とは言いません。

コラボと呼ばれる作品は、あくまで普段は別で活動している人同士の共同制作といった場面に限られます。

ですが「相棒」の場合は、お互いが親密であるという表現をするために呼び合っているものです。

なので、普段はバラバラでポケカラ活動している人同士となると、コラボと言われるケースもあります。

ポケカラ内での機能には無い

カラオケアプリでは、アプリ内にてグループを作成する機能が追加されているものが多くあります。

しかし、残念ながらポケカラ内では、グループを作成したり相棒同士と表示する機能はありません。

ですので、多くのユーザーはプロフィール内にて「~のグループに所属している」や「相棒は~」のように、アクセスしたユーザーが分かるように明記しています。

グループ作成機能は今後追加される可能性もあるので、期待して待ちましょう。

Pokekara(ポケカラ)でコラボは出来る?オンラインコラボが実装される可能性は?

グループや相棒はどうやって組むの?

ポケカラでは、グループを組んで活動しているユーザーは多くいますが、組んだ経緯や方法はそれぞれのグループにより異なります。

特に個人で活動しているユーザー同士が相棒になるには、どちらかが積極的にアプローチしたり、すごく気の合う相手を見つける事が重要となります。

リア友から始める人が多い

もともと仲の良いリア友同士で、相棒になったりグループを組むケースは多くあります。信頼関係が0からのスタートでは無いため、グループを組むためのハードルは低めです。

住んでいる場所が近ければ、オフラインでの録音も簡単に出来るので、グループ作りは最も始めやすいでしょう。

ですが、「周りに歌の上手い人がいない」「歌が好きな友達がいない」「バレないように活動したい」など環境によっては難しいこともあります。

ポケカラ内でのDMから仲間を作る

ポケカラでは、連絡の取りたい相手へ直接メッセージを送信できます。もし組みたい仲間がいれば、DMで相談を持ち掛けてみましょう。

また、歌の趣味が似ていたり、好きな声の歌い手とDMを通じて仲良くなれば、相棒同士になったりグループを作る際に声をかけてもらえる可能性があります。

そのためには、自身もポケカラ内で歌の配信やコメントなどをおこない、活動している事を認知されるのが重要です。

フォワーが多くなれば、知名度に直結するので、沢山のユーザーから声をかけられます。

その中から自分が組みたい相手を選ぶ事も出来るので、グループや相棒づくりには積極性が必要です。

もちろん、相手の連絡先へ直接するので無く、あくまでアカウントへのメッセージなのでお互いの個人情報も守られます。

Pokekara(ポケカラ)でDM(ダイレクトメッセージ)を送る方法やブロック方法を解説!

SNSからもオファーがある事も

ポケカラのみではなく、SNS活動の幅を広げる事で、より多くの方に認知されやすくなります。

実際にポケカラで有名な多くの歌い手が、Twitterやインスタ等多くのプラットフォームを利用しており、各所で自身の歌を掲載しています。

特に、Twitterでの拡散力はトップクラスなうえ、タグ検索からポケカラの仲間を探すことも可能です。

他のSNSを通じて自信を知って貰ったり、また別のプラットフォームで活動している歌い手の情報を得る機会にもなります。

出来るだけ別のSNSでも活動して、気の合う仲間を探してみましょう。

Twitterを使って仲間を募集する

Twitter上では、ポケカラの相棒やグループメンバーなど、一緒にポケカラを楽しむ仲間を募集しているツイートが沢山あります。

相棒になるにはかなり親密度を上げる必要がありますが、メンバー募集だと複数人枠があったり・スキル・経験・フォロワーなどを基準に審査されるので、比較的入りやすいグループもあります。

