LINE

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示される原因と対処法を解説!

LINEで文章や画像・動画を送ろうとすると「メッセージを送信できませんでした」というエラーが表示されることがあります。

この記事では、「メッセージを送信できませんでした」というエラーが起こるときの対処法を中心に、他の送信エラーで送れないときの対処法についても解説していきます。

Contents

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示されるエラーの詳細

LINEでメッセージを送ろうとすると、「メッセージを送信できませんでした」と表示されてメッセージや画像が送れないエラーが発生しています。

アップデートによりエラーが発生しやすくなり、その後のアップデートで問題が解消されて発生しにくくなったと考えられます。

ブロックは関係あるのか?

LINEで相手にブロックされたことは、「メッセージを送信できませんでした」というエラーに関係ありません。

また、ブロックされたとしても送信自体はできるため、送信できない原因がブロックであることもありません。

ブロックされた相手にメッセージを送信すると、送信できますが既読にはならなくなります。

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示される原因

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示される原因は下記の通り。

問題のあるところ/項目原因対処法
OSOSのバージョンが古いOSのアップデートをする
アプリアプリのバージョンが古いLINEアプリのアップデートをする
不具合が発生している公式Twitterなどのチェック/LINEの再起動をする
CPU/デバイスデバイスに不具合が発生しているデバイスの再起動をする
インターネット環境インターネット環境/接続に問題がある通信環境を改善する/Wi-Fiの再接続をする

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示されるときの対処法

LINEで「メッセージを送信できませんでした」と表示されるときの対処法について解説します。

端末の調子をチェックする

デバイスの状態に問題があり、LINEにも不具合が発生している可能性もあります。

これが原因のときは、全体的にデバイスやアプリの挙動がおかしくなる可能性が高いので、LINE以外にも問題が発生しているときはこれを疑うと良いでしょう。

デバイスの状態が原因であるときは、症状が軽ければデバイスの再起動で解決する可能性が高いですが、症状が重くなってくるとそれでは解決しきれなくなるときもあります。

LINEアプリの不具合状態をチェックする

LINEアプリに不具合が発生していることが原因でエラーが発生している可能性もあります。

特にアップデート後にこうしたエラーが多発するようなら、LINEアプリのアップデートで不具合が発生した可能性が高いです。

「メッセージを送信できませんでした」というエラーが発生したときは、LINE公式Twitterアカウントをチェックすることでいち早くエラーの状況をチェックできます。

また、TwitterなどのSNSで、他ユーザーのつぶやきをチェックすることで多発しているエラーなのかチェック可能です。

バージョンの確認をする

Twitterでは、使用しているLINEのバージョンを記載して、どういったエラーが発生していると報告する人もいます。

自分が使っているバージョンと、エラーが発生しているユーザーのバージョンと照らし合わせることで、そのLINEのバージョン限定で問題が発生していることが確認できます。

LINEのバージョンは、ホームタブの歯車アイコンからLINEについてを選択することで表示可能です。

上記部分にバージョンが表示されています。

アプリのアップデートをする

もし、特定のバージョンで問題が発生しており、自身の使うLINEのバージョンも同様のものであるなら、最新版のLINEがリリースされているケースでは、アップデートすることで解決する可能性が高いです。

また、特定のバージョンに限らず、古いLINEを使っていることが原因でエラーが発生している可能性もあるでしょう。

再起動をする

デバイスの問題であるとき、デバイスの再起動を行うことで状況が改善され、LINEメッセージの送信ができるようになる可能性もあります。

また、LINEアプリで問題が発生したときは、一時的な問題であればLINEアプリの再起動で解決する可能性もあるでしょう。

LINEアプリの再起動の方法に関しては下記の記事をご覧ください。

2020年LINEのトーク背景画面がハロウィン仕様に!エフェクトの種類と出来ないときの対処法を解説!

Wi-Fiの再接続をする

Wi-Fiに接続している状態でLINEを使っているなら、Wi-Fiの接続を一度切ってから再度接続することで、インターネットが正しく接続されてメッセージの送信ができるようになる可能性もあります。

Wi-Fiアイコンをタップして接続を入れたり切ったりして、最後に入れるようにすればOKです。

通信回線の状態をチェックする

インターネットとの接続が不安定だったり、インターネット環境そのものが良くない状態だったりすると、メッセージが送信できないことがあります。

これが原因のときは下記の対処法を試してみると良いでしょう。

インターネット環境を整える

  • ルーターの位置を変更する
  • 移動する
  • ルータの再起動・リセット
  • セキュリティソフトの設定を変更する
  • Wi-Fiが不安定ならキャリア回線を利用する
  • 窓を開ける

インターネット環境を改善する方法に関しては、詳しくは下記の記事をご覧ください。

ZOOMで音声が途切れるときの詳細と対処法を解説!

