Twitter

Twitterで通知が来ない不具合が発生している詳細や対処法を解説

Twitterで通知が来ない不具合が発生しています。

今回はTwitterで通知が来ない不具合が発生している詳細や原因、対処法を解説していきます。

Contents

Twitterで通知が来ない不具合が発生

Twitterで通知が来ないという問題が発生しています。

Twitterで通知が来ない症状は主に次のようなものです。

  1. フォローしているアカウントのツイートやリプライが表示されない
  2. いいねやリツイートの通知が来ない
  3. メンションやダイレクトメッセージの通知が来ない
  4. 新規フォロワーの通知が来ない

など

これらの症状がある場合、通知が正常に機能していないことが考えられます。通知が来ない問題が発生した場合、情報のキャッチアップやコミュニケーションがスムーズに行えないことから、利用者にとって大変不便です。

Twitterで通知が来ない不具合が発生している原因

Twitterで通知が来ない原因は様々です。以下に主な原因を挙げます。

原因

・通知設定の誤操作

通知の設定が誤ってオフになっている場合があります。また、特定のアカウントからの通知をミュートしていることも原因となることがあります。

・アプリの不具合

アプリ自体にバグや不具合がある場合、通知が正常に機能しないことがあります。

・スマートフォンの通知設定

スマートフォンの通知設定が誤っていると、アプリからの通知が受け取れません。

・ネットワーク接続の問題

Wi-Fiやモバイルデータ通信が不安定な場合、通知が遅れることがあります。

・Twitterアカウントの設定ミス

通知設定が意図せずオフになっている場合や、特定のアカウントからの通知をミュートしている場合が考えられます。

・アプリの問題

アプリ自体にバグやエラーが存在し、通知が正常に動作しないことがあります。

・端末の通知設定

端末自体の通知設定が正しくない場合、アプリからの通知が届かないことがあります。

・インターネット接続の問題

Wi-Fiやモバイルデータ通信が不安定な場合、通知が遅延したり届かなかったりすることがあります。

Twitterで通知が来ない不具合が発生している対処法

対処法

・通知設定を確認

まずはTwitterアプリ内の通知設定を確認し、必要に応じて変更しましょう。特定のアカウントからの通知がミュートされている場合も、設定画面で変更が可能です。

・アプリのアップデート

アプリに不具合がある場合、最新バージョンにアップデートすることで問題が解決することがあります。アプリストアを確認し、アップデートがあれば適用しましょう。

・スマートフォンの通知設定を確認

スマートフォンの通知設定が原因の場合、設定画面からTwitterアプリの通知を許可するように変更してください。また、通知が表示されるタイミングや表示方法も設定画面で確認・変更できます。

・ネットワーク接続を確認

Wi-Fiやモバイルデータ通信が不安定な場合、通知が遅れることがあります。接続状況を確認し、必要であればネットワーク設定を見直してください。

・アプリの再インストール

上記の方法で問題が解決しない場合、Twitterアプリを一度アンインストールしてから再インストールすることで、問題が解決することがあります。ただし、再インストールする際は、ログイン情報やアプリ内のデータが消えることがあるため、事前にバックアップを取ることをおすすめします。

・サポートに問い合わせる

それでも問題が解決しない場合、Twitterのサポートに問い合わせることを検討しましょう。問題が解決できるかもしれませんし、不具合が原因であれば、報告することで開発者が対処することが可能です。

ここから先は更に解決しやすい対処法を紹介していきます。

不具合が解消されるのを待つ

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、不具合の可能性があります。

そのため不具合修正のアップデートが来るまで、しばらく待ってみるというのも一つの手になります。

フィルターやミュートをチェック

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、設定からフィルターやミュートしている通知をチェックしてみましょう。

まず鈴マークをタップしてみて下さい。次に設定マークをタップしましょう。

フィルターやミュートしている通知をチェックしてみましょう。

鈴マークから通知をオン

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、再度鈴マークから通知設定をオンにしてみましょう。

リプライなどが埋もれないようにチェックをする

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、リプライなどが埋もれてしまいます。

重要な通知や返信が必要な通知を見逃さないために、こまめにチェックしておく必要があります。

通知欄では種類別で通知を確認することはできませんが、リプライを確認したい場合には@ツイートタブでチェックすることができます。

手順としてはTwitterを起動して通知マークをタップします。

@ツイートタブをタップします。

リプライや自分にメンションがついた投稿を確認することができます。

プッシュ通知の設定を変更する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、プッシュ通知の設定を見直してみてください。