このようなツイートは、ハッシュタグ検索が可能なので、興味がある方は探してみましょう。

ポイント

・#Pokekara

・#ポケカラ

・#Pokekara民と繋がりたい

・#ポケカラ民と繋がりたい

・#歌い手さんと繋がりたい

・#歌ってみた

・#歌い手募集

オーディションがおこなわれる事もあり、Twitterのフォロワー数が多いと知名度があるため有利になるケースもあります。

Pokekara(ポケカラ )でフォロワーを増やすには?人気ユーザーになるためのコツを紹介

  精密な採点機能がついていたりPokeマッチで遊べたりと、数あるカラオケアプリの中でも人気のPokekara。 最近ではユーザー数も更に増え、家にいながら遠くにいる人ともカラオケを楽しめる ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

Uplive(アップライブ)

Uplive(アップライブ)は、中国発の国際派ライブ配信サービスです。

簡単にコラボ出来るので、コミュニケーションが得意な配信者におすすめ!

Upliveの特徴

  • アジア諸国の視聴者と配信者が多い
  • コラボしやすい/コラボが盛ん
  • 翻訳機能あり
  • 見回りで危険/卑猥な配信が出来ない
  • イベントが盛ん
  • エフェクトが豊富

海外の視聴者がファンに付きやすいため、国外以外のファンも増やしたいという国際派にも魅力的なサービスです。

日本では、まだマイナーなライブ配信アプリなので、Upliveにおける将来の有名日本人ライバーとしてスタートアップを切りたいという方にもお勧めできます。

Upliveの魅力!稼げるの?

  • 日本人配信者はまだ少ないのでチャンス
  • 少し年齢層が高め
  • 投げ銭とイベントで稼げる
  • 無料でダイヤモンド(アプリ内通貨)を貯められる機会が多い=視聴者が無料で投げ銭やギフトを贈りやすい=稼ぎやすい
  • 国外の視聴者からも稼ぎやすい

HAKUNA(ハクナライブ)

誰でも気軽にライブ配信が楽しめる配信アプリ「ハクナライブ」は、世界中で累計1,500万ユーザーを記録している大人気サービスです。

配信方法はビデオ配信・ラジオ配信(音声のみ)と選べ、アプリ内で気の合う仲間たちとの交流も簡単に行えるマルチな利用方法が用意されています。

ハクナライブは日本での知名度は低めですが、80%を超える高い還元率のライブ配信アプリとして今急激に人気を集めているといわれています。

ハクナライブのポイント

  • 利用方法によっては還元率100%を目指せる超高水準の還元率。
  • リスナーもライバーから換金対象のアイテムを貰うことができる。
  • 日本では知名度がまだまだ低い分、早い段階で参入しておくと、人気上位になれる可能性がある。
  • 他の配信者と仲良くなることで、複数人と一緒にライブ配信ができる。
  • 比較的リスナーが付きやすく、マナーも良いとされているので安心度が高い。
  • 顔出ししなくても大丈夫なので、ライブ配信を開始する際の敷居が低い。

ライブ配信アプリの還元率はアプリによって全く異なりますが、平均が約20~30%といわれています。

そんな中でもハクナライブは、イベント期間以外の通常時でも80%を超える高い還元率を誇り、まさしく「稼げるアプリ」として非常に注目を集めています。

17LIVE

17LIVE(17ライブ)は、大手ライブ配信サービスです。

有名アーティストをCM起用したりコラボライブ配信を行うなど、業界屈指の話題性と熱い活気で、高い知名度を誇っています。

提供サービスは一般的な動画配信、音声配信サービスをメインにしており、もちろんギフト機能も搭載しているのでライバーとして収益を得ることも可能です。

17LIVEのポイント

  • 台湾発祥のライブストリーミングサービスで、だれでも気軽にライブ配信を行える人気アプリ。
  • 日本人ユーザーはそこまで多くないので、今から参入しても稼げるチャンスがある。
  • 登録ユーザー数は全世界で5000万人を突破しており、芸能プロダクションとコラボしたイベントも盛んに行われている。
  • 盛んなジャンルは「歌」「ダンス」「雑談」で、スマホ一台で簡単に配信・視聴ができる手軽さが喜ばれている。
  • 日本でもアーティストやタレントが配信を行ったり、イベントに参加することも。
  • 不適切な行為がないか24時間体制の監視体制を設けており、安全性向上にも努めているサービスなので、安心度が高い。
  • 無課金でも無料ギフトが付与されることもあるので、利用のハードルが低い。