その他LINEでメッセージが送信できないときの原因

LINEでは、「メッセージを送信できませんでした」というエラー表示以外でも、メッセージが送信できないことがあります。

こうしたLINEでメッセージを送信できないときの原因は下記の通り。

問題のあるところ/項目原因対処法
文字数500文字を超過している長文を送る時は分割して送信する
ファイル容量画像や動画の容量が大きすぎる画像は小さくする/動画は短くする
ファイル形式対応しているファイル形式ではない対応しているファイル形式に変換する
CPUデータやキャッシュが溜まっている/不要なアプリやブラウザを立ち上げていることでCPUに負担がかかる/データとキャッシュの削除をする/不要なブラウザを閉じる/不要なアプリを強制終了する
システム・サーバーシステム・サーバーエラーが発生している時間を置く
アプリアプリに不具合が発生しているアプリを再起動する
アプリのファイルに破損などが発生しているアプリの再インストールをする
ストレージとカメラのアクセス権が許可されていないストレージとカメラの許可をする
メモリ容量メモリ容量が圧迫されていて、アプリが重くなっている不要なアプリや画像・動画を削除する/データとキャッシュの削除をする
アカウントアカウントの利用停止(凍結)状態になっているアカウントを再作成する/24時間待ってみる(復活する可能性あり)
受け取り側受け取り側に問題が発生している受け取り側にサーバーエラー/システムエラー/ネットワークエラー/デバイスの不具合/アカウントの変更
機内モード機内モードがオンになっている機内モードをオフにする
ブロック送信相手をブロックしているブロックを外す
どうしても送信できないどうしても送信できないときLINE公式に問い合わせる

その他LINEでメッセージを送信できないときの対処法

その他LINEでメッセージを送信できないときの対処法について解説します。

メッセージの文字数を500以内に抑える

LINEのメッセージでは、一度に500文字以上の文字数を超える文章を送ることはできません。

長文を送りたいときは他の手段を用いて送信するか、何度かに文章を分けて送信するようにしましょう。

ファイルの形式を変更する

ファイル形式が対応していない形式である可能性があります。

ファイル形式を下記に変換してから送信するようにしてください。

LINEに対応している形式

  • mp4
  • avi
  • wmv
  • ipg
  • mov
  • png
  • gif

iPhoneに対応している形式

  • mp4
  • gif
  • png
  • jpg
  • mov

また、受信側がiPhoneだった場合は、上記の形式でないと動画の再生が行えません。

受信側がiPhoneユーザーであるときは、この形式に変換してから送信するようにしましょう。

画像サイズを小さくする/動画は短くする

画像や動画のデータ容量が大きすぎることが原因で送信できない可能性もあります。

これが原因のときは、動画は短くし、画像は解像度を落とすかサイズをリサイズすれば解決するでしょう。

LINEでは、画像の画質を落とす設定ができるため、こちらの設定を利用することをおすすめします。

まず、ホームタブから歯車アイコンを選択し写真と動画をタップしてください。

送信する写真の画質を選択し標準をタップすればOKです。

CPUの負担を減らす

CPUに負担がかかりすぎると、デバイス全体の挙動が重くなります。

デバイス全体の挙動が重くなれば、もちろんLINEの挙動も重くなってエラーが多発するようになるでしょう。

下記の事柄が原因でCPUに負担がかかります。

  • 不要なアプリケーションを多数立ち上げている
  • ブラウザをたくさん開いている
  • データとキャッシュが溜まっている

不要なアプリを強制終了し、不要なブラウザを閉じて、アプリのデータとキャッシュを削除することにより、CPUへの負担が減って挙動が軽くなり、エラーが発生しにくくなるでしょう。

細かな手順については下記の記事をご覧ください。

ZOOMの画面共有で動画がカクカクするときの原因と対処法を解説!