プッシュ通知の変更方法としては、Twitterを起動して自分のアイコンをタップします。

設定とサポートをタップしてください。

設定とプライバシーをタップして通知を選択します。

通知設定の項目を選択できるので設定をタップしてプッシュ通知をタップします。

こちらでプッシュ通知を受け取るか受け取らないかを制御することができます。

不要な通知をオフにして、重要な通知を見逃さないようにしてください。

SIMカードを挿し直す

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、SIMカードを挿し直すことで正常に動くようになる可能性があります。

特に格安SIMなどを利用するためにSIMカードを入れ替えた場合には、カードの接続の問題で不具合が発生している可能性があります。

一度SIMカードを挿し直して、通知が来るようになるか確認してみてください。

集中モードを解除する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、集中モードの設定が問題で通知がこなくなってしまっている可能性があります。

集中モードがオンになってしまっている事が原因で、対象のアプリの通知をオフにする設定にしてしまっている可能性があるためです。

集中モードのオンオフの切り替え方に関しては以下の関連記事でご紹介しているので、一度確認してみてください。

iOS15でロック画面にハートを出す方法について解説

おやすみモードを解除する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、おやすみモードが自動的にオンになっている可能性があります。

おやすみモードのオンオフの切り替え方に関しても以下の関連記事でご紹介しているので、一度確認してみてください。

iOS15でロック画面にハートを出す方法について解説

通知設定がロック画面のみになっていないかを確認する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、ロック画面のみに通知が来るように設定している可能性があります。

確認方法としては、設定アプリを起動して通知をタップします。

こちらで通知がこないアプリをタップしてください。

通知がこないアプリの設定画面でロック画面の下の○にのみチェックがついている場合には、バナーなどで表示されない設定になってしまっています。

アドレスバーやバナーの下にあるをタップして、すべての形式て通知が来るように変更してみてください。

マナーモードをオフにする

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、通知が来ているものの音が鳴らずに気づかないというケースもあります。

こちらの場合には、本体の側面にあるマナーモード切り替えボタンでマナーモードをオフにしてみてください。

App Storeの「すべてをアップデート」を試す

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、App Storeの「すべてをアップデート」を行う事で通知が来るようになる可能性もあります。

すべてをアップデートの対象に通知がこないアプリが含まれていない場合でも、こちらを行うことで通知が来るようになったという声が上がっています。

手順としてはApp Storeを起動して右上にあるアイコンをタップします。

マイページが表示されるので下にスクロールして、すべてをアップデートをタップすれば完了です。

バックグラウンドで動いている不要なアプリを停止する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、バックグラウンドなどで起動している不要なアプリを停止してみることもおすすめです。

不要なアプリが複数動いている事が原因で、動作が重くなり、通知がこない不具合を発生させている可能性があるためです。

バッテリー節約アプリなどを削除する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、節約アプリが効率化のために通知を阻止している可能性もあります。

こちらの場合には一度バッテリー節約アプリを削除してみて、通知が来るようになるかを確認してみてください。

Adblock系のアプリは消す

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、そちらが原因で通知がこない不具合が発生している可能性があります。

こちらの場合でも、Adblok系のアプリを削除してみてから通知が来るようになるかを確認してみてください。

Wi-Fiの再設定

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、一度対象のWi-Fiを削除して再度登録し直すことで問題なく通知が来るようになる可能性があります。

手順としては設定アプリを起動して、Wi-Fiをタップします。

こちらで対象のWi-Fiの横にあるiマークをタップします。

対象のWi-Fiの詳細画面が表示されるので、このネットワーク接続を削除をタップしてください。

確認のポップアップが表示されるので、削除をタップします。

先ほど選択したWi-Fiが削除されているので、一番下までスクロールしてその他をタップします。

こちらで先ほど削除したWi-Fiを再度登録し、接続をタップすれば完了です。

iPhoneを初期化する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、iPhoneを初期化することで通知が来るようになる可能性があります。

初期化は最終手段

iPhoneの初期化を行う場合には、必ず復元ができるという保証はありません。

そのため最終手段として実施するようにしてください。

上記を踏まえた上でiPhoneの初期化を行う場合には、以下の関連記事を参考に実施してみてください。

iPhoneをiOS14.4.2にアプデすると圏外になる原因と対処法を解説!