数多くあるライブ配信アプリの中でも抜群の知名度とユーザー数を獲得していますが、まだまだ日本人ライバーは少数な傾向です。

リスナーとしてはもちろん、安定的な配信環境と盛んなイベントを活用することで、ライバーデビューを行いやすいアプリの一つでもあります。

IRIAM(イリアム)

キャラクターアバターと雑談や交流・Webライブの視聴が出来るアプリ。

YouTubeには、架空のキャラクターに喋らせるバーチャルYouTuberというジャンルがあります。

IRIAMは、このVtuberの配信のみがされているライブ配信アプリと考えると分かりやすいでしょう。

IRIAMの特徴

  • 低遅延(平均0.1秒)/低通信量(通常の動画配信と比較して1/30以下)/高画質
  • キャラクターの配信のみ
  • Vtuber好きにおすすめ
  • アバターを可愛く着せ替えられる

Vtuberを本業として生計を立てているライバーも多く、中には月に数億円稼ぐ人もいるそうです。

ただし、IRIAMで配信するためには、IRIAMによるオーディションに通過する必要があります。

IRIAMの魅力!稼げるの?

  • 歌ってみた/お喋り/ゲーム実況などが多い
  • Vtuberをやってみたい人におすすめ
  • 声だけで配信したい/声だけで稼ぎたい
  • 顔出ししなくても稼ぎやすい
  • 異性のファンが付きやすい

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

トークライバー

「トークライバー」は、配信者を女性だけに限定した少し珍しい体系のライブ配信アプリです。

トークライバーのポイント

  • 不快なコメントなどに対してはブロックするなど、自衛の手段もしっかり用意されている。
  • プロフィール登録やログインボーナスなど、配信以外でもお金が稼げる仕組みがある。
  • 1対1のビデオチャットも可能。多数に向けた配信が苦手でも始めやすい。
  • 顔出ししなくても比較的稼ぎやすいとされている。

配信者が女性・視聴者側は男性が多いという構図なので、抵抗感を感じやすい方には向かないものの、運営のサポート体制がしっかりしているので、迷惑な視聴者への対策もしやすくなっています。

アプリにログインするだけでも現金化できる珍しい機能もあり、お金を稼ぐチャンスが多いアプリといえます。

21LIVE

世界中のリスナーと繋がれるアプリ21LIVEは、2021年に誕生したばかりのライブ配信アプリです。

サービスを開始したばかりのため、大手配信アプリと比べてまだまだ配信者が少なく、稼げるチャンスが非常に高いと話題を集めています。

ポイント

  • 2021年夏に登場したアプリなので、ライバルが少なく、ランキング上位を狙いやすい
  • 配信時間に制限はあるが、未成年でもライバーとして活動でき、収益を得ることもできる
  • 即日での換金が可能
  • コミュニケーションツールが充実しているので、ライバーや視聴者との交流が取りやすい
  • 人気ライバーや歌い手のピックアップイベントやプライベート配信も楽しめる
  • ビューティーカメラを搭載しているので、ビデオ配信への加工もバッチリ

穴場のライブ配信アプリとして注目を集めている21LIVEでは、ポイントプレゼントキャンペーンも盛んに開催されているので、無課金でも楽しみやすい環境になっています。

また、ランキングイベントでランクインすると、報酬還元率が70%になるなど、稼げるチャンスも盛りだくさんなため、初心者ライバーがデビューするには打ってつけのアプリとなっています。

\\follow//

-カラオケ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.