システム障害が発生している

サーバーエラーやシステム障害が発生している可能性があります。

これは、LINE側の問題なので自分で対処できることはありません。

そのため、解決するまで時間を置いて、リトライすることをおすすめします。

キャッシュとデータの削除をする(アプリの容量が圧迫)

キャッシュとデータの削除をすることにより、CPUへの負担とアプリの容量の圧迫を改善できます。

これにより、LINEアプリはもちろん、デバイス全体の挙動が軽くなり、様々な不具合やエラーが発生しにくくなるでしょう。

詳しい手順については下記の記事をご覧ください。

【最新版】Google Chromeが開けない・起動出来ないときの詳細と対処法を解説!

アプリの再インストールをする

アプリデータそのものに問題や破損が発生したケースでは、LINEの再起動などでは根本的な解決になりません。

こうしたケースでは、アプリを一度アンインストールし、再度インストールし直すことでLINEの不具合を解消できる可能性もあります。

デバイスの容量が圧迫されている

デバイスの容量がいっぱいだと、デバイスやアプリ全体の挙動が重くなり、エラーが発生しやすくなります。

そのため、メモリーがいっぱいになってしまったときは、不要なアプリや画像・動画などを削除してデバイスのメモリー容量を減らすようにしましょう。

ストレージ(写真)/カメラのアクセス権をONにする

ストレージのアクセス権をオフにしていると、ストレージから画像を選んでLINEで送信できません。

また、カメラの許可をオフにしていると、カメラで撮影した画像をLINEで送信できなくなります。

そのため、ストレージとカメラの許可をオン状態に設定しましょう。

まず、設定からアプリと通知を選択してください。

LINEを選択し許可を選択します。

ストレージを選択して、カメラストレージをオン状態にすればOKです。

アカウントの利用停止(凍結)を疑う(アカウントの再作成)

LINEの利用規約に定められている禁止事項を破ると、アカウントの利用停止(凍結)になることがあります。

特に、自分からメッセージを送信できないが、相手からのメッセージは受信できるときは、アカウントの利用停止を疑ってください。

アカウント利用停止の原因

  • 複数人から一定期間に通報を受けている
  • 短期間に不特定のユーザーに対し似たような文章または同じ文章を送信した
  • 短期間に多数のアカウントからID検索で友達追加された

LINEには通報機能があり、迷惑行為などを行っているアカウントを運営に対して通報できるようになっています。

この通報件数が一定期間に多数あった場合、アカウントが停止される可能性が高いです。

また、短期間の間に多数のユーザーに対して類似または同じ文章を送信していると、スパム行為とみなされてアカウント停止の原因となる可能性もあります。

短期間の間に多数のユーザーからID検索で友達追加されることも、アカウント停止の原因となります。

アカウント利用停止からの復活

アカウントが利用停止されてしまったときは、基本的に再作成するしかありませ

ただし、身に覚えのない理由で停止されたり、違反の内容が軽いものだったりしたときは、24時間以内に再びアカウントが復活するケースもあります。

受け取り側に問題が発生している

LINEメッセージを受信する側に下記のようなエラーが発生している可能性もあります。

受け取り側の問題

  • サーバーエラー
  • デバイスの不具合
  • ネットワークエラー
  • アカウントを変更した

こうしたエラーは、時間や環境で解決するものも多いため、しばらく時間を置いてリトライしてみてください。

機内モードをオフにする

機内モードがオン状態になっていると、インターネットが繋がらなくなり、ネット環境を必要とする作業全般が行えなくなります。

そのため、機内モードがオンになっていないかチェックしてみましょう。

機内モードは色が付いているときはオン状態、付いていない状態はオフ状態です。

送信相手のブロックを外す

ブロックしている相手に対してメッセージを送ろうとすると、「ブロック中」と表示されて送信することはできません。

ブロックしている相手に対してメッセージを送信したいときは、ブロックを外すようにしましょう。

LINEでブロックを外すには、相手とのやり取りのページを開き、アイコンを選択してブロック解除をタップします。

ブロック解除できました。

どうしても送信できないとき

対処法のすべてを試してもどうしても解決しないときは、LINE公式に問い合わせを行うと良いでしょう。

問い合わせするにはホームタブから歯車アイコンを選択してヘルプセンターをタップしてください。

お問い合わせを選択して、必要事項を書き込んだら送信をタップすればOKです。

急にLINEで通話ができなくなる不具合の原因や対処法について解説!

急にLINEで通話ができなくなるユーザーが急増しています。LINEの通話は無料なので頻繁に利用しているという方からすれば、とても困った状況になってしまうのではないでしょうか。 今回は急にLINEで通話 ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.