解消されるまではアプリをこまめに開く

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、不具合が解消されるまではこまめにアプリを開くようにすることもおすすめです。

手間ではありますがこまめにアプリを開いて、通知を見逃していないか確認してみてください。

端末の通知設定を確認する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、、念のために端末上の通知設定を確認してみてください。

iPhoneの場合であれば設定アプリを起動して下にスクロールし、Twitterをタップします。

端末のTwitterの設定画面が表示されるので、通知をタップしてください。

こちらで通知を許可の横にあるボタンが緑色になっていればオンの状態です。

グレーになっている場合には、ボタンをタップしてオンに切り替えてください。

Androidでの通知設定の切り替え方法は以下の関連記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

AndroidのLINEで通知オフが勝手に解除されオンになる原因と対処法を解説!

OSのアップデートを行う

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、、OSをアップデートすることで解消する可能性があります。

現状の最新版にアップデートしてみることもおすすめです。

一度機内モードにして戻す

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、、ネット回線で何かしらの不具合が発生している可能性もあります。

こちらの場合には通信環境を見直す他に、一度機内モードにしてから機内モードをオフにすることで解消する可能性があります。

機内モードのオンオフの切り替え方に関しては、以下の関連記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ディズニーリゾート公式アプリで通信エラー発生!原因や対処法を徹底解説

スマホの本体を再起動する

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、スマホ自体で何かしらの不具合が発生している可能性もあります。

そのためスマホの本体を再起動することで、通知がこない不具合が解消する可能性もあります。

他のアプリでも通知がこない時があるなどの場合には、一度スマホ本体を再起動してみてください。

バッテリー最適化を無効にする

バッテリーの最適化を無効にする場合、設定アプリと通知の順番でタップしていきます。

アプリと通知の画面になったら、アプリをタップします。

スマホの下部分に表示される歯車マーク(設定)をタップしましょう。

次にアプリの設定から特別なアクセスバッテリー最適化を無視の順番でタップします。

バッテリー最適化を無視の項目で右上にあるをタップして、すべてのアプリをタップしましょう。

バッテリー最適化の有効や無効になっているアプリが一覧で表示されるので、「通知がしっかりと来てほしいアプリ」を選びタップします。

許可にチェックを入れて、OKをタップしましょう。

常にアプリを開いているように設定する

常にアプリを開いているように設定する場合、設定電池の順番でタップします。

電池の詳細画面から起動をタップしてください。

自動的にアプリを起動しないように管理されているアプリが一覧で表示されるので、常に起動していたいアプリがある場合はそのアプリの右側にあるボタンをオフにしてみましょう。

そうすると「手動で管理」という画面が表示されるので、「バックグラウンドで実行」がオンになっていることを確認してOKをタップしましょう。

※「自動起動」や「他のアプリによる起動」に関してはオフでも大丈夫です。

アプリなどのプッシュ通知がオフになっているか確認する

アプリなどのプッシュ通知がオンになっているか確認する場合は、設定アプリと通知の順番でタップします。

スマホにインストールされているアプリが一覧で表示されるので、その中から通知が来ないと気になっているアプリをタップしましょう。

アプリの通知管理が開くので、通知を許可がオンになっているか確認してください。もしこの通知を許可のボタンがオフになっている場合は通知が来ません。

「通知を許可」の部分をオンにして表示されるメニューで「ステータスバーに表示」「バナー」「ロック画面で表示」などもオンにしておいた方が通知が来たときにわかりやすいでしょう。

モバイルデータ通信やデータセーバーの確認をする

モバイルデータ通信の設定やデータセーバーの設定が原因で通知が来ていない可能性があります。あまり使う設定項目ではありませんが、これから紹介する設定方法を参考に通知が来るように対処してみましょう。

まず、設定無線とネットワークの順番でタップしましょう。

次にモバイルデータ通信ネットワーク通信を行うアプリの順番で操作します。

ネットワーク通信が必要なアプリが一覧で表示されます。通常であればチェックがついていて、ネットワーク通信がされるようになっていますが、何らかの操作が原因でオフになっている可能性があります。

なので、「最近通知が来ないな」というアプリをこの画面上から探してチェックが入っているか確認しましょう。もしチェックが入っていない場合はチェックを入れる操作を行ってください。

また、先ほど紹介したモバイルデータ通信の画面と同じところにデータセーバーがあるのでタップしてください。

もし、データセーバーがオンになっている場合は正常に通知が来ないので、対象のアプリを探しオフに設定しましょう。

バッテリーの節約モードやセキュリティアプリをオフにする

バッテリー節約モードやセキュリティアプリがオンになっていると正常に通知が来ない可能性があります。

スマホの省電力モードでは「メールの自動同期をオフ」や「システム音を無効にする」設定がされてしまうので、通知に気が付かない状況が発生します。

なので、もし省電力モードに設定している場合は設定を解除していきましょう。

設定電池の順番でタップします。

電池の詳細設定画面が表示されるので、省電力モードもしくはウルトラ省電力モードがオンになっていないか確認しましょう。もしオンになっている場合はオフにしてください。

Wi-Fiのルータを再起動したり、スマホでWi-Fiをオンオフしてみる

Wi-Fiのルーターで不具合が起きていたり、スマホのWi-Fi接続がおかしくなっている場合は通知が来なかったり、後で一気に通知が来ることもあります。

なので、上の画像のように「Wi-Fi」や「データ通信」をオンオフしてみて接続し直してみると改善する可能性があります。

また、スマホ側の操作を行っても通知が来ない場合はWi-Fiのルーターが不具合を起こしている可能性が考えられるので、電源を抜いて再起動を試してみてもいいでしょう。

私の自宅のWi-Fiは時々ルーターがおかしくなり、通信が切れてしまうことがあります。

その場合、Wi-Fiのルーターを再起動すると一気に通知が来ることも多いです。なので、Wi-Fi関係は案外注意をしなければいけないでしょう。

セキュリティアプリに関して

もし、セキュリティアプリをスマホで常に動作させている場合には正常に通知が来ない可能性があります。

なので、利用しているセキュリティアプリから一旦オフにする操作などを行いましょう。

自動調整バッテリーをオフに設定する

引用:SHARP AQUOS公式サイト

Androidの一部の機種になりますが、バッテリーを長持ちさせるための「自動調整バッテリー」という機能があります。

この機能はバッテリーが長く持つのでいいですが、あまり使わないアプリに関しては通知などを制限してしまう可能性があるので、もし通知が来ないなという場合は最終手段でオフにしてみてもいいでしょう。

アプリのキャッシュもしくは強制終了を行う

アプリの強制終了やキャッシュ削除については以下の記事にて操作方法を解説しています。

Twitch(ツイッチ)のログイン手順やログイン出来ない場合の対処法について解説!(強制終了)

インスタに登録できない場合の詳細・原因と対処法について解説!(キャッシュ削除)

再起動

「iPhone X、Phone 11」

サイドボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)と音量ボタン(上側または下側)を同時に電源を消すボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消しボタンをスライドして端末の電源を完全に切ります。サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

「iPhone 8より前」

上部のボタンorサイドボタンを電源を切るボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消すボタンをスワイプして電源を完全に切ります。電源が切れたら、上部のボタン(またはサイドボタン)を再びAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

Twitterで通知が来ない不具合が発生している場合、、再起動を行いましょう。再起動して時間置いてからプレイしてみましょう。

通信環境を確認

・通信制限がかかっている

・フリーWi-Fiに繋がっている

・機内モードになっている

・モバイル通信のON、OFF確認

・4G、5Gを試す

・Wi-Fiが弱い

Wi-Fiの接続が弱かったり、フリーWi-Fiに繋がっていると、シンネオでエラーや不具合が発生しやすい場合があります。そして外や電車でプレイしている場合は、気づかないうちに公共のWi-Fiに繋がっている場合もありますのでよく確認しましょう。

Wi-Fiは設定Wi-Fiから確認出来ます。モバイル通信のON・OFFは下にスワイプすると左側の画像が表示されますので電波マークから設定できます。

4G、5Gでも不具合が起きる場合は通信制限がかかっていないか確認しましょう。

ストレージの確保

不具合が発生しない為には、本体のストレージが必要です。

本体のストレージが足りないと、不具合が起きる場合があります。

不要なアプリや写真などのデータを削除することで、ストレージを開けることが可能です。

iPhoneの場合、本体設定から現在利用中ストレージ容量の確認ができます。

設定一般を開き、iPhoneストレージを押してください。

確認できること

・利用中のストレージ数

・空いているストレージ数

・iCloudに写真を預ける設定のオン/オフ

・非使用のAppを取り除く設定のオン/オフ

・インストールしているアプリの利用ストレージ数

非使用のAppを取り除くを有効にしておくと、自動的に使用していないAppを取り除き、ストレージを確保してくれます。

Wi-Fiを使うとTwitterが繋がらない原因や対処法について解説

Wi-Fiを使用すると繋がらないという不具合が起きています。 この記事では、Wi-Fiを使うとTwitterが繋がらなくなる原因やその対処法について解説します。 Contents1 Wi-Fiを使うと ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-, ,

Copyright© App Story , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.